考察

華優希&舞空瞳トップ就任に見る人事の答え合わせ

前回は男役スターを中心にトップ人事の答え合わせをしましたが、 (前回の記事)柚香光&礼真琴トップ就任に見る人事の答え合わせ 今回は娘役視点で考察していきたいと思います。 実はもともとこの記事は 「なぜ舞空瞳が星組トップ娘役に選ばれたのか」というタイトルで 星組ト...
考察

柚香光&礼真琴トップ就任に見る人事の答え合わせ

柚香光さん、礼真琴さん、 改めてトップスター就任決定、本当におめでとうございます。 95期生のトップランナーとして走り続けてきた2人が まさにWトップオブトップ体制として、 これからの宝塚を牽引していくことになるわけですね。 …なんて堅苦しい話はこれくら...
考察

柚香光・花組次期トップ就任決定‼

さて、今日と言う日は「でしょうね」ではなく この言葉を彼女に送りたいと思います。 柚香光さん、 次期花組トップスター決定本当におめでとーーーー‼‼‼ (外部リンク)花組 次期トップスターについて ■花組 次期トッ...
考察

「報われて欲しい」論と娘役人事を読む

城妃美伶・海乃美月・有沙瞳の3名は、 現状トップ娘役と目されながらもあと一歩届かなかった娘役たち、 通称「報われて欲しい」御三家なわけですが、 その中で、花組・城妃美伶の退団が昨日発表されましたね。 城妃が「報われて欲しい」がゆえに、 そのやり場のない怒りが新ト...
雑記

月組番手問題と珠城りょうの任期について【雑記】

ところで皆さん、もう月組公演『I AM FROM AUSTRIA』の 公演画像ご覧になりました? (外部リンク)月組公演『I AM FROM AUSTRIA』 …あれ、なんか想像より面白そう? 茶髪デコ出しで爽やか度6割増しな珠城、 やっぱりゴー...
考察

澄輝さやと・極めし脇役路線道

澄輝さやと、宙組の男役スターで91期生。 彼女のことが好きか嫌いかで言えば、私はだいぶ好きな方でした。 なんなら、朝夏、真風の次に気にしていたくらいに。 でもそれは、真ん中で輝くような 眩いスター性に惹かれたわけじゃありません。 彼女はあくまでも...
観劇感想

東宝版『エリザベート』を観劇してきました

先日、念願だった東宝版『エリザベート』を 帝国劇場にて見てきましたー‼ 前身ブログにも書きましたが、実は私が初めて宝塚を認識したのは 雪組初演の『エリザベート』だったので、 花總まり主演のエリザを見るのがずっと夢だったんですよね。 というこ...
考察

星組・2020年1作目の本公演詳細発表‼

星組の2020年1作目の本公演、 つまり礼真琴&舞空瞳のお披露目作品の詳細が発表されましたね。 幻想歌舞録 『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』 作・演出:謝 珠栄 Show Stars 『Ray -星の光線-』 作・演出:中村 一徳 主演...
考察

鳳月杏・路線と別格のはざま

現在、宝塚が誇る別格路線スターと言えば、 瀬戸かずや、鳳月杏、彩凪翔の3名でしょう。 この3人の共通項は、若手時代に新公主演を経験し、 バウ主演も果たし、今現在一定の学年に達していて、 「FOCUS ON」というスタイルブックを出していること。 実はこの...
考察

芹香斗亜・余裕綽々2番手の魅力

一概に、2番手スターというのは美味しい立ち位置らしい。 トップスターが演じないような黒い役や恋敵、 親友、あるいは王子様的ポジを演じ、 主役の当て馬として目立つポジションを与えられ、 伸び伸びと演じながらも試練が課され、スターとして成長していく。 本人の...