考察

少し気が早い、今後の組体制について

花・月・雪と3組が代替わりすることになった2024年。 一方で、組替えの「く」の字も聞こえてこず、予想もイマイチできず、 今後の組体制がイマイチ読めませんね。 そこで(仕方ないので)現時点で予想出来る、 今後の各組体制と気になる点について、 書き出していきたいと思います。 今後の各組体制・暫定表 花...
考察

礼真琴の去り際・トップオブトップは辛いよ

礼真琴の就任当初から、 彼女は絶対に次代のトップオブトップになると確信していましたが、 同期の柚香光、月城かなとを見送った今、 その立ち位置は盤石なものになりつつあると思います。 ってことで本日は、 いつもの次期星組トップ娘役論争について、 別の角度から書いていきます。 礼真琴のこれまでとこれから ...
考察

次なる娘役戦線の夜明け

月組が代替わりを果たし、 鳳月杏&天紫珠李が新トップに就任しました。 改めておめでとうございます!! 天紫珠李は101期生から初のトップ輩出ということで、 これで103期生まで最低1名ずつ、 いわゆるノルマを達成したことになります。 次は星組の舞空瞳の後任の発表を待つのみ、ですが、 改めて現状の娘役...
雑記

月へ帰る2人・さよなら月城かなと、さよなら海乃美月。

月組トップコンビであった月城かなと&海乃美月が、 昨日7月7日をもって宝塚を卒業しました。 この2人について書こうと書こうと思いながら、 なかなかタイミングがなかったので、 これを機会に改めて今の思いを綴っていこうと思います。 海乃美月にまつわる戯言 まずは海乃美月。 彼女に関しては1つ、どうしても...
未分類

雪組『愛の不時着』キャスト妄想

本日は雪組『ベルサイユのばら』初日ですね。 まずはおめでとうございます! 久しぶりのベルばら、東京公演まで楽しみに待ってます。 んで。 冷静に考えたら、 雪組版『愛の不時着』が楽しみ過ぎるんですけど??? 正直、私の世代(学生時代にニコ動文化直撃のゆとり世代)って、 一番韓流文化に対してアンチ精神を...
最新情報

芹香斗亜の任期が見える?・宙組大劇場公演演目決定に思う

宙組の次の大劇場公演の演目が発表されました。 公演情報 【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】 宝塚歌劇百十周年紀念奉舞『宝塚110年の恋のうた』 ■作・演出:大野拓史 ジャズ・スラップスティック『Razzle Dazzle』 ■作・演出:田渕大輔 ■主演:芹香斗亜、春乃さくら 色んな意味で「想定通り」 ...
考察

どうなる星組次期トップ娘役

星組『記憶にございません!』の集合日を迎え、 あとは舞空瞳の後任、すなわち、 礼真琴の第2の相手役となる星組次期トップ娘役の発表を待つのみです。 果たして、一体誰になるのでしょう? 色んな意味で想像がつかないチキチキレースについて、 私の考えをまとめます。 本命、だけれど? まず、現時点での個人的オ...
最新情報

星組退団者と、宙組の今後と。

さて、色んなことがちょこちょこ発表されていますので、 まとめて雑感を綴っていこうと思います。 星組退団者に思う まずは星組。 次作『記憶にございません!』の集合日を迎え、 退団者ならびに配役が発表されました。 煌えりせ 舞空瞳 -すでに発表済- 紅咲梨乃 水乃ゆり …なんか、想像よりも辞めませんね?...
考察

朝美絢トップスターへの道のり②

朝美絢がトップスターに内定し、早数日。 だいぶ心情的にも世情的にも落ち着いてきたと思うので、 彼女が歩んできたトップロードについて、 思い出を振り返りながら、人事的に考察していきたいと思います。 前編として、月組下級生時代~雪組望海風斗政権期まで書きました。 後半は、彩風咲奈政権へと代替わりした瞬間...
考察

朝美絢トップスターへの道のり①

朝美絢がトップスターに内定し、早数日。 だいぶ心情的にも世情的にも落ち着いてきたと思うので、 彼女が歩んできたトップロードについて、 思い出を振り返りながら、人事的に考察していきたいと思います。 まず最初に断っておきます。長いです。← 序章:ブロガー難儀 私がブログを始めたのが2018年9年30日。...
スポンサーリンク