考察

考察

月組の贅沢な悩み・七城雅に期待

タイトルを読んで 「まーた水美舞斗の組替え説の話かよ」と思ったそこのあなた。 残 念 な が ら 違 い ま す 。 今日はもうちょっと下の世代の今後について、 個人的に気になっていることを書いていきます。 珍しく安定している月組路線番付 月組は現在、組体制が珍しく(失礼)安定しています。 月城かな...
考察

花組の由々しき事態・希波&天城ラインに期待大!!

花組は宝塚の筆頭格として、 これまで多くのスターを多数輩出してきました。 いかにもザ・タカラヅカ!!という男クサい芸風を好み、 花男という言葉がブランドにすらなっている昨今、 実は由々しき事態が起きています。 それは、ずばり~~~~~、、、 最近、花組出身のトップスターが少なくないですか? というこ...
考察

水美舞斗のこれから、月組のこれから。

本日は月組大劇場公演千秋楽日。 月組の復興を果たした月城かなと&海乃美月が、 本拠地に別れを告げる日ですね。 私は西公演の配信は見ないと決めているので、 (舞台で観た時の第一印象を大切にしたいので) 月城&海乃の雄姿を見るのはもう少し先になりますが、 気になるのは月組の今後、です。 今日はそんな月組...
考察

直感で語る、推されそうな下級生娘役論

「過去のデータを準拠し、データ的に人事考察する」 というのが当ブログの根幹であるにも関わらず、 結局のところ人事は直感が一番当たる気がしてならんのですよね。 柚香光の7作、彩風咲奈の6作あたりはドンピシャでしたけど、 真風涼帆の9作は予想外に長かったし、 月城かなとの5作は予想外に短くて、打率的には...
考察

チキチキ!!礼真琴の後妻レース(と星組の今後)

さて、舞空瞳の退団発表により、 火蓋が切って落とされた礼真琴の後妻レース。 本日は星組自体の組体制を含め、今後について考えていきます。 選択肢はほぼ一択? まず、大本命は105期生の詩ちづる。 …というか、ほぼ選択肢は彼女しかいないのでは? 彼女は花の105期生の1人にして、 ヒガシマルガールという...
考察

次世代トップスター陣の任期を予想する①

さ、そろそろ人事の話をしますか。 今年は宝塚110周年、ついに3れい体制は終焉を迎え、 花組は新VISAガールの就任、 月組はサヨナラホームラン級の高学年就任、 雪組は生え抜き御曹司で100周年を迎えて新体制へ、 星組はトップオブトップの円熟期、と、それぞれ新時代へ向かっています。 (宙組は本来であ...
考察

水美舞斗・トップスターへの最後の闘い

95期生のトップランナーとしては走り続けた、 花組トップスター・柚香光が宝塚大劇場を卒業しました。 …一方その頃、私は星組『RRR』のマイ楽だったんですけどね。(小声) 花組は東京で何度か観る予定なので許して!! そんな柚香光のお花渡しには、元同組同期の水美舞斗が登場。 これは会場も相当湧いたようで...
考察

104期VS105期・今後の娘役戦線で気になること

超路線なのに花組でそのまま順当に上がった105期筆頭の星空美咲、 男の娘&101期&生え抜きで棚ボタ式に上がった天紫珠李、 これでトップ人事に絡む娘役バトルは一先ず終戦となりました。 しかし、娘役戦線も着々と次なるステージに進んでいます。 次代に向けた104・105期の娘役の動きについて、 これまで...
考察

天紫珠李・不思議なトップ娘役への道

「娘役人事は水物」という格言を、 誰が最初に言ったのかは分かりませんが、 最近はその通りだなという人事が続いています。 ノーマークから一気に昇格した春乃さくら、 苦労の末の海乃美月、謎に反復横跳びした朝月希和、 そしてウン十年ぶりのスライド案件となった星風まどか…。 ま、歴史を振り返ればトップ娘役人...
考察

宙組再生プラン妄想・凪七瑠海の落下傘なんてどう?

『宝塚110年の恋のうた/FINAL FANTASY XVI』の公演見合わせにより、 いまだ先が見えず、時が止まり続けている宙組。 今後、果たしてどうなっていくのか、 今日は個人的な妄想を綴っていきます。 宙組は今後どうなる? 「例の件」に関しては、ある程度の解決が見えてからまとめて書こうと思ってい...
スポンサーリンク