2021-06

最新情報

真風涼帆&潤花・全国ツアー公演決定!!

さてさて、宙組の次の外箱公演の片方がやっと発表されました!! 公演情報 【全国ツアー公演】ミュージカル・ロマン『バロンの末裔』 ■作・演出:正塚 晴彦 ショー・トゥー・クール『アクアヴィーテ!! ~生命の水~』 ■作・演出:藤井 大介 主演:真風涼...
考察

生え抜きと組替えの難しい組バランス

本日は組替えにまつわる小ネタです。 現在、華優希&瀬戸かずや退団公演真っ最中の花組ですが、 実は今、珍しい組体制であるのをお気づきでしょうか? 柚香光、華優希、瀬戸かずや、水美舞斗。 トップ、2番手、3番手、そしてトップ娘役と、 ここまで全員が花...
雑記

珠城りょう&美園さくら・萌えを売らないトップコンビ

100周年を迎えた頃、宝塚は空前の夫婦芸ブームでした。 ちえねね、ちぎみゆ、まぁみり、みちふう、などなど、 様々なトップコンビが各々の愛のカタチを見せてくれました。 そして最近は、そこから微妙に変化が生まれ、 自立型娘役がバディのように共に戦う、 いわゆ...
雑記

姫役者・珠城りょう【雑記】

突然ですが、ここで管理人masaさんのどうでもいい格言をご紹介します。 宝塚には3種類の男役しかいない。 娘役と組んで萌えを生む者、男役と組んで萌えを生む者、 そしてたった一人で燃えている者である。 ―――管理人masa イメージはテレビ番組「恋のから騒...
考察

三者三様の次期2番手候補たち

望海風斗、珠城りょう、瀬戸かずやの退団により、 番手変動が起きる見込みの花組と月組と雪組。 いわゆる「普通」の人事とは、 番手がそのまま繰り上がることを指しますので、 次期2番手候補はそれぞれ、 水美舞斗、鳳月杏、朝美絢の3名になるわけですね。 ...
最新情報

雪組退団者発表と新公配役予想ゲーム

え、今日集合日だったの? ということで、彩風咲奈新体制による 雪組『CITY HUNTER』上演に向けての準備が始まりました。 イチ雪組ファンとして、雑感をまとめます。 雪組退団者発表への雑感 まずは、集合日につきものの退団者発表...
観劇感想

花組『アウグストゥス-尊厳ある者-』感想

この作品を見て率直に思ったのは、 自分は田渕大輔作品とすごぶる相性が良いということです。 駄作と呼び声高かった『異人たちのルネサンス』と同様、 普通に美味しく頂けました。 …と言うか、そこそこ面白くなかったですか? テーマが明確で話の展開もスムー...
考察

『パッション・ダムール』は雪組新体制への伏線だった?

さて、新型コロナに伴う緊急事態宣言下の中、 無事『ヴェネチアの紋章』『ほんものの魔法使』が千秋楽を迎えました。 彩風咲奈率いる雪組新体制のお披露目だったこの二作品を見るにつけ、 劇団が推したい若手(新公主演&ヒロイン経験者除く)は、 全ツ4番手格の眞ノ...
特別企画

朝美絢・2019年のスランプを経て

宝塚GRAPH・2021年6月号に掲載されている、 朝美絢のインタビュー記事に、非常に興味深い内容がありました。 概要を言うと、これまでの雪組作品で悔しい記憶として残っているのは 『ファントム』のシャンドン伯爵役が、 宝塚らしい二枚目役という固定概念に縛られ上...
データ

男役スターの序列を勝手にランキング・2021年6月版【舞台写真枚数&ル・サンク掲載まとめ】

当ブログでは、男役スターの序列について 定点観測シリーズという名のもとに予測して参りました。 これは舞台写真の枚数と、ル・サンクの掲載方法をまとめ 階段降り、羽根の有無、その他出版物等の状況を加味し 私たちが個人的に予測してランキングにしたものです。 ...
スポンサーリンク