愛月ひかるトップスターへの道・2020夏

宝塚人事におけるジョーカーとなった愛月ひかる。

新体制星組において2番手羽根を背負い、東上主演済み。

間もなく表紙関係にも登場するでしょうし、ルキーニカードも有り。

 

「理論上」は、もうどこでトップに立ってもおかしくない

正2番手スターとなりました。

それではどこでならその可能性が高いのでしょう?

 

というわけで本日は、愛月ひかるから見る、

各組の次期トップスター候補について考えます。

 

愛月ひかるは星組では上がらない?

 

トップ人事で最も軋轢を生まないのは、

2番手スターが自組でそのまま昇格することに他なりません。

 

ということは愛月は星組でトップに立つのが「一番自然」なわけですが、

そうは問屋が卸さない恰好になっています。

なぜなら、現トップ礼真琴&舞空瞳が長期政権であろう可能性が高いからです。

 

超早期就任の実力派コンビ、

星組生え抜きの礼真琴は外部指向が強い様子も見受けられないし、

レジェンド・柚希礼音を敬愛している彼女のことだから、

たぶん添い遂げ退団として劇団はプロデュースすることでしょう。

 

これまで、長期トップ(明日海・柚希・春野・和央など)の組体制は

トップ娘役か2番手スターのどちらかを途中で変えて、

飽きさせないよう工夫されてきました。

 

ということは愛月ひかるは途中で他組に出されるがために、

星組では上がらない可能性が高い、じゃあどこだ?

というのがこの記事の起点になります。

 

もちろん、一度外に出て戻ってくる紫吹淳パターンもありますが、

彼女の場合は新専科制度によるものだったし、

そもそもそこまでくると現段階では予測不可能ですので、

とりあえず他組で考えていきましょう。笑

 

可能性の低い花組・雪組

 

可能性が低い組から考えていきます。

まずは花組。

 

花組は柚香光→永久輝せあと既にトップロードが綺麗に舗装されていますので、

もしトップになるとしたら、その後ということになります。

 

どちらも最低5作、計10作やったとして、約6年後。愛月ひかる研20。

うん、さすがにそこまで待てませんよね。

(そもそも柚香・永久輝は5作より長くやると思いますし。)

 

続いて雪組。

雪組の次期は彩風咲奈でほぼ確定、彼女は愛月ひかるの同期になります。

 

宝塚は少なくとも平成史以降において、

男役トップの同期引き継ぎが一度も起こっていません。

それはなぜでしょう?

 

トップスターの退団は「やり切った」

「後進に譲る」というニュアンスのものですので、

これで同期にその座を渡すというのは、恰好がつかないからだと私は思っています。

(逆に遡りになると「悲願のトップ就任」となるから恰好がつくという不思議。)

 

よって彩風咲奈の後に愛月ひかるは来ない可能性が高い。

じゃあ彩風の次の次は?

そうなると花組同様、学年的にゲームオーバーの可能性が高いと言えるでしょう。

 

月組は可能性が高いけれど…

 

続いて月組。月組は現トップ・珠城りょうが退団発表済みで、

次期については3つの可能性がありますが、

可能性が低い方から挙げていくと以下の通り。

 

①愛月ひかるが落下傘就任

②芹香斗亜が落下傘就任

③月城かなとがトップ就任

 

まず①愛月ひかるの落下傘就任。

前述の通り、正2番手となった愛月ひかるは

理論上どこの組に降りてもトップになれるわけですが、

さすがに芹香斗亜より先にトップになるとは思えませんので、却下。

 

続いて②芹香斗亜が落下傘就任。芹香は愛月の同期です。

よって芹香が月組でトップになった場合、雪組の彩風と同じ理論で

後任としての愛月がトップに立つ線は消えると思います。

 

最後は順当に③月城かなとがトップ就任した場合、

ここでやっと愛月がトップに立てる自然な流れがやってきました。

仮に月城が7作やったとしても、その後任でギリギリ研18?うーんイケるか?

 

ただしこの場合、暁千星は組替えしている可能性が高いと思います。

…と書こうと思ったのですが、月城5作・愛月3作だとしたら

暁が研15就任とかになるんですよね…意外とイケるやん?っていう。

 

実は大穴・宙組出戻り

 

個人的には絶対に無いと思っていた宙組出戻り説ですが、

芹香斗亜落下傘説が持ち上がるにつけ、その可能性の首がもたげてきましたね。

 

もし芹香斗亜が月組に落下傘した場合、

順当にいけば自組の正3番手・桜木みなと正2番手に昇格します。

 

現トップ・真風涼帆の任期が7作前後だと仮定するならば、

桜木が向こう2年でトップスターに就任することになる。

すると愛月だけでなく月城まで追い抜くことになるから、

この2人のどちらかが宙組に組替えでやってくる、と想定出来ますよね。

 

どっちがやってくるかはこの際置いといて、

真風の後任としての愛月出戻りトップ就任は、物語性的には有りでしょう。

 

ただねー、潤花が組替えでやって来てる時点で

次期は芹香&潤花だと思いますし、

もしかしたら愛月&潤花なのかもしれませんけど、

だったらこんな早く組替えさせる意味も全ツヒロさせる意味もないですもんね。

 

ということで個人的には「可能性薄」だとは思いますが、果たして?

 

愛月ひかるの今後を握るもの

 

ここまで書いといて思ったのは、

愛月ひかるトップスターへの道の鍵は、芹香斗亜が握っているんですね。

 

花・雪・星は無いとして、

芹香が順当に宙組で就任したら月組でしか道は拓けないし、

芹香が月組に落下傘就任したら宙組でしか道は拓けない。

 

そしてスペアポジションのスターがトップになれるか否かは、

自身の問題よりも、その時の情勢が鍵を握ります。

 

大空祐飛がトップ就任出来たのは、大和悠河が短期政権だったから。

壮一帆がトップ就任出来たのは、音月桂が短期政権だったから。

北翔海莉がトップ就任出来たのは、紅ゆずるに待ったがかかったから。

 

よって現段階、かつ理論上だけでは月組の可能性が高いわけですけれども、

何が起こるかが分からないのが宝塚。

不確定要素により、情勢が変わることで道が拓けることもあれば、

その逆もあるんですよね。

 

だからこそ彼女が今できることは、

星組という新天地で研鑽し、実力と人気を高めることなのでしょう。

 

幸いにも、彼女は加齢とともに魅力が増すシックなタイプですし、

何よりも宝塚大好き!!という熱いパワーがありますから、

ギリッギリまで粘る精神力があると私は勝手に思っています。

 

はてさて宝塚人事のジョーカーは、どのタイミングで切られるのか。

今後の展開が楽しみですね。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. はる より:

    こんにちは。
    同期生トップ引き継ぎありましたよ!
    月組大滝子さんから榛名由梨さん。
    最初はwトップでしたが、榛名さんが花組へ移られて大さんが月組単独トップに。
    その後榛名さんが月組へ戻られて大さんからトップを受け継がれました。
    ご参考までに。

    • 蒼汰 より:

      コメントとご指摘ありがとうございます。
      そういう変則的なものは除外のつもりで書いていたのですが、確かに誤解を招くかなと思ったので「平成宝塚史以降」と加筆させて頂きます。
      ありがとうございました。

    • 都築 より:

      いつも楽しい記事をありがとうございます。

      個人的には礼さんが最初に任期を決めていて、それに合わせて愛月さんが二番手になったのかと思っていました。
      わざわざご縁のない愛月さんが星組になる理由を考えた時、ある意味一番自然かな、と。

      劇団は礼さんを長期にしたいでしょうけど、もしも本人が最初に任期を決めていたら同期以外の時期スターを考えなくてはなりませんから。

      本人の意向は一番推し量れませんが、合理的な部分から逆算すると愛月さんが星でトップになるような気もします。

      個人的には長期になってくれたら嬉しいですが…

      どちらにせよ答え合わせは先になりますね笑

  2. みー より:

    こんばんは
    先日、炎のボレロを観劇した方のレポを読ませませていただきました。
    自分的に驚いたのが潤さんと彩さんの位置付けがニアイコール(ショーでは特に)だったことです。潤さんはトップ娘候補として宙に旅立って行くので、もちろん餞があるものだと思っていました。それが、デュエダンでは彩風、彩、潤の3人で。階段下りは何故か朝美さんが娘1の位置で…これって外箱だとよくあることなのでしょうか。ライトファンの私にはよくわかりませんが少々気になりました。もしよろしければ蒼汰さんの考察が聞いてみたいです。お時間がありましたらよろしくお願いいたします

  3. こんちゃん より:

    蒼汰様

    いつも楽しみに拝読しております。もう気持ちは星組の外箱はどうなるのかに向いている、ライビュ専科の地方民です。

    ギリッギリまで粘る精神力…まあ愛月さんは外部志向は薄そうですが(笑)

    個人的には、朝夏まなとさんの次の東宝ミュージカルヒロインは、礼さんだろうと思っているのですが、礼さんは外部にはあまり興味が無いのでしょうか?

    礼さん5作はないでしょうが、8作以上はどうだろう?

    星のまま、礼さん娘役を変えて7作で退団、東宝芸能へ、愛月3作で100期以降に繋ぐのかなあ、と思っているのですが、劇団の思惑やいかに?

    宙出戻りは…愛月&潤花…(えっと、炎のボレロのポスターの、彩風さんを愛月さんに置き換えて…)

    2人で美人局とか悪巧みしていそう。怖いから却下(笑)

  4. 優浜 より:

    こんばんは。
    更新されるのを楽しみに待ち読ませていただいています。
    今回は何度も読み返し、愛月さんの今後が芹香さん次第になるということに納得と切なさを抱きました。

    お互い大切に思われているご関係なんだろうなと勝手に感じていましたので、同時期にトップさんになられることを願うと同時に、
    彩風さんを含めて93期と95期のトップさんが揃われたら素敵だなと夢みていました。

    でもそれは人事動向には相応しくない要素だと納得しましたし、今後どのような展開であっても心からみなさんを応援したいと思います。

    改めて、いつも興味深い内容をわかりやすく書いてくださりありがとうございます。
    私自身の日常に占める宝塚への思いや考え方が確実に変化してきました。私にとっては、できるだけ地に足を付けておくことが長くファンでいられる秘訣なのかなと考えるようになりました。
    ライブ配信や舞台映像は、自由に視線を持っていけない不自由さはありつつも、そのおかげもありお話の流れやポイントがよく理解できることがわかりました。
    とはいえ、劇場という特別な空間で、心躍らせながら思う存分観劇できる日が本当に待ち遠しいです。
    長文になり失礼致しました。

  5. ぽんさん より:

    こんばんは。ぽんさんです。
    今日の記事はここ数年の蒼太さんの記事の中で一番面白かったです!!

    愛月ひかるのトップへの道は芹香斗亜が握っている。。。
    ぎゃあああああ確かにそうですぅヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
    キキ愛はとっても仲の良い同期生ですが、なんだか切ないですぅ。

    しかし、こうなったらもうなりふり構わず愛様にはどこの組でも良いからトップ狙って欲しいです!

    私の予想は宙組出戻りトップかなって思ってます!
    キキちゃんは夢白連れて月組に落下傘し、愛ちゃんが宙組で真風さんのあとに…、、、ただ気になるのが、その場合、愛様は潤花と組む??

    ネッチョリ濃厚な愛様に、エナジー感溢れかえる潤花様…???

    年代物の赤ワイン飲みながら、硬めのスイカ食べてるみたいな食べ合わせの悪さ…ですねぇw

    うぅーん。やっぱり愛様トップは無いのかなぁ(´ω`)

  6. より:

    愛月さんトップへの道、面白かったです!宙組ファンとしては宙組出戻りに期待してしまいますが、芹香さん月組異動はさすがに気の毒ですね。
    新生星組がかなり若くてフレッシュな中、あのスタイルと昭和風のクラシカルな男役像は目立ちますよね!2番手で終わるのはもったいないような気もしますが、惜しまれつつ…というのもまた美しい道にも思えますし…。でも、おっしゃる通りどんな立場でも宝塚に居そうな宝塚愛を感じますよね(笑)もう一回専科に行ってラスプーチン系役者になってほしい気もします。
    蛇足ですが、「後塵に譲る」じゃなくて、「後進」でしょうか?ご確認下さい。

    • 蒼汰 より:

      コメントとご指摘ありがとうございます‼︎
      愛月さんは中卒で若いし宝塚愛が強い人は長く待てるイメージがあるので、虎視眈々と機会を伺って欲しいです。笑
      ありがとうございます、訂正させて頂きました。

  7. AKIRA より:

    愛月さんですよ。
     私の予想は宙組出戻りで潤ちゃんとトップコンビを組むですね。芹香さんはどうみても月のイメージですので、夢白さんを引き連れて落下傘ですね。雪は彩みちるちゃんの線がでて来ましたね。今回の潤ちゃんの異動は彩ちゃん絡みではないかと想像していますが・・・。
     花や星では彼女の出番が無いので、現トップコンビの真風さんと星風さんの同時退団を経て宙組トップで決まりですね。

  8. こいと より:

     興味深く読ませて頂きました。宝塚歌劇団はトップ予想をするのも1つの楽しみ方ですが、2番手歴の長い芹香さんは事あるごとにお名前を出されて、少し気の毒な気がしてきました。
     雪組はそろそろ次期の発表がありますね。順当に彩風さんでしょう。娘役さんは分かりませんがw
    月組は退団までにまだ2作ありますし、次期の発表は相当先になります。いずれにしても愛月さんは研鑽を積み、実力と人気を伸ばさない事には道は開けないでしょう。年内には彩風さんトップ就任に伴い、大きな組み替えもあるでしょう。今後も目が離せませんね。

  9. Kz より:

    いつも楽しく拝読しています。
    私は93期の2番手の3人がそれぞれとても好きなのでみんなトップになれたら良いのになといつも思っています。

    個人的にですが可能性が低いとされている月組ではと思っています。
    芹香さんより先には無い、とのことですが先日トップに就任した2人より芹香さんは2番手期間が長いのでもはやそういう運命かなと。

    誰から見ても愛月さんの2番手就任はイレギュラーでしたし、その時期から最近のあれこれを考えるとどうにも
    月城かなとの怪我
    珠城りょうのちょっと強引な感じのする退団
    が劇団的にイレギュラーな雰囲気が。
    そこの調整に抜擢ではと見ています。

    芹香夢白月組落下傘もありといえばありですが、他方で劇団は飽きを防ぐために就任前にあまりコンビを組ませる事はしない?なんて話もちらほら。
    雪組は正に今そのパターンで事が起こっています。
    そう考えると今の宙組での2人の組み方を見ると揃って落下傘の可能性は?かもしれないなと。

    愛月夢白コンビはかなり興味をそそられる組み合わせだなと個人的に想像してワクワクします笑

    • うらうら より:

      蒼太さん、こんばんは。
      愛ちゃんの記事をありがとうございます!

      愛ちゃんファンとしては、難しいところなんですよね… トップになれるならどこの組だろうが構わない、とも思えないところがなんともかんとも。

      私としてはまず、同期引き継ぎがあり得ないと断定することはないかな、と思っています。そうすれば、愛ちゃんトップの可能性は広がります。落下傘であれば、前トップが同期だろうが構わないかなと… 前列がなければ作ってしまえば良いのです。

      蒼太さんの挙げてくださってた可能性以外に、私の考えるところを申し上げると、

      柚香光ちゃんが超長期でなければ、花組がありえると思います。光ちゃん→ひとこ、とする時にスムーズにコトを図るのに愛ちゃんを挟むことでうまく運ぶんじゃないか、ってことです。私は愛ちゃんが宙組に居たときから、あの妖婉な感じは花組向きなんじゃないかと思っているのです… どうですかね?

  10. key より:

    愛月さんの強味は箱推しの95期(総じてジャニーズぽい少年ぽい)と一番離れたものを持っていることでしょう。男くささとかシックな輝きとか、権力欲野望を匂わせる危険な色気。反面それが今の宝塚的でない(一般の人気が出にくい)、あるいは真ん中の魅力でない(強力な別格スターのもの)と劇団が判断すればトップは危ないと思います。
    でもそういうトップも必要です。望海さんに引き続き珠城さんがやめれば大人系トップは真風さんのみ(彩風さんは青年系)になってしまいます。以前蒼汰さんがおっしゃっていたダーク属性を引っ張りすぎなければ望海さんの持っている黒い面を引き継ぎたとえ遅くなっても十分トップになれると思います。むしろトップになればどんでん返しで元々あった白い面を出せる人と思います。

    芹香さんは黒い白いよりもなにか役の中に自分を出すのをためらっているんじゃないかと素人がまあ偉そうに申します(すみません)が、先日の「サパ」の時に夢白さんのとんがった芝居に反応してノアの感情が見えた気がしていつもの普通の人役と違っていいなあと(ファン目線)。組んでほしい相手と思っているのですが。問題は真風さんの他は就任したばかりで学年も若いトップ二人のうえ轟さんが理事を退かれるとトップオブトップの役割は?真風さんやめられないじゃんとなり、どうなるのかと。劇団はどう考えているのでしょう。
    蒼汰さんの次の考察期待しています。