今、102期生がアツい!!・男役編

前回の記事に引き続き、

今最も伸び盛りの時期を迎えている102期生について

個人的見解と合わせ紹介していきたいと思います!!

 

前回は娘役編でしたが

今回は男役編、さっそく参りましょう!!

 

102期生個人的見解・男役役総決算編

彩海せら:雪組

 

102期生初の新公初主演者は、

雪組の彩海せら。

 

雪組と言えばひとりっ子政策が有名で、

その次期御曹司と目されていた101期・縣千を食う勢いで

現在ガツガツ上げられている注目株。

 

その可愛らしいルックスと安定した歌唱力を武器に、

いぶし銀系男顔ダンサータイプである縣千と

雪組期待の若手2枚看板として着々と売り出されている印象です。

 

これまでは『SUPER VOYAGER!』望海の少年時代に始まり、

『ファントム』の幼いエリック、

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』ドミニクなど、

少年専科のような立ち位置でしたが、

 

『ファントム』や『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の新公では

彼女らしさを良い意味で裏切るような大人っぽい芝居力を魅せつけ、

さらなる伸びしろを感じさせてくれました。

 

少年らしさ、伸びやかな歌唱力、二面性を感じる芝居心、

なんだけれどもタカラジェンヌとしては低身長でダンスは未知数、

というあたり、ポスト・明日海りおという印象が個人的には強いのですが、

果たして彼女が辿り着く男役の境地とはどのようなものなのでしょう?

 

まずは望海体制雪組において、全くカラーが違う縣千と切磋琢磨し

男役としての幅をどんどん拓いていって欲しいなと思います。

 

天飛華音:星組

 

そんな彩海せらと同郷同期という、

まさにライバル関係的立ち位置にいる新公主演2人目の天飛華音。

 

本公演では『霧深きエルベのほとり』の少年・ヨーニー役で印象を残し、

そのまま紅ゆずる退団公演である『GOD OF STARS』で新公初主演。

 

トップの退団公演で新公主演をするのは

個人的に本命路線という印象が強く、

ともすれば劇団の「推します」サインだと私は勝手に思っているのですが、

果たしてどうなんでしょうかね?

 

彼女は星組らしい圧強めな顔立ちが非常に印象的ですが、

実は星組らしからぬ舞台技術の高さこそ強みであり、

先日放送された『龍の宮物語』では

研4らしからぬ芝居力と声の低さで活躍していました。

 

組情勢で言えば上に本命と思しき100期生・極美慎がいるわけですが、

彼女がビジュアル特化型なことを思えば、縣・彩海ラインと同様に、

極美とも美味しいライバル関係になっていきそうです。

 

そしてそれ以上に、柚香&礼、暁&瑠風と同様、

同期ライバル推しとしての彩海&天飛の構図って、

劇団的に大好物そうだなぁと思います。笑

(2人して異例の低学年で「ゆるふわ」に出演していますしね。)

 

風色日向:宙組

 

男役路線の第一関門は、実は新公主演ではなく

音高時代の学園祭での主演だったりするわけですが、

102期生で主演を演じたのは彩海でも天飛でもなく

実は娘役に転向した蘭世惠翔と、風色日向。

 

というわけで、102期生新公主演3人目である彼女ですが、

一番の驚きは宙組アンバサダーという地位を

101期首席&初詣ポスター・鷹翔千空から勝ち取ったことでしょう。

 

他のアンバサダーメンバーを見る限り、

劇団は「推す」強い覚悟がありそうですので、

路線混戦中の宙組でどのように上げられていくのか、非常に気になるところ。

 

とはいえ、実は、ごめんなさい、

今回取り上げる102期生約10名の中で

唯一舞台上で認識出来ていないのが彼女なんですよね…。(小声)

 

スカステ等で見る限り、

とりあえず高身長(公称175cm)の圧倒的スタイルで

顔立ちは目を見開いた芹香斗亜という印象。

 

他の方の感想を見る限り、歌唱力もダンス力もある方らしいので、

小柄な技巧派彩海、色々と圧強めな天飛に続き、

マイルドオールマイティという被らないスター性は強みと言えるかもしれません。

 

というわけで今後、舞台上での活躍を期待したいのですが、

いかんせん宙組は本公演で若手を使わないイメージが強いものですから、

他の路線組に埋もれないかがちと心配ですね…。

 

侑輝大弥:花組

 

少し前の記事にて

「花組101~102期で誰が推されるのだろ?」的なことを書いた際に

コメント欄にて名前を挙げて頂いたのが彼女でした。

 

えぇ、存じておりますとも!!

彼女もとーーってもイケメンですよね!!

ということで花組の注目株・侑輝大弥。

 

現段階では新公主演していませんが、

直近3作の新人公演本役遍歴を確認してみると、

亜蓮冬馬(一之瀬航季) → 聖乃あすか → 水美舞斗

と着々と路線の近くに進んでいる印象。

 

私が彼女を認識したのは花組公演『マスカレード・ホテル』にて

若手の推しである青騎司を探している時に、

「お、あのイケメンは誰だ?」と気になったところからでした。

 

素の顔立ちは帆純まひろに朝水りょう成分を振りかけた(?)印象なのですが、

舞台化粧だと甘めな顔立ちになって品があり、

さらに身長173㎝の良スタイルで華やかさもバッチリ。

 

舞台技術は…きちんと見ていないので未知数ですけれども、

とりあえず102期生の注目株で間違いないと思います。

 

一禾あお:雪組

 

ちょっぴり番外編。笑

なぜだかスカステに出まくっている

雪組男役・一禾あおも実は102期生です。

 

舞台での使われ方のわりにスカステに出まくるということは

それだけ劇団&先輩たちに愛されているというわけですけれども、

とはいえその理由はテレビで見ていてもよく分かります。

 

彼女、いつもニコニコしてて柔和な印象だし、空気を読んで笑いもと取るし、

変に宝塚的過剰謙譲スタイルでもなく、でもきちんと品はあるしと、

一緒にいて楽しいタイプなんだろうなーという印象。

もしかしたら次のスカステジェンヌかも?笑

 

パーソナル情報を書いておくと、

実は彼女は双子でして、双子の姉は103期生・有愛きい。

 

それからなぜか最新雪組本の102期生ページでは

集合写真とソロ写真で衣装替えをしていますので、

お手持ちの方はぜひ確認してみて下さい。笑

これから舞台上での出番も増えていくといいですね!!

 

月組の102期生男役事情

 

最後に、月組の102期生男役事情についてまとめていきます。

 

月組は94期・珠城りょうから101期・礼華はるまで

8期連続で新公主演者を出しているわけですが、

もちろんその流れで102期も…とは「ならない」のが宝塚。

 

とは言え、もしかしたらチャンスも巡ってくる可能性もあるわけですが、

とはいえ本命だと思われた蘭世惠翔が娘役に転向したわけですから、

残っているのは一星慧、柊木絢斗、大楠てらの3名。

 

侑輝大弥と同じく、直近3作の新人公演本役遍歴を確認してみると…

一星慧:颯希有翔 → 輝月ゆうま → 夢奈瑠音

柊木絢斗:響れおな →春海ゆう → 光月るう

大楠てら:蓮つかさ → 鳳月杏 → 輝月ゆうま

うーん、なんとも読めないなぁ。笑

 

ちなみに、この3人の中で入団成績が一番良かったのは一星慧、

現在の成績が一番良いと思われるのは柊木絢斗、

新公の役付きが良いのは大楠てら、といったところでしょうか?

果たして、新公主演するなら誰になるんでしょうかね。

 

102期生の今後の活躍に期待!!

 

というわけで102期生について書いて参りましたが、

研5でこれだけ期待のスターがいるなんて

改めて凄いなぁとしみじみ思ってしまいました。

 

今回は新公主演&ヒロ、エトワール経験者等しか書いておりませんが、

102期生は現在研5ですから、まだどうなるかは分かりません。

特に男役は研7までチャンスがあるわけですから

今後のニュースター登場も楽しみですね。

 

というわけで皆さんが注目している102期生さんがいたら是非教えて下さい。笑

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. コスモスハート より:

    蒼汰様

    時の止まった宝塚でありながら、興味深い話題をありがたく読ませて頂いています。

    風色君は、全ツのショーの時、芹香斗亜さんがドンキーキンキーティーチャーからファンキーキンキーティーチャーに変わる時、チェンジボックスみたいな所に連れ込む役?!お姫様抱っこしていたから、凄いーとビックリしました。
    天は赤い河…の時は、最初の発掘調査のシーンに出ていて、通常、下級生で名前表記される人は少ないのに、DVDでしっかり名前出てました。

    エルハポンの新人公演を見てはないけど、ビバタカラジェンヌで歌は聞きました。
    歌上手って感じではないですが、歌下手とも思いませんでした。
    男役としての歌唱力ですと、あともう少し…迫力と魅力は青いリンゴと同じかな。
    これから、どんどん推されてくるのでしょうね。
    て、いつ宙組の公演が始まるのかな…

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      おお、天河ではそんな立ち位置にいらっしゃったんですね?スカステ版で確認しようと思います…分かるかな?笑
      まぁまだ研5ですし、これからどんどん赤いリンゴに変わっていくことでしょう!!
      宙組は再開まで遠そうですね…とりあえずアナスタシア楽しみです。

  2. Koara より:

    月組は103期の彩路ゆりかが大本命なので(IAFAで英、礼華、彩音とヨンコイチ、フィナーレ銀橋など)珠城りょうの上の93期みたいになりそうですね。三人とも別格ばかりですし。ちなつの役をした大楠てらは礼華とキャラ被りなのが痛い。さらに言えばその礼華、彩音も宇月颯、紫門ゆりやのように残念ながらなりそうですね。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      先ほど録画したスカステを一気見していたらちょうど月組102期が出ていたので見たのですが、
      なるほどおっしゃることがよくわかりました。笑
      月組は各期に期待どころがたくさんいて凄いですねー。103期生もどうなるか気になるところです!!

  3. えりえり より:

    蒼汰さま、こんばんは!更新ありがとうございます!!楽しんで読ませていただきました。
    星組らしからぬ(苦笑)ああ我が星組…(更に苦笑)ごもっともです
    自分は天飛くんのキレッキレなダンスもどストライク。圧強め、いかにも星組らしいですね(笑)とりあえず彼女のこれからの成長を期待しております。
    蛇足ですが、自分的には今度のロミジュリの新公主演は極美くんと彼女の二択だと思っていましたが、蒼汰さまの前の記事を読ませていただくと、やはり色んな意味で極美くん一択ですよね…
    素敵な記事、本当にありがとうございました!これからも宜しくお願い致します。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      ロミジュリ新公主演は2人のどっちかだと私も思っていますが、たぶん極美さんのほうでしょうかね…コロナで何も影響がなければ、ですが。
      なんでもござれな天飛さん、顔も声もオス感があって良いですよね。今後の活躍に期待です!!

  4. M T より:

    いつも楽しくブログを拝見しております。
    彩海せらさんが大好きなので、先日には引き続き記事にしてくださって嬉しいです。

    彩海せらさんのダンスについて、未知数と書かれていましたが、ダンスはお上手かと思います!
    Music Revolutionのショーで、永久輝せあさんがセンターのカノン場面では、ダンスの上手な生徒さんが選抜されていましたが、彩海さんも選ばれていました。

    お節介なコメントでごめんなさい。
    これからもブログの更新楽しみにしております。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      実はカノンの場面もよく知っていて(雪組本で書かれていましたし)今回の記事を書くにつけ改めて見直したのですが、
      確かによく出来てはいましたけれど、他のいわゆる「ダンサー」に比べれば未知数かなと思いましてこう書きました。
      ともあれ「苦手」ではないと思いますので、今後のさらなる飛躍に期待したいですね!!

  5. MK より:

    はじめてコメントさせて頂きます。いつも楽しくブログ拝見させて頂いております。
    応援している102期さんの記事ということでついコメントをしてしまいました…!(天飛さんを応援しております。)
    私は星組を応援しているのですが星組102期はみなさん素敵な方ばかりで、舞台技術も全体的に高く、何よりgraphやスカステなどで見る限り皆さんがとっても仲良くしておられるのが見ていてとても幸せになります!
    舞空さん天飛さん水乃さんはもちろんのこと、
    天飛さんとはまた違う儚げな魅力を持っておられダンスもお上手な咲城さん、とっても舞台栄えするスタイルとビジュアルでこれからもっとご活躍されるであろう奏碧さん、熱く一生懸命なお芝居がとても星組らしく素敵な鳳真さん。
    娘役さんも、可愛らしく成績も良い紅咲さん、お歌がとてもお上手で大人っぽい魅力をお持ちの都さん、舞台上のどこにいても目を引かれる華をお持ちの澄華さんなど…。
    阿弖流為や龍の宮などで活躍されている方が多いので是非一度注目してみて下さい!

    他組の102期さんも素敵な方が多いと思うのでこれから注目してみようと思います。素敵な記事をありがとうございました!