呪縛から解き放たれる愛月・人事の曲がり角2019秋②

だいぶ間隔が開いてしまった人事の曲がり角シリーズ、

後半は人事のジョーカーと化した愛月ひかるについて。

 

【前半戦の水美舞斗編はこちら】

 

スカステの番組「Cafe ふぉるだ#3」にて

オーナー(MC)を務める愛月ひかるより

「星組への組替えによりMCとしての出演が急遽#4までとなった」

という旨の発表がありました。

 

いやいやビックリ、彼女の星組への組替えは

宝塚人事的に想定外案件なわけですね。

 

というわけで今後の彼女について考えられることを

勝手にまとめていきたいと思います。

 

肌で感じる人事の方向転換

 

まず、宙組の御曹司としてトップを期待されていた彼女が

なぜ専科へ異動することになったのか。

 

その理由について考えてみると、

桜木みなとを3番手へ上げたかった。

②柚香&礼の95期ダブルトップ体制における特出支え要員。

③95期後続組への蓋要員。

 

などなど、人事の「駒」としては

有効に活用出来そうな立場へと変化した、はずなのに。

急転直下、まさかの星組へ組替え。

 

これは事前に決まっていたことなのか?

いや、そんなことは無いはずです。

 

愛月が星組へ組替えするなら

それこそ全ツ『アルジェの男』から普通に合流出来ますし、

あるいは全ツは凪七を登板させて、

『ロックオペラ モーツァルト』のサリエリで合流でも良かったはず。

(そしたら『壬生』での89期的くだりは無くなる等いろいろありますが…)

 

そして前回の記事でもまとめた通り、

・『Dream on!』という不可解な主演体制。

・花組お披露目が異例の『はいからさんが通る』のセルフ再演。

・『眩耀の谷』の主な出演者がなかなか発表されない。

 

等、最近不可解な出来事が多発していることも踏まえれば

劇団内で「想定と違う方向へ人事の方針転換がなされた」ことが予想出来ます。

 

その理由として考えられるのは、

95期生全体にステイ体制を敷いて路線の若年化を止めようとしているとか、

月城かなとのケガにより予定より昇格が遅れるとか、

誰か路線スターが個人の理由により退団するとか…?

 

もちろん、現段階で答えはまだ見えませんが、

いずれにせよ一度外された梯子が

するすると愛月の前に今一度降ろされた格好となったわけですね。

 

恐るべし、愛月ひかるっ…!!

 

愛月の今後を占う2つの鍵

 

愛月の今後について占う鍵は2つ。

1つは、本公演で2番手羽根を背負うのか。

そしてもう1つは、来年の東上公演で主演を果たすのか。

 

愛月は組替え前の宙組時代、

本公演において3番手羽根 す ら 背負っていません。

 

ここで2番手羽根を背負おうもんなら

路線スターとしてスーパージャンプアップすることになります。

 

しかも、現在公演中の『アクアヴィーテ!!』にて

桜木みなとがついに3番手羽根を背負ったわけですが、

 

これって逆に言えば、

愛月が2番手羽根を背負うことが決まったからこそ

彼女にも背負わすことが出来たともいえるのかもしれません。

 

そして来年の東上公演に関して言えば、

可能性で言えば愛月主演か、轟や凪七の専科主演のどちらかでしょう。

(瀬央は外箱主演3年連続となるため、可能性は低いと思います。)

 

これに関しては、昨年の段階で

専科主演としての愛月登板をそもそも予定していた可能性もあるわけですから

その行方が非常に気になるところでもあります。

 

もしこの2つ(羽根&東上)がダブルコンボで合わさったら、

スペア枠であったはずの彼女に

劇団が何かしらのゴールを定めて動かそうとしていることは確実。

 

礼&舞空は早期就任の実力派コンビということで

誰もが予想する通り任期は長いと思われますから

ともすればどこかへ輸出することになります。

 

さて、どこへ?

 

月組落下傘説と別格移行の可能性

 

花組は組替えにより柚香→永久輝という明確な道が示されました。

雪組と宙組では彩風、芹香の同期が正2番手スターの立場を全う中。

 

というわけで以前も書きましたが

星以外の4組から選ぶとしたら、

断然月組落下傘説の可能性が一番高いと思います。

 

現在、月組で正2番手になりたての月城は

昨今では稀有な大人な魅力を持つスター。

 

そんな彼女の育成期間(ケガ治療期間?)も作れるし、

相手役に海乃美月を迎えれば

判官贔屓パワーも得られて一石二鳥かもしれません。

 

だがしかし、そう簡単にいかないのが宝塚人事。

普通に本公演で2番手羽根は背負わず、

東上も轟理事が登板で完全なる別格移行の可能性もあります。

 

それこそ同じ星組の、

柚希礼音(中期)時代に組を支えた

涼紫央のようなポジションになるかもしれません。

 

…そして個人的には

実はこれが可能性的には一番高い気がしてます。

(とはいえ東上はしそうですけど)

 

礼真琴の正式な2番手が育つ(組替えしてくる)まで

組を支える別格2番手ポジとでも言えるでしょうか。

 

そもそも、美弥るりかの事例が出来てしまった段階で、

トップにはならないけど羽根も背負う2番手という枠が出来たかもしれませんし

そもそも93期トリオ全員をトップにするなんて構想、

果たして実現するんでしょうかね?

呪縛から解き放たれた時に見えるもの

 

愛月ひかるは長く

「宙組悲願の生抜きトップ」という呪縛に縛られていました。

 

それが宙組だけでなく、宝塚人事全体の蓋と化していたわけですが

その呪縛から解き放たれた今、

色んな意味で強く、面白いポジションに移行したと言えるでしょう。

 

そんな彼女がスターとしての階段を駆け上がれるのか。

それは、これからの星組での活躍に左右されると言っても過言ではありません。

まさにこれは、スター人事としてのラストチャンス。

 

果たして、星組で愛月はどのようにサヴァイブしていくのか。

礼&舞空のフレッシュ実力派コンビも気になりますが、

そんな彼女の今後の行方も気になるところです。

あ、ルキーニ伝説の行方もですが。笑

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. るんこ より:

    蒼汰さん、はじめまして。以前から毎回の更新を楽しみにしているブログのファンです。
    蒼汰さんの考察にはいつも唸らされますが、今回の愛月さん編、とても楽しみにしていました!
    と言いますのも、全国ツアーで久々に愛月さんを拝見した際、「こんなにオーラあったっけ…!?」とびっくりするくらい、(私比ですが)スターとして成長されたように思えました。あの礼さんがセンターで踊るパートでさえ、気が付けば隣の愛月さんを目で追っているほど勢いというか、自信というか、これまでとは全く違うスターらしいオーラを感じました。ここに来ての急浮上、スターとしての輝きっぷりに今後の活躍が本当に楽しみです。
    私も愛月さんがトップになるなら月組落下傘かなぁと思うのですが、93期からトップ3人となると数字的に89期を越えてしまうのがどうなんだろう、結局美弥さんルートになってしまうのでは…?と、思います。こんな事態は何がなんでも避けてほしいのですが、本当にどう転ぶか分かりませんよね…まさにジョーカーだと思います。
    今後の瀬央さんの組内での扱いはどうなるのかも気になります。3番手は確定でしょうけど、別格になるには少々勿体ない気がしてしまいます。将来的に3れい以外の95期神7の組替えもあるんじゃないかなと個人的に思うのですが、蒼汰さんはどうお考えでしょうか?未だに、私は月城さんは雪組、朝美さんは月組の方がそれじれの持ち味が合っている気がしてしまうんですよね。まさかの再組替え、有り得ないことですが想像しては楽しんでしまっています。(笑)

    長々と失礼いたしました。寒い季節ですので、お体ご自愛ください。
    次の更新も楽しみにしております!!

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      全ツでの愛月さんの活躍は素晴らしかったようですね!!(私は身に行けなかったのでスカステ映像でのみですが)
      これまで宙組でくすぶっていたものが、星組でまさしく大爆発されたのでしょう。
      とはいえコメントを頂いて気付いたのですが「89期ですら2人なのにそれを越えるのか」というのは、タイミングとはいえ確かになぁと思ってしまいました。
      95期の再組替えはどうでしょう…私は無いと思いますが人事に確実はないので、今後が楽しみでもあり恐怖でもありですかね。笑

  2. pomeshima より:

    愛月さん記事、楽しみに待ってました!!

    自分は基本的に歌ウマスターが好きなのですが、愛月さんのコッテリ男役芸はなぜか好きです。キレイにまとまっている印象のスターが多い中、確固たる個性を確立してますよね。

    月組への落下傘は、現在の月組の停滞ムードを変えるという意味でもいいと思います!なんとなく、このまま月城さんにバトンタッチとなると、月城さんが苦労なさるような…

    いずれにしても、愛月さんにとってはこれから1年が勝負になりそうですね!まずはタカスペを楽しみにしています。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼なんだか間隔があいてしまいましたがお待たせしました。笑
      愛月さんはそれこそ「昭和感」のあるスターさんですよね。
      月組の流れをかえるという意味では重宝されそうですが、果たして今後の命運やいかにですね。
      年末からの星組での活躍に期待です!!

  3. ゆき より:

    こんばんは。

    初めてコメントします。スカイステージとグラフなどを
    楽しみにしてるライトファンです。

    朝美さんと明日海さん、水美さんなど
    割りと満遍なく応援してますが、蒼太さんは
    19年のパリ祭ご覧になられましたか?

    愛月さん、すごく滑舌もお歌も良くなってましたよ
    私はすごく好きな明日海さんでも、作品が気に入らなければ
    復数回観ないのですが、今回のパリ祭は愛月さんの
    お歌が聴きたくて何回も見てしまいました。。

    スタイルも演技もお衣装の着こなしも
    すごく素敵で、是非ともトップさんになって
    その姿を観たいなって思ってます。

    まずは星組で2番手になって、月組にでも落下傘して欲しい
    そう、願ってます。。

    いつも、毎日このブログは楽しみにしています。。
    応援しているので、色々な記事待ってますね

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      スカステでですが巴里祭を拝見させて頂きました!!やっぱり宙組時代にくらべだいぶスター性がアップされてる印象でしたね。
      95期生組のフレッシュさには出せない色をお持ちですから、今後の活躍に期待したいと思います!!
      これからも楽しんで頂けるようブログを運営して参ろうと思います!!どうぞよろしくお願いいたします。^^

  4. はる より:

    愛月さんの専科入りからの星組移動は星組の次は礼真琴に決まっているから落下傘だとか変な噂に苛まれない様にしたかったから?と思っておりました。でも3番手羽を背負っていないのでしたらそんな噂にもならない状況でしたね。謎です。
    ひとまずは新体制発表で移動も開始されながら落ち着いた様に思える宝塚人事。
    チャンスを与えられた生徒には頑張って頂きたい、またいつか来るチャンスのために精進して頂きたいと願うばかりでございます。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      彼女の専科は結構画期的人事だと思うんですよね、それが一転組子に逆戻りですから相当な理由があったんだろうなとは思いますね。
      チャンスの順番をぜひ生かしてほしいと思います!!

  5. ぽんさん より:

    蒼太さん。待ってました!
    愛月ひかる月組落下説が個人的にはすごくお気に入りwなのですが、、、可能性どうでしょうかね。愛月ひかるはいつのまにか宝塚のジョーカーになりましたね。。。それにしても、愛ちゃんの星組への組み替えがかなり急だった裏には、誰か重要なスターさんの退団でもあるのか?と気になってしまいますよね。。。
    まさか月城かなとや水美舞斗ではないとは思いますが、蒼太さんの推理が正しければ、退団を控えてるのかもですよね?
    とにかく、何か想定外の人事が起こったことは間違いなさそう!
    蒼太さん、愛月ひかる編を定期的にお願いしますね!www

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      誰かの昇格が遅れるのか、もしくは誰かの退団か…想像するになかなかに怖いですね。
      伶美うらら、美弥るりかに続き、その行方を追いかけ続ける存在になりそうです。笑

  6. YS より:

    愛月氏の月組落下傘説、まさに雪組の混乱を終息させた壮さんのような役回りを期待しての妄想ですけど笑、確かに一回梯子を外されて短期でもトップになれただけでラッキーくらいの方の方が余計な反発も少なくやり易いような。月城さんも一度は足踏みになっても判官贔屓的支持も集めつつ足場固めが出来て悪くないと思います。
    問題は月組現トップ電撃退団は絶対ないとカレンダー占いで劇団から釘刺された状態で、そういう憶測は先手を打って封じられたも同然の状況…