宝塚カレンダー占い2021年版を徹底考察

ついに今年もこの季節がやって参りました!!

宝塚の人事を占う「カレンダー占い」。

 

今年の鍵は真風涼帆・星風まどかの任期

次期月組トップスターの行方。

さっそく徹底考察していきましょう!!

 

※あくまで「スターの任期について考察する」のが主目的ですので

スターに辞めてほしい意図があるわけではありませんので、あしからず。

 

ルール解説と2020年版の答え合わせ

 

まずはカレンダー占いのルールを簡単におさらいすると、

 

・掲載月がスターの退団公演・就任公演とリンクすることが多い。

・スターが退団した場合、その退団日以降の月に掲載されることはない。

 

というもの。

以上を踏まえ、まずは2020年度版の答え合わせをしてみましょう。

 

宝塚スターカレンダー(2020年版)

[表紙]華優希・舞空瞳
[1月]真風涼帆
[2月]礼真琴
[3月]真彩希帆
[4月]柚香光
[5月]愛月ひかる・美園さくら
[6月]轟悠
[7月]瀬戸かずや・星風まどか
[8月]望海風斗
[9月]月城かなと
[10月]芹香斗亜
[11月]彩風咲奈
[12月]珠城りょう

宝塚ステージカレンダー(2020年版)

[表紙]永久輝せあ・華優希/瑠風輝・舞空瞳
[1月]望海風斗/芹香斗亜
[2月]珠城りょう/愛月ひかる
[3月]凪七瑠海/彩風咲奈
[4月]礼真琴/轟悠
[5月]真彩希帆/柚香光
[6月]鳳月杏/星風まどか
[7月]美園さくら/彩凪翔
[8月]瀬央ゆりあ/桜木みなと
[9月]華形ひかる/朝美絢
[10月]真風涼帆/瀬戸かずや
[11月]月城かなと/和希そら
[12月]暁千星/水美舞斗

 

退団を発表したのは

・望海風斗&真彩希帆:7月~10月『fff』

・珠城りょう&美園さくら:11月~来年『桜嵐記』

※スケジュールはコロナリスケ前を参照

 

4名とも占い結果とピタリと一致。

だけでなく、実は次期雪組トップスターとなった彩風咲奈

プレお披露目公演の日程(11月)ともドンピシャなのにも要注目です。

 

宝塚カレンダーを徹底考察・2021年編

 

以上を踏まえ、

2021年度版について検証していきたいと思うのですが、

 

この占いにとって重要なファクターである

来年のスケジュールが完全に発表されていないという問題が…。

 

今回は仮に、既に発表されている月組『桜嵐記』以降は、

順番が変わらず宙組→雪組→星組→花組→月組と推移していくと仮定して

考えていきたいと思います。

 

カレンダー掲載メンバー

■宝塚スターカレンダー(2021年版)

[表紙]朝月希和・舞空瞳
[1月]望海風斗
[2月]瀬戸かずや・愛月ひかる
[3月]真彩希帆
[4月]礼真琴
[5月]珠城りょう
[6月]美園さくら・華優希
[7月]真風涼帆
[8月]彩風咲奈
[9月]芹香斗亜
[10月]月城かなと
[11月]星風まどか
[12月]柚香光

■宝塚ステージカレンダー(2021年版)

[表紙]永久輝せあ/舞空瞳
[1月]珠城りょう/星風まどか
[2月]真彩希帆/美園さくら
[3月]望海風斗/愛月ひかる
[4月]柚香光/凪七瑠海
[5月]彩凪翔/瀬戸かずや
[6月]朝月希和・華優希/暁千星
[7月]轟悠/和希そら・瑠風輝
[8月]真風涼帆/朝美絢
[9月]月城かなと/礼真琴
[10月]水美舞斗/桜木みなと
[11月]彩風咲奈/鳳月杏
[12月]芹香斗亜/瀬央ゆりあ

 

既に退団を発表している4名が

笑っちゃうほど前半に固まっているのが面白いですね。笑

 

真風&星風の任期を考える

 

仮に真風&星風任期6作目が『桜嵐記』の次と仮定した場合、

公演日程はざっくり7月~10月上旬くらい。

 

星風まどかの掲載月は11月、

ということは任期7作以上が確定したことになります。

 

一方、真風涼帆はというと、掲載月が7月と8月。

公演期間とドンピシャ。

つまりまさかの退団フラグが立ったことになります。

 

以上を合わせると、真風6作退団コースの星風残留で婿を取るという、

就任当初に予想されていた方向になるよう見えてきました。

 

星風は中卒研4就任で、過去の例を見れば研4就任は長期が多いけれども、

潤花が来たから退団かなぁと思っていたのですが、

しっかり愛希&実咲ロードに乗るのでしょうかね。

 

もちろん真風&星風が仲良く7作退団という可能性も大いにあるわけですが、

ここから先は現段階では何も読めないのが歯がゆいところです。

 

月組次期トップスターの行方

 

次期トップスターのスターカレンダーの掲載月がプレお披露目と重なる例が、

彩風咲奈・礼真琴(2019年11月掲載)と2年連続続いています。

 

ここから、月組次期トップスターの行方を

スターカレンダーの掲載月から予測してみましょう。

 

次期月組トップのプレお披露目公演は、

『桜嵐記』千秋楽から1~2ヶ月後くらいだと予想されます。

つまり、9月か10月の掲載者が怪しいわけですね。

 

[9月]芹香斗亜

[10月]月城かなと

 

ワロタww

まさかのこの2人ww

 

まぁ『桜嵐記』千秋楽が8月15日ですので

10月(つまり月城)の方が可能性は高そうですけれど、

こりゃー劇団も間際までヤキモキさせる気ですぜ!!

 

瀬戸と愛月の微妙な立ち位置

 

実は個人的に驚きだったのは、

瀬戸かずやと愛月ひかるが2人写りだったこと。

 

ここから読めるのは、同じ2番手でも

瀬戸かずや・愛月ひかる < 月城かなと

と、明確に序列がついているということでしょう。

 

つまり、瀬戸と愛月は月城かなとの上には降れないことになり、

必然的に次期月組トップ候補からは外れることになります。

 

と同時に、瀬戸の掲載月が2月に5月と前半に集中、

しかも『アウグストゥス』の日程とも被っていることから、

正直、退団匂わせかなと思っちゃいますよね。

 

カレンダー占い2021・まとめ

 

さて、今回のカレンダー占いの結果をまとめましょう。

 

・星風まどかの任期7作以上は決定。

・真風涼帆の任期は6作の可能性が出てきた?

・月組次期トップは月城VS芹香の一騎打ちから変わらず。

 

星風の任期7作以上が定まったのは大きいですね。

潤花が少なくとも1年以上待たされることが確定しましたから、

すんなりと芹香&潤花で継ぐとも言いづらくなったような気もします。

 

もしかしたら芹香&星風で宙組トップ月組は月城が順当、

という就任劇になるのかもしれません。

詳細は来年のスケジュールが出てみないと分かりませんが、果たして?

 

というわけでカレンダー占い2021でした!!

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. はぁ より:

    こんにちは。
    カレンダー占い、ドキドキですね…!

    蒼汰さんは華優希ちゃんの超早期退団はあると思いますか?
    スターカレンダーでは大劇場公演期間中に掲載されていますし、ステージカレンダーでも同じ6月に掲載されています。。。
    そしてその場合、星風まどかちゃんがスライドで花組トップ娘役になる…なんて私の妄想が暴走しているのかもしれませんが

    蒼汰さんがどのように考えているのか聞きたいです!

    • 青い杏仁豆腐 より:

      カレンダー占い楽しみにしてました!
      早速の更新ありがとうございます!

      スカステでのスター名場面リクエスト募集や、芹香斗亜のグラフ単独表紙を見るにつけ、真風涼帆の任期はもともと6作で、コロナがなければアナスタシアの東京公演前に退団発表予定だったのかという気がしてきました。
      しかし星風まどか残留っぽい??

      宙組 芹香星風
      月組 月城海乃
      になったらいいな〜と個人的には思います。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      一応回答しておくと、華さんの短期退団なんてないと思いますよ…たぶん。これ以上花組の娘役が枯渇するとヤバイですもん。笑

  2. あず より:

    蒼汰さんこんにちは。
    表紙が両方とも舞空瞳ちゃんなんですね!ひっとん好きなので嬉しいです。
    まどかちゃんが残ってキキちゃんと数作やってから潤花ちゃんに引き継ぎ、それはそれで悪くはないんですが、順当すぎてつまらない気がしますね。
    こんなことを言ったら各スターさんのファンに怒られそうですが。
    個人的には愛ちゃんが宙に帰ってきてまどかちゃんと短期トップ、キキちゃんは月に組替えして月トップ、が見たいんですが、それだと潤花ちゃんはずんちゃんのお相手?学年が近すぎない?となってしまいますね……人事考察って真剣に考えると難しいですね。

  3. しろん子 より:

    分析記事ありがとうございます!なるほどと思うことばかりです。
    今回の記事でふと思ったのは、
    「ひょっとして鳳月杏の組替え先は、もともとは月組ではなく星組で、現在の瀬戸かずや的ポジションの2番手スターとしてしばらく礼真琴を支える役割だったのでは」
    ということでした。それが、珠城りょうの急(かつ強い)退団希望が出たため、
    月組ピンチ→鳳月杏、古巣の月組に行先変更→星組2番手どうする→専科の愛月ひかる全ツでマッチングよさそうだったから、急遽投入
    となったのかなと。時系列を検証してませんし、妄想もいいところなんですが。
    いまだに愛月ひかるの唐突な星組入りがなぜだったのかが(星組好きとしては大歓迎なのですが)気にかかっています。
    なんにしても、まずは来年の残りのスケジュール次第ですね。色々と気持ちがざわざわします。

  4. ほのか より:

    早速の分析記事をありがとうございます。

    個人的にお〜、と思ったのが、彩凪さんの掲載月が5月なことです。
    蒼汰さんも既にお気づきかと思いますが…。

    残留することはとても嬉しいのですが、ならばなぜわざわざ無観客ライブやるんでしょう…、謎です。別箱が東上からバウに変更になった、とかなら理解できますが、続報を待つしかないですね。

  5. こっとん より:

    蒼汰さま

    こんばんは!お久しぶりにコメントします。

    まだまだ初心者の私ですが、初めて観劇したのが宙組というのもあり、真風さんにはとても思い入れがあります…!
    今のトリデンテはすごく安定していますし、このままもう少し見ていたい気持ちもありますが、芹香さんの就任を考えるともどかしい気持ちも、、

    もし真風さんが6作としたら、星風さん残留で芹香さんとキキまどコンビを何作か組んでから、潤花さんにバトンタッチでしょうか?
    芹香さんがどの程度作品をやるか分かりませんが、仮に5作として星風さんと1〜2作→潤花さんと3〜4作…潤花さんがそれで添い遂げするのは微妙に感じます。
    潤花さんはあくまで一時的に来たのであって、最終的には違う組へ行く可能性もあったり…??
    と書きつつ「同時にトップ就任ではない娘役は4作退団」のジンクスを思い出しました。。いやでも花組みたいなことするのかなぁ、、

    芹香さんが月組でトップになる可能性も高いですが、その場合宙組2番手になる方は?
    愛月さんの出戻りは大歓迎ですが、だったら瀬戸さんと同月掲載なんてことをしないような気もするんですよね…。

    ここまでかなり妄想全開で書きましたが、2023年の宙組25周年を考えるとそろそろ生え抜きトップが出てきて欲しいな、という個人的願望で締めます。笑

  6. さぬきうどん より:

    占いに水を差すわけじゃありませんが、トップ以外の退団予定者の掲載月はほとんど考慮されないんじゃないでしょうか。
    10年以上前ですが立樹遥さんはステージカレンダーも当時あった卓上カレンダーも退団後掲載でしたし、2014の未涼亜希さんもステージカレンダーは退団後掲載でした。(よく覚えているのがこの二人なので、他にもいると思います)以前より掲載者を精選している気がするので、現況とは違うのかもしれませんが。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      実は私もそう思ってます。基本的にトップスターにしか当てはまらないのが「カレンダー占い」ですが、
      最近だとトップ娘役たち、美弥るりかの退団、礼&彩風のプレお披露目が重なっていたくらいで、
      その他のスターにまで気が回らないのが原則でしょう。

      • なつみ より:

        初めまして!
        いつも拝見させていただいております!
        私も最近変な予感がするのですが、気のせいか?とも思うのですが、咲ちゃんとひらめちゃんが短期で、ききちゃんが月に落下傘、華ちゃんが6月と怪しいなぁと、まどかちゃんが花組にスライド組替え…
        れいこちゃんが雪組に戻りそうな気もするのですが…
        その為の夢白あやちゃん組替えだったのか…
        こんな感じの予感がしているのですが、ないですかね?

        • 蒼汰 より:

          初めてのコメントありがとうございます‼︎
          もはや原型留めてないほどそこまで組み替えする必要あるんですかね…笑
          まぁ想像は自由ですから、どうなるか今から楽しみですね。

  7. なぁ より:

    蒼太さん、いつも楽しく見せてもらってます
    敬称略失礼します。
    私は、月組:芹香(短期)→月城、宙:真風→桜木と予想してます。
    桜木を、初の生え抜きトップの予定で育てていたと仮定して、
    芹香が、花で上がる予定→ポーで予定外に組替え宙で上がる予定に(この時点では真風→芹香→桜木の予定)→真風が予定外にスポンサーで長期に、どうしよう
    ネックは、すみれコードですが(すみません)、芹香桜木が同い年なとこだと思います。
    芹香が宙でトップをすると、桜木が遅すぎてしまう。
    宙初の生え抜き娘役が星風だったように、初の生え抜きトップを担当させるほど華のある人だと桜木の次は風色くらいまで空いてしまう、そろそろ生え抜き出したい論としてはそれは困る。逆に瑠風は2人目以降なら宙トップにふさわしすぎるほどふさわしすぎると思うんですが。
    そんなタイミングで、月城が怪我で長期休演に。序列的に桜木が月城に先んじることはないはずですが、長期休演って一般企業なら後回しにされてもおかしくないほど大きいこと。
    じゃあ、芹香を月で短期トップにさせてしまおうと。
    月城さんは年齢も若いし、いまの惨憺たる(すみません)月組を後継させるより、短期でも他の経験豊かなトップで一回組の雰囲気を切り替えてからトップにした方が逆に月城さんを大切にしてるような気もします。
    芹香はここまで待たされたらどこに行っても暖かく迎えられると思いますし、4回も組み替えないだろう論も、落下傘するなら組替えになれてる人の方がうまくいくだろうと一般企業感覚では思います。
    またドリネクは基本次期トップ体制の組紹介(望海は早霧がやったばかり)の傾向があると思うので、来年月城がトップになるなら、今のタイミングで桜木でなく月城がやってるのではと。ドリネク例外の七海・美弥ほど桜木は人気ありませんし。。
    なので月:芹香→宙:桜木→月:月城の順でトップに就任と予想します。
    初生え抜きトップの待遇として、初生え抜き娘役かつ何回も組んできた星風が相手役というのもストーリー的だと思いますし、、
    以上長々と妄想させていただきました

  8. 静か より:

    占いの告げるところやはり華ちゃんの退団があるのではないかと。そして次のお相手は潤花とか。 それなら何故花組に直接移動ではなかったのかと言うと幾つか理由が考えられます。

    1、華の短期退団がバレるから(劇団はジェンヌの値打ちを下げるようなやり方は極力避けます)
    2、宙組で歌を勉強して高音域の弱点を克服出来るか見極めてからにしたいから
    3、名前が花だし(笑)
    潤花は目立つ顔立ちの美人で陽性の印象です。ダンスは上手いし、歌唱を少し向上させられれば、柚香光にぴったり、素敵なコンビですよね。

  9. ふきのとう より:

    こんにちは。宙組関連の予想面白いですね。
    ここ最近のファンなのでみりおさんやたま様のような一夫多妻はみたことあってもその逆をみたことがないのでまだ想像がつかないです。でも以外と特段珍しくはないのですね。
    すっかりマカキキが親友、バディのイメージなので、もしキキまどとなり、ふたりがラブラブしてたら…親友の奥様では…?!と、私の昼ドラ脳は発動しちゃいそうです笑
    どういう人事になるかたのしみです。

    • ねこまさ より:

      ふきのとうさん

      一夫多妻の逆ですが、花總まりが5人、蘭乃はなが3人ですね。

      花總 → 一路真輝、高嶺ふぶき、轟悠、姿月あさと、和央ようか

      蘭乃 → 真飛聖、蘭寿とむ、明日海りお