95期生組替えシャッフル考

今や宝塚における一つのブランドと化している「95期生」。

 

トップランナーとして走り続けた柚香光礼真琴

2019年、研11にしてトップスターに。

 

95期の3番手・月城かなとは今作で2番手羽根を背負い、

続く桜木みなとは3番手羽根を背負った。

 

さらにその後ろを朝美絢、水美舞斗、瀬央ゆりあ

虎視眈々と狙いすましながら全力疾走中。

 

人気男役スターが7人も同期で会するなんて状況、

宝塚105年といえど滅多にあることではありません。

 

よって、劇団側は

95期生の全組トップ制覇という果てしない夢を

あくまで選択肢の1つとして確実に描いていると思うんですよね。

 

しかしながら、その遥かなる偉業を達成するには

いくつか発生している障害を乗り越えねばなりません。

 

というわけで本日は

それを解決する手段としての95期シャッフル考について

私の考えをまとめていきたいと思います。

 

なお、「95期への偏った抜擢により組体制が歪になる危険性がある」という

至極まっとうな意見は重々承知なうえでのお遊びゲームと思ってご覧ください。笑

 

なぜ、95期生シャッフル考なのか

 

さて、95期生が全組トップ制覇するためには、

単純に全組にスターが配されていなければなりません。

 

月組は月城かなと、宙組は桜木みなと、

雪組は朝美絢が上手い具合に配されており、

このまますんなりトップに上がれば何も問題はありません。

 

ところが、珠城の任期が長期に

真風の任期が中期以上になりそうな現在の情勢の中で、

芹香や愛月の人事がいまだ不透明。

 

珠城が長期に、あるいは芹香や愛月が月組に落下したとしたら

月城がそのまま月組で上がるには待たせすぎることになりますし、

 

そもそも芹香が月組に落下した場合、

桜木は2番手に昇格、真風の方が芹香より先に退団するのは明白なので

このままでは桜木が先にトップになってしまいます。

 

さらに言えば、これは完全なる勘ですけど

桜木みなとがこのまま「宙組初の生抜きトップ」という称号を

あっさり取るとは思えないんですよね、何となく。笑

 

今年、鳳月杏(研14)愛月ひかる(研13)

高学年にして組替えしていることを思えば

今から95期が再シャッフルする可能性も十分にありえます。

 

というわけで、

もし仮に95期が再度組替えが起こるとしたら

どのような例があるのか、考えていきたいと思います。

 

例その1:三角貿易パターン

 

月城かなと:月 → 宙

桜木みなと:宙 → 雪

朝美絢:雪 → 月

 

95期の序列において、

次にトップになる可能性が高いのは月城かなと。

 

仮に芹香が月組へ落下してきてトップ就任が遅れた場合、

次に空くのは宙組での真風の後任。

 

ともすれば桜木は押し出されることになり、

次に空くのは雪組での彩風の後任。

 

さらに押し出されることになる朝美は

唯一空いている月組に里帰りする、という三角貿易パターン。

 

宙組は高身長かつアダルティなスタイリッシュさが売りなので

月城かなとはイメージ的にぴったりですし、

桜木の雪組も、まぁイメージ的にはありかもしれない。

 

問題は月組に行く朝美で、

彼女は暁千星に押し出されるかたちで雪組へ組替えしてますから

月組に戻った場合、暁の上に降れるとは思えません。

よってトップ情勢は厳しくなると言えるでしょう。

 

とはいえ、劇団は「出戻りトップ」という称号が大好きですし、

暁はトップ当確がゆえに自身も組替えしている可能性もあります。

 

例その2:サイコパス月組パターン

 

月城かなと:月 → 宙

桜木みなと:宙 → 月

(後に瀬央ゆりあ or 水美舞斗:星 or 花 → 月)

 

月城の宙組への組替えは三角貿易パターンと同様。

桜木の行き先が雪組ではなく、

月組に行く可能性も否定出来ません。

 

この場合、単純に月城と桜木がトレードされるだけであり、

最近の組替え減少傾向に合った人事であると言えます。

 

ここまでは予定調和として、例えばもしですよ、

現在同期の支えでくすぶっている瀬央&水美が劇団の意向により

トップ路線へと方向修正するとなった場合。

 

少なくとも組替えし、

同期バトルを繰り広げなければならないのですが、

もしその行き先が月組だとしたら?

 

おやおや、なんだか最近も

似たような人事がありましたよね。笑

 

そう、美弥と凪七による月組での89期バトルです。

月組サイコパス人事の象徴とも言うべき、あの。

 

これでさらに95期が争っているところを

あっさり暁or風間が抜き去るなんていうことが起きたら

「さすが月組!!」と逆に感心してしますが、さすがに無い…と思う、たぶん。

 

仁義なき同期バトルが始まる?!

 

上記の2つが大筋として、

他にも色んなパターンが考えられます。

 

例えば、月城はそのまま月組でステイとして、

桜木が雪組へ行き朝美と同期バトル、

そのうちに水美or瀬央が宙組へ行って芹香の後で苦労人トップになるパターン。

 

あるいは月城も桜木も動かず、

水美と瀬央が雪組に集まって争う「雪組三兄弟」リフレインパターン、など。

 

いずれにせよ、もし95期トップ戦争が引き起こされる場合、

仁義なき同期バトルが起きるのは必然。

 

その意味で、今95期が揃ってファーストフォトブックを出したのは

ワイワイ青春期が若く美しい、最後の瞬間だからなのかもしれません。

 

さらに言えば、学年だけでなく、

抜擢順がトップ就任順とリンクしているかと言えば

決してそうではないことを宝塚の歴史が証明しています。

(直近の例だと93期の芹香と彩風なんかがそうなりそうですね。)

 

2番手羽根を背負うスターもいれば、

別格コースに逸れていくスターもいる。

果たして、下克上はあるのか?

 

今後も95期生に目が離せませんね。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. ちょっこー より:

    最も有力というか、イメージできるのは
    その2のパターンですかねー。

    月城かなとの宙組は似合ってる。
    桜木みなとも月組に行っても活躍しそう、、、て思うと凪七瑠海にしか見えない。

    同期で2番手争わせてごぼう抜きされるのは見てられないのでそこは無しでお願いしたいですが。。。

    95期シャッフルおもしろいなー!
    個人的にはステイして95期も彩風も芹香も愛月もみんな2年くらいでトップ入れ替わって全員やったら最も平和だと思いますが、マンネリと面白みにかけるのでしょうけど。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      実は私もパターン2の方がありえそうだなーと思うんですよね。桜木さんは組替えした方が人気が出そうですし。
      劇団はなぜ平和な人事にしないのだろうとヤキモキするのですが、そしたらハラハラ感がなくつまらなくなってしまうのかもしれませんね。笑

  2. 菖蒲 蘭 より:

    こんにちは。
    95期どこでどうなる問題は多くの宝塚ファンの関心ごとですね。
    個人的に桜木さんは芹香さんの2番手には爽やかさがキャラ被りするからずらすのではないかと予想しています。
    真風さんの次に芹香さんが宙組で就任なら桜木さんの異動もありえるかも。
    宙組に動かすなら瀬央さんが真風さん芹香さんと同じく星組出身の舞台ではギラつく男感があるのに隠しきれないいい人オーラがなじみそうです。
    あまり星組出身ばかり異動してきたら宙組ファンの方に怒られちゃうかな。
    水美さんは和物が似合うしダンサー彩風さんのもとで活躍できそう。
    朝美さんのキラキラギラギラは星組に似合いそうだけど同期トップの下への異動は気の毒に思えますね。
    雪組にもなじんでいるので動くかどうかは不明です。
    月城さんも正2番手とあればもう落ち着いたような気がします。
    以上、あくまでも個人の感想でした。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      確かに芹香さんと桜木さんってキャラ被りしてるのが気になるとことですよね。以前ホスト芸なんて書きましたけど、芹香さんも似たような路線に走ってますし。
      そういう意味で瀬央さんって宙組に凄く合いそうだなと思うのですが、確かに星組の植民地化しそうで反発が凄そう。笑
      彩風水美もダンサー系を思うとキャラ被りしちゃいそうですよね、という意味でも組替え先を探すのも難航そうな印象です。

  3. ふれんちとーすと より:

    質問なのですが…
    蒼汰さんは、トップスターさんの短期、中期、長期をどのくらいで決めていますか?
    変な質問で申し訳ありません。

    • 蒼汰 より:

      個人的には
      短期:3作
      普通:5~6作
      中期:7,8作
      長期:8作~
      という感じでしょうか。8作って中期なのか長期なのか個人的には微妙なラインです。笑
      4作は体感だと「短い」印象ですが、一般的には普通扱いですよね、きっと。

  4. ボコ より:

    桜木さんが異動ではもう新入生は宙組に配属されたくないと思うでしょうねえ。宙組は生え抜きトップを育ててくれないと証明しているようなものです。
    20周年のお祝いをしてまだ出せないというのでは、問題でしょう。
    桜木さんより前に一人でも出していれば問題なく雪組異動でぴったりでしょうが、やっとビジュアルのみではなく実力派のトップを出せそうなときにするでしょうか。
    宙組誕生後、初の生え抜きトップは特別な肩書きです。実力無視なら愛月さんでよかったでしょう。
    卓上カレンダーの1月掲載の方って、ほぼ次の年卓上型からは外れポスターへ降格か2番手格のスターカレ昇格と異動されているので、2020年何らかの答えは出るでしょう。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      まぁぶっちゃけ今の段階でも宙組って…って思う方がいそうですよねっていう。笑
      愛月さんが舞台技術でストップがかかったのでしょうから、それを飛び越える&95期ブランドとしての意地を是非見せて欲しいなと思いますね。
      「卓上カレンダーの1月掲載の方って、ほぼ次の年卓上型からは外れポスターへ降格か2番手格のスターカレ昇格と異動されている」ってそうなんですね!!
      ほえー、今からどうなるか楽しみですね!!

  5. ゆりりん より:

    蒼汰さん、以前に桜木さんはすんなり3番手にならない気がすると書かれていましたが、すんなり3番手になりましたね。3番手東上公演も再演ものではなく強力な権力を誇った皇帝が主役のオリジナル作品ですし、劇団から相当期待がかかっていると言えないでしょうか。真風さんの後を芹香さんが引き継ぎ、宙組25周年を記念して桜木さんが悲願の宙組生え抜きトップになりそうな気がしますが。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      そうなんです、まさかこんなにあっさり3番手になるとは思わず結構ビックリしてます。笑
      彼女が宙で上がる可能性も十分にあり得ます。というより劇団が想定しているいくつかの選択肢の中で「桜木を宙組でトップに」と「95期を揃える」というものがあって
      どちらも果たせればこのままで問題ないし、どちらかを譲らねばならない場合にどっちを優先するのか、という話だと思います。

  6. より:

    いつも楽しく拝見しております。
    95期の進退は本当に興味深いですね。

    私個人は、荒唐無稽であっても95期でトップを並べるつもりなのだと思っていたりします(笑)。

    そして93期の方々はトップになっても短期なのではないかと思っています。
    芹香斗亜さんが待たされた挙げ句短期というのは考えにくいかもですが、逆にそこまで待たされた方は短期傾向なのではないかと。
    また、朝美絢さんの人気と、桜木みなとさんの宙生え抜きブランドからすると動かすことも考えにくいので、ステイと予想しています。
    ま、所詮予想ゲームですけど(笑)。

    なので、これこれこんな選択肢がどうのこうのではなく、結果的に当たる当たらないは別にして、現時点でのハッキリとした予想!?願望!?をお伺いしたいです。
    どのようにお考えですか?

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      個人的な願望を書くと、月城桜木朝美全員がこのままステイで全員がトップになることです。笑
      この場合、桜木と朝美の就任が遅くなることだけが懸念点ですから、本人がそこまで待てるかが問題になりますよね。
      月城の安定感、桜木の宙組DNA、朝美の一般人気でギリギリトップって、すごーくバランス良いと思うんですが…劇団は安易なことしないからなぁと。

  7. ヅカおばば より:

    やっぱり面白いのでコメント参加させてくださいね。

    20年のスケジュール順が以降も続く、専科移動なしが前提です。
    21年に東京宝塚劇場の改修工事が予定されてます。トップ退団は仮住まいではなく自前劇場で行うと考えて・・・

    珠城=イレギュラーながら20~21年またぎ退団
    真風=21年大劇場正月が宙のため、21年2作目退団
    かな?として(約1年2作の時差)

    芹香→月 月城→雪 朝美→月 暁→星 愛月→短期で宙
    大きくなって出戻り凱旋パターン
    芹香→月 月城→宙 桜木→月OR雪 朝美(桜木→雪)→月 暁(朝美→月)→?
    大混乱2番手落下傘パターン
    水美・瀬戸は同期トップ支えで別格2番目

    と妄想しましたが、いかがでしょうか?

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      最近の傾向として、あまり人事を無意味に動かさない(愛月はイレギュラー)印象なので「出戻り」の可能性は薄いと思うんですよね。
      よって愛月の宙、月城の雪、朝美の月は無いと思ってます。どちらかというと2番手落下の方がありそうかなと。
      ちなみに暁の星は実はありそうだなーと思ってたりします。礼の後任の正路線としての彼女という。5年くらい待てないかなー無理かなー。

  8. ぽんりこ より:

    こんにちわ!
    月組サイコパス人事、これこそ悪の元凶…またもやあり得そうですが、しかし一番サイコパスなのは珠城りょう10作説w
    せめてピガールの後に退団で8作でお引き取り願いたいです。
    もし8作であれば、芹香斗亜と夢白あやに月へ降ってもらい、月城暫定2番手ってのもあり得ますが、なんとなく桜木みなとがすんなり宙組のままではない気が私もいたします。桜木みなと雪組説あるかと思いますね。まー、そうなると愛月ひかるが宙組に戻る?ことも考えられなくもない?
    うーん、読めません!

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      8作でも結構な任期ですけれど、ありそうで怖いですよねー10作。なにせまだまだお若い方でいらっしゃいますから…。
      愛月さんの宙戻りはなさそうな気がするんですけどねー。果たしてどうなることやらですね。

  9. きくちっくす より:

    月城は珠城が長期だとしてもキャラ的にトップ就任を焦る必要も無さそうなのでよっぽどの事が無ければ動かないような…
    ただ桜木の動向(芹香斗亜含む)次第ではおっしゃるように月城を含む95期の大シャッフルもあり得るのかも知れませんね。

    近年は上級生の顔を立てる人事が行われていますがその割をもろに食っている朝美、瀬央、水美の3人は状況を打開する為にも何か大きな動きは必要でしょうね。
    もっとも入れ替わった所で潰し合いや競争は避けられませんが…

    順調な様な気がして実は5人(特に朝美、瀬央、水美)の置かれている立場は結構苦しいものなんですかね。だからこそこのタイミングでの写真集発売なんでしょうし。

    個々が一番輝ける場所で活躍して欲しいと願うばかりですが実はそれが今の組、今の立場なのかもしれないと不安に思う今日この頃です。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      個人的には私も月城が動く必要性を感じないのですが、なにせ愛月の突然の落下がもし彼女のケガによるものだとしたら何か変化があるのかなぁとも妄想しちゃうんですよね。
      正直後続3人はこれまでの宝塚であればすぐに別格移行しても普通くらいなわけですけれど、現状がゆえにファンが煽られてることを思うと劇団も上手だなと思いますね。
      そしておっしゃる通り、今が一番平和で輝けるポジションなのかもしれません。

  10. 玉子 より:

    私の願望が入ってますが、朝美さんは雪で正2番までは行くのでないかと思います。
    いまいちな人気と実力の彩風さんの介護が必要なので、人気があり技術もそこそこな朝美さんが必要かなと。
    他組なら別格かもしれなかったけど、時期の彩風体制で大人気の朝美さんを外して桜木さんや瀬尾さん連れてきても、反発されて逆効果になると思います。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      確かに、そういう意味では彩風さんと朝美さんってバランス取れてますよね。
      そして今の一般人気を鑑みるに95期バトルなんてしたら大荒れ確実ですから、現状のままが一番平和なんですけどねー。果たしてどうなることやらですね。