VISAガールの宿命・『エリザベート』カードをどこで切るのか?

 

芸能人になぜスポンサーがつくのか、

それは芸能人と企業の双方に利害関係の一致が有るからです。

 

これを宝塚に置き換えると、

企業側としては、人気スターを宣伝に活用し自社製品を売りたい。

劇団側としては、スター候補生の後ろ盾を企業にお願いしたい。

(ついでにチケットを貸切公演分引き取って欲しい。)

 

なぜこの話をしたかと言うと、

水美舞斗&永久輝せあの3番手羽根問題について、

VISAを直接批判するようなコメントを少なからず目にしたから。

 

もちろん内情は知りませんが、

一般論として、人事はVISA「が」決めるものではなく、

劇団側がスポンサーであるVISA「に」配慮し行うものです。

 

なので宝塚ファンを名乗るのであれば、

人事の批判は劇団にするべきであり、

スポンサーやそれを背負うスターに醜い言葉を浴びせるのは違うと思いますよ、

という前置きからスターします。

 

VISAガールの宿命・早期就任?

 

さて、歴代VISAガールは、初代の愛華みれから

春野寿美礼、音月桂、明日海りお、永久輝せあと早々たるメンバーです。

 

愛華は初代特例なので置いておくとして、

春野、音月、明日海の3名は、

VISAガール就任後、比較的すぐにトップに就任しています、が。

実はそれぞれ微妙に状況が違っています。

 

例えば春野寿美礼。

彼女がVISAガールに就任したのは2001年12月。

この頃の宝塚は新専科制度の勃発により、

花組からは匠ひびきと伊織直加の2人が専科へ異動。

 

このうち匠ひびきが1年弱で花組に戻りトップに就任するも、

お披露目公演の途中で持病の悪化により休演。

代役を務めた春野寿美礼がそのままトップに就任したわけですが、

その公演の直前にVISAガールに就任しています。

 

つまり、そもそもすぐにトップになると分かったうえで、

あるいはこんな突然のトップ就任劇の後ろ盾が必要であったために、

劇団はVISAガール就任させた、と言えると思うのです。

 

同じく、明日海りお。

彼女がVISAガールに就任したのは、月組の準トップ時代、

つまり半分トップスターである時です。

 

彼女はVISAガール就任直後に花組へ組替え、

普通の2番手として大劇場公演2作を務めた後、

花組のトップスターに就任しています。

 

しかも彼女の場合、たぶん想定外で早期退団した音月桂の後任なわけで、

劇団としてはVISAの顔を立てるため、

すぐにトップ就任する人気者候補をキャンガに選ぶはずでしょう。

 

そう考えると、ちゃんと手順を踏んでトップに上がる予定の人で、

VISAガールに選ばれたのは音月桂だけだと思うのです。

 

その音月桂は、2008年1月にVISAガールに就任した直後、

本公演で3作連続でエトワール、

しかも途中から彩吹真央とW2番手羽根体制となり、

彩吹退団→水夏希退団からの雪組トップ就任となりました。

 

その間、2年10か月、つまり3年弱です。

私は永久輝せあはこのパターンに近いと考えていますので、

柚香光の短期退団説には否定の立場を取っていました。

最近の劇団が、無理やりな人事をすることは無いという期待含めて、ですが。

 

が、永久輝せあがVISAガールに就任したのが2019年11月。

コロナ禍で色々と後ろ倒しになっているとはいえ、

そろそろ番手として動かさなきゃいけない頃合いなのは事実でしょう。

 

VISAガールの宿命・娘役事情

 

ところで、歴代VISAガールのもう一つの特徴として、

相手役に恵まれない…という表現だと角が立ちますが、

いわゆる超路線系の娘役が相手にならないというのが面白いです。

 

まず春野寿美礼、大鳥れいは前任からの引き継ぎ、

つまり早期就任かつ前任が1作退団というイレギュラーを

フォローするための登板という意味では順当ですが、

その次は遠野あすか…ではなく、まさかのふづき美世。

 

ふづきさん、個人的にはその熟女芸が好きですけれど、

歴代でも群を抜いた「なんで?」というトップ娘役就任劇。

その後任は、初詣モデルにして生え抜きの桜乃彩音、

路線としては順当ですが、歌唱力が…ねぇ?

 

続く音月桂は、皆さんご存知の通りまさかの相手役不在、

からの96期生問題真っ只中での夢華あみの登板、最凶の悪手でした。

結局は舞羽美海に落ち着きますが、なら最初からそうしとけよ!って話ですよね。

 

明日海りおは、歴代最多である4人の相手役がいますが、

アンチを多数抱えた蘭乃はなに、これまた96期生の花乃まりあ、

正路線を踏んでいない仙名彩世、最後は華優希の教育担当。

 

「VISAの後ろ盾もあるし、どの相手役をつけてもなんとかなるだろう」

と劇団が思っているのかは知りませんが、

少なくともスタート地点は、選ばれし相手役感の無い人を選んでいます。

 

…とここまで書いて思ったのは、

花組OBである春野寿美礼も明日海りおも、

お披露目がVISA冠である『エリザベート』なんですよね。

 

相手役である大鳥れいと蘭乃はなは、

どちらも3人の相手役を務めた長期トップ娘役。

(シシィを演じるにはそれ相応の技量が必用であるためという理由も有りますが。)

 

私は柚香光は7作くらいやるし、

相手役も星風まどかで終わるはずは無いと思っていたのですが、

永久輝せあ就任&星風まどか退団の『エリザベート』

あり得るかもなと思い始めました。

 

そうなると水美舞斗が永久輝せあに抜かれるならフランツになり、

聖乃あすかは組替え無しとしてルキーニになる?

星風まどかも永久輝せあの相手役を務めたら3人目になるわけですし。

 

だとしたら柚香光の任期は、私が想像していたよりも短いのかもしれません。

はいから→アウグス→100周年→リストに続き、

一本物大作やってからの退団公演?みたいな。あ、これでも6作だから妥当なのか?笑

 

けどこの一本物大作に『エリザベート』が来るかもしれないけど、

オリジナル作品の方が柚香光や、ファン的には嬉しいですよね?

勝手な憶測とはいえ、色々と難しいです…。

 

永久輝せあに送るエール

 

もしかしたら壮大な『エリザベート』計画が

既に始まりつつあるのかもしれないという、

書き出しとは違った記事の結末になってしまいました。笑

 

何が言いたかったかといいますと、今回の階段降りで

永久輝せあが初めて本公演で3番手羽根を背負えたというのに、

ファンが手放しで喜べない雰囲気になっているのが可哀想で…。

 

VISAガールに選ばれるということは、

軋轢を生む人事を背負う宿命があるのかもしれません。

そのダメージを少なくすることが劇団の至上命題のはずなのですが、

うーむ、どうなるでしょう。

 

永久輝せあが花組を背負って立つ、

偉大なるトップスターになることを祈って、

今は最大限のエールを送りたいです。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. RO より:

    思っていること、まんま詰まったブログでした。勝手にスッキリしてます。闇と言われたあの月組人事からは、何一つ学んでいなかったのか、、、今回の件、VISAを退会しようの呼びかけもあるとか。スポンサーに配慮したつもりが逆に傷つけてしまう悪手。劇団運営、大丈夫でしょうか。
    エリザベート、コロナがなければ花組100周年、柚香・星風でのVISA公演の予定だったと思います。状況が変わった今、永久輝さんのお披露目の可能性、高くなりましたね。まどかちゃん、そこまでは在団してくれますかね。その後のお相手は、美咲さんか105期の誰かか。今度こそ、お相手に恵まれますように。ブログ更新、楽しみにしております。

  2. funk より:

    こんにちは。
    一部の水美舞斗ファンの永久輝さん叩きに眉を顰めていたところでした。
    しかし今回はファンの贔屓目なしに誰もが水美は大羽根を背負うと思っていたはずなので、せめて劇団に意見すべきと私も思います。そしてこの状況を見て、永久輝トップ時の上級生2番手に水美を据えるとして、本人は納得していてもなんだかファンの方が花組の雰囲気を悪くしそうだなあと思いました。なんとかなるといいんですけど。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      意見「すべき」なんでしょうかね。いやもちろん皆さん思いのままに行動されたらよろしいと思うんですが、例えば2番手退団と違ってスターの人生はまだ続くわけじゃないですか。
      散々金使わせといてトップにしないんかい!という怒りなら分かるんですけど、羽根の有無ってべき論に発展するほどのものなのかなって個人的に思っちゃいます。スター本人に応援のメッセージを送るとかなら是非と思いますけどね。
      あと、誰もが背負うと思ってたっておっしゃいますが、少なくとも私は懐疑的でしたし、そういう人も大勢いると思いますよ?

  3. エリス より:

    こんにちは。

    いきなりですが「その時の気持ち」で書き過ぎないように願います。

    貴方が書くと影響力がとても大きいように思えます。信じこんでしまう人がたくさんいるようです。

    貴方が分析したってそのとおりになるとは限りません。
    だってコロナがあったからです。
    まだ収束決定もしていません。

    過去のことで知らないこともたくさんありますが、VISA人事で傷つけられた生徒やファンはたくさんいた、これからもいるんでしょうね。

    開幕したばかりの花組公演、柚香光&星風まどかの新コンビの相性
    の良さは近年見たことのないものです。

    その仲良しさは観客がみていて、とても気持ちがいいものです。

    この二人はもう他の相手役は考えられないのでは?と思うほどです。

    星風さんは、柚香光退団後、永久輝さんと「エリザベート」などやりにくいんじゃないの?と
    純粋に思えますね。

    ひとの気持ちの動きが見えず人事予想されてばかりに疑問を感じます。

    もうひとついいたいこと、水美さんは永久輝さんの2番手は考えられ
    られないんじゃないかな、ということです。

    これは女性の勘みたいなものです。男性ファンにはわからないでしょう。
    「女心」です。
    だから水美ファンはここで同期の2番手になりたかったんじゃないか
    なと思うんです。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りで、柚香星風は想定以上の相性の良さで、永久輝さんの代まで残ってエリザをするという可能性も高くなく、ただの空想です。
      何が言いたいかというと、色んな可能性があるのだからその一瞬でカッカすることなく、落ち着いて人事を見守ろうよ、というのを、ある程度の影響力をもって伝えたかったのでした。
      なので私の予想が外れようが、それでバカにされようが良いんです。それくらい人事を予想するのは難しいし、絶対なんて無いということに他ならないのですから。

  4. アシヤ より:

    阪急グループには、ペルソナというカード会社があり、
    宝塚友の会カードは、当初、ペルソナが発行していたのに、
    17年前から、発行会社が三井住友カードに変わった経緯があるみたいですね。
    スポンサーであるけれど、
    カード発行業務をグループ内の会社から変更して任せてやるよってことで、
    持ちつ持たれつの関係なんですね。
    なので、一方的な関係ではないですよね。
    あと、VISAという会社があると思っている人がわりと多いですね笑

  5. ぽぽんた より:

    いつも楽しく拝読しております。

    もちろん、永久輝さんにヘイトが向くのはあってはならないことだと思うのですが、流石に今回の件は水美さんに同情を禁じ得ないですね…。
    東上、円盤、グッズ、年末特番、オリンピックでの並び順に至るまで他の二番手と同じ扱いで羽根だけ違ったのですから。正直羽根を背負わないと思っていた人の方が余程少ないと思います。なんだかんだ人事を蒼汰さんほど深く考察する方々が宝塚のファン層のボリュームゾーンであるとは思えないので。

    今回のことは例えば永久輝さんに先に東上させる、または星組に便乗してグッズを出さないなど、素人目にもこういう事態にならない対策が考えられるのになぜそうしなかったのでしょう。仮に95期序列の方が理由として大きいなら、劇団はVISAにヘイトが向くということは大して気にしていなかったのでしょうか?または前例があるにも関わらずそれが分からなかったのでしょうか?
    つくづく謎です。

    柚香さん短期で永久輝さんがすぐにトップになる説はVISAに就任当初よく聞きましたが、そういう説が出てしまうあたり、言い方は本当に良くないですがVISAは宝塚ファンにとって一種のトラウマでもあるのだなぁと…。
    永久輝さんにはそれを跳ね除けるトップさんになって欲しいですね。

    いつか謎が解ける日が来ると良いのですが…。今はまだ見守るしかないですね。ひとまずせっかくの花組100周年公演の無事の完走を願っております。

  6. orange芋 より:

    こんにちはー

    蒼汰さんの、周りに配慮しつつも思っていることを書いてくれるこのブログが大好きです!

    人気の方が多いと軋轢も生まれるし、劇団もみんなにいい顔するなんてできないですよね。スポンサーがなければ劇団だって運営できない部分があるわけだし。

    ファンの皆様には日ごろと変わらぬ応援、観劇がスターの方々も喜ばれるのではないかと思います。
    過激な表現などは、ご新規さんなどに悪い印象を与えてしまいます…それは残念です。

  7. mm より:

    いつも更新を楽しみにしております。

    すごく納得感のある記事でした。花組でのエリザベート説が囁かれる中、通常作品の公演でさえ、喉を潰し気味な柚香さんが東西100公演超で大作ミュージカルを成し遂げられるかといえば、現実的に厳しいのではと思っていました。この説がもし当たっているのではあれば、星風さんの組替えはコロナ前からの既定路線だったんですね。

    ここ最近、105期の星空さんはなぜこう急プッシュされてるんでしょう…新公ヒロイン未経験とはいえバウと東上ヒロイン済で、(私は東宝組なので未観劇ですが)今作でもかなり目立った場面を任されているようです。歌えて踊れるジェンヌさんなので、ご活躍されてるようです。
    花は短くとも4作、星はおそらく長期(105期詩さんもいる)、月は104期きよらさん、雪は103期夢白さん、宙は105期山吹さんが控えてます。104期美羽さんと共に花娘として脇を固めるため、なんでしょうか…?
    花組での就任だと早くて研6就任になるかと思うんですが、、それか、山吹さんの新公ヒロは同期支えで潤さんの後任で宙組に組替えになったりするんでしょうか…。

  8. コスモスハート より:

    蒼汰様

    論理的に、過去事例も上げて、わかりやすい解説、ありがとうございます。
    私は、誰もがマイティーの2番手羽を背負うという考えだった、というのはちょっと違うかも。の一人。
    どちらかというと、別格2番目的立場になりつつある段階で、様々精一杯のできることを(2番手同等?)行い、劇団の配慮にて、2番手羽はなくても許して、という声なき声が聞こえたかも。。という考え。
    宝塚友の会のオフィシャルカードは、演目にスポンサー名として着くと、資金潤沢、と言っても、ファンの皆さんが、せっせと友の会のチケットでカード払いにして、キャトルの買い物もそのカードで支払い、ファンの使うお金あってのこと。
    スポンサー優位、みたいな感じではないと思います。
    劇団は売上が、もっとも上がる人事?を最終的にチョイスするのかな?
    羽だけでなく、公演中の見せ場が有れば、ちょっと許してあげて、と言いたくなるけれど、押してきた人の気持ちは、ここまで期待させて、という叫びもわからなくはない。どうか公演を見て、拍手して、ホームページに感想コメントをせっせと押したいジェンヌさんの名前で、送ってあげてほしい。。。
    ひとこちゃん、トート、マイティーフランツ、星風エリザベート、それはそれで、見てみたいものです。

  9. なか より:

    更新を楽しみにしています。
    花組公演観ました。宝塚らしい二作品で、観劇後の爽やかを久しぶりに満喫しました。
    水美さんも永久輝さんも素敵でした。皆さん色々ご意見のようですね。
    私は水美さんに鳳月さんが重なって見えました。
    2番手羽根を「今」背負って、進む道と長さを制限されるより、これから男役芸に益々磨きをかけファンは勿論、初めて観劇された方の目を釘付けにする。組子からの信頼、下級生からの憧れ目標の的になる。
    私はトップになることだけに拘らない応援をしたいな…と思っています。
    それぞれの立ち位置で全力を尽くす姿に、無条件で感激し元気を貰っています。

  10. こころ夫人 より:

    いつも楽しく、興味深く拝見しております。
    初日の情報を知らずに、観劇していれば、やった!永久輝さんが羽根をつけてる!拍手!と夢中で喜んでいたと思います(すみません、雪贔屓なので)。
    で、実際に観劇して、永久輝さんに続き、水美さんが降りてこられた時、すみません、なんかやはり、苦しかった。
    でも、それは私の勝手な感傷でしかなく、ジェンヌさんたちは、キラキラの笑顔で、全力で観客にパワーを贈ってくれる!
    今さらの物言いですが、ジェンヌさんは、プロフェッショナルなんですよね。スゴいです。
    宝塚の大看板・花組100周年を祝う公演。今日は、トップ娘役・星風さんのお誕生日。
    柚香さん、星風さん、水美さん、永久輝さんのカルテットを存分に楽しんできます。
    水美フランツは、私もみてみたい、です!

  11. YT より:

    いつもフラットな考察を拝見させて頂いています。
    水美さん永久輝さん2人とも素敵なスターさんですので、どちらもトップになって欲しいです。
    仮に柚香さんが6~7作、水美さんが就任し3作やったとしても永久輝さんは研15~16でなれるので問題なさそうな気がしますがどうでしょうか。

  12. より:

    初めまして、いつも興味深く拝読しておりました。
    今回の件でVISAをこき下ろしている方は、なんとなく企業やビジネスの観点が薄そうだなぁと違和感を感じておりました。
    スポンサーも慈善事業ではないのですから投資に見合った宣伝効果を求めるのは当然のこと。そしてその投資が金満企業でもない宝塚が生徒を育成し興行を続けていくのに重要なのは当たり前でしょう。

    個人的にはマイティーもひとこちゃんも好きなのでファンが騒いでいることの方が2番手羽根の有無より悲しいです。
    でもむしろマイティーの退団時期がこれによって延びて、ほのかちゃんに2番手をバトンタッチするまで円熟した芸と人望でひとこちゃんを上級生2番手として支えるのでは?とも感じます。マイティーにはそれだけの包容力があるような。

    そしてリストでショパンをひとこちゃんが演じてここで番手を抜かすのだろうという予想も同意です。

    人によって色々な考えがありますが、スターやご贔屓への感情一辺倒にならず多角的に分析なさる蒼汰さんのblogが1番読んでいてしっくりきます。これからも楽しみにしております。

  13. より:

    ごめんなさい、訂正です。
    蒼汰さんはマイティーがショパンっぽいかというと?むしろ…ごにょごにょとはおっしゃっていてもひとこちゃんがショパンを演じてここで2番手になるとは書いていらっしゃらないですね
    大変失礼いたしました。

  14. 五條 より:

    なんか蒼汰さんにヘイト向いてません?w 笑ってしまいました。ただの1ブロガーに怒りむけても…。まあ冷静になれないのもわからんでもないです。ちょっとこの記事早かったかもですね。書いてある事は他の方も予想してるような至極真っ当な事だと思いますが、ファンを逆撫でしちゃうかもしれません。
    某掲示板でも「ショーで水美が銀橋で歌う際、後ろでひとまどがデュエットダンスしてて、あー」とか「ひとまどエリザ?」みたいな感想ありましたし。

    そもそも水美、同期がトップ決定の時点で覚悟はしていたです。
    ・この組で自分がトップになることはない(同期引き継ぎは基本ない為)
    ・同期でワンツーは劇団も本人も、特にファン同士がギスるので避けたい(って言ってたのは誰でしたっけ…壮だったかな?)
    ・すぐ下にVISA。抜かされるかも。

    コロナがあったので覆る可能性はありますが、水美は上記についてはかなり前からわかっていたはず。その上で覚悟して、全部わかった上でやっている。劇団からも説明はあったかもしれません。
    彩吹「トップになれない事がわかったから退団した」
    壮「3作で、という話で」
    越乃「組長を務めてもらいたい、受けるか辞めるか、と言われた」
    愛月「星に組替えの時点で退団は決まっていた」等、劇団からの事前通告は確実にあり、嫌なら辞めるしかありません。

    水美のDSが引っかかってるんです。水美前後にやった人、退団してる人ばかり。例外は星風ですか。あれは専科→花トップと無理させるからお詫びとして、という事なのか。だとしたら、水美のDS(東上も?)にはどんな意味があったのかなと。
    辞めるのか(にしちゃやるの早すぎる)。専科に異動か。それとも永久輝の2番手を飲んだか。
    出版物とか全部2番手扱いなのに、その後に抜かされて3番手なんて今まであったか?来年どうすんの?というのもありました。来年のカレンダー発表の時点までに、なにか大きな動きがあるのでしょう。
    私は柚香は5か6の通常任期と見てます。他組だから関係ないですが、望海の任期は超えないんじゃないかなと。

  15. うちやね より:

    個人的には水美さんの2番手羽根、それを裏付けるようなことがあっても本当に背負うのか…?と疑問に思っていて、実際の初日のニュースを見た時はとてもびっくりしましたが、同時に蒼汰さんと同じくやはりか…と思いました(もちろん見たくなかったというわけでは全くありません!!)。
    同期引き継ぎや他の期や組との兼ね合い等々、ここで正二番手になったとして、そのあと人事的にどう軋轢を少なくして動かすのかがよく分からず…。そうは言っても、水美さんファンの方々にとっては辛いことですよね。

    ただ怒って抗議する!ジェンヌさんを叩く!というのはいかがなものかと思います。秘密の花園なはずなのに、客側が生徒さんの成長を見守る構造によって不思議と距離感を近く感じられるというのは宝塚の大きな魅力ですが、だからといって自分とは違う人間であるジェンヌさんの心情を想像してのめり込み過ぎてしまうのは双方に不健康なことだと思います。あくまで趣味であり、我々はエンタメを提供して貰っている客である、という心の線引きをしておかないと、目の前の感情に走ってしまうのは哀しいことなので…。

    花組公演、先日観劇して来ました。もう単純に素晴らしかったです。お芝居は斬新、レビューはクラシカル、でもどちらもハッピーで分かりやすくて華やか。100周年という大きな大きな節目にぴったりの二本立てでした。中心にいるれいまどまいひとの四人も実力ビジュアルの相性全てが最高で、新生花組の死角のなさを感じます。今はひたすら応援したいです!

  16. おさかな より:

    蒼汰さん

    瀬戸さん退団後に水美さんが残り、同期ワンツー(しかも成績は逆転)になった時点で、VISA云々関係なく、遅かれ早かれどこかで爆発してたとは思います。それが公演内で、羽という分かりやすいものでいきなり示したのはもうちょいどうにかならんかったかなぁとも思います。東上の円盤やパソカレを出さないとか、劇団も考えなかった訳ではないと思いますが。

    水美フランツが実現するなら新境地ですしそれはそれで見たいなぁ。

  17. 公実 より:

    初日を観劇しての感想です。色々冷静に考えてはみましたが、やはり今回の羽根事件は劇団も残酷なことをする、と思いました。
    私は、マイティのファンです。でも、ひとこちゃんの素晴らしさも、観劇していつも感じ、分かっています。ステキなジェンヌさんです。
    今回の公演の前、マイティはありがたいことに、カレンダーなど2番手としか思えない様々なものをもらっていました。今公演、プログラムでも2番手の大きさの写真、スチールも2枚。芝居での銀橋ソロはマイティまで。ショーでも、トップ不在時はひとこちゃん達を従えて真ん中にいました。ひとこちゃんが3番手羽根で降りてきた時、マイティ、2番手羽根だ、と期待しました。そして3番手羽根で降りてきた時の衝撃。
    今回、私が1番思ったのは、「マイティは、ファンの期待を分かっている。どんな気持ちで階段の上で待機していたのだろう。そして、どんな気持ちで階段を降りてきたのだろう。」マイティは笑顔でしたが、その気持ちを慮ると私は胸が痛くなりました。今でも、思い出すたび心が痛いです。
    冷静にもっと長いスパンで考えるべきなのかもしれませんが、せっかくの100周年お祝いの公演の最後の最後で、冷水をかぶせられた気持ちです。
    これからの行く末を、見守りたいと思います。

  18. とらこ より:

    荒れ気味なものが多かったこの数日、冷静な記事にほっとしています。
    見られるものなら私も水美舞斗の2番手羽を見たいですよ。
    でも作品の感想よりも羽根、羽根、羽根って。しかも劇団に抗議だの、VISAが札束で云々だの、花組生に失礼極まりないです。
    そもそも2番手基準が明らかになっているわけではないから、何故こうなったか、という理由もわからないわけですよね。
    花組100周年で背負うことの重みなのか、演出家の好みか、はたまた今後の人事の前触れなのか…。
    予想する醍醐味でもありますが、それに振り回されてあらぬ方向にヘイトを向けるのは違う気がしています。

    余談ですが、VISAって会社がスポンサーだと思っている人、結構いるのですね。公演アナウンス聞いてないのでしょうかね。

  19. “ちぃさま” より:

    永久輝さん好きです!

    スカステで【ドン・ジュアン】のラファエロ見て、なんて見目麗しい‼️と釘付けでした。【ナイワ】で一皮むけて【コルドバ】では凄みすら感じました。トップになる人のオーラとしても申し分ないです。

    マイティのファンには某月組某・・・のような武闘派ファンはいないと思っていたので、愛の強さ故であっても今の流れは残念です。最終的には2番羽背負う気がするんですけど(カレンダー的にはリスト退団はないようなので)正2番手とは?今回羽背負ったら正2番手と言えたのか・・・

    いえいえ、羽を見せるのがジェンヌさんの仕事ではなく、ジェンヌさんは客に美と夢を見せるプロフェッショナルです。これからプロプロ&大劇場遠征が控えているのですけど、廉価な干支文字盤時計を用意してスタンバッてます。100年に一度の慶事なのにもったいない!花組100周年公演と花組生の矜持を祝福しつつ幸福を貪ってきます!

    そうそう、エリザベートはてっきり柚香新公再演ありきでしたが・・・花組上演なら2023年以降となるし、れいまど3人目を迎えるのはどっち?・・・何が言いたいわけでもなく( 笑 )人外モードなら(ロミジュリ死の)愛月さんトートもハマっただろうなと思います。

  20. M より:

    水美さんと永久輝さんのことについては他の方々がもう十二分に書いてくださったので娘役の方について少し。

    個人的にずっと引っかかっているのは明らかに現在の花組娘役で本命らしい星空さんが永久輝さんではなく現状水美さんと組むことが多いことです。今回の作品でも水美さんを膝枕してのご登場とのことで、組替え直後に105期育成まで背負わせるのは難しいという判断だったんだろうなとは思っていますけど追々組ませるなら本当はもうそろそろ一回相性を試すべきなのでは。
    とはいえここで東上主演を重ねるとも思わない…というところで本日TOPHATの方に音さんが行くことが決まったらしくこれは星空さん2連チャンさせるのか?と期待半分不安半分となったところです。

    さて、もし本命だと思われる星空さんが相手役じゃ無かった場合VISAガールがびっくりな娘役が相手になりがちという法則から導かれるトップ娘役はどんな感じかなと冗談半分で考えてみました。正直もう妄想の域なので理論もへったくれも無いんですけど。

    有り得ると思う可能性の順に
    ①星風さんが3人目のトップを迎える
    ②音さんが3人目の同期引き継ぎでトップ娘役になる
    ③潤花さんスライドによる花組2連続元真風さんの相手役引き取り

    まあこの3つなら明らかに①が選ばれると思うんですけれども個人的には③は各媒体で見ていて常々思う潤花さんの真風さんへの信仰度合いの高さから彼女が真風さんと同時退団を選ぶ可能性が高そうと思うのとそんな彼女を引き留めたい劇団がいるとすると恐らく次の行き先は芹香さんではなく雪組時代の縁で永久輝さんだろうなという点とこれが実現すると娘役がトップをすでに一度経験しているとは言えコースの作り方が望海&真彩が花→雪でやったのを雪→花でやって2匹目のどじょうを狙えるなという点でまだ可能性として捨てられないなと思います。あくまでも妄想の範囲ですけれども。
    ちなみに個人的に見たいのはと聞かれれば断然②なのですがまあ難しいでしょうね…

    娘役戦線は取り敢えず永久輝さんの東上が1つキーになるのは間違いないでしょうし、ひとまずそこを楽しみにしたいなと思います。

  21. こんちゃん より:

    蒼汰様

    いつも楽しみに拝読しております。ライビュ専科の地方民です。

    蒼汰様の、自身の発言力のヅカ界隈での社会的影響を考えての発言に、いつもわが身を反省します。

    今回の「期待させておいて何だ!」の論調…数年前までは、ファンは組内でのスターの序列は気にしていましたが、組を超えたスターの格付けの序列を、写真の枚数やグッズの展開等、データを基に緻密に考察する方はレアだったような気がします。

    実は劇団が、トップ人事に関わること以外は、外箱公演のチケット価格とか円盤発売とかカレンダーとか、組を超えた序列の整合性について、蒼汰様ほど緻密に考えてはいないのでは?という疑惑が・・・

    売上が厳しい時代だから、2番手羽の予定とはまた別に、人気スターのグッズを出したら売れるだろうから、売っちゃえ!ファンも欲しいよね!の軽いノリで販売を決定したような気が。

    でも今は数年前とはうって変わって、ファンがグッズの展開から緻密に序列を予想する時代になってしまった。時代の変化に劇団の意識が追い付いていない疑惑。

    個人グッズの売り上げは水美さんのお給料に反映するかもしれないし、「2番手羽を背負わせないならグッズを出すな!」は誰得だと思うのですが(ファンもグッズを買えて嬉しかったんだよね?)

    もっと極論を言うとおVISA様も、イメージキャラクターが早くトップにならなかったらVISAの売り上げが減る、一般への宣伝効果が落ちる、ということも無いのでは?世間の人は今の花組トップが誰かなんて知らないのですから。

  22. とも より:

    いつもデータを元にした分析を興味深く拝見しています。
    今回のことで、劇団側の一番の悪手は、二番手羽根を期待させすぎたことですよね。
    円盤、パソカレ、チラシ掲載、このあたりがなければファンの方も覚悟して初日を観劇されたでしょうに、あまりに期待が高まっていたので、落差で暴動状態。
    せめて、芝居チラシに切手で永久輝さんも載せることはできたんじゃないかと思ってしまいます。それで、ある程度ファンの方はもしやダブル?と覚悟が決まるのでは。。
    パソカレだって、なんなら永久輝さんも出せば良いのに、と思いますが、そうはいかないんでしょうね。
    でももしもこのあと番手がひっくり返ったとして、来年のカレンダーは水美さんを降格させるわけにいかないので、2人出す気がします。しかし、今年もそのイレギュラーをしなかったわけですから、となると、水美さんはどこかのタイミングで専科に行くようにも思います。
    長い目で見て、あとで思い返した時に「水美はあの時はあの三番手羽根でよかったよね」と思えることを祈ります。

  23. aya より:

    水美さんは人気もダンスの実力も華もおありな素晴らしいスターなのですが、水美さんファン・花組ファンの方の彼女への評価が、他組ファンの感覚とは違いすぎるのではと前から感じておりました。いわゆる強火ファンが多いと言いますか。
    少なくとも、今作品では期待することはあれど、二番手羽根が当然と思えるような状況ではなかったのではないかと思います。けして永久輝さんのせいでも、桜木さんと並ばせて組替で競わせるための布石でもないのではないでしょうか。
    いずれにせよ、水美さん、永久輝さん、おふたりとも三番手羽根姿は素敵でした。どちらも初めて羽根を背負われたのですから心からお祝い申し上げたいです。

  24. May より:

    やり方が不味かったのかな、とは思いましたが、同期トップとVISAガールの時点である程度分かっていたことであり、彼女が「上級生二番手」に該当せず、正路線として逆転ホームランがないわけではない立ち位置であるからこそ、ねぎらいの二番手羽根はない、は正着な気はします。ルドルフは希波さんでしょうか。
    入団成績が上位なのが、非常に口惜しいなと思いますが…、お人柄も誠実で温かい雰囲気ですし、ダンスもきちんとしている。品の良さゆえのガッツ感が比較的見えづらいのがネックだったのか…、椅子取りゲームはシビアですね。かつて「朝美絢は品がない」という由緒あるファンの声をしばしば見ましたが、どこまでいってもトップにガッツは肝。ホンワカとした口調に痺れるようなガッツ、男役としてのプライドを見え隠れさせていた前任の花トップもしかり。
    永久輝さんはメンタル激強タイプには見えないのでかなり心配しています。スターの試練ですね。やはり潤花さんや夢白嬢くらいの鋼メンタル(に見える)が競争社会には必須なのでしょう。
    なんにせよ、ファンの方が心穏やかに観劇できるような状況になれば良いなと願っています。今の花の体制は、宝塚を代表する第一の組として相応しい、神がかりのビジュアルと華があって、組ファンでなく推しジェンヌさんも特におらずともちょっと観に行こうかなと思うほど、魅力的です。

  25. マナ より:

    いつも興味深く読んでおります。
    私も水美さんが2番手羽根を背負うかは微妙なところだと思っていたので、今回こんなに物議を醸している事にむしろビックリしています。

    水美さんの現在の立ち位置を考えると、トップ就任は難しいように感じます(決して彼女の実力やスター性の問題ではなく、同期がトップで2期後にVISAガールが控えている、という立ち位置の問題です)。
    とすれば、今2番手羽根を背負ったとしても、いずれは集合日に、退団者のお知らせで彼女の名前を見ることになるのでしょう。
    2番手羽根を背負ったうえでそうなったら、今の比ではないくらいに荒れると思います。
    私には、今回の3番手羽根はVISAへの忖度でも何でもなく、水美さんがトップにはならないことについて心の準備をしておいてほしい、という劇団からファンへのメッセージに感じられました。

    なので劇団の悪手とは思わないですし、2番手羽根を背負わせないなら東上や円盤で期待を持たせないでという意見についても、なら、東上しないで円盤も出ない方が良かったのかと問いたいです。
    トップになろうとならなかろうと、2番手羽根を背負おうと背負わなかろうと、水美さんにとって東上主演は人生の大きな財産になったでしょうし、ファンだって素晴らしい公演を観られて幸せだったのではないでしょうか? 円盤だって、ファンなら出た方が嬉しいですよね?

    水美さんは素敵なスターさんだと思いますが、宝塚には他にも素敵なスターさんはたくさんいて、東上主演や3番手羽根を背負う事のなかった方もたくさんいます。トップスターの数が限られているので、それは仕方のないことです。
    応援しているスターさんがトップになれないことはファンにとって残念なことですが、その残念な気持ちを他のスターさんへの攻撃に変えることなく、トップスターにならなくとも東上主演・3番手羽根まで辿り着いた事を喜べればいいなと思います。

    …と、ここまで水美さんがトップにならないことを前提に書いてしまいましたが、何が起きるのかわからないのが宝塚人事の面白いところ。無理そうだと思っても、万が一の可能性に懸けて応援する気持ちは私もよくわかりますし、むしろその気持ちを応援したいです。

  26. ちょこぼん より:

     羽根の件を知った時は、水美さんの(ファンへの)お気持ちや、期待されていたファンの落胆を想像し、胸が痛みました。
     どれだけ不満に思おうが悲しもうが、その思いはその人のものであり他人が善悪を決めることなどできません。けれども、永久輝さんやVISAを非難するのはさすがに行き過ぎだと思います。水美さんが騒動のせいで肩身の狭い思いをなさらないといいのですが・・・それが一番心配です。

  27. けけ より:

    昔水美さんにサンテされたのにワイングラスをケチって買わずに後悔したことのあるライトファンです。笑
    今でもあのジェンヌオーラは忘れません。。

    私も2番手羽は難しいのではと思っていた側です。
    確かに東上等様々期待させといて…というファンの方の気持ちもわかりますが、ここで2番手羽根を背負っていたら、次はトップになることを期待してしまいますからね…

    別の記事で拝見したような気がしますが、
    東上までできてラッキーとポジティブに思った方が良いのかもしれないです。

    永久輝さんがVISAを背負って花組にきたから水美さんが2番手羽が付けられなかった、ではなく、単純に最初から劇団は水美さんにトップにする気がないから永久輝さんが花組にきた。これに尽きるのかと…

  28. めり より:

    人事はスポンサーが決めるのではなく劇団がスポンサーに配慮して決まるもの。
    完全同意です。
    スポンサーに矛先を向けている方が目立ちますが、そもそもあのスポンサーは大手すぎて宝塚の羽根の大きさなんてそこまで関心ないんじゃないかな…。スポンサー契約自体は他にもたくさん結んでるし…。
    ちょっと自意識過剰じゃない?なんて熱くなるファンを見てしまいました。

    エリザベートはそのうちやると思っているんですけどどうなんでしょうねぇ。
    永久輝さんルキーニと聖乃さんルドルフがとてもイメージしやすいのですが、お披露目でエリザの予定なのでしょうか。
    永久輝さんトートだと下の配役が想像しづらいのは新人公演が止まっていて下級生の事情がわからないからですかね。

  29. 初コメ より:

    はじめまして、いつもブログ更新楽しみにしております。

    すみません「言霊」って有りそうな気がするので、この場をお借りして言わせてください。

    『私は「れいまどまいひと」の今の花組でエリザベート、観たいです!!!その日が来ること、とても楽しみにしています!!!』

    ありがとうございました。

  30. あず より:

    蒼汰さんこんにちは。
    れいまどの相性は確かにいいと思いますが、華ちゃんも大好きだったのでれいまどがもし添い遂げたら、ちょっと嫉妬していまいそうです。
    それに、まどかちゃんは1人でサヨナラショーを任せられるショースターでもあると思いますので、添い遂げするよりは1作残ってエリザ、良いと思いました!
    1人の娘役ファンのわがままですが、どうしても言いたくなってしまいコメントしちゃいました。

  31. りりぃ より:

    いつも楽しく拝見しています。
    今回もなるほど…と、VISAとエリザベートの上演時期の関係までお気づきになる着眼点に感服です!
    ドル箱キラーコンテンツ故、劇団側も慎重になりますよね。。

    今回の羽根の件は、個人的には雪月のお披露目が続いた事、礼真琴さんの初めて見る3段羽根のから、コロナで羽根の調達が難しい事もあるのかなと思っていました。

    30年近く見てきた記憶で昔は2番手、3番手が同じくらいのサイズの羽根を背負っていた印象があります。(パッとの思いつきで星組・国境のない地図など)
    いつからか3番手ポジションが曖昧になり、羽根も背負わないようになった印象です。新専科からでしょうか。

    彩吹真央さんの件で、ファンの声が反映されるようになった事で今回のようなトリッキーな結果を産んだのかなと思いました。
    良くも悪くも宝塚はファンの声が届き、それ故に生徒さんもファンも苦しんでいるのかなと。

    今の花組の並びは宝塚史上でも珍しいくらい、年齢感も総合実力も揃った華やかさだと思っていますので、この瞬間しか観れない花組を心から楽しみたいと思います♪

  32. イレーネ より:

    蒼汰様

    前身ブログの頃から愛読させて頂いています。いつも冷静で的確な記事をありがとうございます。日々の楽しみです。
    今回、花組の初日を観劇し、お芝居ショー共に素晴らしくフィナーレで多幸感に浸っていたところの水美さんの3番手羽根…思わず観客の方を振り返ってしまいました。
    とはいえ、花組100周年&れいまど大劇場お披露目という記念すべき公演なのに話題が羽根のことばかりなのが残念でなりません。蒼汰様の仰る通り、永久輝さんが組替えしてきた時点でみんな覚悟してきたことです。私も羽根を見た時は驚きましたが、心のどこかでわかっていたからでしょうか、すぐに受け止めました。この話題が早く落ち着いて、皆さんが演目の内容にもっと注目してくれるようになることを切に祈ります。柚香さんと星風さんは相性抜群です。特にショーでの星風さんには可愛らしさの中に女帝の片鱗を感じました。このまま覇道を歩んで頂きたいです。

  33. ドルチェ より:

    大劇場観てきました。
    素晴らしかったです!美、美、美!
    芝居は心配していたほどトンチキではありませんでした。華やかで楽しく、忠臣蔵要素をもつと濃くしてほしかったのが本音ですが、それは無理な注文でしょう。

    自戒も込めて、世界はもちろん劇団は贔屓を中心に回ってるわけではないと肝に命じないといけまけんね。
    おVISA様のおかげでトップにしてもらえるだとか、自分の贔屓が上がれないのは誰それにスポンサーがついてるせいだとか、会社の人事を全く知らない人の発想でしょうか。
    VISAガールに選ばれた方の重圧は大変なものだと思います。ひとこがこれ以上痩せないようにハラハラ見守るしかありません。

    柚香星風コンビたしかに相性良く素敵でしたが、個人的願望としては星風さんが先に退団で単独さよならショー、柚香さんに新しい娘役さんと組んで1作でも2作でもやってほしいです。
    柚香永久輝の並びも麗しく、ずっと観ていたい。言霊、願望ですが。
    エリザベートを急いでやる必要があるなら、柚香トートひとこシシイでお願いしたいくらい。星風さん素晴らしい娘役さんですが、シシイはちょっと似合わないような気がします。

  34. ぱちゃぽ より:

    初めまして。失礼いたします。

    私は、全組観るけど 中でも花組は外せないファンです。
    多くは申しませんが、花組公演 2番手羽騒動で、多くのブロガーさんの書かれたものを読ませていただきましたが、

    『今回の階段降りで、永久輝せあが初めて本公演で3番手羽を背負えたというのに、ファンが手放しで喜べない雰囲気になっているというのが可哀想で…』
    この一文…この一文を書いてくださる方が、他にはいらっしゃいませんでした。
    このお言葉、聞けて(読めて?)嬉しかったです。ありがとうございました。

  35. あさひ より:

    はじめてのコメントとなりますが、前身のブログより拝見しております。もはや蒼汰様のブログのファンです。

    こちらのブログはコメントまでいつも拝見するのですが、いつも思うことがひとつ。ブログってweb上の日記ですよね。影響力が大きいから…とか勝手な憶測で…とかおっしゃる方がいらっしゃるのですが、本来日記とはそういうものでしょう。それがweb上で発信されているのですから、ある程度の節度を守った記事や言葉回しが必要になるかと思います。しかしながら、こちらのブログは暴力的でもなければ差別的でもなく、極めて常識的な言葉で、個人の思いやご意見を書かれていると思うのです。

    これで影響力が…でもう少し配慮して書けというのはいささかどうなんでしょうね。私はそういったご意見こそ配慮してほしいと思います。
    考え方も感じ方もそれぞれですからどのような記事であっても反発はあるでしょう。どう思うのは個人の自由ですが、それを人様に押し付けるコメントは良い気がしませんでした。

    最後に、今後も更新楽しみにしております。長文失礼致しました。

  36. みき より:

    本当にもう少し落ち着いたら、と思います。

    だって、2番手(2番目?)のポジションが空いたのは今回の公演からですよ。カレンダーやグッズで前哨戦があったとしても、ごく最近の話。それを、お金を使わせといて、というのは理解できません笑
    そういう見方をするなら、あえて言うと、3番手時代からもっとお金を使って貢献しましょう、という話になります。実際、ご贔屓を応援したい一心で、たとえグッズが少なくとも頑張ってお金をたくさん使っているファンはたくさんいると思います。(私は今は違いますが、過去はディープなご贔屓がいた一人です。)

    そもそも、グッズは、そのスターが二番手だから買うのはなくて、自分が欲しいから、応援したいから買うのであって、二番手のグッズだから買うのではないですよね?それを、グッズは二番手なのに羽がないのは騙された、可哀そうだとばかりに騒ぐのは正直??です。
    冷静に、同期引継ぎはこれまで前例がないこと、すぐ下にVISAガールが控えていることを理解できれば、できることは抗議することではなく、水美さんを応援し、それをカタチで示し続けることです。
    グッズ売り上げNo1が続けば劇団も何とかしたいと思い始めるかもしれません笑

    劇団が時々ヘイト人事をやらかすのは事実ですが、宝塚って、基本的に阪急のおじさん経営なので、余り考えていない、ファン心理を理解していないずれであることもあると思います。過去のハローグッバイのトップ人事も、劇団側としては、1作でもトップにしてやりたいという温情、親心のつもりだったらしいですが、そこにズレが(^^;
    今回も、たまたまカレンダーも掲載余裕ができて、水美さんも人気がある、ちょっと売り出そうか、ぐらいでは?と思います。

    何より、ファンの過剰な思いとヘイトで、永久輝さんがとばっちりを受けないように祈ります。それは水美さんだって望むところではないと思いますよ。

  37. はる より:

    本当に色んな考えがあるのだと感じています。

    宝塚って身近に生徒さんを感じられるのが売りだと思ってるのでファンが熱くなるのも分かります。しかし今一度、冷静になって自分が水美さんだったら永久輝さんだったらまで考えてみましょう。心を痛めるに決まってます。宝塚が好きで入って毎日芸事に昇進して夢を見せてくださってるのにファンはこれですか?って話です。ご贔屓をメンタル不調にしたいですか?とまで思います。ご意見等は劇団までされたら良いと思います。私からは以上です。

  38. amber より:

    こんにちは。
    蒼汰さんと同年代、出戻りかつ雪ん子で勝手に親近感を抱いているライトファンです(ちなみに以前コメレスの際同性と書いていただいたのですが、そこだけは共通しておらず女性です…すみません。笑)。
    永久輝さんファンの私は今回の騒動(?)、とても複雑な気持ちで見ていました。永久輝さんのファンですが、水美さんのことも大好きだからです。
    公演自体は観ていませんが、スカステの初日映像など観る限り、お二人とも…いや花組生皆が素晴らしいパフォーマンスで魅せてくれていることに変わりはないのに、羽根問題に話題が終始してしまい、ひとこさんファンの自分も素直に嬉しいと口に出せない状況でした。
    こちらの記事を読ませていただき、ここ数日のもやもやがスッキリしました。本当にありがとうございました。

    • より:

      自分のご贔屓が期待していた羽根を背負えなかったからといって、スポンサーや生徒をバッシングするなんて、呆れるしかありませんね。全てが思い通りにならないと気が済まないのでしょうか。思い通りになったらつまらない気がしますが。番狂わせが面白いのに。
      さて、エリザベートは花組でやるものだと信じていますが、ふと星組でも面白いかも?と思いました。
      礼トート、舞空エリザ、瀬央ルキーニ。フランツが水美とか専科、ルドルフ天華・極美。欲を言えばマデレーネも舞空。小桜ヴィンディッシュ嬢。
      特に極美ルドルフが観たいです。
      そしてVISA協賛のお披露目は素敵な新作がいいな〜と、ちょっと妄想してました。でも星風まどか集大成にエリザベートも観たいです。ルキーニ聖乃があまり想像できませんが(笑)

  39. もちこ より:

    他組のファンなのですが、今回マイティが背負うとは少しも思っていませんでした…
    全員背負うと思ってた!というファンの方の発言がなんだか。。
    せおさんも背負わないのかなーとぼんやり。
    背負っても背負わなくても素敵なスターなことは変わりないのに、ファンの暴言やキツい言葉でスターの印象が悪くなるなーと悲しくなりました。
    黙って劇団にメールするのがいいのにな。