宝塚に新たなジンクス?『オーシャンズ11』出演者発表によせて

旅行から帰宅致しましたー。

コメントは後でお返しします。本日は小ネタを…。

 

 

宙組『オーシャンズ11』の出演者が発表されましたね。

 

超今更感満載な記事ですが、やはり色々と気になりますし

個人的にアメブロ時代の第1記事がこの『オーシャンズ11』に関してだったので

やはり触れておこうと思います。笑

 

ベネディクト役は桜木みなと

 

桜木か来たかー‼

というのが正直なところです。

(個人的にはてっきり凪七が降るかと思っていたので)

 

ベネディクト役といえば

2011年星組は紅ゆずる

2013年花組は望海風斗が演じたことで有名ですね。

 

そう、2人とも今をときめくトップスターですが

当時はそれぞれの組とも中途半端路線男役がひしめいていて

 

それらをブチ抜いて路線候補に躍り出た

ターニングポイント的役であると言っても過言ではありません。

まさに今の桜木と状況的にはほぼ一緒ですね。笑

 

桜木といえば、95期生の「ものさし」だと前ブログでは評しましたが

朝美、水美、瀬央が順調に上げられている中、

劇団は彼女を負けじとさらに一歩踏み出させましたね。

 

もちろん、これはトップ路線確定という意味ではなく

これまで蓋されていた桜木がついに表舞台に立ち

今まさにクラウチングポーズで

「よーいドン」のピストルが鳴ったところだと言えるでしょう。

 

彼女はビジュアル・華・舞台技術ともに穴が無く

非常に安定感のあるスターですが

それは裏を返すと「ただ無難」という評価になってしまう一面もあり。

 

路線スターとしてここらで一発ブレイクが必要であることを思えば

今回の抜擢はまさにチャンスであり、

劇団もその意図を持ってして配役をしたことがありありと見えますね。

 

宝塚と言えばルキーニジンクスが有名ですが

これに続くベネディクトジンクスが生まれるのでしょうか?笑

今後が非常に楽しみです‼

 

ライナス役は和希そら

 

和希か来たかー‼

というのが正直なところです。(二回目)

 

ライナス役といえば

2011年星組は真風涼帆

2013年花組は芹香斗亜が演じたことで有名であり

現在の宙組の1、2の役なんですねー。

 

2人とも当時は組期待の若手スターであり、

ベネディクト同様、トップジンクスっぽく見えますが

 

それよりも気になるのは

2人とも公演後にジャンプ(組替え)していることでしょう。笑

 

彼女は舞台技術の水準が非常に高く、

ビジュアルもオーラも華やかなスターであり、

これからの活躍が非常に期待できるジェンヌの1人ですが

 

さてさて、この役で箔をつけて

エトワールでもさせて組替えでもしちゃうのか

はたまた宙組の支えとして上げていくための布石なのか、気になるところです。

 

他の人のSNSやブログを見るにつけ、

やはり組替えを予想されている方が非常に多く、

裏を返せば「誰からも欲しがられる」貴重なスターであることの証でしょう。

 

個人的にも彼女にもっと活躍して欲しいと思っていますので

どんな環境に置かれるとしても、

より「ジャンプ」して欲しいなぁと思うところですが…果たして?

 

『オーシャンズ11』でザ・男役祭り

 

既にポスターも発表されていますが

めちゃめちゃカッコよくないですか…?

 

真風もイケメン、

芹香もチャラそうでイケメン、

桜木も野心ムンムン感がきっちり出ててイケメン。

 

さらに衝撃は星風まどかでしょう。

テスといえばザ・アメリカンなイイオンナなわけですが

もはや「誰?」レベルできっちり再現していますね。笑

 

『オーシャンズ11』は、男役のキャストが非常に多く

内容的にも「男クサさ」を全面に押し出した作風ですから

まさに宝塚らしさを感じられるとても素敵な作品です。

 

宙組生たちがどんな『オーシャンズ11』を生み出すのか

今から非常に楽しみですねー‼

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. まいこ より:

    こんにちは。
    スター格の上級生が詰まりすぎ!と言われていた宙組ですが、ついに、宙組ではずっと「弟」的な役割に徹していたずんそらが大きな役を手にしましたね。三番手まで綺麗に決まりそうで、なんだかスッキリ、風通しが良くなりました。

    ずんちゃんは、95期7人の中でも、そらくんとニコイチで扱われていた時も、他のスターの強烈な個性に隠れてしまっていまいち目立てず…という感じでしたね。でも平均値が高いし、トップになりたいという野心もあり、努力家なんですよね。劇団もその堅実なところを評価しているのだと思います。即効性のあるジェンヌではないけれど、じわじわと濃いファンを獲得することができるのではないかと思います。

    そらくんのライナスはびっくりしつつも(もえこちゃんだと思ってたので)すごく嬉しかったです。やっと大劇場で存分にその魅力を発揮できるんじゃないでしょうか。「成り上がり」記事がバズってましたが、そらくんはが生まれがいまいちながらも自分の力でチャンスをもぎ取っている感が強く(笑)生き方がかっこいいですね。当時の真風さんや芹香さんほどの推しはないかもですが、出番は削らないで欲しいですねー。特に最後のヒップホップ。私も組替えで栄転を希望してます。

    ちなみに、蒼汰さんが前に和希そらと自分には共通点がある、と言っていたのが気になるのですが、共通点とはなんですか?
    言いづらかったら結構です(笑)

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      おっしゃる通り、桜木さんの堅実かつ確実性の高いところは非常に魅力的なので
      だからこそ道が開けた今こそ本当の戦いの始まりなんでしょうねぇきっと。
      その魅力がより多くの人の目に留まることを祈るばかりです。

      そして私も瑠風さんが抜擢されるかなーと思っていたので、まさかの和希さんは変化球でビックリしました。笑
      彼女の少ないチャンスをモノにする感というか、必死に食らいついてる感は素敵ですよね。
      特に宙組はのんびり系スターが多い中で、下品過ぎずガツガツと追い求める姿は本当にカッコ良いと思います。
      共通点に関しては…ヒミツということで。笑