花組別箱公演と今後のスケジュールと

既に発表されているスケジュール以外の公演日程について

小出しに発表されていますね。

今後についてさっくり所感をまとめていきます。

 

【追記】色々と誤りがあったため加筆・修正致しました。

『タカラヅカスペシャル 2020』について

 

まずは年末の大イベント、

『タカラヅカスペシャル 2020』の公演見合わせが正式発表。

 

うん、知ってた。

 

そりゃA・Bに分けた若手たちが混じれないという理由で

新人公演が中止になっている現状を思えば、

全ての組がシャッフルとなる『タカラヅカスペシャル』の

公演見合わせは妥当というもの。

 

そもそも本来は退団していた望海&真彩が出るというのもおかしな話だし、

今回は仕方無いかなと思います。

最後の出演となる予定だった珠城&美園は気の毒ですが…。

 

来年盛大に行われることを祈るばかりですね。

 

花組別箱のリスケジュール決定!!

 

そして日程がリスケされていた

柚香主演の『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』と

聖乃主演の『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』の

公演日程が正式に発表に。

 

 

とりあえず会場の「東京国際フォーラムホール」、

つまりお膝元である梅芸以外のホールでの公演再開に一安心ですね。

 

これまで『炎のボレロ』『FLYING SAPA』『壮麗帝』

そして『エル・アルコン』『シラノ・ド・ベルジュラック』と、

基本梅芸でのみしか公演を行えなかった現状を思えば、

(『FLYING SAPA』は本来の予定だったACTから日生へと変更して上演しましたが。)

日常回帰への第一歩かなぁと。

 

これでリスケが発表されていないのは

月組の別箱関係水美DSのみとなりました。

 

特に水美DSは今回発表された別箱同時上演予定だった催事なので、

そろそろアナウンスがあっても良い頃。

 

とはいえ真彩、彩凪の一晩限りの特別ショー扱いを見るに、

やはりコロナ下でのDS開催というのは

なかなか難しいものがあるんでしょうかね。

 

月組『ピガール狂騒曲』の東京公演販売も

日程事に分けるというおっかなびっくりな対応をしていることを思えば、

行政からの指示や世相を必死に読みながら舵取りをしていることは明白。

 

この先のスケジュールを出すのも難航しそうな気配ですね。

調整真っ最中であろう中の人たちのことを考えると頭の下がる思いです。

 

人事屋として気になること

 

これだけではただの感想なので、

人事屋として気になることを書いていきます。笑

 

まず1つ目は、ポスターが麗しい聖乃バウ『PRINCE OF ROSES』の

ヒロインは誰が射止めるのかということ。

 

若手枠から都姫ここか、別格優遇として音くり寿か、

あるいは上級生からの華雅りりか、春妃うららの登板か。

 

コロナの世相を鑑みるに、

絶対に罹患出来ないという重圧を若手にかけるくらいなら、

ヒロインを置かずにボカすという可能性も無くはないかなと。

 

だけど超若手主演バウでヒロインを行いとも考えにくいので、

『ノクターン』の華耀きらりよろしく

上級生の華雅&春妃がW登板なんてのもあり得たりするのかなと思ったり。

 

そしてもう1つ気になるのは、

真風任期6作目の本公演内容がいつ発表されるのかということ。

 

ご存知の通り、カレンダー占いから見ても

次作は今後の体制を予想するに重要な作品であることは間違いないはず。

 

演目を出すということは来年のスケジュールも出すことになるわけですが、

梅芸やバウ等のお膝元はまだしも、

全ツ関係なんて日程が組めないでしょうから

今後も小出しにしていくんじゃないかと思うのですが…。

 

これからの発表を待ちたいと思います。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. まずは「りすけ」という言葉を、調べました(田舎もんだし、知らんやったけん・・・)アナスタシアの紹介を、ぼーっと見てたのでしたけれど(笑)一番にコメントするのは、あつかましいかな?と、思いつつ・・・
    まかぜっちは、アナスタシアで卒業するのはまどかちんじゃなくてゆりかちゃんだった・・・と「感じたので」(うさぎの触覚で(笑)耳じゃなくて)博多座も中止になったし九州凱旋公演と、思ってたのに。まぁさまは、あれで(佐賀県知事まで来てた博多座)九州でも地盤を築いたと思うのですわ。
    コロナ禍で、みんな(退団公演)影響があるのが、かわいそうなような、これからのコロナとの共存への模索というか。どこの世界でもみなさん苦労してあると思うのでした。
    「花の人事」だったのに、宙のことも書いてあったのでついつい書いてしまいました・・・・。一番始めじゃありませんように~~(笑)

  2. まめんぬ より:

    初めてのコメントで失礼します。
    「桜嵐記」の従来の公演日程は年末に大劇場、年明けに東宝の予定だったので珠城さんと美園さんはまだ退団せずにタカスペに出演するはずでしたよ。
    このような状況になり結果たまさくトップコンビでのタカスペ出演が2018年のみになってしまい残念です…

    • 蒼汰 より:

      コメントとご指摘ありがとうございます、お詫びして訂正致します。
      最後のタカスペが出られなくなり本当に残念ですね…。

  3. ヤノママ より:

    こんばんは。タカスペ2020のところですが、月組トップコンビの退団予定は年明けでタカスペの前ではなかったので年内退団予定だった雪組トップコンビと並列に書かれるのはちょっと違うかな?と思いました。
    最後のタカスペ出演がもしあれば何とかライビュでも見たいなあと思っていたので見合わせは残念ですが、感染症流行の行方がどうなるかわからない以上やむを得ないですね…

    • 蒼汰 より:

      コメントとご指摘ありがとうございます、お詫びして訂正致します。
      感染症対策が出来ないことには来年以降もどうなるか分かりませんものね。早く日常が戻ってきて欲しいものです。

  4. こんちゃん より:

    蒼汰様

    いつも楽しみに拝読しております。ライビュ専科の地方民です。

    『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』って、現在のイギリス王室のご先祖ヘンリー7世の話、しかも王権の正統性は奥さんのエリザベス・オブ・ヨークのほうがスゴつよ。

    あの権謀術策渦巻く中を生き抜いた、花總まりが似合いそうなロイヤルプリンセスのエリザベス・オブ・ヨークがヒロイン格のはず。

    古典劇としての格調が必要な役ですので、若手には荷が重い・・・

    上級生からの春妃うららの出番かなあ。華雅りりかさん、ラリサ・・・

  5. わかな より:

    こんにちは。
    いつも楽しく読んでます。
    タカスペ 2020についてですが珠城&美園は元から来年退団予定なので、今年は最後のタカスペの予定でした。
    (確かスケジュール通りなら花組がお休みだったはず)
    月組は昨年不参加でしたし、後輩トップと絡む珠城さんを見れるかも!とファンとしては期待していたので非常に残念です。
    さくらちゃんも一昨年はトップ娘役として初の場で、見せ場も少なかったので、致し方ないとはいえあれが最後になってしまったのは残念でした。

    • 蒼汰 より:

      コメントとご指摘ありがとうございます、お詫びして訂正致します。
      タカスペだと先輩に弄られるカワイイ珠城さんのイメージですが、最後くらい後輩にどっしり誇る先輩珠城さんもみて見たかったですね…残念です。

  6. まいまい より:

    こんにちは。
    サパは日生劇場でもやりましたよ。
    個人的にはエルアルコンの東京公演がないのが残念です。

  7. まるこ より:

    こんにちは。
    サパは日生でも公演していますが、梅芸以外にはカウントされませんか?

  8. ヒルトップのうさぎ より:

    ※訂正※
    まぁさまトップの博多座公演・・・みえてたのは確か、佐賀市長だったような(うわさ)・・・。訂正させていただきます(笑)今から、過去の記録、探すつもりです。時間をかけてネ。それも楽しみです。
    人事の予想って、初めて、ですが(誰も、気にしてないでしょうけれど)なんか責任重くて、どきどきしますね。
    とにかく。出身の自治体あげての(小学生~高校生?までは、本人のチケットが補助された。保護者は別)そうとうな「応援」でしたから、記憶に残っているので・・・・