2020年外箱公演予定に見る人事考察

記事のネタが溜まっている‼(心の叫び)

 

花組新公決まったし、

オーシャンズ11の感想も書きかけだし、

別格男役シリーズ(輝月・麻央&蒼羽など)も連載途中だし…。

 

とはいえ、早くしないと来年1月の花組別箱の詳細が出てしまうので

やはり美味しいネタは熱い内に処理しておきましょう。

 

ということで人事考察シリーズ最終章、

2020年の外箱公演スケジュールが先日発表されましたので

(外部リンク)2020年公演スケジュール

その予想とともに、今後の人事について考えていきたいと思います。

 

2020年・外箱公演を読む

花組:1月

 

①東京国際フォーラム公演

確定:柚香光

 

②梅芸&日青の東上公演

本命:轟悠

対抗:愛月ひかる

 

①は既に柚香のお披露目公演と発表されているので

問題は②の東上の方ですよね。

 

七海ひろきが東上主演しなかったことを思えば瀬戸は厳しいでしょうし、

現段階で階段一人を果たしていない水美が主演するとも考えにくい。

 

今から主要スターが組替えしてくるのも難しいでしょうから、

ということは…困った時の轟理事のご登板かな?

 

個人的には愛月ひかるこそ本命だと最初は思っていたのですが

実は彼女、2019年本公演に1度も出演しないんですよね。

 

北翔と同じ道を歩むには、

まずは本公演に出るのが優先になるんじゃないかなぁと思います。

(というより、巴里祭しかり外箱主演系ばかり積ませるとは思えない。)

 

彼女は2~3月に上演される、

柚香&礼のお披露目公演のどちらかに登板する可能性が高いことを思えば、

ここでの愛月主演の可能性は薄いかなぁ。

 

月組:2月~3月

 

①御園座

本命:珠城りょう

 

②梅芸&豊島区芸術劇場の東上公演

本命:暁千星

対抗:月城かなと

 

①は珠城の地元&名前が「みそのざ」ですから

珠城凱旋公演にはもってこいな公演ですよね。笑

 

そんな①は珠城の任期によって意味合いがだいぶ変わってくるし

必然的に②の東上主演者も慎重に考えなくてはなりません。

 

例えば珠城が7作任期だとすれば、

①はプレサヨナラ公演になるわけですから、

必然的に②は月城の2番手東上となります。

 

ですが珠城7作目はオリンピック期間とドン被り。

この期間中、関東の別箱公演が一切執り行われないことを思えば

警備等の関係上、退団公演(退団イベント)を行う可能性は低いと思います。

 

そしてもう1つ気になるのは、

その振り分けです。

 

もしも振り分けが

珠城&暁/②月城&鳳月であれば、OTTと同じ振り分けになってしまいますし

①珠城&鳳月/②月城&暁であれば、ラスパと同じ振り分けになってしまう。

 

ですから、暁千星の3番手東上の可能性も高そうなのですが、

ここでの問題は2020年後半に、もう東上公演が無いということです。

 

もし暁がここで主演し、珠城の任期が8作ならば、

月城が2番手東上するタイミングが無いわけですから、

必然的に珠城任期9作以上の可能性が高くなってきます。

(このあたりは後半の項で詳細を書いていきます。)

 

ちなみに、もしも暁がオーストリア後に花or星に組替えして、

①珠城&鳳月、②月城となれば配役被りはせず、

他の組の主演者不足も解消されるわけですけど…

果たして月組は今の状況から見て彼女を手放すでしょうかね?

 

宙組:3月~4月

 

①赤坂ACT公演

本命:真風涼帆

 

②日青&梅芸の東上公演

本命:桜木みなと

 

ここは固いかな。

桜木の3番手東上は今の扱い的にもほぼ確定でしょう。

ぜひ95期生4番目として頑張って欲しいところです。

 

問題はむしろ①の方かもしれません。

もしも真風が任期5作ならば、

この公演がプレサヨナラになるわけですから…。

 

雪組:4月~5月

 

①文京シビック&神戸国際

本命:望海風斗

 

②全国ツアー

本命:彩風咲奈

 

ここも固いですね。

彩風は既に2番手東上を2回行っていますから、

全ツ以外他にすることがありません。

 

そして①の方は

会場どちらもコンサートホールとして名高い場所ですから、

ファン待望の望海&真彩のコンサート形式公演に間違いないでしょう。

 

そしてこのコンサート形式の公演といえば、

本人たちも「やってみたい」と掲げていた夢の一つもあるわけですので、

また一つ望海任期6作説を確信に変える「フラグ」が立ったとも言えるでしょう。

 

星組:6月~7月

 

①全国ツアー

本命:礼真琴

 

②赤坂ACT&梅芸の東上公演

本命:轟悠

対抗:組替えしてきた暁千星 or 永久輝せあ

大穴:愛月ひかる、瀬央ゆりあ

 

難問その1。

まず、瀬央ゆりあはこの2年間外箱公演主演を独占していますので

さすがに3年連続は無いんじゃないかと思います。

 

ですから困った時の専科登板…

ということで、1月の花組別箱とほぼ同じ状況と言えるでしょう。

 

一つ違うのは、現段階で1年近く日にちが開いていますので

組替えが余裕で間に合うだろうということです。

 

ですから、誰か主要なスターが組替えしていて、

ここで東上主演を果たすというのも考えられるかもしれません。

 

具体的に言えば、暁千星永久輝せあ。

そうすれば月&雪の主要スター渋滞問題も解決するんですけど…

組替え直後に赤坂ACT(6日間とはいえ)は流石に無いかなぁ?

 

だとすれば、やはりここも轟理事のご登板でしょうか。

愛月は2019年の星組全ツにも参加してますので

「星組ばかり出てる」っぽく見えてしまいますから、

さすがに連続は無さそうですよね。

 

花組:7月~8月

 

①梅芸公演

ほぼ確定:柚香光

 

②バウホール公演

本命:聖乃あすか

対抗:瀬戸かずや

 

①は花組1月の別箱公演で上演する『DANCE OLYMPIA』を持ってくるという

いわゆる『ON THE TOWN』方式を取るんじゃないかと思われます。

 

②のバウ主演は、瀬戸かずやがもし退団するとして

いわゆる餞別バウの可能性も無きにしもあらずですが、

もし本当に退団するなら開催するのはDSですよねっていう(セルフ突っ込み)

 

2019年の花組バウは『Dream on!』という路線誤魔化しですので

次回は若手育成に本腰を入れるんじゃないかと思います。

ということで、花の御曹司・聖乃主演が妥当ですかね。

 

月組:9月

 

①全国ツアー公演

本命:珠城りょう

対抗:月城かなと

超超超大穴:芹香斗亜

 

②バウホール公演

本命:風間柚乃

超超超大穴:珠城りょう

 

難問その2。

まず、②のバウ公演ですが

普通に考えたら月の御曹司・風間柚乃。

これまでの抜擢を考えれば当然の登板と言えるでしょう。

 

問題は①の全ツ。

2月~3月外箱公演の項でも書いた通り、

主演者は珠城の任期に大きく影響されます。

 

そもそも全ツでプレさよならって過去にありましたっけ?

たぶん極稀ですよね?

ということは追加の別箱発表が無い限り、

珠城の任期9作以上が確定となります。

 

もちろん、月城が全ツ主演、風間がバウ主演、

そして珠城が追加公演で何かする、

という可能性も無きにしもあらずですが…何するの?

コンサートというキャラでも無いですし。

 

ということで試しに過去のトップ例を調べたら、

北翔海莉のプレさよなら『One Voice』は、まさかのバウホール公演。

そんな手があったのかー‼

 

ということで超大穴で

バウホールが珠城のプレサヨナラになる可能性も…

なーんて、まぁ無いですよね。(セルフ突っ込み2回目)

 

だけどもし、もし本当に珠城が8作退団だとしたら

全ツ主演出来るのって芹香斗亜くらいしかいませんよね?

 

彼女も彩風同様、既に2番手東上を2回していて

やるとすれば全ツ主演くらいしかありません。

 

え、もしかして月組落下傘?

これで真風任期6作以上確定って感じ?

なーんて、まぁ無いですよね。(セルフ突っ込み3回目)

 

ですから、珠城が7作なら全ツは月城主演だし、

そうでなければ珠城が主演。

 

逆に言えば2~3月の東上主演者が暁なら珠城の任期9作以上がほぼ確定で、

月城だった場合は可能性が五分五分となる、という感じでしょうか。

 

宙組:10月~11月

 

①博多座公演

本命:芹香斗亜

対抗:真風涼帆

 

②バウホール公演

本命:Dream on!(水美ポジが和希あたり?)

対抗:轟悠

大穴:瑠風輝(2度目)

 

難問その3。

まさかの2年連続博多座公演‼

 

過去に2年連続で博多座に行ったスターと言えば星組の柚希礼音ですが、

彼女の場合はレジェンドで任期が長めですからあまり参考にならず。

 

普通に考えたら真風は5作任期となり、

この博多座が芹香のプレお披露目公演に、ということなんでしょうけど

プレお披露目で博多座って、ねぇ?

 

宙組・大空祐飛なんかも博多座でプレお披露目でしたけど、

彼女の場合は前任の任期(大和の4作)を鑑みるに

だいぶイレギュラー案件のような気が…。

 

とはいえ、九州出身の真風なら客席を埋められるということで

劇団からの熱い期待に応えての再登板と読めるかもしれません。

 

ですが逆に、ここ数年人を埋めるのに苦労する博多座の売り上げが好調なのは、

明日海の役替わり ⇒ 九州出身の真風凱旋、と起爆剤を準備してるからですので、

待たされた芹香のトップお披露目公演で売ろうという目論見かもしれませんけど。

 

 

一方②のバウ公演は

もし『Dream on!』が年1回やるものなら、2020年は宙組しかありませんよね。

 

とはいえ、轟理事のバウ主演が契約上年1回消化するものであれば、

それもこのタイミングしかないわけで…。

 

ってこの記事に何回轟理事って出てくるんでしょ。

なんか「隙あらば轟悠」って感じですね。笑

 

雪組:11月~12月

 

①梅芸&豊島区芸術劇場の東上公演

本命:彩風咲奈

 

②KAAT&梅芸の東上公演

本命:朝美絢

対抗:永久輝せあ

大穴:愛月ひかる

 

望海任期6作を前提に書きます。

①は彩風のプレお披露目公演でしょう。

 

②は次期トップの裏になるわけで、

御曹司のわりにゆーっくり育成されている永久輝よりかは

序列でいうと朝美絢の方に軍配は上がると思います。

 

この年、桜木が東上主演を果たす可能性が高いわけですから、

95期の波に続くという意味ではあり得そうですけど、も。

 

だがしかし、愛月ひかるが外箱主演を取るとしたら

1年を通すとこのタイミングしかない(花or星の本公演の出る前提だと)わけで、

朝美の蓋登板として主演することも大いにありうります。

 

正直言って、朝美がここの東上を取れるか否かというのは

今後を考えれば大きな鍵だと言えるのかもしれませんね。

 

外箱主演者予想まとめと、スターの進退について

 

グダグダ書いてきましたが、今回の発表により

トップの任期予想がどう変わったかをまとめると以下の通りです。

 

望海:6作予想でしたが、

今回の発表によりその思いがより強まった。

 

真風:もともと5作予想だったが最近6作以上になるかもと思っていたのに、

今回の発表によりやはり5作任期かもと思い始めた。

 

珠城:8作予想でしたが、

今回の発表により9作以上続けるような気がしてきた。

 

以上のトップの任期を踏まえ、

せっかくですから外箱公演主演者を予想してみました。

 

【その①:願望編】

花組:柚香お披露目/轟東上主演

月組:珠城御園座/月城東上主演

宙組:真風ACT主演(プレサヨナラ)/桜木東上主演

雪組:望海コンサート(プレサヨナラ)/彩風全国ツアー

星組:礼全国ツアー/暁東上主演

花組:柚香梅芸/聖乃バウ主演

月組:珠城全ツ/風間バウ主演

宙組:芹香博多座(プレお披露目)/『Dream on!』バウ

雪組:彩風東上(プレお披露目)/朝美東上主演

 

・桜木⇒朝美と95期新公主演2回組が東上初主演を果たしそう。

 

・だが月組時代の序列は暁>朝美だったので、

暁が朝美より後に東上主演するとは思えない。

けど、やる場所がないので組替えして星組で主演するとかどうよ?

 

・93期2番手2人の序列はさすがに芹香>彩風でしょうから

真風5作だと芹香が先にトップ就任するわけで、辻褄が合いそう。

 

・聖乃・風間のバウ初主演は固いでしょう。

 

・愛月&凪七は2020年は本公演出ずっぱの年ということで。

 

…とはいえ、やはり暁組替えは少し妄想が過ぎるような気がするし、

そもそも轟理事は年2回主演の契約を結んでいる可能性もあり、

より現実性を求めるとなるとこちらでしょうか。

 

【その②:現実的編】

花組:柚香お披露目/轟東上主演

月組:珠城御園座/暁東上主演

宙組:真風ACT主演(プレサヨナラ)/桜木東上主演

雪組:望海コンサート(プレサヨナラ)/彩風全国ツアー

星組:礼全国ツアー/轟東上主演

花組:柚香梅芸/聖乃バウ主演

月組:珠城全ツ/風間バウ主演

宙組:芹香博多座(プレお披露目)/『Dream on!』バウ

雪組:彩風東上(プレお披露目)/朝美東上主演

 

ここまで頑張って書いてきましたけど、

なんだか半分も当たらなそうな気がします…。笑

 

ということで外箱主演者予想ゲームでした。

果たして誰がスターとしての一歩を踏み出すことになるのでしょうか?!

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. skyblue より:

    毎回、鋭い考察ありがとうございます。本当に勉強させて頂いています☆
    雪組宙組の退団フラグに心がざわざわしております。笑
    変わっていくのが宝塚の面白さなのですが。
    今は花組星組の二番手が誰になるかが気になっています!
    暁千星、永久輝せあは組替え候補に名前がよくあがりますが、暁千星が星組だと礼真琴とビジュアルが被る気もするので、花組暁千星、星組永久輝せあの可能性はあると思われますか?
    2組揃って同期を二番手はないですよね?
    質問ばかり、すみませんm(__)m

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      まぁ私も正直、星組の組み合わせとしては永久輝さんのが礼さんとの並びは綺麗だと思いますよー。
      ただ今の彼女の状況を見るに突然2番手格に組替えは無さそうだなぁというのが正直なところですね。
      花組はどうでしょうかね…95~100までビッシリ(一応)路線が埋まってますから、あまり組替えする意義が私は見えませんが…。
      個人的に同期2番手は無いと思ってます。あっても緒月さん的ポジかなぁと。

  2. YS より:

    全ツがプレサヨナラというのは、霧矢さんまで遡らないとないでしょうか?
    あと、手堅い商売をしたがる名古屋で、御園座珠城主演なら、月組オールスターキャストを求められませんか?と。
    いずれにせよ、月組はいつまで現体制で…愛希相手役時代はノーカンなんでしょうか?望海さんや真風さんが辞めてもまだ…なんてことになれば、他トップのファンの怒りも爆発しそうです。オリンピックだろうがなんだろうが、7作退団が妥当だと思うのですが…(それでも長すぎと思います)

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      まぁ名古屋の土地柄的、そして御園座のお披露目という質を見るに、珠城・月城がどっちも行きそうだなぁと私も思います。
      だからこそ裏が暁で珠城さん7作越えコースになりそうですけど…果たしてどうなんでしょう?

      • YS より:

        オリンピック期間中、劇場周辺での入り出待ち行為・集会行為を禁止する(他のほとんどの劇場では本来禁止行為ですが…)、退団イベントがあったとしても例外でない、なんて事にしたら、ファンは絶対に納得しない、んでしょうか?

        • 蒼汰 より:

          うーん、どうなんでしょう…。他の人がしてきたことを禁止すると「ズルい」論が出そうで、面倒そうですよねー。笑

  3. 通りすがりの礼子 より:

    やはりソウタさんも真風さんは5作退団だと思うんですね。確かに芹香さんは2番手も長いし仕上がってはいます。
    しかしながら、劇団愛の強い芹香さんに
    わざわざ縁もゆかりもない博多座でプレ御披露目などするでしょうか?
    方や同じ93期の彩風さんが梅芸のメインホールで御披露目で、扱いが違い過ぎませんか?ソウタさんもご存知の様に
    博多座は埋めるのは大変です。
    花組の役がわり、そして九州出身の真風さんだからこそ 博多座を埋められるのです。私は博多座こそが真風さんのプレ退団公演だと思ってます。
    いくらおまたせプレ御披露目でも はっきり言って芹香さんでは 博多座は絶対埋まらない。小川理事長寵愛の芹香さんに博多座までは行かせないでしょう。
    それにいつも疑問なのですが ソウタさんはいつも珠城は来年オリンピック丸かぶりと仰いますが たったの3日くらいですよ。丸かぶりはむしろ宙組です。
    しかも東宝は超短期。
    宙組トップが歴代5作だから 真風さんが5作とは限りませんし 何より私が腹立たしいのは、これ以上芹香を待たせられないと言う論法です。何故芹香さんの為に真風さんが5作で退団しないと行けないのですか?彼女は花組時代パッとしない2番手でしたし 3番手の経験もない。
    何より中卒でまだ若いのですよ。
    礼さんやカレーさんに先を越されて
    気の毒ではありますが それはそれです。何よりもソウタさんや影響力のあるブロガーさんが真風5作みたいな論法や
    誘導は辞めてもらいたいです。
    人気のないかの組のトップが辞めれば
    一番丸く収まるのです。
    はっきり言って今回の考察はがっかりしました。すみません。しばらくブログ覗くのはお休みします。
    これからもがんばって下さい。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます、しばらくご覧にならないということなのでこの返信もご覧になってるかは分かりませんが一応。

      オリンピックの件、絶対誰かに突っ込まれるだろうなと思いまして、わざわざ注釈で「退団イベント」と太黒字で書かせていただきました。
      もちろん、普通の公演は出来るでしょう。でも退団日前後のイベントは違う。
      なんだか大名行列のように人垣が出来たり、白い服を着た集団が現れたりしますよね。たぶんそれが無理なんじゃないかと思っています。
      これはオリンピック会場近郊で務めている私や管理人が、勤め先から現段階で時差ビズだのなんだの指示が出ていることからも肌で感じることです。
      逆に真風さんは確かに公演期間中はモロ被りですけど、明らかに盛り上がり量が変わるパラリンピック。一概に比べられないんじゃないかと思ってます。
      とはいえ、実は私もプレ退団の可能性もあるんじゃないかなぁと思います。だからこそ5作任期 か も と 思 い 始 め た 。という結論に至ったんですけどね。

      ちなみに、私も芹香が待ってるから真風は5作で退団すべきという論法が好きではありません。だからこの記事でも書いていません。
      (むしろ月組落下傘を示唆しているくらいですから)
      私のようなブログに何の決定権も影響力もありませんし、結局退団を決めるのは劇団とスター自身ですから、
      ぜひ真風さんも偉大なる宙組トップとして最後までご活躍いただきたいと思っています。
      そして末筆になりますが、これからも貴殿の宝塚ライフが素敵なものになることをお祈り申し上げます。

  4. 和世 より:

    何だか「困った時の轟さん」になっていて、面白いような切ないような気持ちです。

    良いんですよ。轟さんが苦手な方も納得して下さる形で、出演して頂く方が不毛な言い争いを見なくて済みますから…。
    お芝居なら批判できないレベルの方ですし。
    ただ「困った時の…」が増えても、困りますが。
    劇団としてもどうなんだということですし、ご本人もそう主演ばかり
    (スケジュール的に)できないでしょうから。

    個人的には新生花組(体制)の教育で、出演されることを一番
    恐れています。火に油を注ぐ勢いで、批判されそうなので…。
    なぜ、いつも”轟さんは批判して構わない”という空気になるのか
    甚だ理解できません。
    技術面の建設的な意見に留まらない…のが悲しいです。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      『凱旋門』が久しぶりの登板ですし、なかなかないとは思いつつも新生花or星は確かにありそうですよね。
      出る出ないで不毛な争いを見るのは私も嫌ですし、そのための愛月さん専科異動だと思いますが…。
      別箱で彼女の実力を下級生たちに写すという意味では非常に有意義な経験だと思うのですが、果たしてどうなるんでしょう。

  5. るなるな より:

    宙組10-11月の難問その3に柚香礼音とありますが、柚希礼音ですよね。どなたかがすでにご指摘かもしれませんが、念のため。(どうやってお知らせすればよいかわからないので、コメント欄で失礼します。)

  6. SM より:

    いつも楽しみに読ませていただいてます。
    次の2番手はしっかり控えていたけど大型別格がいなかった月組と、別格スターと別格スター候補が豊富だけど2番手候補がいない花組とで、鳳月さんと暁さんのトレードのような気がするのですが。
    即戦力と将来性のトレード。
    近々、組み替えがあれば答え合わせが出来ますが、あまり私の予想は当たりません笑

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      正直私も暁さんが異動するなら花かなぁと思うんですけど、どうなるんでしょうね?
      組替えに関しては私も予想が当たらなそうなので諦めてます。笑

  7. たちばな より:

    いつも楽しく読ませていただいてます。
    ちょっと気になったのですが、大空祐飛さんの説明で1作落下傘を挟んでいるとありますが、大和悠河さんと勘違いされてませんか?

    • 蒼汰 より:

      わわ、ご指摘ありがとうございます!!
      おっしゃる通り勘違いしてました…訂正させて頂きます。

  8. すみれ より:

    いつもブログを楽しく拝見させていただいておりますが今回初めてコメントさせていただきます。
    別箱ですが多分大きな組替えがない限りそうたさんの予想と似た感じになると思うのですが(ただ愛月の別箱ばっかり、というのは礼&柚香のお披露目で他組トップの役替わり等をいれてきそうなのでそこで補ってきそうな気もします)他組と違って月組は本当に読めませんね
    珠城は確かに路線だったしあの当時月でトップに上がれるのも珠城だけだったのもわかりますが無理にでも美弥を上げて3作だけでもトップにしとけばこう面倒なことにならなかったのになぁと思います。というかエリザベートでお披露目のが珠城自身的にも男役としての箔が付いて良かったのでは?
    そもそも前任の龍の8作が長すぎた感が否めないですが、龍の場合は実質6作なのでまあわからなくもないのですが一体今後はどんなサイコパス人事をしてくるのか目が離せませんね。笑

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      実は前身ブログでも書いたんですけど、私も珠城は夢現無双のタイミングでの就任が一番ベストだと思っているんですが
      ただそのタイミングに合うスターさんがいなかったのが残念です…。
      今後も予想斜め上を行くようなことをしそうで怖いのですが、果たして?笑

  9. はる より:

    書き溜めていらっしゃったのですね、流石です。笑
    贔屓組は予想通り!と言いますか、「そうなって下さい!」の己の願望も入り思ってる通りでした。
    公演準備が早くなり計画的になり予定が早く発表されると色々と予想が立てられるのですね〜。勉強になります!!スターシステムの宝塚ですし、ファンはそうなりますよね。
    宝塚が繰り返してきた歴史ですが、「若返る、非常に若返る、、。」と読ませて頂いてまたまた実感しました。
    ただ今はそう感じても皆そのポストに就くと「以前からそうでした」みたいにらしくなるんですよね〜。
    来年の宝塚公演も楽しみにしておりま〜す。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      柚希が辞めたときも、早霧が辞めたときも、宝塚はこれで終わり、みたいな雰囲気がありましたけど、
      さもありなん、そんなことはなく宝塚はずーっと続いています。やはりある程度のところで若返りを図ることは必然なんでしょうね、きっと。
      「以前からそうでした」感、よく分かります。笑 あれ凄いですよねー。