桜木みなと・安定がゆえの正念場

唐突ですが、宝塚の本質って

アイドルのそれとほぼ同義であると思っています。

 

完璧な舞台技術と夢見られるような男女の恋愛遊戯を見たいのであれば、

外部、つまり四季や帝劇のミュージカルを見ればいい。

 

宝塚の魅力は、タカラジェンヌという未熟な舞台人が

舞台での経験を経て洗練され、成熟へと向かうその過程

スターとともに過ごすことに他ならないわけで。

 

舞台に立つ者としては未熟だけど、

それがゆえに愛でられ、未完成から完成へと向かうその過程こそが

AKBなんかのアイドルと同じ「ドラマ」だと思います。

 

つまり裏を返せば、最初から完璧過ぎる人では物語は成り立たず、

未熟であるからこそ成り立つ世界があるわけです。

 

…唐突に何の話やねんって感じですよね。笑

 

本日、宙組の博多座公演『黒い瞳』『VIVA! FESTA! in HAKATA』の

ライブビューイングを見てきまして、

そこで感じた桜木みなとの話でございます。

 

危なげなく期待に応えるスター・桜木みなと

 

宙組『黒い瞳』『VIVA! FESTA! in HAKATA』にて

桜木みなとは三番目格のスターとして、それはそれは大活躍でございました。

 

小顔でスタイルも良く、万人受けする正統派美少年なビジュアル。

『黒い瞳』ではシヴァーブリンという生粋のクズ役を危なげなくこなし、

ゾクっとするような目線や、貴族上がりの高貴さと裏切者としての下賤さが

調度良いバランスでの演じ方。

 

『VIVA! FESTA! in HAKATA』でも非常に目立っており、

歌唱力もダンスも問題無く、スターとしての華やかさも持ち合わせていました。

 

舞台人としてほぼ完璧にこなしていたと言って間違いないと思います、が。

もうね、ビックリするくらい隙が無いんですよね、彼女。

 

見た目も良い、歌もうまい、ダンスも上手、演技も素敵。

心の底から「凄いねー」って感じ。

 

でも、だからこそ、

安定がゆえの不安というものが、見え隠れしている気がします。

 

95期生「御曹司」いろいろ

 

タカラジェンヌの「ドラマ」には2種類あります。

簡単に言えば「御曹司型」「成り上がり型」です。

 

御曹司型は、舞台技術が伴う前の若手時代から突然抜擢され

舞台に立ちながら一生懸命努力し、

自分の弱点を長所で埋めていきながら、その期待に必死に応えていくというもの。

 

その逆に、成り上がり型とは、

数少ないチャンスの糸を必死に掴み、

数多いるスターの人波をかき分け上り詰めていく物語、というイメージです。

 

皆様お察しの通り、95期生でいえば

礼・柚香・月城は御曹司型、朝美、水美、瀬央は成り上がり型なわけですが

桜木みなとって、果たしてどちらなんでしょう?

 

…いや、新公主演2回研7でバウ初主演かつ2度経験という経歴を見るに

立派な「御曹司型」のはずなのに、

愛月ひかるの影に隠れていたからか、そう見えない不思議さがあり

それこそが彼女の悲劇なんじゃないかと思うわけです。

 

「御曹司型」のドラマ

 

スターでも完璧な人はいません。

どれだけ「御曹司」であろうと、何かしらのドラマがあり、

それがその人の魅力として反射するからこそ、面白いんですよね。

 

例えば、礼真琴は舞台技術が全て高得点にも関わらず、

背が低く正統派タカラジェンヌらしくないという弱点があるわけですが

それを本人も分かっているからこそ、それをカバーしようと

舞台技術を研鑽し高め続けている様が見て取れます。

 

柚香光も、タカラジェンヌとして完璧過ぎるビジュアルでありながら

はっきり言えば歌がド下手なわけですが、

それをカバーできるほどのオーラがあり、

だからこそ劇団も早期抜擢を画策しています。

 

ただ一人、月城かなとは桜木と同様、

危なげないスターとして魅力があるわけですが

彼女は既に「組替え」というドラマを経て、波乱を経験していると言えるわけで。

 

こう見比べてみると、本人には何の否がないとは言え、

やっぱり桜木ってドラマ性が薄いなぁと思えてしまいます。

 

別に、彼女が苦労していないという話ではありません。

そんな中でこれほど安定感のあるスターとして成長したのは

彼女の努力以外の何物でもないからです。

 

けど、凄い勝手な話ですが

人間はスターの欠点や、ドラマ性があるからこそ、

その魅力に引っ張られるわけで。

 

それは日本の芸能界だって一緒です。

安室奈美恵だって宇多田ヒカルだって、

完璧じゃないからこそ大いなる魅力があるわけですよね。

 

逆に無難な芸能人はそこそこ成功することはあっても、

頂点に立ち天下を取るケースは少ないと思います。

 

今の現状を例えるならば、

礼・柚香・月城が松田聖子・中森明菜・小泉今日子だとすれば

桜木は河合奈保子といいますか、

 

礼・柚香・月城が、浜崎あゆみ・宇多田ヒカル・椎名林檎だとすれば

桜木はaikoといいますか…。

 

単体としては素晴らしいスターだと思いますけど

「めちゃめちゃ好き」と「大っ嫌い」と評価が分かれる存在ではなく

「別に、嫌いではないかな」と多くの人から良く悪くもなく、

無難な評価をされる扱いに収まっちゃってると思うのです。

 

それでスターとして大成するかと言われれば

私はNOではないかな、と思います。

だからこそ、ここらでブレイクが必要なんでしょうね、きっと。

 

 

 

さてさて、唐突ですけど…

超個人的な話をしますと実は私、

学生時代から「優等生」で「つまならい」と言われ続けた人間なんですよね。笑

 

部活で採点競技をしていたことも、大学で論文を書いたときも

「悪くないしそこそこ出来てるんだけど、それだけなんだよね」だの

「無難だね」だの「殻を破れ」だの言われて

「じゃあ具体的に改善点を言ってみやがれ」と何度思ったことでしょう。

 

でも、今の桜木みなとを見ていると、

(いや、私なんかの小市民と一緒にするつもりなんか毛頭ございませんが)

その時の先生たちの気持ちがなんとなーく分かります。

 

 

この世界は悲しいことに、無難な優等生よりも

勉強出来るのに授業サボっちゃうウェーイ系の学生

タバコ吸って停学なんか食らっちゃうけど愛嬌がある問題児の方が、

魅力的に見えるんですよね、不思議なことに。

 

現実世界では、いかにも公務員的な無難な人が好きという価値観もあるのですが

芸事の世界ではそうはいかないのが残酷なわけで。

 

ということで、我ながら超無責任ですが

桜木みなとにはぜひ殻を破っていただきたいと勝手に思っとるわけです。笑

 

宙組「2番手」をめぐる攻防

 

愛月ひかるが専科へ異動し、

『オーシャンズ11』にて波線上に載ったことにより、

桜木は暫定3番目スターになる予定です。

 

が、今後スターとしてさらに成り上がれるかどうかは

まさにこれから、つまり正念場であると思います。

 

劇団もそれが分かっているからこそ、シヴァーブリン、ベネディクトという

これまでに無い悪い役を割り当て、彼女の飛躍を期待しているわけですね。

 

宙組は、いまだ生抜きトップが生まれておらず、だいたいは3番目スター止まり。

2番手スターが他組から組替えしてやってきて、

その立場を奪われる歴史が続きました。

 

その歴史に終止符を打つかどうか、

それは桜木のこれからの活躍次第と言えると思います。

 

そして実は、それだけではありません。

 

歴史を振り返れば、トップを狙う95期生以下の微妙路線スターにとって

宙組への組替えは大チャンスとも言えるわけで。

 

花・星は柚香・礼という盤石な95期生がおり、

雪・月は永久輝・暁という盤石な下級生がいることを思えば、

誰が動くにしろ「隙」というものは現状宙組にしか無いと言えると思います。

 

95~98期生の成り上がり組が、

ラストチャンスを狙うとすれば「宙組」しかないかもしれない、というわけで。

 

「隙」になってしまうのか「盤石な立場」として確立できるか。

まさにこれからが正念場ですね。

頑張れ、桜木みなと‼と、一方的なエールを送って終わります。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. うみちゃん より:

    アイドルや女性アーティストでの比喩、
    すごく共感しました❗

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      比喩として大丈夫かな…と思ったのですが、そう言って頂けて良かったです。笑

  2. ずんちゃん大好き♪ より:

    桜木さんは、「御曹司型」でもなく、「成り上がり型」でもない、「ひたすら努力型」のジェンヌさんだと思います。

    色がない、弱い、と言われ続けてきましたが、今では、むしろそれが桜木さんの「強み」となりました。

    どんなお役が来ても役作りが可能だからです。 つまり、役を選ばない。

    舞台人としてこれほどの強みはないでしょう。

    しかも、ジェンヌさんとして最も望まれる「高貴さ」に溢れています。

    情感のこもった歌声で聴く者を魅了することができます。

    ライブビューイングでどれほど伝わったかわかりませんが、博多座では舞台人として大きく飛躍された姿を見せてくれました。

    おそらく次回大劇場公演では「3番目」ではなく、「3番手羽」を背負うことになるでしょう。

    今から大変楽しみです。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      そうですね、当初から薄味なスターだと言われ続けてきましたが、
      最近はそのノーブルな魅力こそが彼女の持ち味として光っていると思います。
      ぜひこのまま大きく飛躍していただきたいところです。
      ちなみに、次の大劇場公演『オーシャンズ11』は一本物ですから通例だと羽根は背負いませんので、その次の公演がどうなるかでしょうね。

  3. anne より:

    初めまして!毎日更新を楽しみにしていますファンです!
    ずんちゃんは美しくて歌も上手くて舞台にいても目立つあのキラキラオーラとスマイル。宙組の毎公演ずんちゃんをメインになりつつ見ておりましたが、確かに。確かに私の初見のルドルフからなにかうーん。変わってない?ような?ほかの組の95期生と比べるともーひと息、もっと殻を破って振り切ってほしいという気分になります。(私ごときがすみません)そんな時この記事を拝見し、まさしく!!思ってたいたことを綺麗な文章力でまとめて頂いてて大変共感いたしました!ベネディクトでひと皮剥けるずんちゃんを楽しみにしています!(ただのライトファンですが)
    文にまとまりがなくすみません。
    これからも更新楽しみにしています!

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      殻を破るって本当に難しいんですけど、彼女に関してはまさに「あと一歩」大きく踏み出してほしいところですが…それが難しいんですよね。笑
      ベネディクトは紅・望海が大いなる一歩を踏み出した役ですから、ぜひ新たな魅力が引き出されることを祈りたいですね。
      これからもよろしくお願いいたします‼