雪組『20世紀号に乗って』キャスト別感想

実は私、諸事情により観劇日数が増えまして

(管理人masaさんが一緒に見に行く予定だった人の都合がつかなくなった)

つい先日2度目の20世紀号を堪能してきましたー。

 

何がビックリしたって、芝居のノリがさらに激しくなっていたこと‼

特に彩風真彩の両名。

もうキレッキレのノリッノリでした。笑

 

千秋楽近辺にもう1回見に行きますので

この先さらにどう進化するのか、今から非常に楽しみです。

 

ということで、先日『20世紀号に乗って』の全体感想をまとめましたが、

雪組『20世紀号に乗って』感想

本日は主要キャスト別のざっくり感想を書いていきたいと思います‼

 

キャスト別ざっくり感想

オスカー・ジャフィ/望海風斗

 

トップになるとポジション的に難しいのだと思うのですが

こういうイケオジ役、本当に似合いますよね。

髭が似合うスーツも似合う。

 

「あぁ、本当にコメディがやりたかったんだろうな」って

全身全霊ヒシヒシと伝わるほど、もう演じてて楽しくて仕方ない感が凄くて

見ているこっちもノリノリになってしまいます。

 

歌が上手くて芝居も上手いなんて、もはや前提でしかなく

実力者だからこそ見せられる魅力的なコメディとキャラを

観客として楽しめるのは、彼女が演じるからこそでしょう。

改めて芸達者たなぁと思いましたね。

 

リリー・ガーランド/真彩希帆

 

ブラボー‼

これはまさに宝塚では真彩にしか出来ない役でしょう。

 

なにせ歌が超絶難易度。

『バベット』のパーティーとキリストのいったりきたりの場面なんて

普通に歌ったら事故りそうなメロを危なげなく歌いこなしているあたり、

さすがとしか言いようがありません。

 

ナウオンで「オペラ的」と評されるほど難解な節回しが非常に多く、

けどそれをきちんと言葉として聴衆に届けてくれるのは

まさに彼女の技巧をもって他ないでしょう。

 

そして、彼女は素晴らしいコメディエンヌでした。

間とか、声色や表情の作り方とか、動きとか、なんとも絶妙。

 

ただでさえ舞台力があるスターなのに

その上で全力で笑いを取りにいってます感が見ていて爽快でした。

 

両足を全力で踏ん張りながらオスカーを罵ったりとか

イチャイチャしてたはずのブルースを冷たくあしらう時の落差とか

「出てけぇー‼(ゼェゼェ)」の「ゼェゼェ」とか

例を挙げていくとキリがありません。笑

 

今作の主役は完全にリリーであり、

途中の心象風景含め、その歌唱力と芝居力で完全に引っ張っていました。

 

あと、個人的に見た目も良かったです。

彼女は『琥珀色』のシャロン同様、

何様系スタイルが非常によく似合いますよね。

 

ブルース・グラニット/彩風咲奈

 

かーわーいーいー。

もう本当に、アホかわいい。

 

『CASANOVA』の柚香を見たときにも思ったのですが

2番手にギャグキャラをやらせる修行の時なのかな?

というくらい、新境地的アホキャラでしたね。

 

金髪マッチョでオツムは激弱、という

プロトタイプのアメリカ人俳優役なんですけど

それって彼女のような超絶スタイル陽オーラだからこそできるわけで、

そういう意味ではハマリ役だったと言えるでしょう。

 

そして何よりアドリブ!!

本当に頑張ってましたね。

 

常に脇でワチャワチャしている(2回見たけどほぼ違った)ので

気が付くと彼女ばっかり見てしまいます。笑

 

改めて、彼女の2番手としての伸びっぷりは本当に凄いなぁと思いました。

望海と一緒に歌う場面も危なげなくこなしてましたし。

今後の更なる飛躍に期待したいです‼

 

フラナガン/彩凪翔

 

イケメン車掌。

ロング丈の車掌スタイルがよく似合う。

 

4人のポーターを引き連れて、要所要所で舞台を締めてくれていました。

…とはいえ、出番少なくない?

 

最近彼女、こういう本筋の脇みたいなポジション多いなーと思っちゃいました。

ロラン夫人とか、勝海舟とか。

まぁ立場的には妥当なんでしょうけど。

 

個人的に今回の彼女のベストアクトは

役ではなく、フィナーレでの男前っぷりでしょう。

 

久しぶりにオールバックスタイルの彼女を見ましたが、本当にイケメン。

特に今回は彩風がああいう役作りであったため、

彩風、彩凪、朝美と並ぶと、一人だけいぶし銀的オーラ全開で美しいですよ。

 

オリバー・ウェッブ/真那春人

 

外箱だと途端に役付きが良くなる彼女ですが、

今回は望海・朝美と一緒に三銃士の一人ということで、

とにかく出番が多くて役得なポジションでした。

 

もとの顔立ちが可愛らしいのと、持ち合わせている爽やかオーラで

気の弱い(?)胃潰瘍持ちがとても似合ってました。

 

オーエン・オマリー/朝美絢

 

爽やか顔の胃潰瘍持ち・真那とは対照的に

濃い顔立ちの薄汚れたアル中、という役作りがとても分かりやすかったです。

 

個人的に今作のような襟足短いスタイルこそ至高だと思っているので

ビジュアル的にも非常に安定していました。

のに、終始全力で顔芸しているので非常に見ごたえがあります。笑

 

ドクター・ジョンソン/久城あす

 

まさかのオチ‼笑

 

いつも一癖あるキャラばかり演じているイメージですが、

まさに彼女らしい役でしたね。

彼女の細かな「泣き演技芸」はぜひオペラグラスでご覧ください。笑

 

マックス・ジェイコブス/縣千

 

いかにも御曹司っぽいポジショニングでのご登場。

個人的に妙な髪型だなぁと思ったのですが、

いけ好かない演出家という役どころ的には、たぶん正解です。笑

 

洗練された物腰、スラっとした見た目が

いかにもスターという感じで、良い意味でオスカーと対照的で面白いです。

あと、フィナーレのキラキラ感もさすがでした。

 

ナイジェル/望月篤乃

 

誰やねん?と皆さんお思いでしょう。

『バベット』の場面にて、リリーの浮気相手役として出ているのですが

めちゃめちゃイケメンじゃね?

 

1回目見た時にうっすら思ったのですが

2回目の後に管理人masaさんと「あの子イケメンだったよね」と共感し合ったので

試しに調べてみたら、しっかり主な配役に名前が載っていた‼

 

どうやら御曹司・縣千と同期の子らしいです(wiki情報)。

同期が超路線だとなかなか目立てず大変よねぇと思いながら

今後の成長を楽しみにしたいと思います‼

 

『バベット』のシーンではぜひ注目して見てみて下さいね。

 

2週間という短い夢

 

さて、今作はブロードウェイ作品ということで

映像化がどうやら難しいらしい?と風のうわさで聞いております。

まぁ仕方ないよね、ブロードウェイだもん。

 

逆に言えば、振り返ることができない「夢」のような時間を

今この瞬間に楽しむしかない、という非常に刹那的な作品であり

まさに1930年代のアメリカンドリーム的だと言えるのかもしれませんね。

 

夢から目覚めるまであと1週間。

最後までその夢が無事多くの人に届けられますように。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. うみひこ より:

    蒼汰さん
    私も観ました。まさにリリーが主役の舞台でした。真彩さん、自分勝手な大女優がすごく合ってました。彼女、華があるという表現とは少し違う、真ん中感とでも言いましょうか。ずっとスポットライトを浴び続けても物怖じしない度胸。外の舞台でも十分通用すると思います。

    でもその代わりに、他の娘役さんがほとんど印象に残りませんでした。(京三紗さんを除く)自分は朝月さんも応援しているのですが、プリムローズさんの甥の奥さんではあったものの、ほとんど台詞が無かったような。

    あと本論とはずれますが、自分はこういうアメリカ喜劇で必ずいる「出し抜かれる人」を可哀想に思っちゃうんですよね。今回だと車室から追い出される議員さん。それほど悪い事してないのになーと。ということで自分の感性は思いっきり和風だと再認識しました。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      そうなんですよ。娘役で目立ったのは、前半ちょっぴり沙月さんが、後半ちょっぴり朝月さんくらいで後は完全モブですもんねー。
      たぶん『雨に唄えば』ではリナ・ナモントですよねw 分かる気がしますー。言われてみたらブロードウェイ独特なのかも…?

  2. ちょっこー より:

    昨日からブログを見始めたのですが、とても面白くて全部の記事を見てしまいました笑

    客観的な見方だけでなく、フラットな主観がとても見やすく読みやすかったです。

    それでいて、しっかりと随所に愛情を感じる。

    何よりも、男性的な視点で見ているのがとても親近感が湧きました。

    ビジネスとして宝塚を観ているのがとても興味深かったです。
    なんとなく思っていることを非常に簡潔に親しみやすくわかりやすく具現化していて、
    「こういうブログを探していた」と思いました。笑

    宝塚を商業的に観たらすごいよなとずっと思っていたけど、舞台にしか目を向けないし、偏った見方ばかりなので、「そうそう、これこれ!」とおもってました!

    このブログの内容を本で出してたら、僕はビジネス書として1500円で買ってました。

    むしろ、この2日間ずっとブログを読んでいたので一冊分の本を読んでいたのと同じだけの時間をかけていたなと笑

    あらゆるデータを調べてかなりの時間と労力をかけてブログを書かれてあるのだろうと思いました。

    すごく面白かったです。
    宝塚への造詣が深まりました笑
    感服しました。

    友達だったら話が尽きないだろうなと思いました。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼そして素敵なお言葉を頂戴して恐縮です…。
      確かに1つの記事が2000字~3500字ですから、全部読んだとなると本1冊分くらいになりますかね。笑
      これからも気ままに更新して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします‼

  3. さわら より:

    私も幸運なことに、1回限りではありますが、20世紀号を観ることができました。
    本当にクオリティーの高い、そしてとっても楽しい舞台でしたね。大満足でした。
    ちなみに蒼汰さんのおっしゃるイケメン、私も若い燕感にドキッとさせられ、観劇後速攻調べました。笑
    個人的にタニさんを彷彿とさせる甘いマスクに、ゆみこさんの持つ硬派な風味を持ち合わせているように感じ、
    台詞を発する姿も観てみたいな〜と、今後が気になる下級生となりました。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      確かに‼言われてみたら大和さん感ありますね。笑
      これからの活躍に期待したいです‼一緒に応援しましょー^^

  4. めー より:

    こんにちは!
    私も運良くマチソワ出来ました^_^
    おっしゃる通り素晴らしいミュージカルでした(^^)
    真彩さんの圧倒的な女優力とどんどんアップする歌唱力!それをここまで引き出しているのは間違いなく望海さん!
    素晴らしいコンビです。

    はじめオーブにこれだけのメンバーとはどう言うこと!と思っていましたが、これだけのクオリティを出すには必要だったのだと実感しました。

    京さんの存在感もあってこそですし、宝塚って素晴らしい!て心底思いました。

    また、シアターオーブは初めてでしたが、遠征の私にはとても行きやすくて助かりました!

    ただ、歌が難しくて全く口ずさめないのが自分としては、悲しいです(爆)

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      まさに望海&真彩コンビだからこその舞台でしたね‼京さんも可愛らしくてちょっぴりサイコなおばあちゃん役が素敵でした。
      おっしゃる通り安易に口ずさめないのが玉にキズですかね…笑