次期月組トップ考と組替えの予兆・人事変動2020年春③

水美舞斗DS決定の報という新たな爆弾が投下されていますが、

とりあえずこっちをまとめないと話が進みません。笑

 

ということで、激しい人事変動の波が続いていますが

本日は次期月組トップ考についてまとめていきたいと思います。

 

第一報の所感はコチラ

雪組次期トップ娘役予想ゲームはコチラ

各組の組体制予想ゲームはコチラ

 

 

次期月組トップはほぼ決定?

 

実はこの記事、珠城りょう退団発表時に書き始めたもので

その時は「月城かなとvs芹香斗亜の一騎打ちで

現段階ではどちらとも言えない」と〆るつもりでした。

 

が、潤花の宙組組替えの方を受け、

ほぼ93%くらいの確立で、

月組次期トップは月城かなとで決定かなと思っています。

 

と言いますのも、潤花の組替えは

次期体制を睨んでの異動であることは明白であり、

その相手役として想定されうるのは芹香斗亜以外にいません。

 

そして他の候補者で言えば、例えば愛月ひかる。

当ブログではちょこちょこ「愛月落下傘説」を提唱してきましたけれど、

珠城8作任期決定の時点で、その可能性もだいぶ薄まった印象です。

 

なぜなら、月城の上に本当に落下傘させるなら、

2020年後半の星組東上公演『シラノ・ド・ベルジュラック』で

轟理事ではなく愛月に主演させていたでしょう。

 

さすがに3番手東上を1回しか主演していない愛月が、

3番手東上に全ツ主演まで果たす月城の上に

理論上は降れないと思われます。

 

そしてそれは専科・凪七瑠海も同様。

『Music Revolution』あるいは『Ray』で

せめて2番手羽根を背負わせていたはずです。

 

 

月城2番手ステイの唯一の根拠は、

『ダル・レークの恋』が一本物であるということでしょうか。

 

過去に同様に一本物公演『風と共に去りぬ』で全ツ主演した紅ゆずるが、

主演後に北翔海莉に降られた経緯があるわけですが、

とはいえ降ってくる人材がいないことには落下傘は出来ません。

 

ということで、月組次期トップは

順当に月城かなとで決まりかなぁというのが個人的見解です。

 

各組の2番手事情と3番目事情

 

そして月城かなとが次期トップだと思う、

もう1つの理由があります。

それは各組の次期体制についてです。

 

もし仮に、月城かなとがそのままトップに上がった場合、

現在暫定3番「目」である鳳月杏が繰り上がることになりますよね。

 

そして彩風咲奈新体制になるであろう雪組において、

私は彩凪翔がそのまま繰り上がるだろうと予想しています。

 

そして花組は、柚香光新体制において、

瀬戸かずやが暫定2番目として『はいからさんが通る』に出演予定です。

 

もうお分かりですね?

かつて「FOCUS ON 別格トリオ」と呼ばれた3人が

それぞれ下級生トップの下に2番目として横並びで配される体制になるわけです。

 

これまでほぼ同じ扱いであった3人が

明日海の退団により突然瀬戸だけ2番目に昇格させたわけですけれど

劇団がもともとこうする予定だったと考えたら

実に自然かつ均等な采配だと言えると思います。

(よって2020年後半の雪組東上は彩凪翔主演だと重ねて予想しておきます。)

 

 

そして星組・愛月ひかると宙組・芹香斗亜が正2番手として在位し、

その下に各組に付く3番手(目)スターを暫定で考えると、

 

花組:水美舞斗

月組:暁千星

雪組:朝美絢

星組:瀬央ゆりあ

宙組:桜木みなと(with 3番手羽根)

 

と、95期後続組と暁千星が綺麗に横並びになるわけです。

ということは、過去の事例的にも

最も組替えが起こりやすい状況を迎えつつあると言えると思います。

 

なぜなら、この5名の中だと

桜木みなとと暁千星が頭一つ抜けた扱いを受けているわけですが、

このまま宙組が真風→芹香と来た場合、

桜木の昇格が一番最後になる可能性が高くなってしまうからです。

 

よって、雪組&月組のトップが変わろうとしている今、

この3番目近辺で組替えが起こる可能性は非常に高く、

特に桜木の雪組への組替えなんて容易に想像出来ますよね。

 

 

…ということを約1週間前に書こうとしていたのですが、

ここに来て水美舞斗DS開催の発表。

 

いやー。嵐の予感が致しますねぇ。

95期シャッフル待ったなしでしょうか?

 

次期月組トップ娘役・総当たり戦

 

そしてもう1つの気がかりは、

次期月組トップ娘役は誰なのか?ということ。

 

月組はスケジュール的に『ピガール狂騒曲』『桜嵐記』のうち片方と

全ツ『ダル・レークの恋』のヒロインを取ってしまえば

理論上誰でもトップ娘役になれてしまいますので、

多くの娘役にチャンスがあると言えます。

 

一応、ざっくりと個人的見解を総当たり戦でまとめると…

 

■海乃美月(97期)

 

ビジュアルの相性も良く、月城フォトブックにも登場していますが

さすがに学年が近過ぎることから可能性は薄いと思います。

 

むしろ海乃トップの芽は

芹香or愛月の落下傘の受け皿としての方が断然強いと言えるでしょう。

果たしてラストチャンスは巡ってくるのでしょうか?

 

■有沙瞳(98期)

 

彩風咲奈の相手役候補の本命でありながら、

実は月城の相手役としての可能性も無きにしも非ずな彼女。

 

なにせ『一夢庵風流記 前田慶次』新人公演と

バウ公演『銀二貫』で相手役を務めた、まさに初恋のお相手。

 

朝夏&実咲、望海&真彩と同様、

組を越えた再会というドラマティック性を求める昨今の人事傾向から言えば

月組での運命の再会もあり得ると思います。

 

■天紫珠李(101期)・結愛かれん(101期)・白河りり(103期)

 

自組から上げる若手スターの場合、

この3人の中から誰かに絞られると思います。

(さすがにまだ新公ヒロをしていない蘭世、きよらは無理でしょう…たぶん。)

 

とは言え、101期生コンビは互いに蓋をし合って調整中の雰囲気ですし、

白河は別の理由で抜擢されていそうなので、

正直この3人の中からだと弱いかなぁというのが正直なところ。

 

■夢白あや(103期)

 

というわけで本命。

芹香斗亜、彩風咲奈、柚香光、

誰を相手役に想定したとしてもピタリとハマるのが彼女の強みなのですが

個人的には月城&夢白の「しろしろコンビ」が一番見てみたいです。(願望)

 

なにせ月城の魅力と言えば芝居と大人の色香ですから

同じスター性を持つ夢白はまさにベストパートナー。

ダンスの面でも月城を支えられますし、

「芝居の月組」の名に恥じない、華やかな舞台が楽しめそうです。

 

そしてつい最近の娘役人事の傾向として、

舞空が降った星組は水乃が、潤花が降った宙組は花宮がと

組替え前に同期が支え要員?モチベーション維持?のため

新公ヒロに抜擢されている例が続いています。

(と言ってもたった2例だけですけどね。)

 

その流れで言うと、103期の夢白がやってくるから

その前に同期の白河を上げといた可能性も、

もしかしたらあるかもしれませんね。

 

次期体制の個人的まとめ

 

ということで次期体制の個人的予想をまとめると、

柚香華 / 月城夢白 / 彩風有沙 / 礼舞空 / 真風星風→芹香潤

というのが一番無難な回答かなぁと思います。

 

ただ、夢白の柚香後妻説と

月城2番手ステイで蓄え期間の構築という、超個人的な願望を含めるなら

柚香華→柚香夢白 / 愛月海乃(短期)→月城〇〇 / 彩風有沙 / 礼舞空 / 真風星風→芹香潤

というのもありかなぁと思うのですが…まぁ、所詮は空想です。笑

 

 

以前に「人事は川の流れのようなもので

その一地点を見ただけでは何も理解することは出来ない」と書きましたが、

今はまだその一端を見ているにすぎないような気がします。

 

これからも大きな発表がある予感がプンプンとする宝塚人事。

どのような展開になるか、ますます目が離せませんね。

 

とりあえず今は、いずれやってくるであろう組替え祭りに備え

心の準備をしておこうと思います。笑

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. より:

    彩風さんの相手役は、
    大穴で
    歌の上手な天彩峰里さんかな?
    なんて勝手に想像してます。
    真彩さんの後任ですし。
    月組は夢白さんで。

  2. abbie より:

    蒼太さん
    連日の大予想有難うございます!

    いやぁ、短期でも良いから愛ちゃんのトップ姿みたいのですが、5組しかないし、人気のスターさんは多いし厳しいのかな?
    なんなら夢組に愛ちゃんトップ、水美2番手でやってくれって思ってしまいます。

    やっぱり、蒼太さんの挙げた組み合わせは現実的ですよね。今までだってなれそうでなれなかったスターはいますしね。

    これからの2番手羽根は、トップへの王手にはならないケースが増えてくるのかな? 

    2番手羽根背負えて良かったと見送るか、2番手切りだとざわめくかはファンの気持ち一つで…。

    レイコちゃんに夢白さん
    咲ちゃんにくらっち。
    (しろしろコンビ、トップ3レイ)

    レイコちゃんにくらっち。
    彩ちゃんに夢白さん。
    (こちらは3あやトリオ)

    どちらの組み合わせでも楽しみになります。月も雪も良い作品に恵まれますように♪

  3. 兵庫県のおじさん より:

    蒼太様

    二度目のコメントさせて頂きます。
    一度目は返答頂いてるのを拝見し、びっくりしました。

    30代であると紹介されてるのを拝見した為、時代遅れのおっさんやと思って下さい。
    ランキングが上位におられますので、言わせて下さい。

    ジェンヌさんに、常に「さん」を付けたらどないですか?
    蒼太さんよりも明らかに年上と思われる方にもそう。
    何故呼び捨てにされるんですか?
    他の人が真似をされたり、そういう世の中になるのがどうしても嫌なんです。

    駄目やったら諦めます。
    検討の程宜しくお願い申し上げます。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      大変申し訳ないのですが、それは出来ません。
      私がタカラジェンヌたちを愛称ではなく芸名を、それもさん付け無しで書くのは、私なりの敬意と距離の取り方なのですよね。
      と書いても、なんだか伝わらないような気がしますが…。

      • ねじねじ より:

        私は敬称をつけない、蒼汰さんのジェンヌさんたちへの距離感と敬意感好きです。
        人事考察ブログとして、全員に適度な距離をもって評価・判断しようとする姿勢の現れだと思って違和感ありませんでした。

        そして、公平であろうとする中で垣間見える推し感や、ちょっとした身贔屓などもまたよいのですが(笑)

        ジェンヌさん一人ひとりをビジネスユニットとして評価してこその書き方、このまま続けていただけるとのことでうれしいです。

      • パルナス より:

        いつも更新を楽しみにしている者です。タカラジェンヌは憧れの存在で、いわばアイコンですから、さん付けで呼ぶのは、夢の世界の乙女を現実の世界に引き戻すようで、かえって違和感があります。愛称も、よほどのご贔屓ならともかく、馴れ馴れしい気がして…。敬愛するからこその芸名+敬称略、私はよくわかります。

  4. こんちゃん より:

    蒼汰様

    いつも楽しみに拝読しております。ライビュ専科の地方民です。

    祭りは踊らにゃソンソン♪私は愛月海乃に一票。理由はただ自分が見たいだけ(笑)

    自分はトップさんたちの年齢をとうに超えておりますがね、現花も次期雪も現星も私から見るとみんな健全な坊やの魅力なんだもん。

    今や絶滅危惧種の、爛熟した退廃的な男役の魅力に存分に溺れたいの(笑)。

    • いのさん より:

      毎回蒼汰さんの分析&考察が説得力ありすぎで、きっとそうなるんだと思えてしまいます。いつも嫁さんに知ったかぶりして伝えています(笑)
      雪育ちの月城さんには、2番手で力を溜める期間を長く経験してほしいです。
      彼女はとても和物が似合うので、本当は雪に帰ってきてほしいんですけど無理でしょうね…
      くらっちが月トップになるなら月組を見に行きます!

  5. さわ より:

    初めまして
    全組をゆるく観劇する人間で早く舞台を安全に楽しみたいと思っています
    人事の発表があると ワクワクするとか楽しみとかいうより
    ジェンヌさんに不安等が起きていないかが気になってしまいます

    今後の予想組体制なんですけど月組(月城さんと夢白さん)
    宙組(芹香さんと潤花さん)は
    今までお互い接点がないような気がしますが
    他の3組のように組合せを見て判断ということはせず
    問答無用で組むことになるんでしょうか
    この組み合わせだとどちらも生え抜きじゃないのも少々気になっていますが
    劇団はそんなこと気にしないものなのでしょうかね
    いずれにせよ組替えがジェンヌさんにとってより良い変化になることを
    願ってやみません
    今後もブログ楽しみにしております お邪魔いたしました

  6. クマ より:

    いつも楽しみに拝見しています。
    有紗瞳は、月でも雪でも有力な一人というのは、納得です。ただ、星組の小桜ほのかも、理事の相手役をすることから有力な一人になるのではないでしょうか?とにかく、星組では、上にあがれないでしょうから。
    今後も楽しみにしています。

  7. Lily より:

    蒼汰様

    いつも楽しくブログ拝見させて頂いています。ヅカファンにはかなり個人的感情が多いブログが多い中、客観的に分析されてるところが面白いですし、視点が鋭くなるほどと納得する事も多々あります。

    実は私は蒼汰さんの以前のブログで愛月さんの組換えに対し『何か人事的にイレギュラーがあったんじゃないのか?』と分析されていたこと、月城さんが珠城さんが退団を決意された頃休演開けされたばかりなのをを考えると、愛月さんが月に落下傘するのでは?と踏んでおります。
    そのイレギュラーこそ珠城さんの想定より早い退団であり、愛月さんが僅か一年で専科から星に組換えとなり二番羽を背負う必要が出た要因になったのかな、と。

    娘役トップの予想は雪には咲さんのお相手に有沙さん、宙はキキちゃんのお相手に潤花ちゃん。これはお似合いだからと、今の雪ファンが歌ウマを求めているのでファン離れを防ぐ為。夢白さんはまだ若く月城さんの相手と考えられるので、愛月さんのお相手に海乃さん。これで報われ派を納められるかなぁと考えております。

    長々と長文失礼しました(^-^)
    宝塚人事は面白いですねぇ。

    • たまねこ より:

      Lilyさんに一票入れます!
      Lilyさんのあげたトップ組み合わせで観たいです。

      特に、月組の月城さんの前に、短期でも、愛月海乃さんトップで爛熟した大人の恋物語を観てみたいです。楽しみ〜。

      劇団関係者様、是非ここのブログを参考に見てくれてると良いなあ、と思います。