花組・2020年1作目の本公演詳細発表‼

花組の2020年1作目の本公演、

つまり柚香光&華優希のお披露目作品の詳細が発表されましたね。

 

【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】

ミュージカル浪漫

『はいからさんが通る』

■脚本・演出:小柳奈穂子

■主演:柚香光、華優希

 

ということで、まさかのセルフ再演!!

いやー本当にビックリしました。

 

盤石なお披露目公演決定…だけど。

 

確かにね、柚香&華のお披露目公演は

『はいから み た い な 作品をやったら良いと思ってましたけど、

まさか作品をそのまま持ってくるとは思いませんでした。笑

 

新公主演した作品をトップとして再演する、というのが最近のトレンドでしたが

自身が主演として外箱公演を再演するというのは、だいぶレアパターンですよね?

星組・柚希主演の『ロミオとジュリエット』くらいしか思いつきませんが…。

 

 

…しかしまぁ、劇団は本当に

花組新トップ・柚香光のお披露目作品をコケさせるわけにはいかないという

熱い思いだけは非常に見て取れる感じですよね。

 

プレお披露目は、得意のダンスを生かしたショー公演。

ビジュアル華やかな新トップの本公演お披露目は、

過去に一度成功している作品の再演。

 

再演作品ですから予算も(新作に比べれば)少なく済むし、

そりゃまぁ、ある程度の成功は間違い無しでしょう。

 

柚香のファンは喜ぶだろうなぁ。

チケットもそこそこ捌けるだろうなぁ。

映像化商品もそれなりに売れるだろうなぁ。

 

でもなんつーか、置きに行っているというか、

満点か0点かではなく最初から78点狙いというか、

そういう「つまらなさ」を個人的には感じてしまいます。

 

そりゃあ、駄作を生み出して失敗する可能性を取りたくないというのは

事業企画として正しい選択なんだとは思いますが

けど、エンタメ事業において

こういう退屈さって致命的な気がするんですけどねぇ。

 

 

個人的には、だったら花男取っとけば良かったのにとか

『マスカレードホテル』じゃダメだったんかなぁとか、まぁ色々思いますけど、

このあたりは各所との兼ね合いがありますし、無粋というものでしょう。

 

とはいえ、あの『花男』も前評判は散々でしたけど、

蓋を開けてみれば普通に面白かったわけですし、

ご新規ホイホイとしては正しい選択なのかもしれません。

「ドラマティックにパワーアップ」した作品を楽しみに待ちたいと思います。

 

気になる次期体制について。

 

というわけで気になるのは、

星組同様、次期体制でしょう。

 

星組お披露目は芝居+レビュー、つまり普通のパレードがあり、

花組お披露目は一本物、つまり羽根を背負ってのパレードは無し。

この違いは結構大きいですよね。

 

つまりこの『はいからさんが通る』は番手がぼかせる作品であるわけで、

それも上演決定の一つのキーなのかもしれません。

 

そしてこの本公演の前に、瀬戸の2番手東上主演が決定。

気になるのは瀬戸の扱い、もとい、何の役をやるかですね。

青江冬星(東上:鳳月杏)かな?あまり本人の任では無さそうだけど…。

 

瀬戸が専科異動して愛月が特出するなんてのも考えられますが、

個人的にはその線は薄いような気がします。

 

それより礼&瀬央しかいないにも関わらず、

階段降りがある星組の方が補強急務でしょうから。

(あまつここで愛月が羽根なんて背負った日にゃあ面白いことになりますね。)

 

そしてもう1つは、星組『ロミオとジュリエット』よろしく、

若手の育成を兼ねた役替わり祭りがあるかどうかですね。

 

水美・綺城・飛龍・帆純・聖乃あたりの誰かが

美味しく使われたらいいのでしょうけど、

ただ最近は役替わり自体が減っている印象なので

あるかどうかすら分かりませんが…。

 

個人的には青江冬星と鬼島森吾の

役替わりくらいはして欲しいなぁと思いますが、果たして?

 

柚香&礼、ついに船出のとき。

 

いずれにせよ、これで花組と星組の新体制への布陣が

全て発表されたことになりますね。

 

星組はプレで話題の海外ミュージカル、お披露目はオリジナル公演。

花組はプレでダンス特化公演、お披露目は話題作のセルフ再演。

 

どちらも意図が非常に分かりやすいラインナップ。

適材適所という意味では、まぁ妥当なのかな?

 

95期生の若い2人がこれからどう漕ぎ出していくのか、

ますます目が離せませんね!!

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. S M より:

    旅行おかえりなさい。
    早速、更新をありがとうございます。
    星組さんと花組さんの大劇場お披露目で、2番手羽根云々とありましたが、その前にタカスペがあり、毎年、2番手をしっかり打ち出してきてると思うのですが、今年のタカスペは、2番手なしでいくのでしょうか。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      タカスペかぁ…今までどうしてましたっけ?笑
      そのあたりは演出でどうにかならないんですかね、とかいう適当な返答ですいません。笑

  2. ヅカおばば より:

    夏休み明け目まぐるしい展開でブログの更新も大変でしょうに。

    すごいですね、別箱のセルフ再演お披露目って!
    これってもしかしたら花のトップは柚香ではなかったのではと。東上が瀬戸、それも話題性のある原作物。本当は新トップお披露目に用意されていたのではないでしょうか。フォーラムは柚香ごめんね用。大劇場お披露目内容もボツ。急遽絶対はずれなしの「はいからさん」って流れになったんじゃないかなと思ってしまいました。でも2作目からどうするんだろ、花組でがっつり芝居は見れないのだろうか・・・

    星組2番手、お披露目公演で愛月ありじゃないかと思ってます。どこかの組で急遽トップが必要になった時(スペア)の為に羽根を背負っていた方がいいですもんね。本2番手は永久輝あたりじゃないですか?雪星と立て続けに見て路線別格共雪のギチギチ星のスカスカの差(芝居ショーの内容・トップさよならを差し引いても)。今までの星と180度変わるであろう次期にはもう少し路線の下級生をいれてあげてほしいな。で、ロミジュリ希望。

    ついでに「ご新規ホイホイ」の花組に「ご新規ホイホイの帝王」朝美2番手でもいいんじゃないですかね。セルフ再演がありなら同期引継ぎだってありでしょう(もうなんでもありにしなければ番手スターが足らない)。と冗談にも思ってしまいます(FNS後の破壊力はすごかった)

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      結構色んな人が「本当は柚香じゃなくて急遽ありあわせ」説を言ってる方がいるんですけど、どうなんでしょうかねー。
      個人的にそこまでいきあたりばったりなこたぁ無いと思いますけど。笑
      そして星組以下は私も実は全く同じ予想です。(愛月さんが羽根背負えるかは微妙ですが…)すぐとはいわず、おいおい永久輝さん星はおおいにあり得そうです。
      朝美さん花組へ行って柚香、朝美、水美と誰かで花男リターンズやっちゃいますかね。笑

  3. ともじの嫁 より:

    おはようございます!
    驚きました。そう来たかー!!!ですね。
    暑さで、ドロドロに溶けていた脳ミソが、一瞬で凍りつきました。劇団、安易だなぁ~、みりおちゃんの退団に全力尽くしてて、手が回らないのかなぁ~等々思いました。笑
    でも、まさか、前回まんまの作品ではないでしょうし、盆の上を回ったり、雪や桜が舞散る素敵な作品に仕上げてくるんでしょうから、楽しみです。
    でも、その頃に、私に観劇できる気力、体力、金銭力が残っているかが問題。。笑
    ほんとに劇団には、毎度、度肝を抜かれます。脱帽です!

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      もちろん演者・主催者側も「前回と同じレベルではいけない」というとてつもないプレッシャーでしょう。今からそんな演出の変更も楽しみですよね。
      まずは明日海さんの退団を見送らないとですよねー。チケットは無事ゲットされてますか?最後まで楽しみましょう!!

  4. 海苔巻き より:

    こんにちは。
    毎日暑いですね。

    はいから、演目に賛否両論あるようですね。
    宝塚全組を気軽に観たいライトファンなので、はいから再演楽しみだなぁという感想です。
    なんだかんだでチケット売れるでしょうし、始まってみたら好評で無事に千秋楽を迎えると思います。

    来年の星組も花組も楽しみですね(^ ^)

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      まぁ私も劇場で見てませんので、なんだかんだ楽しみな1人であります。笑
      花男もそうですが、幕が開けば楽しめるんじゃないかなーとは思っております。
      今後の新体制が非常に楽しみですね!!