次期雪組トップと東上公演予想にまつわる戯言【雑記】

新緑の候、5月も間もなく終わろうとしていますね。

 

本当だったら、望海風斗は名だたる著名人とコンサート公演を行い、

彩風咲奈は次期トップ候補として全国をめぐり、

真彩希帆は任された宝塚ホテル開業記念イベントを成功させていたはず。

 

もしかしたら雪組の次期トップコンビも発表され、

年末の2つの東上公演の詳細も出ていたかもしれない。

 

ところが現状は、皆さんご存じの通り、

宝塚の時は止まったままです。

 

本日はその雪組次期トップと東上公演にまつわる

個人的なメモをまとめていきます。

 

彩風咲奈・スカステ番組表から感じる予兆

 

突然ですが、雪組の次期トップスターについて

多くの方がさも当然のように彩風咲奈だと思われているようですが、

果たして本当にそうなんでしょうか?

 

え、私ですか?

もちろん彩風咲奈が次期トップだと思っています。(きっぱり)

 

今私が思うのは、もし仮に彩風咲奈が本当に雪組の次期トップだった場合、

それはいつ頃発表される予定だったのか?ということ。

 

礼真琴は前任退団公演前の、自身が主演を務めた全ツ『アルジェの男』の前に、

柚香光前任退団公演前の、自身が主演を務めた東上『花より男子』の後に、

それぞれ発表となりました。

 

彩風が「2番手全ツ主演」を行う予定であったことを思えば、

たぶん礼真琴同様、全ツが始まる前に発表の予定だったのかもしれません。

つまり、今月の頭頃には発表の予定だったのかなぁと。

 

それを前提に、5月のスカイステージの番組表を見ると、

ある特徴に気がつきます。

 

『灼熱の彼方 -オデュセウス編-』『パルムの僧院』『CAPTAIN NEMO』と、

彩風主演の外箱公演が全部放映されるのですよね。

※まだ正式放送されていない『ハリウッド・ゴシップ』を除く。

 

確かこれ、礼真琴も同じ現象が起こっていたような気がしたんですよね。

2019年4月の番組表が礼真琴だらけで

冊子を見ながら「こりゃやっぱり礼真琴トップ就任決まりだな」と

管理人masaさんがつぶやいたのを覚えています。笑

 

ネットで調べたのですが残念ながら番組表が残っておらず、

詳細が書き出せないのですが、こういうところからも

「あぁ、やっぱり次期は彩風咲奈なんだろうな」と思った次第なのでした。

ま、ただの偶然かもしれませんが。笑

 

彩凪翔・東上主演にかかる個人的願望

 

と同時に、今月は彩凪翔主演のバウ公演『春雷』

放映されるのにも気が付くはずです。

この作品がスカステで流れるの、すごーく久しぶりな気がします。

 

私がスカステに契約したのが約2年弱前で、

個人的にずっとずーっと放送を待ち続けていたので、

私が見逃していなければ、少なくとも2年弱は放送されていないはず。

 

ということは、これもやはり

2020年後半の東上公演主演は彩凪翔だから、その布石?

…とも思いましたけど、それはさすがに考えすぎかな。笑

 

別箱の詳細はおおよそ5ヶ月前に発表されますし、

少なくとも礼真琴の場合はトップ就任発表から約1ヶ月後の発表でした。

 

とはいえ初めて『春雷』を拝見しましたけれど、

そのオーラとキラキラ度にビックリ。

 

ここから丸7年主演公演がないことを思うと

うーん、やっぱり見たいよねぇ彩凪翔主演公演。

 

前回の記事同様「見てみたいシリーズ」で言えば

彩凪主演はやっぱり雪組らしい、和物ド真ん中の作品がいいですよね。

 

『誠の群像』勝海舟、『壬生義士伝』土方歳三みたいな

渋ーい江戸っ子を真ん中に打ち据えた男役芸を見てみたい。

 

私は以前から2020年下半期の東上主演は彩凪翔であると書き続けていますが、

その根拠は、同じ「FOCUS ON」別格トリオであった

瀬戸かずや、鳳月杏が東上主演をしているからなのです、が。

 

前項のスカステ同様、2人の公演内容を見ると、

これまたある特徴に気がつきます。

 

『マスカレードホテル』は現代日本が舞台のミステリー。

『出島小宇宙戦争』は近世日本が舞台のSF、と、

どちらも珍しく日本が舞台の作品なんですよね。

 

ここ最近のトップでないスターの東上公演と言えば

『群盗』『ラスパ』『不滅の棘』と、

もちろん王道のヨーロッパが舞台であることを思えば、非常にレアケース。

 

もし仮に彩凪翔主演だとして、これに続くのか、

あるいは外してくるのかが個人的に気になるところなのですが、

折角彩凪翔を堪能する機会にありつけるのならば、

『心中・恋の大和路』ばりのド和物を見たいなぁと思う私なのでした。

 

焦らずゆっくりと待つ日々に

 

とはいえですよ、

大劇場での公演再開すら目途が立っていないのに

外箱公演の再開なんて夢のまた夢ですよね。

 

宝塚は大劇場だけでなく、各種プレイガイトや営業先団体等

さまざまな会社が入り組んでいますから、

そう簡単にスケジュールも出せないのかなぁと。

(なんて書くとあっさり出るかもしれませんが。笑)

 

公演再開は7月10日なのか8月1日以降なのか。

それに伴い、人事関係はいつ発表されるのか。

 

色々気になることはありますが、

見切り発車しても良いことは一つもないと思いますので、

焦らずゆっくりと待ちたいと思います。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. VF より:

    こんばんは、一点気になりましたので報告させて頂きます。
    スカステ契約1年未満の私ですが、
    彩凪さん主演の「春雷」は去年の8月に放送されていましたよ(同月「パルムの僧院」も放送がありました)
    どちらもマイスターの教えという公演特集番組の再放送に合わせた放送でしたが…一応報告しておきますね。

    初めてのコメントでこれだけではなんですので…
    私は去年の雪組公演「20世紀号に乗って」を初観劇し、まさしく蒼太さんのおっしゃる「近年のクオリティ高いエンタメの宝塚」からハマったライトファンです。

    スカステでここ10年ほどの演目を観まくっていますが、中でも別箱は冒険的な作品が多くて面白い。
    主演が誰なのかも楽しみですが、演出家は誰でどんな演目をやるかの発表も待ち遠しいです!

    蒼汰さんのブログにはいつも勉強させてもらっています、これからも楽しみにしております。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼︎
      あ、やっぱり自分が見逃してただけなんですね。笑
      ご指摘ありがとうございました。
      別箱は別箱でしか出来ない公演内容が魅力ですよね‼︎役が少ないので下級生にも出番があるのも楽しいですし。
      これからも是非一緒に宝塚を愉しみましょう‼︎

  2. ポンナチュレ より:

    蒼汰様
    いつも楽しく拝読しています。私の大好きな、「春雷」を取り上げてくださったので嬉しくなりました。
    翔くんは、元々 好きでしたが、スカステで、春雷をみて、ほんとに雷に打たれたように、翔くんの沼にはまりました。
    主要人物以外は、手抜き感が、あったり世間の評判は、突っ込み所があるようですが。私は大好きです。翔くんは、下級生の時からお化粧なども含め、完成度が高いです。
    春雷では、お相手が、4学年 上級生(実年令はもっと)の大胡せしるなので、年上にのぼせてる感じになってるのが、なんだかなぁ。それでいいのかなぁ。

  3. もちこ より:

    翔くんファンですが
    ファンとしてはやっぱりど真ん中で輝く姿を見たいです。

    琥珀を見たときはイケメンのルイを見られて幸せだったし、
    ファントムも路線の役で輝いていましたね。

    主演見たら泣きますね(笑)

    コロナの影響で、
    そんなチャンスが無くなったりしないことを祈るばかりです。