望海風斗&真彩希帆・退団発表によせて

ついに望海風斗と真彩希帆の同時退団が

劇団より正式に発表されました。

 

 

当ブログでは、かなり早い段階(たぶん前身ブログ時代)より

望海・真彩は通常任期5作+理事降臨1作6作任期であると明確に打ち出し、

かつ最後までブレずに書き貫きましたので、

それを人事考察ブログとして検証する義務があると思っています、が。

 

さすがに今日はそんな気分になれませんので、

感傷に浸りながら2人について語りたいと思います。笑

 

望海風斗・退団発表に寄せて

 

私にとって、望海風斗は思い入れのあるスターです。

正確に言えば、明日海りおと北翔海莉もですが。

 

そもそも私が宝塚に興味を持ったのは、

幼少期に祖母から雪組初演の『エリザベート』を見せられ、

成人後にたまたま見たバラエティ番組で

100周年特番で出ていた明日海りおに心惹かれ、

調べたらなんとお披露目で『エリザベート』をやるではないか、

これは見に行かねばと思い至ったところに始まります。

 

詳細は前身ブログに書て↓

 

この『エリザベート』はもちろん見ることが出来ませんでしたが、

だからこそ「一度でいいから生で見てみたい」と強く思うようになります。

 

特にこの公演で実力をいかんなく発揮した

明日海、北翔、望海の3名は色んな方のブログでたびたび登場しており、

その行方を自宅で見守りその行方を気にしていました。

 

その後、北翔がトップに就任し

これこそ見に行かねばと初めて宝塚を観劇したのが『こうもり』。

煌びやかな世界観を、存分に楽しむことが来ました。

 

そして望海のトップ就任の報を受け、

2度目の観劇になったのが『ひかりふる路』だったわけですが。

 

この公演が凄かったわけですよ。

望海風斗の迸るエネルギーと卓越した舞台技術。

これまで色んな舞台公演を観てきましたけれど、

あれほどの衝撃は後にも先にも無かったと思います。笑

 

ここから宝塚の世界に深く足を踏み入れるようになり、

ブログまで書くようになるのだから、

世の中何があるか分からないものです。

 

望海風斗の功績を称える

 

望海風斗の功績は、

宝塚の世界観と高い舞台技術の両立にあると思います。

 

宝塚と言えば、特に前理事長時代は

ビジュアルとスター性至上主義であり、

舞台技術というのは基本的には二の次でした。

 

「宝塚だから下手クソですけど、何か?」という

ある種の開き直りを前提に事業展開してきたワケですけれど、

それを現理事長による新時代に寄せ、

真っ向から勝負をしかけたのが、望海風斗だったと言えるでしょう。

 

こういうことを書くと、

「ただ歌が上手いものを観たければ、外部に行けばいい」

という意見を受けたりするわけですが、それは無粋というもの。

 

ただ歌が上手いだけでなく、

きちんと宝塚という世界観を構築出来ていたからこそ、

いわゆる「一般のミュージカルファン」を引っ張ることが出来たわけで、

それを思えば彼女の功績は素晴らしいものだと思います。

 

じゃあなぜそれが出来たかと言えば、

彼女が「宝塚が好きだったから」、これに尽きると思います。

 

天海祐希、大和悠河という宝塚ど真ん中のスターに憧れたからこそ、

舞台技術を磨くだけでなく、彼女たちが作り出すような世界観を大切にした。

それこそが今の雪組の人気に繋がると思うワケです。

 

真彩希帆・退団発表に寄せて

 

そんな望海の活躍において、

真彩希帆の存在を欠かすことは出来ないでしょう。

 

私は以前、彼女をスーパー娘役と称しました。

 

2人がトップに就任した当時は、

いわゆる「ちえねね」「えりあゆ」「ちぎみゆ」「みちふう」という

トップのコンビ売り全盛期でした。

 

そんな中、トップスターに「寄りそう」どころか

さながら「戦っている」かのような真彩の芸風は

「可愛げが無い」と叩かれたことも少なくありませんでした。

 

ところが彼女はその姿勢を貫き、

ついにはその実力で多くの人を認めさせるほどになります。

 

望海を含め、多くの人が「退団なんてもったいない」

「せめてあと一作延長を」と思ったであろうことが何よりの証拠です。

 

この2人が素晴らしい舞台技術で雪組という確固たる枠組みを作ったからこそ、

彩風が得意のダンスで、彩凪と朝美がビジュアルで、

永久輝がフレッシュさで輝くことが出来たし、

それが雪組全体の勢いに繋がったのだと思います。

 

望海風斗と真彩希帆。

この2人は前任の早霧せいなと咲妃みゆと真反対の芸風でありながら、

まさしく同じゴールデンコンビだったと言えるでしょう。

 

退団発表で何を語るのか

 

前述の通り、2人の任期についての人事考察は次の記事に回しますが

望海風斗が次作で退団しないワケがないことを

個人的に確信していた理由があります。

 

それは早霧せいなの退団会見での一コマ。

 

「今このままの自分で止まっていられるなら、肉体も精神も体力も。ずっと宝塚にいたいんですけど、そんなの無理じゃないですか。だから私はスッと去っていきます。」

「芸に終わりはないが、バトンをきっちり受け渡して続いてきた劇団。次の世代を考えたとき、この時期だと思いました。」

―早霧せいな退団発表会見より

 

早霧は人気絶頂の中、任期5作で退団することになりますが

その理由を暗に「望海に引き継ぐため」と語っています。

 

そう早霧に「言わせた」宝塚歌劇団が

後任の望海に任期7作以上やらせるなんて美しくないこと、

たとえ収益が良かろうが、後任が頼りなかろうが、

絶対するわけないですよねっていう。

 

望海風斗という完成された物語を紡ぐうえで、

このあたりは小川理事長の美学を感じます。

…なんて言ったら持ち上げ過ぎかな。笑

 

そんなわけで、2人と理事長が

退団会見で何を語るのかが今から非常に気になります。

絶対聖火ランナーの話はするだろうし、

なんなら「バトンを引き継ぐ」に掛けるのも想像がつきますよねー。

 

とはいえ、

分かってはいたものの退団発表は寂しいもの。

昨日からエンドレスで見続けている

『琥珀色の雨にぬれて』を今日も見て、感傷に浸りたいと思います…。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. こんちゃん より:

    蒼汰様
    いつも楽しみに拝読しております。ライビュ専科の地方民です。

    楽しかった旅の時差ぼけも戻らぬ間に、溜まった業務、未読メールの山の月曜日。そしてこのたびの発表。ご心労のことと思います。慣れませんなあ、やっぱり。

    「ひかりふる道」はライビュで拝見したのですが、見終わった後で振り返るとお話に?と思うところはあったのですが(苦笑)映像越しでも望海さんの歌唱には衝撃を受けました。

    例えば外部の音大卒のオペラ歌手にも、芝居と歌が分離していて、これはオペラという芝居仕立てにする必要があるのだろうか?という方もいます。宝塚でも、音程が怪しくても芝居っ気で乗り切っているような方もいますが(苦笑)

    望海さんの歌って、逆説的な表現ですが、「歌っている」ことを忘れさせてくれるんですよ。天衣無縫、天女の衣は縫い目がないといいますが、「今がんばって超絶技巧で歌っています!」という技術の縫い目をみせない。

    そして歌と演技が分離していなくて、シームレス。歌うたび客を役の感情の渦に引きずりこんで、客自身もとんでもない劇的体験をしたような気にさせてしまう。音源を何度繰り返し聞いても、聞くたびに新しい感情が、いま沸いてくるような感興がある。またあの歌が聞きたくなる。

    ・・・そして。あのマリア・カラスですら、そんな歌が歌えた期間は10年も無かった。衰えの影を見せる前に去る美学、だと思います。卒業のその日まで、彼女はどこまでの高みを見せてくれるだろう。楽しみです。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      確かに「はい、今から抒情的に歌いますよーーー!!」って感じがしないのって大きな強みですよね。見ていてストンと落ちるというか。
      そして同時に『ファントム』のCDをたまに聞くのですが、歌だけできちんと宝塚を再現出来るというのも凄いなぁと思います。
      残り1年弱、最後にどのような到達点にたどりつくのか、今からとても楽しみですね。

  2. コスモスハート より:

    蒼汰様
    琥珀色の雨にぬれて、をエンドレスで見るって凄いですね。
    そういう感傷に浸る方法もありですね。
    私は、ひかり降る路のCDを会社帰りに聴いてます。不思議と、観劇した時の舞台の様子が目に浮かび、良かったなあ。あの作品も…
    大劇場公演で雪組の二人は最後がハッピーエンドってなかった気がする。
    琥珀色の雨、きいちゃんの、あーあ、という台詞が好き。他人を不幸にして、自分だけの幸せに走らなかった大人の女性。歌のみならず、演技力もあるよな~しみじみ感じます。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      あの作品大好きなんです!!今見返すと意外と真彩氏がまだこじんまりと「娘役」していて、でも今の片鱗もきちんと垣間見えたりして凄いなと思ったり。
      そして望海さんだけでなく、彩凪さんも星南さんもいろんな意味でベストマッチで、今の雪組の充実を予感させる素敵な公演だったなぁと思います。
      退団公演、どのようなものになるんでしょうかね。今から非常に楽しみでもあり、寂しくもあります…。

  3. ちょっこー より:

    だいきほの卒業残念ですが、美しい!!

    潔い引き際って清々しい美しさを感じて気持ちがいいですよね。

    早霧せいなの言葉を見るとこのタイミングで然るべきだったんだと思います。

    美学を感じるところがまた宝塚らしいですね!

    今回のブログ、とてもうまくまとまっていて綺麗だなと思い感心しました。

    琥珀見られたんですね。
    僕はファントム見てました。
    改めて物凄いトップコンビの公演を観れて幸せなことだし、この時代に宝塚観れてよかった。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      次の記事のキーになるのですが、やはり引き際の美学ってあるんだなぁとつくづく思いますね。
      その意味でベストのタイミングだったと思いますし、きちんと計算されたトップ人生だったんだなと改めて感心しきりです。
      いや本当に、今の雪組を楽しめる時代に生まれて本当に良かったなと思います。

      • さちこ より:

        今日は絶対蒼汰さんのブログを読まないと寝れないと思って立ち寄らせて頂きました。
        以前ワンスを「生きて終わっただけ良し」と表現した者です。
        ワンスのシャンシャンにNが書かれていて、これを次の公演時に殿堂で展示するのか…と思った時から覚悟はできていたのですが、やはり寂しいですね…
        添い遂げ退団であること、だらだら続けずスパッと退団なさること、全てが美しく、儚く、ある意味宝塚らしいと思いました。
        今日の蒼汰さんの記事は退団発表より泣けましたが、気持ちも沈められました!
        次の公演こそハッピーエンドだと信じて、10月まで見守りたいと思います!

        • 蒼汰 より:

          コメントありがとうございます!!
          なるほど確かに、ヌードルスの「N」Nは望海の「N」でもあったわけですね…うーん、面白い。
          まさに見事な散り際だったと思います。本日の会見の様子をなんとなく眺めても改めて思いました。
          最後まで無事戦い抜き、走り抜けて欲しいですね。

    • ちゃとらし より:

      こんにちは。
      中々発表がなかったのでもしかして…と淡い期待を抱いておりました。冷静に考えればこのタイミングがベストなのでしょうけれども、まずはショックです。。。
      我が家はファントム→ひかりふる路を見返しておりました。本当に単に歌が上手いだけでなく、歌が役の一部になっているのが二人とも本当に素晴らしいなと思います。上手く言えませんが。。
      そしてこの二人の魅力を存分に発揮できる演目を選んでくれた劇団にも感謝です。

      • 蒼汰 より:

        コメントありがとうございます‼
        分かってはいたけれど、それでも割り切れないのがファンというものですものね。心中お察しいたします…。
        演目含め、展開がまさに一冊の本のように完璧なスターストーリーでしたよね。劇団のナイスプロデュースが光ったトップコンビだったと思います。

  4. an より:

    こんばんは

    蒼太さん、、心のこもった記事を読みながら涙流しました。
    まぁ様(朝夏まなと)さんのエリザベートで宝塚の世界に。
    そして退団の時にもう宝塚にハマるのは終わりかなーなんて思ったやさき、ひかりふる路で望海風斗さんに、宝塚にどっぷりハマった自分がいます。
    あの時の望海風斗さん主演の魂のこもった舞台に感動と鳥肌を今でも忘れられません。

    望海さんの退団はなんとなく予想してましたがほんとうに心が傷つきました。私達ファンは残りの数ヶ月を全力でトップコンビを応援したいなと思います!!!!!
    とはいえ、いまは悲しみに浸らずには居られません

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      最近お好きになられた方だと余計悲しみが深いですよね。今は悲しみの淵においでだと思いますが、残り半年ちょっと、最後まで悔いなく応援しきりたいですね。

  5. アヤメ より:

    蒼汰 様

    いつも、男性ビジネスン目線の考察楽しく拝見しております。

    …が、全理事長時代…それは正直言ってかなり微妙な人事が続き仰りたい事も分かります。
    けれど決して『煌びやかなスター性』だけを重んじた人事ばかりでは有りませんでした。(たまに何故?…という人もいましたが)
    70年代、80年代、90年代迄は『宝塚らしい0番に相応しいスター』さんが確かに存在していたのを端折られてしまうのは、少々残念に思います。

    確かに、現代はミュージカルにとって追い風。正直…宝塚であれ、東宝であれ玉石混交の時代。雪組トップコンビの2人の牽引力は素晴らしい物があったとは思います。
    それもひとえに、過去のOGさん達が活躍の場を広げたりした努力も忘れてはならないと思うのです。

    『宝塚ですけど…(少しぐらい難があっても)何か?』というのは、残念ながら穿った見方だと思います。
    寧ろ『これが宝塚です。非リアルの夢の世界へようこそ!』が昔の宝塚(それこそ輸入される洋画に憧れる時代の夢)であったと思います。

    『琥珀…』の初演を舞台で見てらっしゃらないんですよね…。
    だとしたら、ご理解頂けないのも仕方無いのかもしれませんね…。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      たぶん読み違いをされていると思いますが、「全」理事長時代ではなく、「前」理事長時代です。つまり2004年以降ですね。
      このあたりは以前に「保守的ファンの小川理事長嫌いに思う【雑記】 」という記事で簡単に触れていますから良かったらどうぞ。
      https://demodori-zukablog.com/the-mystery-of-dignified-police/
      ちなみに90年代後半の宝塚の雰囲気も好きですー。

  6. ATS より:

    いつも楽しく拝見しています。

    いつもは拝見しているばかりで、コメントさせて頂く立場ではありませんが、コメントさせて頂くこと、お許しください。

    私は友達に比べるとライトファンで、各公演1回観るか観れないかという感じですが、ここ20年宝塚を観て来ました。

    安蘭けい、遠野あすかの退団の時に気持ちに似ているのかなぁと思ったのですが、それとはまた違う感情が生まれていて、退団を予期していたものの、私自身、複雑な気持ちで発表から過ごしています。

    いつも私が思っていたり、知りたいことを記事にして下さるので、これからも楽しみにしていますのと、私は関西なので、ムラでの観劇にばかりになりますが、チケットは各組取れるので、一度ご一緒出来たら嬉しいです(笑)

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      安蘭けい&遠野あすかも実力派、かつ苦労人の4作短期でしたから当時はきっと惜しまれつつの退団だったんでしょうね…。
      いつの時代も好きなスターさんの退団って複雑な感情が渦巻くのでしょう…切ないです。
      機会があれば是非。笑

  7. 和世 より:

    これだけ退団への布石を打って発表してくれた?劇団も親切だなと
    思いました。人気・実力があっても平均年数を超えるといろいろ言われますし、退き際も綺麗で最後まで「お手本」のようなお二人です。

    先代の早霧さんの後半戦から観劇を始めたので、Blu-rayやNHKにも
    頼りつつですが、お披露目から退団(予定)までの大劇場公演を全て
    観たのは、望海さんが初めてです。

    望海さんも真彩さんも、屈指の歌い手であるだけでなく
    組全体の歌唱力を一定、引き上げるということまで成された稀有なコンビだと思います。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      お披露目に始まり、本当に計算され尽くされた完璧な物語的展開ですよね。
      実はお披露目公演から大劇場を全て見る(予定)スターさんは、私も望海さんが初めてになります。思い入れもひとしおです。
      彩風さんはじめ、明らかに全員の歌唱力、もとい舞台技術の向上が著しいですよね。本当に凄いトップコンビだったと思います。

  8. ミント より:

    いつも楽しく拝読しております。

    望海さん、真彩さんの退団発表に関しては、フラグが立ちまくりだったので、意外ではなかったのですが、やっぱり残念です。

    早霧さんからのバトンのつなぎも、改めて思い出させてくださり、わかりやすい記事をありがとうございます。

    私としては、望海さんは、轟さんから、専科のトップ・オブ・トップのバトンを引き継がれることはないのかなぁと、ちょっと期待してしまっていたのですが・・・(だいもんの宝塚愛、伝統的な男役芸、技術の高さ等から。轟さんも、だいもんを高く評価されていましたし)。

    轟さんは、年齢が高くて、ラブシーンは親子の様に見えてしまうし、お声も衰えていらっしゃるので・・・そろそろ、後継に、バトンを交代してほしいなぁと思ってしまいます。
    轟さんのポジションは、轟さん一代限りなのか、轟さんが身を引かれたら(?)、劇団は、同じポジションを作るのか作らないのか、機会がありましたら、蒼汰さんのご意見をうかがえましたらうれしいです。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      やはり轟さんポジションって、まさに「宝塚に骨をうずめる」覚悟でないと出来ませんから、なかなかに難しいですよね。
      こういう言い方はあれですが、外で「女性として過ごす」ことを放棄しなければいけないわけですから…。
      というわけで個人的には安易にスターの理事職についておいそれと簡単に「やればいい」とは言えないという立場を取っております。

      望海さんは男役として非常に素晴らしいスターだと思いますけれど、オフに女性らしさも感じるタイプだと勝手ながら思っていましたので、
      外の世界で素晴らしく羽ばたかれる方が本人も幸せなんじゃないかなーって感じですかね。

  9. はる より:

    この時が来てしまいました。。
    16日の夜、ヅカ共に覚悟をする意味も込めて「明日、発表。当時退団。」を高々に宣言しておりました。
    星組お披露目、宙組千秋楽、あとは聖火ランナーの発表に配慮したのでしょうね。
    雪組ファンとしてここまで勢いのある組にしてくれたお二方に感謝しかありません。(勿論、付いていってる組子も素晴らしいです)
    振り返ってみると私が出戻ってくる時って宝塚超えをしている生徒の舞台をたまたま観て(しまった)という事に今更ながら気付きました。笑
    新型コロナが発生しておりますが、観る方も出る方も裏方さんも筒がなく公演が進行し無事に終わりますように。。。祈

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      退団発表って色んなタイミングを考慮しながら決まるのだなぁと改めて実感した発表劇でしたねー。
      壮&愛加コンビに始まり、3代にわたりここまで雪組を盛り立ててきて本当に素晴らしいと思います。今の雪組はまさに黄金期ですね。
      いや本当にコロナが心配です。まずは無事に東京公演が終わることを祈りたいですね。

  10. kg より:

    いつも楽しく拝読しています。蒼汰さんの宝塚初観劇の記事の際、来週初めて宝塚に行きます!と書いた者です。
    初めての生舞台(今までライブビューイングとDVDしか見たことがありませんでした)、初めての宝塚、見るもの見るもの「これ蒼汰さんがブログにのっけてくれてたやつや…!」と心ときめきました。
    そして朝美さんはもう凄く美しいわ可愛いわ切ないわ言葉に尽くせませんが、やはりトップコンビ二人の輝き、歌声とお芝居に圧倒され、つくづく来て良かったと思いました。
    このブログでも他のブログでも皆さん仰っていた時が来て、皆さんの思いのたけや退団会見の言葉などを聞いていると、知ってから半年くらいしか経ってないのに、何故か涙が出ますね!
    もっと早く知りたかったな、でも二人が現役の時に立ち会えて素晴らしい舞台を見せてもらえて幸せだったな、と思います。
    ワンスの東宝は結局とれず、ライブビューイングが当たることを祈りつつ、次の公演もチケット取れるように神頼みします。
    これからもブログ楽しみにしています。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      ご無沙汰しております、無事宝塚大劇場での観劇を楽しまれたみたいで良かったです。^^
      大劇場入り口の人形焼きの美味しそうな匂いも嗅がれたでしょうか…笑
      建物全体が意外と広くてビックリですよね!!
      いや本当に今作は特に雪組のパワーの熱量が凄い公演だったと思います、私も退団の予感がしたのでわざわざ宝塚大劇場に行きましたが、行って本当に良かったなと思いました。
      どうぞライビュが当選されますように、祈っております…。

  11. るる より:

    1月末にほぼ初めて宝塚を観劇し、雪組トップコンビさん、特に望海さんの沼にはまりそうになりながらもなんとか踏みとどまろうとしていた者です。

    こんな新参者ですが、すごくショックを受けています。こちらのブログで何度もお二人の退団を予言されていても「いやいや無いわ、あんな素晴らしいのに、大人気なのに手放すものなの?宝塚さんって?」
    なんて、とても尊敬している蒼汰さんに突っ込みを入れてました。予言が外れますようにと。
    手を出すのが遅すぎました。涙

    次の公演を楽しみにしていたのに、それがお別れになるとは。そしてこんな新参者より、以前からのファンの方々の悲しみも深いでしょうし、そのチケットの入手困難ぶりは…
    今から、どうしたらチケット取れるんだろうとドキドキしています。

    だいもんさん、はまりたい!早くはまっとけば良かったと思わせてもらえた素晴らしい男役さんでした。涙

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      初めて大好きになられたスターさんが退団をお決めになられたとのこと、本当に辛く悲しいですよね…心中お察しいたします。
      宝塚のスターというのは時節の花のようなもので、その一瞬の美しさを愛でるもの。残念ながら永遠ではありません。
      あと1年早く出会えたらと思ってしまうでしょうけれど、今は今の美しさを精いっぱい楽しむしかありませんよね。
      少なくともライビュが当選されることを祈っております。