私たちがブログで書きたかったこと【雑記】

当ブログは昨年9月30日にアメブロで開設した

「宝塚に出戻った男のブログ」を前身とし、

これまで約8か月更新して参りました。

 

実はブログを開設するにあたり、

私たちは絶対に書こうと決めていたネタが4つあり、

先日の更新でそれを全て叶えることができました。

 

ということで今日は

そんな私たちの宝塚考の総まとめをお届けします。

 

私たちがブログで書きたかった4つのこと

①100周年以降も続く宝塚人気についての考察

 

当ブログの一番大きな柱がこれ。

前身ブログ)100周年以降も続く宝塚人気の理由を考える

前身ブログ)私の変わった宝塚の楽しみ方

 

私が宝塚に興味を持ち、

他人様のブログを読み始めたのは100周年前後の頃です。

 

100周年当時は、今がお祭り騒ぎ的な狂乱のお陰で収益面ではピークであり、

どうせまた下り坂になっていくのだろうと思われていました。

(なんせ夢華あみ退団からほとんど日も経っていない頃ですからね)

 

にも関わらず、今も最高収益を更新し続けるほどの人気ぶりを維持しているのは、

アナ雪から始まる日本のミュージカルブームと、

それにより宝塚という100年続く「歌劇」の質が注目され、

多くのライトファンが増えたことだと思います。

 

そして何よりも、

「公演の質を高めることで、企業利益の拡大を図る」という

非常に理にかなった運営方針のもと、事業計画が進められているからです。

 

…という事業面での考察に対して、

真正面から切り込んだブログをあまり見かけず

だったら私が書こうかな?と思い立ったところから全てが始まりました。

 

当時は「夢が見られない」という

非常に曖昧な理由で利益主義を真っ向から批判したり

(チケットは1枚でも多く簡単に売れた方が良いに決まってます)

 

目先の人事だけで「彼女には報われて欲しい」「劇団の意図が分からない」

など感情的に書きなぐった記事やつぶやきが溢れたりと

(組替えや退団がなんでもかんでも不幸とは限らないでしょ?)

 

果たしてそれが本当に「ファン目線」なのか?というものが多かったので、

極力俯瞰的な視点私なりの解釈ですがで書こうと思って始めましたし、

そしてそれは今も続いています。

 

ブログを始めるにあたり、この方向性は批判の的かなぁと思っていたのですが

コメント欄では似たような、さらには私以上に鋭く考察している方が大勢いて

「みんなブログを書いていないだけで似たようなこと考えている人はいるんだな」

と大きな発見ができたことも、ブログを始めての収穫でしょうか。笑

 

②96期生問題の人事解釈

 

私は大学のレポートでこの問題を取り上げたことがあったので、

それを踏まえ人事的に考察したことを昇華したく、記事にまとめました。

前身ブログ)究極の成り上がりジェンヌ・和希そら

 

要旨を端的にまとめると、

当時の劇団的に96期生問題は「私たちは悪くない」と思っている。

⇒その過程で夢華あみを抜擢したが、ヘイトを一身に受け退団。

⇒もちろん劇団にも批判集中、宝塚の地位と人気はどん底へ。

⇒トップスターを輩出したら猛批判が巻き起こるに決まっているので

トップ娘役を出すことで劇団的にはこの問題と折衷した。

⇒その結果、男役は基本飼い殺しに。

⇒その中でも自力で這い上がった和希そらよ頑張れ。

 

という感じで、前身ブログでは

和希そらにエールを送り、まとめさせて頂きました。

 

この記事に関しては、コメントで頂いた

「その事件を消すことは出来ないが、彼女が96期生として活躍し、大部分の(全員は難しいでしょうから)ファンがそれを受け入れた時、初めてその出来事が昇華され贖罪が済むのだろう」(意訳)

というのが全てでしょう。

まさにその通りなのだなぁと感嘆致しました。

 

彼女のこれからの、そして更なる活躍に期待したいですね‼

 

③朝美絢についての諸々

 

彼女に関してはたくさん書きましたねー。笑

 

ブログ開設当初、彼女は雪組へ組替えし抜擢が続いていたので

アンチから「朝美絢(とそのファン)はオラついて下品」的なパッシングが多く、

それへの反論のつもりで色々と書いていました。

 

今はだいぶ落ち着いているので特に書くことはありません。

ゆるりとこれからも応援しています。

 

④私設ファンクラブとチケットにまつわること

 

最後にして最も難産だったこの記事。

私設ファンクラブが孕む矛盾

 

どの方向から(FCなのかチケットなのか劇団視点なのか)書こうか

ずっとずーっと迷い続けてました。

 

この9ヶ月の間に脱税事件があったり、

白封筒流出騒動があったり、

某OGがインスタで退団理由を綴り物議を醸したり…などなど、

会の在り方についてだいぶ議論が重ねられていたように思います。

 

それに対しての私なりの結論が先日の記事だったのですが

有りがたいことに多くの反響を頂きました。

 

会依存のチケット販売から脱出するのか、

会そのものの存続がどうなるのか、

もちろんまだ分かりませんけれども、

劇団が大きな局面を迎えているのは事実ですので、

今後の動向も注視していきたいですね。

 

ブログの方向性と私たちのスタンス

 

私たちは基本的に小川理事長が推進している事業の方向性について

概ね賛同の気持ちでブログを書いています。

 

これはブログ開設当初からお読み頂いている方は当然ご存知かと思いますが

8ヶ月もブログをやっていると、その前提がすっぽり抜けているご新規様も

多くいらっしゃることが増えましたので、改めて書かせて頂きました。

 

とはいえですよ、

ずっと書こうと思っていたネタを書ききったので

も は や 書 く こ と が あ り ま せ ん 。笑

 

いやー、これまで長い道のりだったなぁ。(遠い目)

けどまぁ、これからもマイペースに更新していければと思いますので

当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. skyblue より:

    いつも鋭い考察ありがとうございます。
    色々な方のブログを訪問してきましたが、蒼汰さんのブログはバランスが凄くいい!と感じております。
    (他の方のブログのように称賛し過ぎても違和感がありますし、批判的過ぎると悲しくなるので)
    私もライトファンなのでしっくりくるというか。笑
    自分では到底思い付かない見解に勉強させて頂いております。
    これからも楽しみにしております☆

    • 蒼汰 より:

      こちらこそいつもコメントありがとうございます‼笑
      前身ブログからずっと応援を頂き、本当に恐縮です…。
      なかなかにバランスが難しいところなのですが、これからも私なりに楽しんで記事を書いていきたいと思います。
      今後もどうぞよろしくお願いします‼^^

  2. おすぎ より:

    ひとまず一区切りついたということでしょうか。お疲れ様でした。

    以前コメントさせて頂いた時も書きましたが私は出戻りファンです。
    かつては熱心に会活動もしていて、蒼汰さんとは絶対に相容れないタイプのファンでした。その時にここの様なブログがあったら、鼻息荒くしてコメントしていたかもしれません…
    が、新専科制度導入をきっかけに撤退してから十数年。
    去年ちょっとしたきっかけで出戻って以降、特定の贔屓は作らずただお気楽なライトファンでいる今は、蒼汰さんの考察を本当に楽しく読ませていただいてました。
    私には着眼点。チケット問題なんかは、ご自身の経験から基づいた考え方。とても面白い記事ばかりでした。

    これからも無理のない範囲で更新していってください。
    楽しみに待ってます。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      そうですよね、熱心のファンの方にはきっと神経を逆なでるような内容なんだろうなぁと思いつつ、
      めっちゃ頑張ってオブラードに包みながら書いておりますが、なかなかに難しいんですよね。笑
      今は気軽に読んで頂けているとのこと、本当に嬉しいです。
      私もお気楽ライトに記事を更新していきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。^^

  3. めー より:

    えっ!ブログの閉鎖?
    じゃなくて良かったです!
    多くのブログがある中で、切り口が大きく違うこちらのブログはとても興味深くて楽しみにしております。

    経営、企業の立場からのご意見は特に関心をもって読ませていただいています。

    これからも楽しみにしております。

    • 蒼汰 より:

      いつもコメントありがとうございます‼確かに、タイトルだけ見ると閉鎖っぽいですね。笑
      そう言って頂けて本当に嬉しいです。これからもどうぞよろしくお願いいたします‼

  4. ヅカおばば より:

    「終了宣言」?ってびっくりしました。ご贔屓丸出しのブログが多い中こちらは公平な目線にスパッとした切り口でとても楽しみにしていました(愛称呼びじゃないところも好きです)。毎回、コメントしそうになって自制心との戦いでしたけど・・・

    朝美絢。大好きです!! しかし、この代替わりで2番手になれなければ(別格扱い)退団しそうじゃないですか? 年齢・一般受けする美貌・スタイル(男役では貧弱ですが)・器用な役者・バイタリティ等々、外の世界(映像も含め)でチャレンジした方が可能性があるように思うのです。御曹司でない彼女が上がるチャンスはあるのかと。もちろん宝塚の男役としての彼女は大好きですし応援もしています。路線を外れても別にいいんですが。どうでしょう・・・

    「書くことがなくなった」と言わず、ボチボチでいいので続けてください。また楽しみに待っています。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼そしてお褒めの言葉を頂き恐縮です。
      (蛇足ですが、愛称呼びじゃないことは私の中の一つのポリシーなのですが「呼び捨てなんて何様だ」的な怒りを頂いたこともあります…ビックリですよね。笑)
      確かにすぱっと止めちゃいそうですよね。別格としても美味しく活躍できる素材のスターさんだと思いますが、あまり固執してなさそうな印象もあり…。
      ただまぁ納得するまでとことん突き詰めそうな印象もありますが、どうなんでしょうかね。
      これからもどうぞよろしくお願いいたします‼

  5. 海苔巻き より:

    他の方もコメントされていましたが、読みはじめた時にまさかブログ閉鎖!?とドキドキしましたが、そうじゃなくてよかった〜。
    ホッとしました(^ ^)

    私のように全組を観るライトファンにとって、こちらのブログは色んなテーマで書かれていてとても勉強になります。
    そして、何より落ち着いて読める文章なのでありがたいのです。
    そして、愛称呼びじゃないところ、ポイント高し!です。
    基本的に宝塚の生徒さん達を尊敬しているので、きちんとお名前で書かれているのは嬉しいです。
    このままマイペースで続けてくださいね。
    楽しみにしています。

    私は、和希そらさんの頑張りと活躍はとても嬉しいです。
    個人的に小柄だけどダンスの上手い方が大好きなようで、そらさんの他に宙組の秋音光さんや月組の夢奈瑠音さんはついついオペラグラスで追ってしまいます(^ ^)

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼なんか誤解を与えてしまったようですいません。笑
      そしてお褒めの言葉をいただきありがとうございますー。これからもゆるりと続けていくつもりなのでどうぞよろしくお願いいたします。^^
      体が小さいがゆえに、大きく見えるよう目いっぱい動いているスターさんってつい目で追ってしまいますよねー。
      秋音さんも夢奈さんも職人として、また自分らしく輝いて欲しいです。