今後の宙組人事についての予想ゲーム・2020

礼真琴&柚香光の95期ツートップ体制始動に、

望海風斗、珠城りょうの退団発表と、

今年に入り、宝塚特有の「新陳代謝」が活発に動き始めています。

 

そんな中、唯一その動きを見せず、

充実期を誇っているのが真風涼帆率いる宙組。

 

でしたが、私が過去の宝塚に思いをはせている間に

いろいろと発表があった模様です。

 

本日はそんな宙組の今後について

いつものように「予想ゲーム」をしていきたいと思います。

 

潤花の組替えは予定通りなのか?

 

一番最初に紐解く鍵は、

潤花の宙組組替えからでしょう。

 

今振り返れば、なぜに宝塚はよそからの批判を受けながらも

必死に雪組と星組の千秋楽公演まで行ったかと言えば、

休業が長期化することがあの時点で予測出来ていたために、

再開明けを花組&星組からになるよう整えたかったからだと思われます。

 

そんな中、潤花があのタイミングで組替えを発表した背景については、

以下の2通りが考えられるでしょう。

 

①本当は雪組全ツ終了あたりをもって組替えの予定だったが、

全ツ公演が新型コロナにより開催されない可能性が高くなったために、

本公演中に挨拶させるために先に発表した。

 

→宙組への組替えは予定通り。

→その他の同時組替えもあった予定が、解禁せずステイ状態。

 

②本当は雪組でトップ娘役就任予定だったのに、

新型コロナの影響により人事に何らかの問題が生じたため、

急遽トップ就任先が変わることになった。

 

→宙組組替えはイレギュラーなため、

次の雪組トップ娘役も予定外な人事である可能性が高い。

→その他の組替えもあるか否かは不明だが、同様にイレギュラー。

 

どちらにせよ、雪組トップ娘役当確と思われていた潤花の組替えは、

宙組トップ娘役への布石と考えるのが妥当です。

 

それは最近のトップ人事が、

一足前に娘役から動くことが多いことからも明白でしょう。

(例:咲妃みゆ、花乃まりあ、真彩希帆、舞空瞳など)

 

今後の宙組体制を逆算して予想する

 

それでは、潤花が宙組のトップ娘役だとして、

誰の相手役を務めるのかを逆算して考えていきたいと思います。

 

まず、最も可能性が「低い」のは、

星風まどか退団後の真風涼帆の後妻説です。

 

なぜなら、スカイステージが「スター名場面・真風涼帆」

リクエスト募集を開始したことに起因します。

 

「スター名場面」が放送されるからといって、

それが退団フラグになるとは限らないのですが、

逆にそこから2年以上もやるとも言えなくなりました。

 

よって『アナスタシア』の次(6作目)か、その次(7作目)あたりが

真風涼帆の任期の目安になってくるでしょう。

 

そして星風まどかは『アナスタシア』で退団しないことが確定していますから、

『アナスタシア』の次(6作目)でわざわざ星風だけ先に退団して、

真風涼帆が潤花と1or2作だけ組むとは(花組じゃあるまいし)考えにくいです。

 

よって真風涼帆&星風まどかは6作~8作任期となり、

後任は潤花と誰かである可能性が高いと思います。

 

じゃあ、その相手役は誰かと言えば

芹香斗亜がそのまま上がる説

②芹香斗亜が月組に落下傘するため、愛月ひかるが出戻りトップ就任説

③芹香斗亜が月組に落下傘するため、現在3番手以上のスターが就任する説

このあたりでしょう。

 

この中で考えるとすれば、

ここ最近は2番手スターがそのままトップに就任するという

至極妥当な人事が続いていることを思えば、

私は①が一番自然だと思います。

 

桜木みなと・路線スターの道を爆走!!

 

ここでさらに鍵になるのは、

最近の桜木みなとの路線スターとしての猛爆走モードについてでしょう。

 

ご存じの通り、桜木は前公演『アクアヴィーテ』にて3番手羽根を背負い、

この春に東上主演も行う予定で、

さらに「Brilliant Dreams +NEXT」の放送も決定。

 

このトリプルコンボは、劇団は桜木みなとを本気で上げにきているという

強い意思表示に他なりません。

 

普通に考えれば、これは真風と星風が6作~8作で退団し、

芹香と潤花が次のトップスターの座に就任するため、

桜木が正2番手としてそのままあがるための布石だと考えるのが順当です、が。

そんな簡単にいかないのが宝塚人事の面白いところなんですよね。

 

一本物公演『アナスタシア』で3番手は羽根を背負えないとはいえ、

別に『アクアヴィーテ』で背負わせる必要もなかったはず。

 

逆に考えれば、桜木がどこかに組替えするための布石として、

このタイミングで羽根を背負わせ東上もさせたとも言えると思います。

 

その組替え先として最も考えられるのは、

次期体制における正2番手候補が不在である雪組なんですけど、

もしこの組替えが起こるとすれば、

結局のところ芹香トップ時の2番手スターは誰?問題が起きるんですよね。

 

月組御曹司・暁千星の満を持した2番手組替えか、

あるいは朝美絢、水美舞斗、瀬央ゆりあの誰か1人が救済されるのか。

いずれにせよ、激しい組替えが起こるのは確実です。

 

そんな面倒なことをするくらいなら

宙組の王子様として桜木みなとが生え抜き就任した方が

私はよっぽど綺麗だと思いますけれど、

ここに新型コロナというイレギュラー案件が加わることで、

今までの人事とどう変わっていくのかは正直、読み切れません。

 

ここから先は今配られているカードでは予想し切れませんので、

現時点では保留ということにしましょう。笑

 

今後の宙組についての予想ゲーム

 

今回の予想ゲームの結論としては、

真風涼帆&星風まどかは7作任期(『アナスタシア』が退団決意作)

その後任は芹香斗亜&潤花の可能性が非常に高いと思う、ということです。

 

よって月組は月城かなとがあがるでしょうし、

夢白あやも多分輸出されるでしょう。

嫁ぎ先は…たぶん月組じゃないかなぁ。

 

ここまで考えて、くだんの「スター名場面・真風涼帆」が、

新型コロナの影響で放送する番組がないから

という可能性も否定出来ないと思い至りました。笑

 

が、とはいえもし新型コロナウイルスの猛威がなければ

今頃宝塚大劇場公演では『アナスタシア』がスタートしていたんですよね。

 

もし仮に真風の任期が当初から7作であったとすれば、

通例だと7月中旬に退団発表が起こる予定だったと考えれば、

このタイミングでの番組発表は順当とも言えるわけで…うーん、難しい。

 

果たして、次期体制の宙組がどのようになるのか

ゆっくりおっとり待ちたいと思います。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. まるこ より:

    こんにちは。
    取り急ぎ、アナスタシアは5作目です。

  2. こんちゃん より:

    蒼汰様

    いつも楽しみに拝読しております。スカステ専科の地方民です。

    おお、ジンクス。蒼汰さんが「ゆっくりおっとり待ちたいと思います」と言った!近日中に劇団から発表があるわね(笑い)

    真風氏&愛月さんファンの自分の願望込みの予想は、

    宙:真風氏&まどか8作退団、芹香さん繰り上がり
    月:愛月さんスライド3作からの月城さん
    星:桜木さんが愛月さんと入れ替わり2番手に

    理由は、コロナ禍で団体やライトファンの動員が減ることは避けられない中、路線スターが退団すればそのファンも宝塚から離れてしまうのが宿命の宝塚。

    中卒で実年齢の若い93期スター3人は、全員短期でもトップとして既存ファンにお金を落としてもらうのではないか。95期レースも引っ張りそう。

    (愛月さんが長期とも、芹香さんが短期とも思えない。あと、愛月&潤花コンビだと含み笑いが怖すぎて、宝塚でなくVシネマ)

    星組の礼さんの隣には、オラオラ芸がいた方が収まりがよさそうなので、最近マイルドヤンキー路線な桜木さんにお願いして、

    で、大劇場は夏に雪組のフォルテッシモから再開かなあ・・・退団公演を後倒しにして、冬場にコロナ第2波が来る前に、望海退団特需で稼ぐのでは。

    公演再開はいつかなあ・・・客席間引き問題にどう対応するかですね。間引かなくても、飛沫感染リスク低減なら、客は全員マスク必須&客席の手すりのところに間仕切りの透明アクリル板を置いたらどうなんだろう、とか思うのですが・・・見づらいのかな・・・

  3. key より:

    私はまかキキが2人とも好きで、このコンビを長く見ていたい、だけどキキにも早く真ん中を、と矛盾した思いwを抱えています。真風さんは私のような一般ファンでも超下級生時代からああ将来のトップだと分かりましたし、舞台の大きさ、主役である人物がもつ慕わしさのようなものがすてきで、とにかく立っているだけでトップスターという、決して常に現れるスターのタイプではないので大事に見ておこうと思います。キキちゃんは大丈夫か大丈夫かと見てきた私の「はらはらスター」です。

    それはさておき。次代の宙組を考えますと劇団がなぜ潤花さんをもってくるのかが私には激しく疑問です。今でも宙組は総合的な歌唱力が素晴らしくて、だいきほのような破格の歌い手はいないけれど路線級は歌うま揃いで「歌の組」と打ち出せると思いますし、今後そういう演目が増えるとみていました。そこへトップ娘役がダンサーで歌はあまり(失礼)というのはどうなんでしょうか。組の強み個性の打ち出し方等の戦略を劇団はどう計画しているのでしょう。華やかな潤花さんでゴージャス宙組に変えたいのでしょうか。宙組は印象薄いそうですから劇団はそれが狙いなんでしょうか。

    キキ側とすれば相手役は宙組生え抜きが望ましいでしょうし、クールな目元のキキとパーッと明るく押し出し強い潤花さんというのもどうなんでしょうね。それと私はキキでスカピンが見たいのでマルグリットは泣き女(シシィなんかもそうですね)だから歌は少し不安でも憂い顔が美しそうな夢白さんで見たいと思います(自分の好みばかり、すみません)

    それにしても一日も早くこの非常事態から解放され宝塚の美しい舞台を見たいですね。

  4. ちゃとらし より:

    久々のこういう記事待ってました!笑

    コロナも徐々に落ち着いてきて公演再開が待ち遠しいですが、もし、もしも冬(11月~3月)に再度流行した場合、雪・月は新トップのお披露目やプレお披露目、花・星は2作目上演が危うくなるでしょう。そして来年の今頃真風が退団すると5組全てがトップ就任からの大劇場作品が2作以下になり、組体制の面でも集客の面でも不安定になってしまいます。特にこの長い長い休演期間の損失を埋めるためにも集客できるスターというのがより重要視されていくと思います。
    劇団がどこまでリスクを想定しているか分かりませんが、リスクに慎重に備えるなら今安定期にある真風体制は保険のために残しておく気がします。このままコロナ禍が去れば、順調に6作か7作目で宙組もトップ交替すると思いますが、発表は遅めになると予想します。(ギリギリまで保険はかけておきたいと思うので)

    もし真風体制が更に長期に渡るとすれば芹香組替もあり得るかもしれませんね。(私も宙でトップ就任が一番綺麗だと思います)

    あと私は潤花のトップ娘役就任けっこう楽しみです!優等生美少女なトップ娘役が多い中、彼女のような自己主張強めなタイプがいても面白いと思いますし、学年が上がればヒロイン主導の作品も張れるのではないかなぁと期待しています。

  5. ぽんさん より:

    宙組トップ娘役に潤花って、ホント謎人事…。真風さんの後妻、キキ嫁、どちらにも合わない気がします。ましてや愛月ひかると潤花だとしっちゃかめっちゃかw 桜木みなととも身長差無さそうだし✖️…
    うーん、一体潤花は誰の隣なら成立するんだろう??

    個人的にはキキちゃんにはまどかが一番合いそう…しかしそれは無いからキキちゃんは夢白連れて月に落下傘かな?とも思えますね。
    愛ちゃんは案外案外、礼真琴が短期6作くらいでそのまま星で短期トップになるのではないかと思えてきた。愛ちゃんは星組にカラーが一番合いますからね。
    しかし、全く持って人事読めなくなっちゃいましたねー!

  6. YS より:

    人事のイレギュラー案件にコロナ禍が関係するのかちょっと分かりません。
    最大のイレギュラーは、超長期を約束されていたはずのトップの解◯とも思える唐突な退団発表…?だとすれば、この事態の収拾が劇団にとっては重大事だった…はず。
    それなら現宙二番手の相手役付落下傘が一番妥当なような気もします。

    雪組は予定されていた公演をそのまま再開して結果的に現トップコンビの退団を引き延ばせれば良いですが。
    月組は一公演減らして予定の時期に退団…とはならないんでしょうね。玉三郎様の顔を立てるのが最重要事項でしょうから。

    でもコロナ禍が長期化するにつれて、何だかその案件忘れてきて…(笑)
    具体的なトップ退団時期も決まらず、人事もそれ以上動かず。。

    飽きられる前に人事だけでも動かして興味を引く…とか、劇団もそこまで姑息な手は使わないでしょうか。(笑)

  7. まるこ より:

    こんにちは、先日は走り書きというか書き逃げのようで大変失礼しました。即対応くださったようでありがとうございます。

    真風さん、いいトップさんですよねえ。初舞台から見ているし当時星組を中心に見ていたので息子のように思っていますし(笑)トップになることに疑いを持ったことはないのですが、こういう人格的に優れたトップさんになるとは思っていませんでした。歌も飛躍的に上手くなりマイディアの新公であんなに可哀想だったのが(さっきから失礼ですね笑)信じられません。

    私が個人的に「いいトップ」の条件に入れているのが、次への基盤を築くことです。繁栄期には必ず先代の遺産がありますよね。柚希さんの星が強かったのは湖月さん安蘭さんがあったから(ちなみに柚希さんは途中から見なくなりました。蒼汰様と同じ理由です笑 結局その後2代見ていません。一度見なくなると習慣化します。申し訳ないけれど今の月組も見なくなりました。こちらは苦手ではないのですが)。壮さん、蘭寿さん、朝香さんが残したものは大きいとあらためて思います。ところで以前、蘭寿さんはもっと早くに就任させて欲しかったとこちらで書いたのですが、よく考えたら記念すべき100周年トップ。遅いけれど意味あるタイミングだった、などとOG動画で思いました。その蘭寿さんは参加されていませんが(笑)

    今の宙組はお披露目から安心感があるのですが、若返りも図り(小池作品は整理を伴いますね)ますます充実、ゆえにアクアヴィーテでは新体制への準備に見えました。その後の紫藤さんはともかく(アシックス再結成かと思いました。は冗談ですが、和希さんが異動かと心配しました)、とどめは潤花さんですね。

    男1娘1男2が同じ組み合わせで最長6作でしたっけ?なら初の7作となるかもしれない、それくらいは許容範囲であろうとも思います。

    ところでイスパニアの花宮さんヒロインは風色さん支えかと思っていましたが、蒼汰様ロジックだと輿入れ同期支えのインセンティブも否定できないですよね。そうすると突発人事ではないと言えます。真相は知りません。

    ついでに。潤花さんは桜咲さんに似ていると言われていたのを思い出しました。

  8. より:

    予想ゲーム面白いですね。

    コロナ禍に伴うイレギュラーでパッと思い付くのは任期ですかね。いずれかのトップが当初より短期になるのかなと。
    私的見解ですと劇団の思う長期的計画は年度毎に更新されていそうなので、その年その都度での最重要案件以外は、前年の計画をあっさり翻して帳尻を合わせそうです。

    でなければ、当記事の重要人物である芹香ですが、星から花に異動する当時に宙への異動まで計画していたとは思えませんものね。
    (ちなみに当時の最重要は明日海柚香の並び重視と愛月への蓋がやはり有力ですね。)

    話を戻して、では現在の人事を占うにおいて、劇団の現在の最重要案件は何なのか。
    93期からトップを輩出する。
    言わばさっさとノルマを片付けるといったとこでしょうか。

    そしてその他には何を目論んでいるのか。
    ここからは完璧に私個人の独断と偏見による見解ですが、やはり宙組に待望の生え抜きトップを据えたいのではないかと。
    何かと節目好きな劇団ですので、10代目トップにしてようやく生え抜きトップというのが好ましいと思っていそうな気がします。
    なので桜木に生え抜きトップの上がり目があるとしても9代目トップにはならない。

    となると、蒼太さん始め他のコメントなさっている皆さんと同じく芹香が真風の後任で間違いないのかなと思います。潤花も嫁入できそうですし。
    ずっと体制に変化がなく桜木まで引き継ぎになるところも潤花投入で少しは新鮮味を足せるのかなと。ただ星の柚希から紅そして礼を参考にするとやはり和希などが異動になるのかもしれませんね。

    更に付け加えるなら、節目好きな劇団として110周年に10代目生え抜きトップと鳴り物入りにしたければ、コロナ禍のこともあり短期の波を芹香が食らってしまうのかなとも予想しています。。。。流石に短期すぎて無いとは思いますが。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      色々と目からウロコなご考察をありがとうございます。全文同意で、かつ110周年に10代目生え抜きトップってありそうで笑ってしまいました。笑
      桜木さんは95期ファンとして言うとオールマイティ、だけど飛びぬけた魅力が表現しづらい存在だと思っていて、
      だからこそ私は彼女に組替えして欲しいと思っているのですが、初の生え抜きトップという色をつけて就任させるのも有りな気がしてきました…。
      個人的に生え抜き初の生え抜きトップは鷹翔さんかと思ってたのですが、アンバサメンバーに選ばれませんでしたし、微妙ですよね。
      瑠風さんも正直アレだし、としたらやっぱり桜木さんが「現段階での」第一候補なのかもしれません。

      • より:

        今気付きましたが、お名前の文字を誤っておりました。
        蒼太さんではなく正しくは蒼汰さんでしたね。大変失礼いたしました。お詫びし訂正いたします。

        そして、お返事をくださいましてありがとうございました。
        自分宛は勿論ですが他の方へのお返事も目にするととても嬉しいんですよね。

        それでは、今後の更新(お返事含め)を楽しみにしております。

  9. ムニキス より:

     突然の横入り、ごめんなさい。

     まずは蒼汰さん、いつも楽しく拝読させて戴いております。

     宙組初の生え抜きトップの話題については私も思うことがあり、
    思わず横入りしてしまいました。

     私もここまで生え抜きトップ輩出を延ばしてきたわけですから、
    何らかの節目で生え抜きトップは輩出すると思っています。

     私が思う宙組初の生え抜きトップ輩出のタイミングは
    2023年、宙組創設25周年
    のタイミングだと思っています。
    (というか、虹さんが指摘なさっていた、1人挟めば宙組10代目トップ、ということには全く気づいていなかっただけなのですが)
    もちろんトップに立つのは、桜木みなとさんです。

     ただ私が思っているタイミングだと、芹香さんが宙組のトップになることはなくなります。

     私は芹香さんは月組の次期トップになるような気がします。
    というのも、現在、月組はかなり集客力に難があるように思います。
    このような時、劇団は集客力の大きい高学年の苦労人トップを立て、組の立て直しをはかる傾向にあると思います。
    宙組存亡の危機と呼ばれた大和さんの後任には大空祐飛さん、
    雪組クライシスを引き起こした音月さんの後任には壮一帆さん、
    といった具合にです。
    (あまり良い表現が思いつかず、大和さんのファンの方、音月さんのファン方、申し訳ないです)

     また大空さんの時は二番手として蘭寿さん、三番手として北翔さんを、
    壮さんの時は花組時代を共にしてきた未涼さんを、
    新トップが心置きなく組の立て直しがはかれるよう配したように、
    月組には現在芹香さんが花組時代に信頼を寄せていた鳳月さんがおり、
    芹香さんが落下傘としてトップに立ち、組の立て直しを行い易い体制にあると思っています。

     以上のことから私は芹香さんの次期月組トップの可能性は割と大きい気がしています。

     芹香さんが月組トップに立つ場合の問題点としては、
    95期の序列が逆転してしまう可能性があるという点です。
    芹香さんが短期トップという可能性は小さいと思っていますので、
    このまま月城さんが月組二番手では桜木さんの方が早くトップに立ってしまいます。
    この点に関しては劇団がいつまで、どこまで95期の序列を守っていくのか、というところにかかっているのですが、
    現状かなり重んじているようなので無視はできないかな、と思っています。
    となると、月城さんは雪組に戻るのかな、とも思います。
    (雪組異動でも桜木さんの方が先にトップになる可能性は大きいですが、さほど間をおかずにトップに立てるものと思います)

     以上が私の現在の宝塚人事に関する見解となります。
    本当は
    「芹香さんが月組トップになった場合の相手役は?」
    とか
    「まかまどは2022年退団ってこと?」
    とか
    「月城さんが雪組に戻ってきたら、彩凪さん、朝美さんはどうなるの?」
    とか話したいことがまだまだあるのですが、
    そんなことをしていたら、芋づる式で永遠に終わらないので、ここまでにしておきます。

     ここまでお読み戴きありがとうございました。