星組のスター不足問題 ~新人公演主演者から見る人事考察②~

本日は、昨日の記事の続きです。

新人公演主演者から見る人事考察 ~花組・月組・雪組編~

 

組ごとに歴代の新人公演主演者を並べ、

そこから各組の情勢や今後について考察していきます。

 

 

前回同様、今回は区切り良く2010年以降の本公演について列挙しております。

手動で自分でまとめていますので、

何かミスがあったら教えて下さい。笑

 

星組の星(スター)不足を考える。

 

◆◇ 星組 ◇◆

『ハプスブルクの宝剣』美弥るりか

『愛と青春の旅だち』芹香斗亜

『ノバ・ボサ・ノバ』麻央侑希

『オーシャンズ11』真風涼帆(3回目)

『ダンサ セレナータ』真風涼帆(4回目)

『めぐり会いは再び』十碧れいや(レビュー:真風涼帆)

『ロミオとジュリエット』礼真琴

『眠らない男・ナポレオン』礼真琴(2回目)

『The Lost Glory』麻央侑希(2回目)

『黒豹の如く』礼真琴(3回目)

『ガイズ&ドールズ』瀬央ゆりあ

『こうもり』紫藤りゅう

『桜華に舞え』天華えま

『THE SCARLET PIMPERNEL』天華えま(2回目)

『ベルリン、わが愛』極美慎

『ANOTHER WORLD』天華えま(3回目)

『霧深きエルベのほとり』極美慎

 

 

まず、最初に星組スキーの皆様に謝罪します。

これから少しキツめなことを書きますので、気を悪くされたらすいません。

 

柚希体制時の星組って、勢いと希望に満ち溢れていたような気がするんですよね。

生え抜き組(紅・真風)は人気の大型スターばかりだし

超有能な若手(礼)や、他にも期待の新人も多くいて。

 

それが現在、深刻なスター不足であることは否めず

紅がそう遠くない未来に退団することが分かっている今、

礼真琴以外にスターが皆無、というのはどういう育成計画なんでしょう?

 

芹香・真風を他組に輸出したと考えても

今のこの状況は素人考えでもなかなか難しいと思います・・・。

 

新公主演も、御曹司・真風は確かに多めですが

一覧を見るとその他の若手にも比較的チャンスを与えています。

(同じトップオブトップ体制の現・花組と全く同じですね)

 

まぁ、言いたくないですけど

結果として予想より育たなかったということなんでしょうかね・・・。

 

本来であれば、新公主演経験者である十碧れいや・麻央侑希あたりが

学年的に脇路線としてトップや2番手を支え

かつ96期生以下の蓋として活用されるべきなんでしょう。

 

けどまぁ、本人は悪くないとは言え

現状劇団側も役や見せ場を作ってあげていませんし、それが答えなのかもしれません。

それでは蓋として活躍することすらも難しいでしょう。

 

(超個人的なことを言うと、「歌なんて上手くなくていい!!タカラヅカらしいビジュアルとスタイルが大事!!」的な意見を聞くたびに、私はこの2人を思い浮かべます。きっと私にはいまいちピンとこない資質が彼女たちにあると見込まれたからこそ、抜擢されたわけだしファンもいるわけですから・・・。)

 

しかも、その先に続く瀬央・紫藤・天華も

確かにスターとしての華はありますし、ある程度の技術も見受けられますが

次期体制でトップや2番手をしっかり支えるスターになりえるかと言われたら・・・?

 

 

そんな状況を踏まえ、歴代新公主演者を見て思うのは

やはり礼真琴の有能さにあぐらをかいたとしか言えない気がします。

 

星組は従来、コスチュームの組なんて言われるよう

顔とスタイルは抜群だが、スキルはへっぽこ系スターが多いイメージなんですけど

それって他にフォローできる脇役が揃っているから舞台として成り立つわけで。

 

じゃあ真ん中がなんでもできるスターであれば、

他はどうだっていいかなんて言われれば、それは違うと思います。

 

いずれにせよ、脇で光るような人材も

「育てよう」という気概がなければ、育つものも育たたないと思うのです。

 

なので、礼を支えられるような、

技巧派に一回くらい新公主演を振っといてもいいのでは?と思わなくもなかったり。

(それが誰かと言われたらそれはそれで困るんですけどね…笑)

 

果たして、星組の今後は・・・?

 

しかしながら、

先日『霧深きエルベのほとり』の新公主演を極美慎(2度目)に

2番手役を天華えまにすると発表がありました。

 

つまり、星組(劇団)的には

今のこの状況を変えるつもりも、

星組内でどうにかしようという思いも、どうやら無いようです。

 

まぁ逆に言えば、他組の男役過多な組(花とか宙とか)は

番手争いができるチャンス(というかそう調整している?)ということでしょう。

 

もし組替え等が無いとすれば、紅の退団後は礼が継ぐとして

礼⇒愛月or凪七(専科特出)⇒瀬尾&天華(番手ぼかし)⇒極美

とかでやっていくつもりなのでしょうか・・・うーんキツイ気がするけどなぁ。

 

ということで、男役の組替えはこの星組中心に巻き起こると思いますので

今後どうテコ入れするのかが、見ものですね。

 

・・・長くなってしまったので、宙組編はまた明日に。笑

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. skyblue より:

    連日とても興味深く拝読しています。
    『乗り込みに行けるチャンス』ということは、美弥るりか・海乃美月の組替えトップ就任も可能性はあるでしょうか?
    期待も込めまして・・笑
    珠城りょうに加えて礼真琴、はたまた柚香光まで早期就任では、『男役10年』の重みはどこへ?と少し感じてしまいます。
    来年就任だと『研11』で10年は過ぎていますが・・・。
    ここから、まだ退団の心配をせずにじっくり観たい!という勝手な想いです☆

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます!!
      うーん、個人的に美弥さんは花組の方が確率的に高そうなのと、
      もし星組に落下する場合は有沙が迎える気がするので、2人で星に行くのは限りなくなさそうな気がします・・・。

      そうなんですよねー2人とももう1年くらいは待てますよねー。
      その隙間を美弥さんがハログバで挟むのも有りだと思いますが、どうなんでしょうねー。

  2. melone より:

    いつも興味深く読ませていただいております。
    星組の深刻なスター不足。たしかに感じますが、スターの層が厚いと言われる花組とあまり変わらないと思います。
    星の次期体制は花組だと、柚香体制において鳳月が退団した場合に酷似しています。これを想像したときに花組は95期以下のスターが豊富とはいえますかね?
    七海の退団が決定している星では、より急速な打開策が必要なのは間違いありません。花雪月宙には他組出身者(組替え経験者)の男役が2人以上いますが、星組には0人になります。出したが入れなかった(out美弥真風芹香綾)。他組に比べて星組のスターが少なく感じるのは当然ですかね。
    花組と星組の状況を比較すると、どうお考えでしょうか?

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます!!
      すごい、おっしゃる通りです!!実は別に記事で書こうと思っていたのですが・・・笑
      オップオブトップの後の「荒廃」の懸念は、正直花組もあります。
      花組の強みは瀬戸・鳳月という芸達者2名がいることですが、それがいないと考えると現在の星組とそう変わらないのかもしれません。

      96期生以下で考えると、新公主演者の数では1つしか違いません。
      ですが、偏らせている星組と、まんべんなく振っている花組は大きな違いがあると思います。
      花組は聖乃が本命だとして、脇路線に置けるスターが優波・綺城・飛龍と2名いますが
      星組の場合は、まず天華と極美だと後者の方が本命っぽいですけど、じゃあ3回も主演しかつ綾を「追い出した」天華を脇に振るとすれば
      それって費用対効果があわないと思っちゃいますよね。どっちも本命とするとして瀬央を上げたのかなーと思いますけど、うーんやっぱり難しいような・・・。

  3. しろん子 より:

    いつもなるほどと思いつつ読ませて頂いています。初めてコメントさせて頂きます。
    星組好きですが、まったくもってその通りと思います。
    実はこちらをチェックするきっかけとなったのが、大好きな月組輝月ゆうまさんを取り上げてくださっていたからなのですが、なんなら組み替えで星組に来てもらうとかどうかなと思ったりもします…

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます!!
      確かに!!彼女はどこの組に行っても絶対重宝される存在ですもんね。
      ああいうスターがもっといれば劇団も嬉しいでしょうけど、稀有な存在ですから難しいもんです・・・。