芹香斗亜・余裕綽々2番手の魅力

一概に、2番手スターというのは美味しい立ち位置らしい。

 

トップスターが演じないような黒い役や恋敵、

親友、あるいは王子様的ポジを演じ、

主役の当て馬として目立つポジションを与えられ、

伸び伸びと演じながらも試練が課され、スターとして成長していく。

 

本人の個性と魅力がメキメキとつくことで

よりファンが増え、それがまた自信へと繋がり

トップに立つべく人間の風格が身についてくる。

 

それを思えば、人気トップスターになれるか否かの鍵は

2番手時代をいかに過ごすかにかかってくると言っても過言ではないと思います。

 

余裕綽々2番手の魅力

 

とはいえ、それは2番手スターとして

その立場を楽しむくらいの余裕が無いと難しいのかもしれません。

 

ということで、最近はそんな

いつでもトップに立てるような余裕綽々2番手スターが少なくなりましたよね。

 

少し前で言えば、早霧政権時の望海風斗や、

北翔政権時の紅ゆずるなど。

 

「なんだったら今すぐトップに立てと言われても余裕でできますけど、まぁ劇団からはトップを支えてやってくれって言われてるし、もうしばらくは待ってやってもええんやで?」

と言っているかのような、余裕。(主観)

 

その余裕こそが2番手スターとしての風格となり、

舞台での「遊び」となり、さらなる人気に繋がるのだと思います。

 

そんないつでもオッケー2番手というポジションに今いるのは、

宙組の芹香斗亜だけではないかと思うのです。

(95期は言わずもがな若いし、彩風は望海へのリスペクト思考が強過ぎる。

美弥はいびつな体制だったがゆえに余裕よりも切迫感のが強かったと思うので。)

 

宙組で覚醒した芹香斗亜の魅力

 

宙組での彼女の余裕は本当に凄いですよね。

スターとしての自信に溢れ、舞台上を縦横無尽に走り回り、

宙組に新たな風と華を添えているように思います。

 

トップ・真風涼帆(と3番目・愛月ひかる)いぶし銀的魅力に溢れるスターのため、

星生まれ花育ちの芹香が放つキラキラオーラがより眩く見え、

スターとしての個性が際立って輝いているように見えます。

 

だけどそれは、花組時代の彼女からは

個人的に全く想像出来ない姿でした。

 

スカステ番組等を見ていても、若手時代の彼女はどこか自信無さげで、

発言や行動もどこかおっかなビックリだし、

公演でも2番手羽根を背負うのに精一杯という印象で。

 

2度の組替えと、スターとしての経験により生まれた、

2番手スターとしての余裕。

 

それこそが、今の彼女の人気の秘訣だと思いますし

宙組の安定の理由の1つであると私は思うのです。

 

真風涼帆とのバディ感の魅力

 

私は以前から、宙組は古き良き宝塚を体現していると評していますが、

それは真風と星風のコンビ芸だけではなく、

真風と芹香のバディ的関係性も1つの理由かもしれません。

 

真風(92期)と芹香(93期)は

ご存知の通りたった1期しか差がありません。

 

トップと余裕綽々2番手だからこそ、舞台では対等にやり合っているように見え、

それがゆえにライバル関係も恋敵も、舞台を通してよりリアルに、より情熱的に、

より面白く私達は楽しむことができる。

 

そんな舞台の魅力を今の宙組は生み出していると言えるわけですが、

実は過去を振り返ってみると、そういう人気コンビって結構いますよね。

 

例えば、花組のヤンミキ(安寿ミラ・66期/真矢みき・67期)

月組のマミリカ(真琴つばさ・71期/紫吹淳・72期)

花組のオサアサ(春野寿美礼・77期/瀬奈じゅん・78期)、などなど。

 

真風涼帆&芹香斗亜ユリキキ…になるのかな?笑)は、

この名だたる名コンビに連なってもおかしくないくらい

非常に魅力的な2人組だと思います。

 

 

そして注目すべきは、下級生側であったスターたちは

コンビ解体後もしっかり人気トップとしてその座を務めあげていることでしょう。

 

それを思えば、トップに立ったときの芹香がどんな活躍をするのか

非常に期待が高まるというものですよね。

 

芹香斗亜・トップの座の行方

 

芹香斗亜はいつかトップスターになる。

もはやこれは変えようのない事実であると言えます。

 

問題はそれが宙組か、花組か、はたまた大穴で月組か。

だけどそれは正直、さりとてそんな大きな問題ではありません。

 

私は宙組でトップに立つと勝手に予想してはいますが、

彼女はどの組でトップに立ったとしても、

きっと立派にその立場を務めあげてくれると確信しています。

 

少なくとも、花組次期トップは

通例であれば次の本公演の集合日前後に発表されるはずですので

それまではドキドキですね。

 

今は、彼女の余裕綽々2番手の魅力を

宙組で目一杯楽しもうと思います。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. みーちゃん より:

    はじめまして!いつもブログを拝見させていただくのを楽しみにしてます♪
    トップ二番手コンビ、良いですよね~私の中では、『一期違いのトップ二番手』と言えば『ミズユミ』です!(水夏希79期彩吹真央80期) トップコンビを見るのとはまた違った魅力があって楽しみです✨

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      おー、そこも1期差コンビだったんですね。あの頃の雪組も盤石でしたもんね‼

  2. めー より:

    ユリキキ‼️
    たしかにっ。

    よく見かけるのは、まかキキなのですが、本名を重ねるとしたら、ゆりさや、かな?

    とココに引っかかってしまい、すみませんでした(爆)

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      確かに言われてみれば「まかキキ」が正しい表記な気がしてきました。笑

  3. “ちぃさま” より:

    去年の天河のラムセスとの衝撃的な出会い以来芹香さん大好きです。スカステで花組時代の作品観ても薄くはない!だけどみりおとカレーに挟まれるととにかく窮屈そうに見えました。今は役の幅も変幻自在で、2番手でこれからトップになると余裕というかノッていていいですよね〜友の会で全ツ梅芸当たったので楽しみです。

    ただし、芹香さん見てるうちに真風さんの圧倒的な男前ぶりも好きで、真風さんこそ宝塚でしか見れない、今見るべきトップスターの筆頭だと思うので、真風さんもっと見たいけど、来年中にトップになれないとちょっと焦るかな?

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      そうですねー、たぶんスターとして柔軟性というか、おっしゃる通り変幻自在がゆえに、個性という硬質なものに挟まれて窮屈そうに見えたのかもしれません。
      個人的に真風・芹香コンビが好きなのでもう少し見ていたいのですが、やはり2番手期間長過ぎちゃうんですかねー。
      私は宙組で待ってトップの方が幸せを描けそうな印象ですけど、やはり応援しているファンは早くトップに立ってほしいものなのかもしれません。

  4. 長友三 より:

    明るくニコニコされて素敵な笑顔のキキちゃん。低音で台詞を語り、男役に徹してられるキキちゃん。これからもキキちゃんの成長楽しみです!

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      そのギャップが素敵ですよねー。成長著しい彼女ですが、これからも彼女らしくスター道を走り抜けて欲しいと思います。

  5. ともじの嫁 より:

    こんにちは!
    なんだか花組のトップ発表が長引くと、真面目に、キキちゃんじゃないのか?と思い始めています。れいちゃんが、トップになると2番手は誰?になってしまうし、色々考えているうちにキキちゃんの方が収まりがいいような気がして。どちらにしても素敵なトップさんなので、いいんですが。。なんだか、ソワソワする日曜日です!

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      まぁそこまで引っ張ってるわけではないですし、気長に待つしかありませんよね。
      集合日後に発表だと思っていますので、7/9以降が気がかりです。