101期生男役のチキチキ路線レース2021

 

宝塚における「若手」っていつまででしょう?

人それぞれ価値観はあれど、

私は新人公演学年までだと思っています。

 

2021年現在、新人公演最終学年は101期生。

本来は若手として仕上げに入るはずなのに、

コロナ禍の影響をモロに受け、気持ち少しばかり足踏み中です。

 

本日はそんな101期生男役の路線レースについて、

現状とこれからについて考えていきます。

 

ツインタワーだったはずなのに

 

101期生で先頭をひた走るのは、雪組の縣千。

早くから注目を集め、研4にして『凱旋門』にて新公初主演。

 

ここまでは順調だったものの、雪組事情により突然のステイ。

彩海せらや諏訪さきにチャンスを振っている間、ここでコロナが直撃。

 

これまでの挽回のように『炎のボレロ』以降は一気に歩みを進め、

『CITY HUNTER』で話題の海坊主を演じ、暫定4番目まで昇格、

アンバサダーにも選ばれ、バウ単独主演まで決めています。

 

彼女は得意のアクロバティックなダンス力と、

昨今では珍しい骨太な男役像で、

クラシカル好きなファンの心を鷲掴み。

アンダー100期の顔的存在であることは間違いありません。

 

そんな彼女とツインタワーとして推されていたのは、

101期生首席入団にして初詣モデルである宙組の鷹翔千空。

 

新公主演は、さすが首席とも言うべきか学年一番乗り、

しかもトップお披露目公演の『天は赤い河のほとり』に、

大作一本物の『オーシャンズ11』と一気に畳みかけます。

 

ブロマイドも出たし、外箱2番手もしたし、はい順調!!

…かと思いきや、ここで宙組の悪い癖が出ます。

彼女を上げ切る前に、風色日向、亜音有星と下級生の重用を始め、

サンコイチ状態で停滞モードに入りかけています。

 

もちろん下級生を推すことは間違いじゃありません。

だけど高身長、歌が得意、男役声だし芝居オンチじゃなさそう、

そんな逸材が放置されてしまうことを憂慮しています。

 

彼女はアンバサの呪縛が無いがために自由に組替え出来るでしょうから、

前に冗談半分で星組に行ったら?と記事に書いたら

思いのほか賛同を得られて嬉しかったです。笑

 

まぁどこでもいいんですけど、鷹翔千空、なんとか上がらんもんですかね?

宙組内では和希そらの組替えで番手が動くのか、

つまり次にバウ主演が決められるのか、注目点です。

 

もう一つの月組のツインタワー

 

月組における101期生の男役路線候補は、

文化祭で主演を務めた天紫珠李、だったけれどもまさかの娘役転向。

 

代わりに新公主演を果たし、路線に名乗りを上げたのは、

路線男役の中では現在最高身長(らしい)の、礼華はる。

 

ここで懺悔すると、個人的に彼女は、

全く好みでない(もちろん嫌いではない)スターさんでした。

なぜなら私は大のタヌキ顔好き、だけど彼女は典型的な狐顔。

 

ところが『I AM FROM AUSTRIA』の新人公演を映像で見たところ、

とてもカッコ良いじゃありませんかっ!!

あの謎柄の衣装を抜群に着こなし、

嫌味な悪役をスタイリッシュに演じ切ってみせた。

 

続く『桜嵐記』新人公演も精悍で美しい立ち姿でしたし、

今度発売予定の「RISING STAR GUIDE」表紙も、ずばりイケメン。

一方現在MCとして活躍中のドリタイでは、ぽわぽわした雰囲気の様子。

そんなギャップが素敵ですね。

 

彼女の魅力って、もしかしたら見た目のリアル男性感かもしれません。

歌やダンスが上手いという話しではなく、あくまで存在感で魅せるスター。

簡単に言うと、ポスト真風涼帆、的な。

 

そんな彼女の対抗馬は、縣千や鷹翔千空ではなく実は同じ組内にいます。

そう、路線役でもないのになぜか知名度も高く、

かつ体感ですが人気もある、彩音星凪です。

 

顔は典型的なキラキラ系、高身長でダンサー。

『ダル・レークの恋』では水の精として素晴らしい表現力を魅せてくれました。

そして、月組の御曹司・暁千星のファンで有名ですね。笑

 

次回『今夜、ロマンス劇場で』にて

新公ラストチャンスを願うファンが多いようですが、どうでしょう?

私はむしろ月組恒例・人気別格スター枠にしそうな気がしますが…。

 

果たして彩音が路線カードを手に入れるのか、

あるいは礼華が2回と重ね(ピガールはノーカン)られるのか、

そんな月組ツインタワーの今後も気になるところですね。

 

男役豊作の期の行方やいかに?

 

他の組を見ると、星組は碧海さりおが新公主演を果たしましたが、

上に極美慎、下に天飛華音が居ることを思うと、どちからというと別格寄り。

ダンスの場面では常に良い位置にいることから、

礼真琴率いる星組で重用されることは間違いないでしょう。

 

花組101期生からはいまだ新公主演者は出ておらず、

成績優秀者は愛乃一真ですが、花組はほぼ毎学年路線を出す中で、

100期から聖乃あすか・一之瀬航季と2名出したことから情勢的には難しそう。

路線構図的にはこんなもんでしょうか?

 

101期生は「男役豊作の期」と言われていました。

なぜなら、入団時の成績上位者が男役だったからです。

果たして何人トップスターが生まれるのか、

まさに新公最終学年のラストスパートに期待したいと思います。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. こころ夫人 より:

    いつも楽しく、拝見しております。
    若手スターさんの記事、楽しいですね。
    宙・シャーロック~と、雪・シティハンター~の公演が続き、全く違う組事情なんでしょうけど、どんどんと縣さんが101期の先頭を走り、鷹翔さんは?どうしたの?状態のようで。
    蒼汰さんのおっしゃる、宙組のよろしくない癖、なんですね。
    次回別箱公演でも、かたや雪・バウ主演、対して宙・全ツで亜音さんの方が役付がよさそうな様子。
    九州ツアーなので、地元では亜音さん歓待、でしょう。
    鷹翔さん、地味なのかなぁ。キラキラだと思うのですが。
    上級生の異動で、少しは番手の上昇があるのか、やはり組替で飛躍、となるのか。
    以前から気になってるのですが、スター候補生に出身地って影響するのでしょうか。
    関西訛りが、ふとした台詞まわしに感じられる方もいるので、舞台人としてどうなのかな、と、こてこての関西人としては気になります。
    星組パッショ~ンの鷹翔さんも、みてみたいかも、です。

  2. こんちゃん より:

    蒼汰様

    いつも楽しみに拝読しております。ライビュ専科の地方民です。

    新人公演のストップで、一番影響をこうむったのは、路線カードをほぼ想定の枚数配り終わっていた100期より、101期だったかもしれませんね。

    その救済策もあっての新人公演配信解禁なのでしょうね。

    縣は滑り込みで、おそらく当たり役となったであろう冴羽リョウ役を広く配信できましたが、

    鷹翔さんは次のネバセイ新人公演に出演できるのでしょうか?その場合主演できるのか?ジョルジュ役は鷹翔にハマりそうですし、それが配信されたら流れが変わる?

  3. せち より:

    鷹翔千空、華奢なのが心配なところもありますが、すごく魅力的だと思うんですけどねー。娘役と組んだ時のあのかっこよさはなんなんでしょう?(アクアヴィーテのトロピカルな場面で、銀橋に出る前に天彩さんの手を取りに行くところ、すごくかっこよかったんですよね…)
    アンバサダーから外れたのはなぜかはわかりませんし…、組替えしても各組に同じ年代のスターがいますし(星組は極美慎と天飛華音に挟まれますし…)、どうなるんでしょう。
    別格スター…にはもったいない感じはするんですが。

    あと、蒼汰さんは各組の職人系スターについてはどう思われますか?芝居やショーで何かと目立つ位置にいるスターさん。
    花組なら和海しょう、月組なら千海華蘭、雪組なら真那春人・久城あす(叶ゆうりとかもここに入る?)、星組なら天寿光希(遥斗勇帆もここ?)、宙組なら若翔りつ、(少し前なら風馬翔や美月悠)って感じで。別格スターは新公主演経験あり、主演してないけどいつもいいポジにいるスター、だとこの辺りの方々かな?と思うのですが。
    この職人系スターの使い方が上手い組と上手くない組があるなーって思ってます。
    星組は天寿光希だからな、って使い方ですし、花組、月組はもったいないなぁと思う面が多い。
    反面、雪組と宙組は使い方がうまいなぁって思います。職人系スターが場を持たせると作品に厚みも生まれますし、いいよなーと思うんです。

    101期から外れた話になりすみません。

  4. “ちぃさま” より:

    もしかして・・・タイトルは【チキチキマシン猛レース】のオマージュでしょうか?( 笑 )子供の頃TV見ていました。ゼッケン5番のミルクちゃんとケンケンしか記憶ないのですが。

    彩音星凪くん。読み方含めて調べてみたら出身地が母親と同郷で俄然応援したいです!一帯はかなりの田舎で中卒で合格とは凄いです。

    私の好みは礼華はるくん。2年くらい前かな?スカステの歌番で長身スーツにサングラスで踊る姿はデビュー当時の吉川晃司みたいで、凹凸の少ない素顔は山口百恵を彷彿させる好きな顔です(イチイチ例えが古くてすみません)顔でいうと碧海さりおがなんで路線扱いなのか不思議です。確かにダンスの人ですね。

    鷹翔千空くんはなんとなく外された感が。本公演での役も小さすぎませんか?目立つ役がつかないと人気も出ないですよね。ソラカズキが異動してもまだまだ路線ギチギチな感じだし、ホントになんとかしてならないのかですね。