2019年別箱公演から人事を読む

先日、星組バウの詳細が発表されたことにより、

2019年の別箱公演の全てが明らかになりましたね。

 

別箱公演は本公演と違い

その時の、あるいはその先の人事の影響をモロに受けますので

今回は2019年の別箱公演から人事を推察していきたいと思います。

 

バウ公演から人事を読む

 

まずはバウ公演から。

2019年と、参考までに昨年の公演をまとめてみました‼

※専科公演除く

 

【2018年】

雪組『義経妖狐夢幻桜』主演:朝美絢(単独初主演)

花組『Senhor CRUZEIRO』主演:水美舞斗(単独初主演)

月組『愛聖女』主演:愛希れいか(退団餞別)

宙組『ハッスル メイツ!』主演:和希そら(単独初主演)

星組 『New Wave! -星-』主な出演者:瀬央ゆりあ、紫藤りゅう(どちらも初W主演)

星組『デビュタント』主演:瀬央ゆりあ(単独初主演)

 

【2019年】

月組『Anna Karenina』主演:美弥るりか(退団餞別)

雪組『PR×PRince』主演:永久輝せあ(単独初主演)

花組『Dream On!』主な出演者:綺城ひか理、飛龍つかさ(どちらも初W主演)

宙組『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』主演:瑠風輝(単独初主演)

星組『龍の宮物語』主演:瀬央ゆりあ

 

 

まずは月組。

今年のバウはまさかの美弥るりか主演による『Anna Karenina』に始まり、

蓋を開けてみればこれは餞別公演でありました。

 

月組のバウ公演は愛希・美弥と2年連続で餞別公演。

「若手を育てる気あるのか?」という声が聞こえそうですけど、

そんなものはノープロブレム。

 

なんせ御曹司・暁千星はもうとっくの昔に1.5回主演していますし、

さらに100期生・風間柚乃が準備万端で順番待ち中ですからね。笑

 

何もなければ来年絶対バウ主演すると思いますが、

これで例えば来年退団することになった鳳月杏がこれまた餞別で主演、

なんてことになりそうなのが月組サイコパスの怖いところでしょう。笑

 

 

その逆に雪組と宙組は、

朝美と永久輝、和希に瑠風と2年連続で初主演を踏ませており、

着々と若手育成にかかっていますね。

 

特に瑠風に主演を振らせたのは個人的に英断だと思ってます。

留依蒔世あたりとWで誤魔化すでなく、

しっかり御曹司としての道を歩ませるわけですね。

 

来年は桜木と同じように主演を重ねるのかな、

それとも若手ワラワラで「Dream On!」するのか、

雪組も合わせ気になるところですね。

 

 

そして95期生を酷使する花組・星組は

微妙に若手育成に手をつけ水美を蓋扱いする花組と、

若手育成せず瀬央に主演を重ねさせた星組と、

きっぱりカラーが分かれましたね。

 

この2組は、次に控えた本命が聖乃・極美と2人とも100期生であり、

まだ技術的に安定せず本公演でもそこまで目立っていない

という共通点もあります。

 

つまり本命がバウ主演するまでにまだ時間が欲しい実情があるため

今年はよく分からないボヤかし方をしたのかなぁとも思いますが、

とはいえ100期生も来年にはもう新公卒業学年ですからね。

 

そろそろ修行の時かなとも思いますが、果たして?

 

東上公演から人事を読む

 

続いては東上公演、全ツなどの

いわゆる「その他の特別公演」をまとめてみましょう。

 

【東上公演

月組『ON THE TOWN』主演:珠城りょう

雪組『20世紀号に乗って』主演:望海風斗

宙組『群盗』主演:芹香斗亜(2番手価格・2度目)

星組『鎌足』主演:紅ゆずる

花組『花より男子』主演:柚香光(2番手価格・2度目 ※1度目は3番手価格)

月組『チェ・ゲバラ』主演:轟悠

雪組『ハリウッド・ゴシップ』主演:彩風咲奈(2番手価格・2度目)

星組『ロックオペラ モーツァルト』主演:礼真琴(トッププレお披露目)

 

博多座公演

宙組『黒い瞳 』『VIVA! FESTA! in HAKATA』主演:真風涼帆

 

全国ツアー公演

星組『アルジェの男』『ESTRELLAS』主演:礼真琴

宙組『追憶のバルセロナ』『NICE GUY!! 』主演:真風涼帆

星組『はばたけ黄金の翼よ』『Music Revolution!』主演:望海風斗

 

横浜アリーナ公演

『恋スルARENA』主演:明日海りお

 

 

この中で気になるのは、やはり東上公演でしょう。

 

昨年の東上と言えば、宙組『不滅の棘』と月組『THE LAST PARTY』と、

愛月ひかる&月城かなとが東上初主演を果たしたのに比べ

今年は正2番手スターが主演を重ねた一年となりました。

 

ここで気になることが2つ。

まず1つは、芹香・彩風・柚香の3名がこれで東上主演が2回目であること。

 

特に芹香と彩風は2番手価格で既に2回東上しており、

じゃあ来年以降何すんのよっつー話しなわけで。

(過去に2番手価格で3回東上した人っていましたっけ?)

 

来年するとすれば全ツ主演なんでしょうけど、

いずれにせよ芹香と彩風はもう仕上がった状態と言って差し支えないでしょう。

 

逆に言えば望海(雪組)と真風(宙組)は

いつご勇退頂いても問題ない状態とも言えるわけで、

だからこそ花組落下傘説が盛り上がるわけですよね。

 

 

そしてもう1つは、来年誰が東上主演を果たすのか?という話です。

考えられるのは2度目の月城、暁、桜木あたりかな?

 

瀬戸・鳳月・彩凪の別格トリオは、

あの七海ひろきですら東上させて貰えなかったことを思えば正直可能性は薄そう。

 

あと可能性がありそうなのは朝美・瀬央・水美の95期生トリオでしょうけど、

うーん、どうなんでしょうねぇ。

 

こう考えると、東上主演しそうなスターが明らかに足りませんので

凪七&愛月の専科特出主演という蓋登板が起こりえそうですよね。

 

もし本当に愛月ひかる登板なんてことになったら

完全に北翔海莉コースに乗ろうとするわけですから、

それはそれで面白そうですけど、果たして?

 

2020年の別箱公演の行方

 

というわけで外箱公演から人事を読んできましたが

実は私、スケジュールは本公演よりも別箱の方が気になるんですよね。

だって想像すると色々楽しいし。笑

 

振り返れば今年は永久輝・綺城・飛龍・瑠風と

97~98期生にスポットが当たった1年であると同時に、

礼、柚香、瀬央、水美と花星95期生が話題を振りまいた1年でもありました。

 

果たして来年はどんなスケジュールになるんでしょう?

例年だと夏ごろに出るようなので、

早く来年のスケジュールが出て欲しいですねー。

 

次は誰にスポットライトが当たるのか、

新たなステップを踏むことになるスターが現れるのか、

宝塚の次なる変化に期待したいところです‼

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. 海苔巻き より:

    書き出すと別箱公演ってこんなにあるんですね。
    うーん、やっぱりこのブログはとても勉強になります(^ ^)
    先日広島に星組さんを観に行きましたが、客席は広島在住ではない方々が沢山いたので、宝塚ファンのフットワークの軽さを実感しました。

    ちなみに博多座で確認したところ2020年1月〜4月までの演目が決まり、宝塚公演があるとしたら5月以降になるようです。
    来年も来てくれたらいいなぁ。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      宝塚に限らずアイドルのツアーなんかもそうですが、全ツとはいえ皆さん遠征されるみたいですからねー。
      現地のファンとコアファンが交じり合う独特な盛り上がりこそが、全ツの醍醐味なのかもしれません。

      博多座の件、そうなんですねー!ということは2月で月組は回避したということでしょうから、来年は5月に雪組になるんでしょうかね?
      こちらも別箱事情にかかってくるので気になるところです‼

  2. 通りすがりのれいこ より:

    蒼汰様
    いつもブログ面白く読ませていただいています、と同時に特別にご贔屓がいないと宝塚は人事予想などで気楽で楽しいのだろうなと思います。しかしながら、私は真風さんの大ファン。人事ネタになると気が滅入る訳です。ことに悪気はないと思うのですが、下が仕上がっているから、いつご勇退いただいてもと言う表現は悲しくなりますね。宝塚は次にバトンを渡すして伝承する世界とは、頭ではわかっていても何だかなーと思います。
    特に真風さんはまだ若く人気もあり動員も問題ない、なのに5作退団といつも言われる。どこかの組のトップさんはあんな不人気でも長期を約束されてる。凄い矛盾と理不尽さを感じます。個人的には真風さんの来年オリンピック時期 東宝期間の短さから退団公演はないだろうと思ってます。贔屓目でコメンしてしまいました。
    これからもブログ楽しみにしています。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼そして私の記事でご不快に思われてしまったとのこと、とても残念です。
      もちろん下がつかえているというのは「はやく辞めろ」という意味合いでは決してないのですが(もちろんお分かりなのでしょうけど)
      早霧-望海の雪組のように2番手の年齢が近く、かつ組体制が安定しているがゆえに勇退して伝説として名を遺す…
      ということも考えられるのかなぁと思わなくは無いかなぁと思います。他組の他トップの事情は置いておいたとしても、ですが。

      真風さん率いる今の宙組は非常に安定しており、かつ「古き良き宝塚」を体現している稀有な存在として素晴らしい舞台を届けてくれていますよね。
      ですから5作以上やっても全然普通だと思いまますし、おっしゃる通りでオリンピックと被ってる問題からして、私も少し伸びるかなぁとも予測しています。
      本人もお若いですからまだまだやれる‼というお気持ちなのか、それとも他の道に早く進むのかは分かりませんけれども、
      これからも一ファンとして真風さん、そして彼女率いる宙組を応援していきたいと思います。

  3. shiho より:

    去年月組エリザを見て宝塚にはまってから、Googleのカードにこのブログが出るようになり、時間さえあれば読まさせて頂いております。あんなにもキラキラしたステージを魅せてくれる宝塚の裏で、こんなにも入り組んだ作戦があるとは…とめちゃめちゃ面白いです(笑)これからも独自の考察力をこのブログで書いてください!楽しみにしています!

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      あくまでも私の半分妄想ブログなのですが、ぜひこれからもよろしくお願いいたします‼^^