2018年・95期生考察③ ~超路線の陰にさす光~

2018年総決算・95期生考察シリーズ第3弾!!

本日は水美舞斗、瀬央ゆりあの2人です。

 

 

この2人は何かと共通点の多いコンビなのは皆さんご存知の通り。

 

所属する組内に柚香・礼という超路線スターが正2番手にいながら

新人公演ラストチャンスの研7で主演。

そして今年、バウホール公演の主演を果たしました。

 

当ブログでは比較的ニコイチで紹介しがちなんですが

実際は似ているような、似ていないような、とても不思議な2人です。笑

 

花組の注目株・水美舞斗

 

◆水美舞斗(花組)

2018年1月~3月:大劇場公演『ポーの一族』

バイク・ブラウン4世/バイク・ブラウン役

2018年5月:バウ公演『Senhor CRUZEIRO!』

クルゼイロ役

2018年7月~10月:大劇場公演『MESSIAH』

松平信綱役

2018年11月~12月:全国ツアー公演『メランコリック・ジゴロ』

スタン役

 

彼女の魅力といえば、男役らしいスタイルと顔立ち

そしてその超絶運動神経から繰り広げられるダイナミックなダンスでしょう。

 

柚香も比較的ダンスを得意とするスターなので

魅力の相乗効果を促す資質を持つ、貴重な存在です。

 

もう1つ付け加えるなら、

彼女は入団時3番という成績優秀者なので、早くから比較的役割を与えられていた印象です。

(『オーシャンズ11』では柚香と兄弟役でしたね。)

 

新公主演を掴んで以降はきちんと階段降りメンバーに選ばれ

本年『ポーの一族』から出番もだいぶ増えていき

そして現在、柚香とともに全国ツアー真っ最中。

 

ポスターにもきっちり載るし、

なんならブロマイドは柚香と一緒だし

同期に超路線を持つ男役とは思えないほどの、破格の扱いにまで上り詰めました。

 

個人的な懸念は、出番が増えたことにより

ダンス以外のスキルが粗削りだと気付かれてしまったことかもしれません(主観)。

 

これから柚香を緒月遠麻よろしく支えることになるにしろ、

組替えして別の道に行くにしろ

舞台技術の向上は不可欠だと思います。

 

もちろん彼女のスターになるべく資質を持つ人物だと思いますので

せっかく浴びたスポットライトを無駄にすることなく

このチャンスを生かし、来年はより高みに上り詰めて欲しいと思います。

 

 

星組の注目株・瀬央ゆりあ

 

◆瀬央ゆりあ(星組)

2018年2月:東上公演『ドクトル・ジバゴ』

パーシャ役

2018年4月~7月、『ANOTHER WORLD』

赤鬼赤太郎

2018年8月~9月:バウ公演『New Wave! -星-』

2018年10月:バウ公演『デビュタント』

イヴ

 

彼女に関して思うことは

本年に入って超スーパーミラクル急ピッチで昇格していっているということでしょう。笑

 

水美と違い、彼女は入団時の成績があまり芳しくなく(下から数えた方が圧倒的に早い)

階段降りへの登場も比較的最近です。

(水舞は2013年の『オーシャンズ11』で瀬央は2016年の『こうもり』)

 

もちろん、新公主演経験者ですから

それはつまり推される資格のあるスターだということですので、この扱いは当然だと言えます。

 

そして、組内同期の礼真琴とは

少年技巧派系と男臭いオーラ系と、スターとしての資質が全く被らないという点で

非常に相性の良いコンビだと思われます。

 

長らく別格3番手であった七海ひろきの退団も決まり

どう見ても次期体制への準備が着々と進んでいっていますね。

 

それはつまり、瀬央が順当に番手が上がっていくか、ということですが

私はそう簡単にいかないんじゃないかと思います。

 

その理由は、星組という最も生え抜きを重んじる組において

天華えま・極美慎という後輩の育成が着々と進んでいるからです。

 

もしかしたら礼真琴体制になった後、

愛月(専科)が降ってきたり番手ぼかしの要因に使われたり・・・など

いわゆる別格路線として美味しく使われる存在になるのかもしれません。

 

いずれにせよ、彼女も舞台技術が粗削りな部分も多いので、

来年は勝負の1年になるのだと思います。

 

95期生の今後を考える「鍵」

 

長らく書いてきましたが、ここからが本題です。

 

95期生の関心事と言えば、何人トップスターになるかということであり

それはつまり、柚香・礼・月城以外に誰が選ばれるかということでしょう。

 

私は以前のブログで、この2人にもチャンスがあると書きました。

しかしながら、ファンの皆様には申し訳ないのですが、

その可能性が2018年後半で薄まったと思います。

 

トップスターになるためには、

端的に言うと桜木と朝美を相手に、競り勝たねばならないということです。

 

朝美は現在、彩凪と役替わり公演中。

もし組替えして朝美と番手争いをするということになるとすれば、それは同じく彩凪とも競うことになります。

 

水美・瀬央両名が彩凪と同じ舞台に現段階立てているかといえば、

それはノーだと言えるでしょう。

 

そして桜木は、長らく自身の蓋であった愛月が専科へ異動し

一歩踏み出すための道が開けた状態です。

 

なので、番手で上がるなら状況上はこちらの方が容易ですが

ただでさえ男役がひしめく宙組で勝ち筋があるかといわれると、こちらもノーだと思います。

 

つまり、もし水美・瀬央両名がトップ情勢に絡むことになるとすれば、

桜木も朝美も、番手上ステイしていなければなりません。

 

ですが、劇団はあえてそんなことをせず、この2人も水美・瀬央のように

2018年でスターとしての1歩を踏み出させています。

 

というわけで、2018年段階では

同期トップを補佐するスターとして育成されているのかな、というのが私の見解です。

 

 

ですが、そんな簡単な話では無いのが宝塚。

あっと驚く逆転劇があるから何も読めません。

 

いずれにせよ、間もなく組替え発表があるでしょうから

それにより彼女たちの去就がどのようになるか。

そして『オーシャンズ11』での桜木がどのような扱いか、が注目点です。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. skyblue より:

    こんばんは。
    95期考察、とっても勉強になります。
    どの組に行っても95期同士の競争があることを考えると、スター候補がこんなにいる95期って本当にすごいですね。
    水美舞斗、瀬央ゆりあ共に魅力的な男役なので、時間がかかっても報われてほしいな~と思います。
    組替え・・・毎日宝塚ニュースを見るのがドキドキしそうです。笑

    • 蒼汰 より:

      こちらにもコメントありがとうございます!!
      そうですねー各組にいるのでなかなか一歩が踏み出せそうにないのがもどかしいところです…。
      まぁまだ皆さん研10ですから、なんとでもなりますよねきっと。笑
      私も12月末までドキドキしそうですー。毎年これくらいの時期なんですよねー。
      これからもよろしくお願い致します!!

  2. ちぃさま より:

    こちらでもブログ拝見できる事嬉しく思います。

    殴り込みに行かなくても、花と星で次の次を狙う方が早くないですかね?トップスター組内で同期リレーは無いのかな?

    私事ですがスカステの【はいからさん】に感電して、キュンキュンしたくなり急遽福岡に弾丸遠征し、客席降りで柚香光に陥落しました。初恋の人が七海ひろきなので、れいちゃんの歌は全く気にならなかったです( 笑 )

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます!!
      歴代では直の引継ぎはなく、誰か一人を挟んだ同期引継ぎはあるようなので
      それまで高齢二番手で待てるかどうかでしょうかね…なんとも言えませんが。

      キラキラ系スターの系譜だと、柚香さんはジャストミートですよね。
      ぜひこれからもよろしくお願い致します。

  3. フクスケ より:

    初めまして。
    95期と各組人事、拝読しました。とても面白かったです。
    データに基づきながらの考察。
    特に星組新公主演については、全くの同意見です。
    星担でしたが、贔屓の退団に併せての昨今の星組体制に魅力を感じず、他組に心奪われがちです。
    娘役に関しても、きぃちゃんが雪へじゅりちゃんが宙へと歌うまさんを流出させ、カトリーヌの退団もあり、星組の舞台に不安が募ります。
    キラキラな舞台が大好きですが、やはりスターと別格、職人とバランスのよい舞台を観たいものです。

    蒼汰さんの忌憚ないご意見がとても好きです。娘役さんについての考察もぜひ読みたいです。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます!!
      星組の歌ウマ娘の流出は本当に不思議ですよねー。
      真彩さんは新公ヒロさせてからの雪トップ、という意図が見えましたけど、天彩さんは・・・。
      礼さんの相手だろうとそうでなかろうと、貴重な実力派だと思うんですけどねぇ。

      お褒めの言葉をいただき恐縮です。
      もう少ししたらまとめるつもりではありますが、もしよろしければ前身ブログである
      「宝塚に出戻った男のブログ」に娘役考察シリーズがありますので、そちらもあわせてどうぞ!!

  4. ののか より:

    瀬央ゆりあさんの名前が、
    瀬中ゆりあ、になっています。