朝美絢・宝塚雪組時代をざっくりレビュー

特別連載企画として、

朝美絢・路線スターの歴史を紐解いてきましたが

本日は雪組組替え後の彼女について振り返って参ります。

 

題して、朝美絢出演舞台ざっくりレビュー‼

 

前半の月組編はこちらから

朝美絢・宝塚月組時代をざっくりレビュー

朝美絢の魅力と人気の秘密の考察・分析はこちらから

朝美絢の魅力と人気の秘密を考える

 

彼女のこれまでの舞台での歩みを

あくまでも個人的な感想として短文にまとめ、

6点満点の採点付きでご紹介していきます。

 

※点数基準はあくまでも、朝美絢ファンが楽しめるか」であって

作品自体の評価ではありませんのであしからず。

 

基準は以下の通りです。

★★★★★★:朝美絢ファン以外の人も絶対に見るべき名作。

★★★★★:朝美絢ファンであれば絶対に見るべき作品。

★★★★:朝美絢ファンであれば見て損はない作品。

★★★:朝美絢ファンであれば暇な時に見て楽しめる作品。

★★:うーん、なかなか厳しいぞ。

★:ノーコメント、ある意味凄いかも。笑

 

朝美絢・雪組時代ざっくりレビュー

研9時代

東上公演『CAPTAIN NEMO』ラヴロック少佐役

 

新星雪組の正2番手スターとなった、彩風咲奈主演の東上公演。

 

雪組に組替え後、初めて出演する公演が

まさか後世にまで語り継がれる伝説のトンチキ作品になるなんて

いったい誰が想像していたでしょう。笑

 

堅物なイギリス海軍将校役、

ガチガチの真面目マンなのに超イケメン、という今までにない役回りですが

意外とハマっている上に軍服萌え以外の何物でもないわけです、が。

 

その完璧なビジュアル、堅物オーラを醸しながら

「私もマトカの仲間に入れてくれるか…?」なんて言われると

「気は確かか?」と思わず問いただしたくなること間違いなしです。笑

 

トンチキ好きの方にはもはや伝説の作品となっていますが

初心者がその良さを理解できるかと言われれば…ぜひ自分の目でご確認を。

 

オススメ度:★★(2点)

 

本公演『ひかりふる路』サン=ジュスト役

 

朝美絢、開眼。

 

冒頭一発目、その大きな瞳をグァッと見開いて

「国王であーるーこーとーこーそーがー罪なのだぁ‼」と朗々と歌う姿は

今までの朝美絢とは違うことを(本人も劇団も)強烈に主張していると言えるでしょう。

 

「革命の大天使」という異名を持つサン=ジュストに

まさにピッタリなビジュアルと華やかさ、

 

さらに望海演じるロベスピエールに心酔しきって

半ばイッちゃってるとしか思えない演技で、

物語の要所要所を見事に押さえています。

 

また、同時公演『SUPER VOYAGER!』 では

大好きなイルカのぬいぐるみの乱舞をバックに

「大好きだぞ、泣き虫プリンセス♪」なんて

こっ恥ずかしい歌を大真面目に歌ったり

 

彩凪翔とジャニーズごっこ(通称:暴風雪)しながら

キラキラと歌い踊ったりなど、こちらも見どころ満載。

 

ついにスターの称号・銀橋ソロ歌唱渡り切りもこなし、

路線スターとして、そして雪組生として

大きな一歩を踏み出したのでした。

 

オススメ度:★★★★★★(6点満点)

 

研10時代

バウ公演『義経妖狐夢幻桜』ヨシツネ役(主演)

 

ついにたどり着いたバウ単独主演。

 

朝美絢初のオリジナル主演作を作るにあたり、

出身地である鎌倉の英雄「義経」×雪組の「和物」

彼女の魅力である現代的な姿を「ロック」という形で掛け合わせ作風は

非常に妥当、かつ正統、そして正解だっと思います。

 

そして肝心の内容はというと…

むむむ、これは結構面白いぞ。

 

現実世界、異界、精神世界を行ったり来たりしながら

過去への追想、自責と悔恨、

そして未来を変えたいという強い思いと、贖えない運命が交錯する…。

 

ただの歴史物風トンチキファンタジーかと思いきや

その実、主人公の心の葛藤と魂の救済を追いかけた

実に宝塚の王道的作品ですよね、これ。

 

また、互いが「見えない」演出の巧妙さや

狐に扮した星南のぞみや、正統派男役・永久輝せあとの

並びの美しさも特筆すべきでしょう。

 

何よりも、桜がヒラヒラ舞う中で物憂げに佇む朝美の姿の美しさは

義経の運命のように儚くも切なく、ファンでなくても必見ですよ。

 

『ひかりふる路』『義経妖狐夢幻桜』の成功は

「こりゃ雪組への組替えは大成功だな」と確信させるに充分過ぎる出来栄え。

多くの観客にスターとしての大いなる成長を魅せたのでした。

 

オススメ度:★★★★★★(6点満点)

 

本公演『凱旋門』ハイメ・アルヴァレス役

 

轟理事の本公演降臨に伴い、番手が1つ下がった結果、

暗い世界観である『凱旋門』において、

唯一幸せの象徴である爽やかな恋人同士であるハイメ役に。

 

こういう正統派爽やか路線の役って

実は意外と割り振らてこなかったため、なんだか新鮮ですよね。

 

前回は安蘭けい・朝海ひかる(新人公演は音月桂)が演じた重要な役ですから

おいおい出番少な過ぎやんけ

と突っ込むのは無粋というものですよ、ええ。

 

その分、同時公演である『Gato Bonito!!』において

溜まったエネルギーを全力で発散しにかかっているのが清々しいですね。

 

全身ヒョウ柄で娘役引き連れてオラオラしたり

ガトえもん(望海風斗)のバックで真顔で猫の手ニャンニャンしたり

もうね、笑っちゃうくらいギラギラしてます。

 

路線スターとして必死に食らいつくとともに、この時期に

いわゆる「あーさは下品」バッシングのピークを迎えることとなります。

 

オススメ度:★★(2点)/ガトボニは★★★★(4点)

 

本公演『ファントム』フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵役/アラン・ショレ役(彩凪翔との役替わり)

 

宝塚歌劇団、渾身の一撃とも言える

本気汁でまくりな大勝負公演『ファントム』。

 

ここではキラキラ王子様であるシャンドン伯爵と、

成り上がりヒールキャラのアラン・ショレを役替わり公演での出演となりました。

 

舞台を観て思ったのは、

やっぱりね、彼女は器用だわ。

 

シャンドン伯爵の難しいメロをきっちり歌いこなしつつ

ちゃんと正統派キラキラを演じ切っているし、

アラン・ショレは成り上がり者丸出しなのに

動きも相まって魅力溢れる面白B級小物キャラを確立してる。

 

どんな役でも魅力的に演じ切る、という今のその姿は

月組『グランドホテル』であれだけ悩みぬいた彼女だからこそ

出来る芸当なのかもしれません。

 

ちなみに、どっちが好みかと言われると、

私は俄然アラン・ショレですが、

キラキラ王子様より成り上がり者のが得意(任に合う)というのは

路線スターとして痛しかゆしな部分もあるのかもしれません。

 

いやいや、そんなものはノープロブレム。

これからどんな役が回ってきても、

彼女ならきっと魅力的なキャラに演じ切ってみせるでしょう。

 

オススメ度:★★★★★(5点)

 

雪組時代・総括とこれから

 

というわけで、

雪組組替え後の朝美絢を振り返ってきました。

 

こう見てみると、『ひかりふる路』『義経妖狐夢幻桜』のヒットは

路線スターとしての確かな手ごたえに違いないですし

舞台技術も押し出しも、雪組に来て大きく進化したと思います。

 

そして望海政権の現・雪組の売りである

「舞台技術の高さ」を支える屋台骨の1人であるのは間違いなく、

これからもその活躍が期待されていることは間違いありません。

 

そう、彼女はもう雪組の異物(お客様)ではなく

れっきとした雪組生の1人である、

と強く主張してこの記事は〆させていただきます。

 

ちなみに、個人的にオススメ作品を5つ選ぶなら、

 

『ひかりふる路』

『義経妖狐夢幻桜』

『ファントム』

『舞音』の新人公演

『A-EN』

 

でしょうかね。

 

そして、昨日は次の東上公演『20世紀号に乗って』の集合日でした。

次の公演ではどんな姿を魅せてくれるのか、非常に楽しみですね‼

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. より:

    3つの記事を全て読みました。
    肯定的に応援している私には アンチの方からどのあたりが 下品と思われてしまうのかがわかりませんが…
    これからも朝美絢を応援したい!応援しよう!と胸が熱くなるような内容でした。
    また書いてください(*^_^*)

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      長い長い記事を3つとも読んでいただき、さらにコメントまで本当にありがとうございます‼
      バウ主演~ガトボニあたりのネット上でうずまくバッシングは、結構酷かったですよー。
      今は少しばかり落ち着いてますので、まぁ良かったなぁと。

      朝美絢さんファンの方にそう言って頂けて本当に嬉しいです。
      これからもどうぞよろしくお願いいたします‼

  2. 横山薫 より:

    あーさ(朝美じゅん)。私も、サンジェストが、最高に良かったです。あの時は、職場でも(ヅカおた4名)あーさ、カッコいいと盛り上がりました。
    95期の入団直後の映像でも、はっきりと顔が判別できるのが、朝美じゅんと柚香礼くらいです。はっきりとしたお顔立ちですよね。
    NOBUNAGAを途中で視聴を断念する理由が知りたいです。(ちょっとわかるかも)あの、すみれコードぶっちぎりの真咲さんとのからみ、やセクシーなくノ一や、ミーハーには面白かったです。
    私は彩凪翔くんが、好きですが始めあーさと見分けがつきませんでした。雪組に組替と聞いた時は、あの顔が二つになるのねって思いました。今でも、シャンドン伯爵の映像が流れると、あれどっちかな、と一瞬思う時があります。どちらも、美しいですからね。
    それから、スカステで写真集か何かの撮影を見た時に、あーさは 照れてボージングとかは苦手なのかな、と思っていたら、けっこうノリノリで決めていたので、へぇー って思いました。
    あーさ特集面白かったです。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼職場に共通の趣味のご友人が4名もいらっしゃるなんて羨ましいです‼笑
      理由ですか…まぁそもそも和物をあんまり見ないことと、なんだか生理的に合わなくって…。
      確かに2人とも顔似てますよねー。個人的には男らしい方が彩凪さん、少年風なのが朝美さんと最初は覚えました。笑

  3. GIN より:

    何時も楽しみに拝見しています。

    私は「朝美絢って誰?」という頃からの朝美さんファンですが、もの凄く納得の出来る内容でした。
    こんな風に取り上げられるのも、アンチが出来るのも超下級生時代の彼女を思えば考えられない事で嬉しくなってしまいます。

    これからもブログ楽しみにしてます。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼その頃から応援されているなんて、とても先見の明があるのですね。笑
      確かに、有名税みたいなものですからね、勢いが凄いほどアンチもたくさんできますから、その分人気の証みたいなものでしょう。
      これからもよろしくお願いします‼

  4. みく より:

    いつも楽しくブログ記事拝見してます。目につくところに朝美さんが下品などという意見は見かけたことがないので、きっともっと奥深いところでのお話だったのでしょうね…。このワードで検索すると、こちらのブログが1番上に出てきてしまうのが少し残念でした(笑)

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      そうですね、綺麗な世界でお過ごしになってる方は、どうぞそのままの方が良いと思います…笑

  5. より:

    私は、朝美さんが下品というより(もう少し考えて発言したらいいなと思うこともありすが…)一部のファンが下品なのかなと思います。

    雪組の生徒を批判したり、現状を考えない発言を繰り返したりして、温厚だと言われてた某男役のファンさえも怒らせたなという印象を受けました。雪組には、あんな感じの騒がしめなファンがあまりいないので…
    応援したいと思っている方のイメージを自分たちが下げかねないことを自覚した上での発言を、ファンはするべきなのかなと思います。
    本人がどれだけ謙虚に頑張っていたとしても、ファンの言動でイメージを下げかねませんしね…(ファンはジェンヌの鏡ですから…)

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      まぁ、ファンというものはえてしてイタいものですからね。笑
      それは宝塚だけの世界の話ではなく、多くの事柄のファンは似たようなもんですけど…。

      • より:

        もともと朝美さんのこと好きたったんですけど、ファンの一部が「○○さん、雪組からいなくなればいい」みたいな発言をしてるのを見て、正直興ざめしちゃったんですよね…

        SNSでの発言は自由だと思うし、ファンはイタイものだとは思っていたんですけど、もう少し考えて発言したらなと思って…さっきのようなコメントになっちゃいました。

        • 蒼汰 蒼汰 より:

          イタいファンのせいでその本人も苦手になるというお気持ち、私も経験があるので非常によく分かります。
          宝塚に限らずですが、基本的に「上り調子」な人のファンというものは、得てして上から目線で何様なものが多いものですから
          「1年もすれば飽きるのだろう」と生温かい目で差し上げて、当の本人は別途で応援してあげたいものですが…難しいですよね。

          それでも貴殿の周りにばかり朝美さんのイタいファンだらけで目に余るようでしたら
          それはもう「朝美絢を嫌いになる運命だったのだ」と諦めて頂くしかありませんね。笑

  6. ぽんぽん より:

    連載とても楽しかったです!

    彼女は雪に来てからの安定の歌唱力をみにつけましたね。彼女のソロを安心して聴けるようになりました。
    あと滑舌の良さは舞台人として強みですね〜

    朝美絢さんが下品と言われる所以やファンの痛さは、納得出来てしまう部分もあるのですが(笑)、彼女の思い切りの良さとひょうきんな性格については魅力だと感じています。

    私自身が新参なので長年宝塚ファンをしてきた方とは価値観も違うだろうなぁと思って割り切っております。今後の活躍を楽しみにしつつ、一緒に応援しましょう(´∀`*)

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      雪組に来てからの大いなる飛躍は凄いですよねー。素顔の自然さも魅力の一つだと私も思います‼
      私も結局は新参者ですので同じく割り切って応援してますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします‼

  7. ほり より:

    壬生を観てから、再度ブログ読ませて頂きました。私は当初から朝美さんファン(朝美さんを見かけなかったら、正直宝塚を言葉でしか知らなかったくらい)なので、一部の方が言う下品と言う表現が今でもよく分かりません(^^;)ですが、朝美さんがギラギラなのは私も感じます。キラキラではなくギラギラ、、、眩しいです!全員に朝美さんの魅力を分かってもらえるとは思ってませんが、これからも応援していきたいです。蒼太さんのブログ、朝美さん好きな割に客観的だなといつも思います。面白い。壬生観ました?またギラギラです。笑 またいろんなブログ楽しみにしてます

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      他の方にも言われたのですが、私の場合は好きなスターさんには逆に辛く書いてしまう節があるらしく、一生懸命バランスを取っています。笑
      東京組なので8月に見る予定です‼凄い活躍のようなので今から楽しみです。これからもぜひ応援していきましょう。^^

  8. pomeshima より:

    いつも興味深く読ませていただいております。
    昨年からふとしたきっかけで宝塚に興味を持つようになった、超ライトファンです。

    先日、壬生義士伝を観劇したのですが、雪組の舞台の濃さにすっかり魅了されてしまいました…
    そして、現役のジェンヌさんでは特にご贔屓はいなかったのですが、いま朝美さんが気になって仕方ありません!

    こちらのブログ等で、朝美さんの魅力については予習していたつもりなのですが、生のオラオラギラギラはすごい威力ですね(ほめてます)。
    御芝居も歌もよかったですし(声がいいですよね)、なんといってもあの、いつでも全力で観客の視線を獲りに行くガッツが、他のスターにはない無二の個性と感じました。

    これからもこちらのブログを拝読しながら、朝美さんのさらなる飛躍をひっそり応援したいと思います!
    鋭い考察、今後も楽しみにしております。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      生で見る朝美さん、凄いですよねー。舞台上で魅せるガツガツ感と、最近は舞台技術も安定していて、本当に目が離せないスターさんになっていますよね。笑
      そして彼女が在籍する雪組も本当にスターの宝庫!!特に今作は、全員のスターの魅力が十二分に生かされていて、本当に良かったと思います。
      これからもぜひ一緒に応援していきましょう!!どうぞよろしくお願いいたします。^^