入団成績と星組のブレなさ【小ネタ】

通常更新に戻ります、と言いつつ

さりとて話題も無いので入団成績にまつわる小ネタを。

 

ここ数年の宝塚人事は

成績優秀者が推されがちな傾向にあると思うのですが

それと真逆を走っているのが、星組です。

 

入団成績と星組のブレなさ

 

星組のイメージ、それはとにかく華と見栄え‼

舞台技術よりも目立つこと第一主義ってイメージなんですよね。

 

なので、すごく勝手ながら

成績下位者でも抜擢されるという主観がありまして

(なんせトップの紅がブービー賞からの成り上がりですし)

中堅以下の生え抜きスターに絞ってさらに調べてみました。

 

 

紅ゆずる(88期)47番/48名中

麻央侑希(94期)28番/44名中

礼真琴(95期)1番/45名中

瀬央ゆりあ(95期)40番/45名中

紫藤りゅう(96期)16番 /38名中

天華えま(98期) 3番/40名中

極美慎(100期)22番/39名中

 

綺咲愛里(96期)17番 /38名中

小桜ほのか(99期)5番/37名中

星蘭ひとみ(101期)37番/40名中

水乃ゆり(102期)29番/39名中

 

 

ちなみに、星組出身の宙組トップ真風涼帆は15番、

宙組2番手の芹香斗亜は28番。

うーん、ブレない‼

 

特に最近抜擢され始めている100期以下スターたち

つまり極・星蘭・水乃の3名が

揃いも揃って平均以下というのがまた興味深い。

 

ちなみに、他組の100期生以下抜擢スター入団成績を調べてみるとこんな感じ。

 

花:音くり寿(2番)華優希(23番)聖乃あすか(10番) 舞空瞳(1番)

月:風間柚乃(9番)天紫珠李(2番) 結愛かれん(13番)

雪:縣千(4番) 彩海せら(7番) 潤花(32番)

星:極美慎(22番)星蘭ひとみ(37番)水乃ゆり(29番)

宙:星風まどか(3番)天彩峰里(5番)鷹翔千空(1番)夢白あや(4番)

 

 

他組でも成績下位者の抜擢はもちろんありますが、

比べて見てみると星組の突き抜けてる感が凄くないっすか?笑

 

星組の今後の体制について

 

それでも極・星蘭・水乃がなぜ抜擢されたかって、

そりゃビジュアル意外に他ならないでしょう。

 

『霧深きエルベのほとり』を見ていても、

いかにも宝塚的なビジュアルで見目麗しかった‼

華やかさがいかにも星組的で、推されるのも納得というものです。

 

逆に言えば、成績良くなくても

「顔」という生まれ持った武器だけでのし上がっていけることを思えば、

星組のこのドリーム感、嫌いじゃないですけどね。笑

 

 

そしてそれだけではなく、

近い将来もし礼・舞空コンビが組まれるとしたら、

体制的に抜擢の理由が分かる気もします。

 

このコンビ、舞台技術が非常に高いドヤドヤ体制になるわけですが、

公演の質は高いとはいえ、それがヅカ的かと言われれば

もしかしたら微妙かもしれません。

 

だがしかし、その脇にいかにもヅカ的ビジュアルのスターを配置すれば

宝塚としてのバランスが保てるというものです。

…ってこれ、まんま今の雪組体制と同じですね。

 

とはいえ、これまで礼・天華と成績優秀者の抜擢もありましたし

何より爆上げの予感がする102期天飛華音も入団成績2番。

 

そもそも星組は舞空の組替えにより、

舞空(首席)、天飛(2番)、咲城(3番) と

102期ベストスリーが揃い踏みなわけで

もしかしたら突然ドヤ組と化すのかも?

 

いやーそれはないだろうなぁ。

あんな濃厚なDNAなかなか潰えないだろうしー。

 

というわけで、今後の星組がどういう舵取りになるのか

非常に気になる蒼汰なのでした。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. ハーフムーン より:

    矢張り蒼汰さんは、面白い記事を書かれますね!

    成績の比重。確かに有ると思いますし、逆に無ければ励みにもならないし、基準にもならない大切な『材料の1つ』と考えます。

    星組がブレてないという点は…オールドファンの私から見ても「そうそう、星組だもの」と良い意味で微笑ましく思える点でも有ります。

    私が首を傾げるのは、現在の音楽学校の採用基準かもしれません。
    今のようにアチコチに受験スクールの無い時代は週末になると東京⇔宝塚のお教室へ通われる方も珍しく有りませんでした。
    そして、誰もが受験準備をしっかり出来ない状況でも、採用側が『原石』を見つけて磨き上げる力、生徒本人の下位成績からの努力も凄かったですね…。

    今は、少し磨けば舞台に立てる宝石の『ルース』を買って並べている印象は正直拭えません。

    下位からトップへ!!!…その努力の中で培われた気力、気遣い、その他諸々の『人を磨く手間暇と財産』『磨かれる過程で成長する人としての器』という点では、最近…音楽学校も劇団側も手を抜いているような???

    決して首席を維持している生徒さんを悪く言うつもりも、努力を軽んじる気も毛頭有りません!!! 寧ろ、よく維持した『精神力』は素晴らしいと拍手を送りたい気持ちで一杯ですし、『運』等に左右されず報われて欲しいと常に願っています。

    成長上位を維持したからこそ報われる『夢』
    下位から泥水飲んで泣きながら掴んた『夢』

    どちらも魅せてくれるのが『宝塚本来の姿』であって欲しいと思う次第です。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      難しいのは成績が良いだけでは抜擢されないし、人気が出るわけではない、というのが芸事の難しいところ。
      特に最近は価値観の変容で、劇団以外にも舞台に立つ方法というのはいくらでもありますし
      宝塚よく分からないけど受けて合格しちゃった系スターなんてほぼ皆無ですから、原石なんてなかなか見つからないのが実情でしょう。
      とはいえ、色んな形の夢を見られるのがショー事業の利点ですからね。これからも面白いスター物語が紡がれることを期待したいです。

  2. みー より:

    星組といえばわりと上級生の音波みのりさんがずっと2番手、3番手?あたりにいるのも他組とは違うのかな~~って思うんです。お芝居でもいい役貰ってショーでも目立つポジションにいます。成績は分かりませんが。近い期の生徒さんは年配者の役やってたりするのに。凄い。確かに可憐で綺麗。だけど下級生に抜かされないのはなぜだろう。全ツではヒロインですね。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      確かに、宙組の純矢ちとせあたりとはまた違うポジションにいますよね。なんだか不思議な立ち位置。
      全ツは舞空輿入れに伴う星組娘役調整説等ありますけど、全ツヒロインであることには違いありませんからね。
      彼女独特のポジションがゆえの抜擢でしょうから、それはそれで楽しみですね。