宝塚を愛する理由は人それぞれ

 

年末特別連載企画最終日、

ということでついに2018年も終わりますね。

 

今日はブログ移転してちょうど1ヶ月が過ぎるということもあり

私の身の上話でも書こうかなぁと思います。

 

「お前、何かにつけて自分語りしてるよな」

とお思いになったそこのあなた。

 

大正解です。笑

 

それはほら、普段偉そうに何様目線で語っているブログですから

たまには人間味を出していった方が

好感度が上がるかと思いまして…。笑

 

私が幼少期、祖母の影響ですこーし宝塚を楽しんだこと、

その後まったく無縁な生活を過ごしていく中で、

学生時代に96期生問題についてレポートにまとめたこと。

 

さらに仕事の関係で宝塚を見るようになったこと、は

前身ブログで書かせて頂きました。

私の変わった宝塚の楽しみ方

 

本日は、ただの多数ある趣味のうちの1つでしかなかった宝塚に

どうしてハマり、ブログまで書くようになったか、について綴っていきます。

 

雪組に救われた2018年冬

 

実は私、今年の4月から辞令を受け職場が変わっておりまして

長く慣れ親しんだ部署から苛烈極まりない環境へと

異動することになりました。

 

もちろん、これは人生におけるチャンスであり

上層部から期待されて決まったこと。

身に余る光栄に「頑張らなくては」と非常に気負っておりました。

 

それと同時に、仲良くしていただいた取引先をはじめ

目をかけていただいた上司や同僚と離れることの寂しさと、

本当にやっていけるかな、という不安が交錯していたのも事実です。

 

そんな中、雪組の『ひかりふる路』『SUPER VOYAGER!』を見に行ったんですけど

ここで大きな感銘を受けることになります。

 

1つはレビューでの沙央くらまのシーン。

 

あそこは希望の船出をしていくメンバーたちと別に

たった1人で旅立ちを決意し惜別を送る場面なわけですが

それが自分と重なってしまいましてね。笑

 

Sailing days 今旅立ちの時

波しぶきに思い出が煌めいている

遠く旅してきたけど 何も悔いはない

 

宝塚という舞台は、ただのミュージカルではなく

そこに演じるスターの人生も投影される、ということを頭では分かっていたのですが、

それ自体に感銘を受けたことなんで、今まで1度もなかったんです。

 

だけどこの場面を見たときに、

ただのレビュー作品の一場面ではなく

 

そこには「沙央くらま」という彼女の人生がオーバーラップし

かつそれが私の人生とも共鳴する、という

とても不思議な体験をしたんです。

 

そう思えば、望海風斗がトップに就任し新たな船出に漕ぎ出したことや

月組から組替えし、劇団の期待を一身に受け

「ぜってー負けねぇ」と熱気を滾らせている朝美絢がとても美しく見え

 

「私も頑張らないとな」と思うと同時に

スターを知れば宝塚はもっと面白くなるんだな、と気づいた私は

ここからどんどんのめりこんでいくのでした。

 

出会いと別れの2018年夏

 

おかげ様で仕事は楽しく、順調な日々を過ごしていたのですが

今年の夏に足をケガしてしまい、運動が一切禁止となりました。

 

私は週に2回ジムに行ったり、

休みの日は運動したりするのが好きな超アウトドア人間なので

何もできない暇な時間ができてしまったことが苦痛で仕方なかったんです。笑

 

そこでふと、家にいても暇だし

以前から気になっていた「スカイステージ」を契約しようかな

と思い至りました。

 

思い立ったが吉日、その日のうちに契約を済ませ、

とりあえず片っ端から番組を見ていくことで

 

舞台の成り立ちやスターの人となりなど、

どんどん覚えていくことができました。

 

 

このあたりでふと、

そういえば祖母が昔よく宝塚を見ていたなぁということを思い出し

今度会った時にでもその話をしようと考えていました。

 

が、残念ながらその夢は叶わず

9月に祖母は天国へと旅立っていきました。

 

病気で去年から施設に入所していた祖母だったのですが

虫の知らせがしたのでしょう、私は祖母が亡くなる1週間前に

新幹線を乗り継ぎ関西へと出向いていました。

 

祖母と対峙したのはおよそ1年ぶりだったのですが

私も祖母もこれが最期の会話だと分かっていたのでしょう。

 

色んな事がこみ上げ、祖母の意識がはっきりしていた10分間の中で

宝塚の話題を出すことができませんでした。

 

その後祖母の見送りを済ませ、家で1人でいたときに

「祖母と宝塚の話をしていたらどんな感じだったのかな」とふと思い

いてもたってもいられなくなった私はなぜか

 

「そうだ、ブログを書こう」

 

と思い至りました。

 

こうして、昔amebaTVを見るためにたまたまアプリをダウンロードしていた

というただそれだけの理由

2018年9月30日にアメブロを開設することにしました。

 

いわば開設当初の私のブログは

届けられなかった祖母への手紙のようなものだったのです。

 

宝塚と生きた2018年

 

私は職場や友人にも結構気軽に

「最近、宝塚にハマってるんだよね」と言うのですが

だいたい「え、意外!!」と言われます。笑

 

それと同時に「実は母が宝塚好きなんだよね」とか

「実家に帰ると親がテレビ(たぶんスカステ)で見てるから、俺も知ってるよ」

なんて意外な人から言われたりするので、とても面白かったりします。

 

そう、宝塚が気になったり

好きになったりするきっかけなんて人それぞれ。

愛する組やスターと、その理由も人それぞれです。

 

私が好きだから、好き。

もうそれだけで充分じゃないですか。

 

そこに男も女も、子供も大人も、

ライトファンも金や時間を掛けまくってるファンも

正直関係ないと思うんです。

 

私はこの2018年、まさに宝塚とともに歩んだと言えるわけで

おかげ様で楽しんで日々を過ごすことができました。

私の毎日を彩ってくれて、宝塚よ本当にありがとう。笑

 

まさか1年前に、私が宝塚ブログを開設することになるなんて

誰も想像していなかったでしょう。

 

それでも、この3か月続けてこられたのは、

私のブログを見に来て下さり、またブログ村へのアクセスをして下さる

他ならない皆様のおかげです。

 

本当に本当にありがとうございます。

 

とりあえず飽きるまでは続けていこうと思っておりますので…笑

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

ちなみに私の来年の目標は

 

・ムラで観劇してみたい(これまで一回もしていない)

・ブログを2019年まで続けて来年も「ルネサンス宝塚大賞」をやりたい

・つまり本公演全制覇を目指す!!

 

です。

うん、頑張ろう。笑

 

皆さまが2019年も

素敵なタカラヅカライフを過ごされることを祈って・・・。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. 千里 より:

    初めまして。
    フラットな文章と 前向きなご意見はとても興味深く 毎日読むのが楽しみです。

    私も宝塚が好きを公言していくうちに ヅカ友さんも増えて 人生楽しみが増えました。

    来年度も 是非ブログの継続を お願いします!

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      趣味を共有できる方がいるのは素敵ですねー。
      本年もどうぞよろしくお願いいたします‼

  2. skyblue より:

    2018年ラストに素敵な記事ありがとうございます☆
    ものすごく共感しながら拝読しました。
    私にとっても宝塚は正に『生活に彩り』を与えてくれる存在です。
    仕事で行き詰まった時、転職して疲れ果てていた時、宝塚にどれだけ助けられたことか。笑
    ここまで夢中になれたことに自分自身驚いています。
    周囲に宝塚の話題を共有出来る人がほぼいない中、蒼汰さんのブログは私の宝塚ライフを更に面白くしてくれました。
    宝塚への愛がありつつ、冷静に、時に辛口に分析されていて、毎回楽しみにしています。
    2019年の目標達成、期待しております。
    宣言すると、そういう流れになると言いますし!
    ありがとうございました。
    よいお年をお迎えください。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      私も似たような環境ですのでお気持ち非常によく分かります…笑
      skyblue様には前ブログから頻繁にコメントをいただき、本当に嬉しく思っております。
      私も2019年末のルネサンス宝塚大賞へのコメントを楽しみにしていますね。笑
      本年もどうぞよろしくお願いいたします‼

  3. yorikoinosaka より:

    初めまして。こんばんは。
    いつも面白いブログをお届け下さり、ありがとうございます。

    お忙しい中でも、ブログを続けて下さって、とっても嬉しいです(^^)

    私は半年前に宙組の「天は~」をDVDで観て、芹香斗亜さんと宙組のファンになりました。

    蒼汰さんが、宙組は「古き良き宝塚」←でしたっけ?と書いて下さった記事を拝見し、だから好きなのか~と笑ってしまいました(笑)

    きっと、小学生の頃、少しだけカジッた宝塚の素晴らしさを宙組に感じたんだと思います。

    私も今年の後半に色々ありまして、、、挫けそうになった時、宝塚に元気をもらった、そんな一年になりました。

    ジェンヌさん達の努力やプロ意識などがとても良い刺激になり、選択に迷っていた私の背中を押して下さった、とも思っております(*^^*)

    宝塚を愛する理由はそれぞれ、って、とっても良い言葉だと思います。

    来年も私のスタイルで、芹香斗亜さんの応援と、色んな演目の観劇を楽しみたいと改めて思いました(/▽\)♪

    これからも蒼汰さん独自の視点からの、他にはない記事を楽しみにしてますので、よろしくお願い致します。

    思い返せば、、、色々あったけど、蒼汰さんのブログを読む楽しみも増え、充実した一年になったのかも(笑)
    ありがとうございました!

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      私の記事の内容を覚えていてくださり、嬉しいです。
      タカラジェンヌたちのプロ根性や頑張りを見ると、自分も頑張らねばーと思いますよね。
      本年も一緒に宝塚を楽しんでいきましょう‼これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  4. amber より:

    はじめまして。
    データに基づいた的確かつ冷静な考察、いつもなるほどなぁ、と楽しみにしております。
    蒼汰さんと同世代であること、出戻りであることなど、共通点がいくつかあり、その点でも興味深く読ませていただいております。笑(余談ですが、私は花總さんのファンでして、彼女のトップ娘役就任から退団までの12年間を駆け抜け、その後足を洗っていました…ですので、前ブログでMAや初演エリザについても触れてくださって、とても嬉しかったです…!)

    私は2018年雪組全ツをきっかけに出戻ったクチなので、蒼汰さんのブログを読ませていただき空白の約10年を埋めつつ(笑)、『このジェンヌさんも気になる…!』と自分でも調べたり、スカステを観たりと、楽しみが広がった一年でもありました。

    改めてこの記事を読ませていただいていて、宝塚というコンテンツを深く知ろうとするきっかけを与えてもらった感謝をお伝えしたく、昔の記事にコメントさせていただきました。
    これからも更新楽しみにしております。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼いろいろ共通点の多い方から素敵なお言葉を頂戴し、とても嬉しいです‼
      興味を持って調べ始めると止まらなくなりますよねー。
      特に花總さんは歴史も長く深いので、追いかけていくと本当に深みにハマってしまいました。笑
      これからも一緒に宝塚を楽しんでいきましょう‼どうぞよろしくお願いいたします。