雪組公演を大予想!!舞台化への改編点とキャスト考察

前回の記事は、雪組公演を大予習!!ということで

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』のあらすじを個人的にまとめてみましたが

雪組公演を大予習!!『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』あらすじ

 

次は大予想編!!ということで

舞台化にあたってどのように宝塚的に改編されるのか

一ファンとして勝手に予想していこうと思います。

 

舞台化にあたり気になるポイント

 

あらすじの通り、今作は非常に宝塚らしからぬ世界観でして

これを小池氏がどう料理するかが非常に楽しみなわけなんですが、

個人的に気になる点が3つほどあります。

 

ジミー(彩凪翔)の出番が少なすぎる問題

 

この映画を見終わった最初の感想は

「彩凪翔が演じる役って結局誰だったんだ?」ということ。笑

 

調べてから巻き戻して見てみると、

彼の出番って10分も無いような気が…。

 

個人的にはモー(デボラの兄)とか出番も多いし、

話の転換点には必ずいるし

こっちの方が3番目っぽいのでは?と素人なりに思ったりするのですが

 

ただねー、ジミーって

映画の中で一番顔がイケメン(現代に通ずる)なんですよね。

そりゃあ彩凪翔でやりたいよねっていう。笑

 

制作発表でも小池氏は「役を膨らます」とおっしゃってましたし、

出番を増やすんでしょうけど、

話の筋に差し色的に現れるイケメンという点で言えば

これまでの彩凪翔の使われ方とさして変わらないのかもしれません。

 

キャロル(朝美絢)が歌姫になる?

 

映画を見ていて、初めてキャロルが登場した瞬間

「うわ、絶対これが朝美がやる役の人や!!」と分かってしまったくらい

ソ ッ ク リ で す 。笑

しっかり寄せてきてますねー、さすがだぜ朝美絢。

 

キャロルは嗜虐的性愛好者であり、

物語の中で最もドギツイ存在なわけですが

(ペギーが経営する娼館に現れ、自分が他の男に襲われている様を夫に見せることが快感という変態)

 

制作発表では「マックスの恋人でスピークイージーの歌姫」という

映画では全く聞いたことのない設定がアナウンスされたので

全然違う役に改編される可能性があります。

 

確かに、嗜虐的性愛好者な部分をわざわざ見せなくても話は進みそうですけど

それだとキャロルは、主人公の友人(ワル)でセクシーなバーの歌姫って

舞台で居がちな「ただのイイオンナ」になっちゃうわけですが

このあたりは小池氏の腕の見せ所なのでしょうきっと。

 

少年期が意外と長い問題

 

映画を見る前、私はてっきり

少年期編は添え物レベルなのかと思っていたのですが、

意外とガッツリあるんですよね。

 

しかも登場人物の有り様というか、

考え方や関係性がここで明示されているため

バッサリ端折ることも難しそうな感じ。

 

なので制作発表で「少年時代もそのまま演じる」とアナウンスがあったと知り、

個人的には納得でした。そりゃそうですよね、と。

 

問題は、舞台は約130分しかありませんので

私が見た完全版ですら229分もあるのに、

さらに長いエクステンデッド版(251分)を原作にするとすれば

少年期編にどれだけ時間を割けるかが問題となってくるわけですね。

 

しかも話のオチがすべて壮年期編で展開されることを思うと、

むむむ、なんだか構成が難しそうだ。

 

ありがちな展開で考えると、

壮年期で始まり過去への追想で物語が始まる →少年期→青年期で全員が再会し、

この先の波乱を仄めかした(キャロルやジミーが出ちゃう)あたりで1幕終わり

キャロルとジミーの色々が展開→ヌードルスとマックス仲違い→壮年期再会で終幕

 

という感じでしょうかね?

 

ざっくりキャスト予想してみる

 

以上を踏まえて、

超個人的にざっくりとキャスト予想してみると…。

 

ヌードルス:望海風斗

マックス:彩風咲奈

デボラ:真彩希帆

ジミー:彩凪翔

キャロル:朝美絢

 

パッツィ(ヌードルスの仲間の1人):綾凰華 or 縣千

コックアイ(ヌードルスの仲間の1人):綾凰華 or 縣千

ドミニク(ヌードルスの仲間の1人で最初に殺される):彩海せら

モー(酒場の支配人):真那はると

ペギー(娼館の主):舞咲りん(幼少期は別の娘役でもありかも?)

 

バグジー(少年期・チンピラのボス):桜路薫あたり?

警察官(少年期・いろいろ邪魔する人):透真かずき

 

宝石店の主(青年期・強盗される):久城あす

フランキー(青年期・マフィアのボス):煌羽レオ

イヴ(青年期・ヌードルスの愛人):星南のぞみ

マックスの息子(壮年期):眞ノ宮るい

 

 

パッツィ&コックアイの比重が軽くなる場合は正路線コンビに振らず、

別格組(例えば諏訪や久城など)が登板する可能性もありますかね。

 

そして娘役の少なさが気になるところですが…

娼館や赤ちゃん入れ替えるくだりを

果たしてカットせず上演する時間があるのでしょうか。

 

結局のところ、どのエピソードをカットするかで

登場人物がだいぶ変わってきますので

このあたりも小池氏の手腕に期待したいところですね。

 

望海政権雪組の集大成に期待!!

 

ということで2回にわけて長々と雪組公演について書いてきましたが、

あのポスターに、あの舞台制作発表会を見たら

期待値が高まるのは当然ですよね!!

 

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』はきっと望海風斗の代表作に、

そして望海政権雪組の集大成になることは確実でしょう。

今から上演が本当に楽しみです!!

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. ポニョ より:

    私も早速”Once upon a time in America”を視聴しました。まさしく「古き良きアメリカ」を体現した映画ですね(特に哀愁漂うテーマ音楽が素晴らしい)。蒼汰さんのおっしゃる通り、舞台化するにあたっては頻繁に変わる時系列をいかに整理するか、限られた上演時間の中でどのエピソードを取捨選択するかが鍵となりそうですね。今から上演が楽しみです。
    個人的には、映画版でデボラ(真彩さん)の出番が少ないのが気になります。少年期での出会い、青年期でのディナー、壮年期でのパーティー招待のくだりぐらいしから出番がなかったはずなので、出番を増やすかどうかが気になっているのですが蒼汰さんはいかが思われますか?

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      おっしゃる通り、デボラ出番ないですよね。逆にその出会い→再会→別れ→再会の一連の流れは必ずクローズアップし、
      かつこれこそが小池氏が制作発表で話していた「アイロニー」の鍵になりそうかなと思っています。
      その分、物語の転換者としてジミー、キャロルはただの歌姫へ、など、脇のエピソードはばっさりカットor改編しちゃうのかなーと。想像すると楽しいですね。笑

  2. うみひこ より:

    蒼汰さん
    なるほどなるほど。

    ドミニク:彩海せら
    には笑いました。まさに適役ですね。

    モー:真那はると
    そうですね。人の良さを全面に出す結構重要な役ですから。でももしかしたら組長さんかなと思いました。

    ペギー:舞咲りん
    スタイル以外はイメージ通りなんですが、ここは若手を抜擢してほしいです。太めでなくていいなら羽織夕夏さんとか。

    イヴ:星南のぞみ
    仮の愛人だし殺される役ですし、なんとなく小顔娘役の王道でない方がいい気がします。有栖妃華さんとか。歌う場面は無さそうですけど。
    でも潤花さんはどこにきますかね?

    あと自分は叶ゆうりさんの男臭さが見たいので、対立するチンピラの誰かが希望です。例えばジミーを拷問する会社側マフィアの一人とか。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      舞咲さんは確かに迷いました。原作のまま汚れなら舞咲さんだし、ただのダチの1人なら若手もありかなぁと思いますし、どうなるのでしょう。
      イヴも迷いましたねー。ただ新公ヒロ経験者の中だと、彩さんは可愛らし過ぎるし、ひまりさんはか弱いし、潤さんだと汚れ過ぎるから、星南さんかなぁと思いました。笑
      書きませんでしたけど、チンピラ枠は男役が豊富ですよね。笑
      叶さんはじめ、97期以上の男役はみんな迫力あるチンピラが出来そうで、今から楽しみです!!

  3. あやこ より:

    ソウタさんの大予習&大予想シリーズ、大変助かっております。
    マフィアのボス→煌羽レオは、萌え萌えです!笑
    新公キャストにも期待をふくらませながら読みました。
    今後万が一、ネタ切れの際は、舞台化シリーズ大予想もご検討下さい。
    私は、グレイテスト・ショーマン(みんな大好き礼真琴で)と、グリーンブック(登場人物が少ないので難しそうですが、真風&芹香そのもの)を希望しています笑。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      煌羽さんにはオラオラいってほしいですよね。笑
      うわーグレイテストショーマンって礼真琴っぽいー!!個人的にはボディガードを望海&真彩で見たかったですかね…。

  4. つむり より:

    いつも楽しく拝読しております。
    私は映画のノベライズを読みました。面白くて2日で読んでしまいました。もう一度、時間をかけてじっくり読み込むつもりです。

    パッツィらの配役予想は私も同じでした。マックスとジミーの性格から考えると、彩風さんと彩凪さんは逆の方がしっくりきそうな気もします。マックスの息子デイヴィッドの生母がキャロルということにすれば、朝美さんの男役がこのデイヴィッドというのも面白いかもしれません。ファントムのフィリップに少し似た印象でしょうか。

    マックスは、彩風さんが今まで演じてこられた友人像とは違うタイプですので、彩風さんの演技が高く評価されれば、次期トップとして多くの方に実力を認めてもらえるのだろうと考えています。

    彩凪さんは、主人公にまっとうな生き方というものを身を以て示す役なのかしら?なんて妄想しています。

    デボラが舞台に立つシーンがあれば、真彩さんだけでなく娘役さんの出番も増えそうですね。病院のシーンは取り入れられると予想しています。今からとっても楽しみです。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      彩風さんは悪い2番手という意味では、初めての「美味しい2番手ポジ」ですよね。ぜひここで結果を出してほしい!!
      デボラ(あるいはキャロル)の舞台シーンってすげぇありそー。ってかこれでトップ娘役場面を作りそうですよね。
      シーン構成等、考え始めると楽しいですね!!笑

  5. あゆ より:

    私も最初映画を見た時、「ジミー…いた?」ってぐらい印象が薄い役でした(笑)
    小池先生は個性的な役にと仰ってたので、かなり変えてくるのでしょうね。

    映画のエンドロールで、
    ヌードルス
    マックス
    デボラ
    ジミー
    キャロル
    の順番にキャストのお名前が出たので、この5役を主要メンバーにあてるのはあながち間違ってないのでしょうか。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      エンドロールですか、なるほど見てなかったです!!確かにそういわれると主要キャストとしては正解なんですかね?
      それとも日本みたいに出演者の格で並んでいるだけなのかも?うーん、よく分かりません。笑