観劇感想

花組『花より男子』キャスト別感想

花男感想シリーズ、最後はキャスト別感想です。 さっくり参りましょう‼ 前半の全体感想はこちらから。 花組『花より男子』感想 キャスト別ざっくり感想 道明寺司/柚香光 宝塚で道明寺を演じるには彼女でしかあり得んっ‼ というくらいのハマリ役でしたね。 一歩間違えたらお寒いツンデレ芝居を真正面から演じても...
観劇感想

花組『花より男子』感想

SNSや他の方のブログを見る限り 制作発表会の前評判なんて何のその、 結構評判良いっぽいので楽しみにして行ってみたら 普通に面白かった。 そして色んな意味でふり切れてた。 今作はそんな「思い切り」こその成功なんじゃないかと思うわけで、 そのあたりを重点的にさっくり感想、まとめていきます。 色んな意味...
考察

100期・101期の御曹司候補生たち

現在、各組には御曹司候補生と言っても過言ではない 劇団から猛烈なる推しを受けているタカラジェンヌが数名います。 何が面白いって、それがみんな100期生・101期生なこと。 帆純以外の99期生の更なる新公主演が微妙な今、 数年後の人事の駒として動き始まるのは、紛れもなく彼女たちでしょう。 ということで...
考察

トップの座へのタイムリミット

先日の美弥るりか・計画的人事の弊害についての記事ですが 非常に多くの反響を頂きました。 (もっとコメント頂いてるのですか返信が追いつかず…もう少々お待ち下さい) 皆さん声を揃えておっしゃるのは 「遅咲きスターは不利だ」ということ。 まぁ、確かにその通りですよね。 中長期的に人事が動くとなると、 「研...
考察

早霧のDNA、望海のDNA。

『星逢一夜』という作品を久しぶりに見て、 その名作っぷりに改めて感動しました。 脚本の素晴らしさはもちろんですが、それと同時にこの作品のヒットは 何重もの意味を持つ意義深いものだと言えると思います。 ・「和物の雪組」としてヒット作を出したこと。 ・「芝居の早霧」という確固たる肩書き・強みを得たこと。...
考察

美弥るりか・計画的人事の弊害

前身ブログを始めたころ、私は 美弥るりかは絶対にトップスターになると確信を持って言えていました。 それは、私が彼女の純真なファンだからではなく、 彼女がトップにならずして退団することはどう考えても劇団的に悪手であり、 全く持って合理的でない采配だと断言できたからです。 でも結局、彼女はトップに立たず...
最新情報

星組『GOD of STARS』新公主演者決定‼

紅ゆずるの退団公演である星組『GOD of STARS』の 新公主演者が決定しましたね‼ ホン・シンシン:天飛華音(本役:紅ゆずる) アイリーン・チョウ:舞空瞳(本役:綺咲愛里) リー・ロンロン:朱紫令真(本役:礼真琴) 102期生・天飛華音が初主演‼ というわけで今回の新公主演者は これが初主演と...
雑記

宝塚のトップオブトップ論【雑記】

コメント欄にて 「トップオブトップって何だと思います?」的な話題を振られましたので 今回は私の勝手な所見をまとめたいと思います。 といいますのも、実は以前書き溜めておきながら タイミングを逃してずっと掲載していなかった記事の草案がありましたので 特に話題もありませんし加筆修正して掲載したいと思います...
考察

星組・路線も娘役も番手ぼかし継続中?

さて、星組別箱公演のキャスト関係が発表されたので 簡単にまとめていきたいと思います。 有沙瞳の蓋化? まずは瀬央ゆりあ主演のバウ公演『龍の宮物語』のヒロインが 有沙瞳に決定しましたね。 いやー、だいぶビックリしました。(6日ぶり2度目) だって今更バウヒロやります? これってたぶん『ロックオペラ・モ...
考察

愛月ひかる・トップスターへの道

前身ブログからご覧の方は なんとなく薄々お気づきかと思うのですが、 実は私が唯一苦手だったタカラジェンヌは、愛月ひかる。 その理由は「何を言っているのか分からない」という 舞台人として非常に致命的であることが所以だったわけですけど、も。 でもね、ブログを始めてからと言うものの、彼女に限らずですが 舞...
スポンサーリンク