今の雪組を支える四人のスターについて

雪組は今、望海・真彩のトップコンビを頂点に

安定したスター体制が築かれ、

高い人気を誇っているのは皆さんご存知の通り。

 

そんな雪組を支えているのは、

紛れもなく雪組四天王のおかげであると私は考えているのですが…

果たして、誰だか皆さんお分かりになりますか?

 

ここで言う雪組四天王、それは

彩凪翔、朝美絢、永久輝せあ、綾凰華ではありません。

(こっちの正路線四天王もそれはそれで素晴らしいのですが)

 

私が思う雪組の別格四天王、それは、

透真かずき、真那春人、煌羽レオ、久城あすの4名。

 

この4名は現在の雪組男役42名のうち、

組長・奏乃はるとを抜いた路線スター以外の男役

上級生から数えて上から4人であり、

各々の個性を輝かせながら別格スターとして雪組を支えています。

 

本日はそんな雪組別格四天王について

さっくりとまとめていきたいと思います。

 

雪組・別格四天王についての個人的感想

透真かずき(愛称:りーしゃ):91期生

 

まずは組長&望海を抜いた雪組男役の中で

最上級生である透真かずき。

 

彼女は91期生ですから、

同期には元雪組トップ娘役の愛加あゆが在籍していました。

 

当時はトップ娘役の同期として彼女を支え、見送りながら

現在は雪組最後の91期生として今も組を支えています。

 

ここ最近の配役で言えば、

『20世紀号に乗って』ではグローバー・ロックウッドという

ギャクポジハゲおやじで会場の笑いを誘い、

 

『壬生義士伝』では彩風演じる大野を優しく支える直近・佐助役として

雪組の和物の中で柔らかな雰囲気を与えてくれていました。

 

上級生らしい幅の広い様々な役を演じることが多く、

出番やセリフが多いわけではありませんが、

場をきちんと締めてくれる存在として舞台で輝いています。

 

スター揃いの雪組の中で、質実剛健な姿はまさしく「別格スター」。

「和物の雪組」らしい、いぶし銀的魅力を持つ上級生男役です。

 

彼女の持つ熟練の雪男の輝きに、

ぜひ今後も注目してみて下さい!!

 

真那春人(愛称:みっくん、まなはる):92期生

 

雪組のお兄ちゃんこと、真那春人。

92期生同期である彩凪翔とともに、組を支える上級生スターですね。

 

新公主演未経験でありながら、昔から比較的扱いが良く、

雪組別格チームの中では知名度が高い彼女。

 

『琥珀色の雨にぬれて』ミッシェル『義経妖狐夢幻桜』ベンケイなど

主役の近くで「ヤレヤレ…」と困りながらも

助けてあげるような優しいアニキ的な役どころや、

 

『ファントム』ルドゥ警部『壬生義士伝』近藤勇など、

話の筋には関わらないもののワンポイントリリーフ的に登場するような役が多く、

可愛らしく爽やかなビジュアルと声質も相まって、

別格スターの中では覚えやすい存在と言えるでしょう。

 

また、スカステやイベント等では司会進行を任されることが多く、

常識人としてサバサバ上手に場を進行してくれます。

 

これからも雪組の面倒見の良いお兄さんとして、

爽やかな風をもたらし続けて欲しいと思います。

 

煌羽レオ(愛称:カリ):94期生

 

後述の94期生同期・久城あすとともに

雪組を支える典型的別格スター・煌羽レオ。

 

彼女はその安定した歌唱力や芝居力もさることながら、

特徴的なビジュアルと声が印象に残るスターです。

 

『凱旋門』マルクス・マイヤー役、通称「死の鳥」なんて

オールバック&スーツ姿で、一筋縄ではいかない食えない存在を見事演じ切り、

まさにドンピシャな役どころだったと思います。

 

『ファントム』では綾の対となる劇団員・リシャール役を、

『壬生義士伝』では新選組を途中で裏切る伊東甲子太郎役など、

最近の本公演ではその実力を買われて比較的目立つ役を振られることが多いです。

 

レビューで言えば、『Gato Bonito!!』のタンゴのシーンでは

黒燕尾姿で熱唱する姿が本っ当にカッコ良くて、

何度見ても「THE・宝塚だな」って思ってしまいます。

 

また外箱公演では、成績上位者だからかポジションが繰り上がることも多く、

全ツ『SUPER VOYAGER!』のパレードでは中央で歌ったりもしています。

 

別格四天王の中ではクール&スタイリッシュなビジュアルで、

安定した実力を持つ2枚目的ポジションの彼女。

 

スター揃いの雪組の中で、別格2枚目スターとして輝く彼女を

今後もぜひ見てみて下さい。

 

久城あす(愛称:あす):94期生

 

前述の94期生同期・煌羽レオとともに

雪組を支える典型的別格スター・久城あす。

 

キレ長キツネ顔の煌羽とパッチリお目めタヌキ顔の久城という、

94期別格コンビの並び、個人的に大好きなんです。笑

 

彼女もまた、高い歌唱力と安定した芝居で

雪組を支える別格スターの1人。

 

『Gato Bonito!!』では中詰め後の一場面をソロで歌いきったり、

『Music Revolution!』でも銀橋に出てきて朝美·真那と歌ったりと(訂正しました)

現体制ではその歌唱力が高く評価されていることが分かります。

 

芝居では、特に別箱公演で話のキモとなる存在を演じることが多く、

『義経妖狐夢幻桜』では白塗りの悪役・エイサイを、

『20世紀号に乗って』では大オチとして笑いを誘ったドクター・ジョンソンを

それぞれ演じ、作品に奥行きを持たせてくれました。

 

『壬生義士伝』では谷三十郎に濡れ衣を着せられる

小川信太郎役を演じていましたが、

切腹シーンはまさに鬼気迫る迫力で、大変見ごたえがありました。

 

普段は柔和な印象なのに、

舞台では何色にでも変えられるその存在は、

別格スターとしての素晴らしい素質と言って過言ではないでしょう。

 

今後の更なる活躍に期待したいですね。

 

雪組・別格四天王に要注目!!

 

さて、この透真・真那・煌羽・久城の4名には共通点があって、

それは早霧主演の雪組公演『るろうに剣心』において

御庭番衆の4人組(癋見・式尉・火男・般若)を演じていたということです。

 

白塗り黒装束姿でジャニーズばりに歌って踊る姿は今見ても面白いですが、笑

和物の雪組としてシリアスな存在でありながらも

宝塚という夢々しい世界観をアクロバティックに構築する姿は、

まさに別格スターとしての誇りと品格を感じさせます。

 

そして上記の通り、直近の『壬生義士伝』では

透真は、大野次郎右衛門を優しく支える佐助を、

真那は、新選組を人情味と少しの威厳でまとめる近藤勇を、

煌羽は、新選組の参謀として活躍し、後に裏切るクセ者の伊東甲子太郎を

久城は、身内に裏切られ切腹する小川信太郎をそれぞれ演じていました。

 

各々が自身の持ち味を生かし、雪組という箱の中で輝きながら

組全体を支える屋台骨として活躍するということ。

まさに彼女たち4人は別格スターの鏡だと言えると思います。

 

雪組が今、常に素晴らしい公演を魅せてくれるのは、

彼女たちのような別格スターがいるからだなと

『壬生義士伝』を見て改めて思いました。

 

舞台は、主演や2枚目だけでは成立しません。

彼女たちのような別格スターにも

ぜひ皆さんに注目して欲しいなと思います!!

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. あやこ より:

    いつも楽しく拝読しております。

    かくいう私も、
    望海真彩の七色ボイスにうっとりし、
    あやあやあーさの美貌にはしゃいだ後、
    別格四天王を知る頃には、
    雪の魔法が解けなくなったのが、ここまでの一連の流れです 笑。

    個人的には、
    まなはるの暑苦しい演技(やたらと多い大声シーン)と
    レオ様のナチュラルなチンピラ感(それでいて上品)が大好き。
    彼女達のセルフプロデュース力には脱帽しますし、腐らず、おごらず、別格スターとして研鑽を積んでいる事を、本当に尊敬します。
    そしてこの4人、上級生特有の圧迫感がない。引くべきところや魅せ方を研究されているのでしょうね。

    各組 別格特集(?)も期待しています。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      私も全く同じ流れで雪組メンバーを好きになっていったのでよく分かります。笑
      真那さんのヤンチャ感と煌羽さんのロイヤルチンピラ感、それぞれ魅力的で本当に素敵ですよね。
      確かにおっしゃる通り、上級生らしい圧迫感がなく舞台上ではナチュラルな存在ですよね。それも研究だと思うと、本当に凄い…。
      別格シリーズは組構成を研究しないと書けなそうなので、頑張って調べようと思います。笑

    • カラビナ より:

      久城あすさんはMRで娘役さんを引き連れて銀橋で歌っていないと思いますが…何方かと間違えていませんか?

      • 蒼汰 蒼汰 より:

        コメントありがとうございます‼
        どうやら煌羽さんと間違えてようです…すいません、訂正させて頂きます。

  2. みま より:

    上から数えるなら93期の咲ちゃんも抜いてあげてください

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      た、たしかに…。彩凪翔さんもですね。笑
      ちょっと表記を考えてみます。

  3. なか より:

    ブログ当初からの愛読者です。
    毎回更新を本当に楽しみにしています。
    拝読する専門で、コメントはしないつもりだったのですが…思わず…。

    いやぁ〜。脱帽です。
    雪組大好きの私が、大好きが故に何か…何か…と、感じながら解釈出来ずにいた事を。こんなにスッキリと‼︎。ありがとうございます。

    スター制の宝塚。
    トップさんは絶対的な存在。
    でもトップさんはピラミッドがなければ存在できない。
    ピラミッドを構成しているのが、将来のトップを目指す生徒だけだったら路線から外れた時は離脱。それでは組織は成り立たない。

    其々の立ち位置で其々が存在する。
    その存在の位置付けに価値を見出す事を担うのが観客。一回だけの観劇ではなく、生徒達や作品に寄り添う観客。その観客もまたピラミッドを支える一員。

    組織の中で各人が駒ではなく存在する。
    それが上手く機能すると、人は輝く。

    百年以上続いている意味の一端を見たきがします。

    ありがとうございます。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      「観客もまたピラミッドを支える一員」…確かに、おっしゃる通りですね。
      真ん中に立つべく人間だけでは組織は成り立たないわけですが、
      その脇に立つ人間に価値を見出すことが出来るのが私たち観客だと思うと、なんだか感慨深いですね。そして同じ、これが100年続いてきたと思うと。
      長くブログをご覧頂いているとのこと、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。^^

  4. やまと より:

    先日コメントしたものです。
    もう別格シリーズが……しかも贔屓組の……!大変嬉しく、じっくり読ませていただきました。

    下級生時代も新公主演まであと少しの位置にいた方も多かったので、御曹司一強方式に阻まれて新公を卒業されたのは少し残念でした。ですが、だからこそ上級生スターにありがちな「蓋」オーラを感じさせないのかなと思うと何が吉と出るかわからないものですね。
    あんなに可愛らしかったのにそれぞれ味わいのある男役さんになられて……。雪組に深みと渋みをもたらしている影の功労者たちですね。

    はじめはトップさんや路線のスターさんに惹かれて観劇し、いつの間にやら別格のスターさんにまで虜になって抜け出せなくなる……という流れは宝塚の定番なのでしょうが、別格四天王恐るべしです。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      この記事の構想は半年ほど前からあったのですが、頂いたコメントを拝見したときに「今だ!!」と思い立ち一気に書きあげました。
      雪組がご贔屓とお聞きしたので、薄っぺらいと思われてしまうかと心配していましたが読んで頂けて嬉しいです。笑
      現存する当時のブログを読むと、94期コンビは新公主演を結構望まれてましたもんね…。
      下級生だと思っていたスターがいまや中堅として組を支えていると思うと、ずっと応援している方からすると感慨深いでしょうね。
      知れば知るほど深みにハマるのが宝塚の魅力なのかもしれません。笑

  5. ちぐみ より:

    私もこの4人の力量が雪組公演の質を高めていると思います。
    久城さんのところに、Music Revolutionで娘役を引き連れ銀橋にと
    ありましたが、それは煌羽さんです。
    久城さんは、朝美さんを真ん中に真那さんと3人で歌ってました。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントとご指摘ありがとうございます‼
      そうでした、何を勘違いしていたのだろう…すいませんでした。訂正させて頂きます。

      • しゅてふぁん より:

        蒼汰様

        楽しく拝読させていただいております。今回の記事も、なるほど~❗と共感させていただきました!望海さんがきっかけで見始めた雪組さんですが、今は雪組さんがまるごと大好きで雪組沼にはまって抜け出せません(笑)。

        蒼汰様があげておられる四人の方は、それぞれ毎回素晴らしい活躍で舞台を締めてくださってますよね。お役の振れ幅にも毎回驚かされます。透真さんの佐助は本当に素晴らしかった!
        今回、壬生義士伝については、八木さんを演じられた桜路さんもいい味を出しておられましたね。少い出番でしたが、みごとな京都ことばとはんなり感で、舞台が京都だということを観客に示してくださったと思います。四人の方とは体格やキャラクターがかぶっておらず、地味ですが貴重な男役さんではないでしょうか。
        観劇の満足度は(真ん中の方々が魅力的なのは大前提として)、周りの方にかかっていると思っているので、今の雪組さんはとてもいい状態だと感じています。どなたかも書いておられましたが「蓋」感がないのもよいです。

        他組についてよく存じ上げませんので、同じテーマでまた取り上げていただけると嬉しいです。

        最後に、雪組さんお正月公演、願わくば中堅以上の娘役さんにももっと活躍の場があることを期待しているのですが、また題材的に難しいのでしょうか?

        これからもブログを楽しみにしております。

        • 蒼汰 蒼汰 より:

          コメントありがとうございます‼
          95期生の桜路さん、まさにこの別格四天王のフォロワーとして活躍されてますよね。
          名前を挙げようか迷いましたが、まだ若いかなぁと思って今回は止めたんですけ、ど彼女もまた徐々に出番が増えてきて素敵に輝いている印象です。
          トップが人気があれば確かに一部ファン的にはオッケーなんだと思いますけど、やはり舞台の質としては組子全員がいかに輝くかだと思いますので
          そういう意味で今の雪組は本当に良い感じですよね。
          雪娘は朝月さんが抜け、星南、彩、ひまりとかわい子ちゃん多めですよね。次作は題材的に難しそうですが、外箱か次々作でどうなるか…期待したいですね。

  6. はっちゃん より:

    こんにちは!初めまして、よろしくお願いいたします。

    ほぼ毎日一番に見たいブログです。
    私は、主婦でマネー的にはすべての組を観ることはかないませんが(もちろん、当たらないということもあり)、今は雪組がかなりお気に入りです。
    いつもほぼ「同じ気持ち!」と思わされることが多いですが、今回は特に秀逸な内容ですね。特に透真かずきさん!本当におっしゃる通り、雪組のスターさん以外を熱心に見てなかった頃にもスカイステージで常にピンポイントで心に残る方です。記事に賛同いたします。

    蒼汰さんと同じく、朝美絢さんがお気に入りですが、今回は特にハートを持って行かれてしまいました。かなり重症のあーさ症候群?でございます。
    これからも素敵なブログ楽しく拝見したいので、更新よろしくお願いします。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼お褒めの言葉をいただき恐縮です。
      透真さんも朝美さんも、そして雪組生皆さんも本当に素敵なスターさんたちですよね。
      これからもぜひ一緒に応援していきましょう!!どうぞよろしくお願いいたします。^^

  7. ゆきさ より:

    今回も読みごたえのある記事ありがとうございます!

    そうか!雪組の作品はとても見ごたえがあるんです、どの作品も!
    別格四天王の存在が本当に作品に重厚感だったり、深みを与えてくれて、感動の淵に誘われてしまうのですね。

    私は雪組のトップスターさんが一番ファンなのですが、それだけでなく「雪組」の舞台がとても好きです。

    最近の作品で言えば、
    壬生義士伝のりーしゃ様演じる佐助がとても雰囲気があって、傷ついた吉村が大阪の蔵屋敷に転がり込んで来た時に、必死に大野に情けを請う姿に涙腺が余計に緩んで、あのシーンは涙が止まりませんでした。
    久城あす様の切腹のシーンも危機迫るものだった!

    雪組には
    素晴らしい上級生の方たちがいること、忘れてはなりませんね!ショーでもギラッギラに輝いていて、特にカリ様が出てくると心拍数あがりますし、まなはる様はもう包容力の塊!お兄ちゃん!

    雪組が充実していると言われるのは、上級生の層が厚く、作品の質が高いのもあると思います。

    またブログ楽しみにしています。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      あそこの佐助のシーンは本当に泣けましたよねぇ…そして煌羽さんのギラギラは私も大好きです。笑
      路線スターがたくさんいることはもちろん、上級生として別格組が屋台骨として支えているからこその雪組クオリティですよね。
      いつまで現体制が続くかは分かりませんが、少しでも長くこの「雪組の質」を個人的には楽しみたいです。
      これからもよろしくお願いいたします!!

  8. 松本典子 より:

    「雪組を支えるのは御庭番衆だ説」
    まさかソウタさん(漢字変換できなくてすみません)も思ってらしたとは!

    嬉しいです。

    「星逢一夜」「Greatest Hits」の中日公演でショーの客席降りで透真かずきがハイタッチ時に手を「きゅっ」としてくれてからのりーしゃファンです。

    芝居では、
    腰の低い番頭さんが多いりーしゃが、
    ショーでキラキラしてるのにキャーキャーしています。

    実力のある上級生が、
    当然のように存在しているのは、
    ほんとにありがたいです。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      御庭番衆組、本当に魅力的ですよね!!直に触れあわれたなんて羨ましいですー。
      実力ある上級生さんとしてこれからも活躍して欲しいですねー。いつまで見られるか分からないですが、最後まで応援したいです!!

  9. はる より:

    今回もスッキリさせて頂き有難うございます。
    出戻りして1年経ちましたが、久しぶりに観始めた雪組で当時は下級生だった彼女たちが随分と良い味を出すようになったんだなぁ〜。と思っていた所でした。ちょいちょい良いところで目立つ場面を与えられてきっちり役割を果たすって実は難しいので粛々と勉強しながら経験を積んでいるのでしょうね〜。お芝居、安心して観ていられます。

    専科も人数が減っているので組子の上級生で脇を締める、舞台に厚みを出してくれる方々はとても貴重だと思います。
    おっしゃる通りスターやスター候補生だけでは見応えのあるお芝居は作れません。毎回、この方々はどんな役なのだろうと思って意識的に観始めた所でした。うまいネーミングですね。

    次回公演も楽しみにしてます。
    が、全ツもKATTもチケットが、、、泣

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      まさしく組子さんが専科生の役割を持てるくらい、クオリティを維持していることを思えば凄いことですよね。
      しかもその組専属なわけですから、状況が分かってるがゆえにより質の高い舞台が構築できるという…。
      そういう意味でも今後のさらなる活躍に期待したいところです。
      私もチケットが…泣

  10. らんらん より:

    いつも大変楽しく拝見させていただいています。ずっーと思っていたことを記事にしてくださりありがとうございます。笑 まさに記事にされてること全てに同感です。雪組の一人っ子政策でなければ誰かは新公主演していたと思いますが、していないからこそ「路線落ちして別格になった」なんて言われず思わせず、その場所で輝いていると思います。皮肉ですけどね、、。でもカリなんかは全ツではパレードの階段も降りてきますし、みなさん別格とはいえキラキラスターオーラしてますよね。FNSにも出てましたし。
    この4人がいるから正路線のスターを要所で使えてさらに厚みのある組なっていると思います。さらにこの4人のポジションに収まりそうな下級生もそろそろ出てきてるのが雪組強いなーって思います。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      もちろんファンとしては新公主演して欲しかったでしょうけど、現在各々がそれぞれの場所で輝いてることを思うと、
      本人たちの努力のおかげですが本当に凄いなぁと思います。
      桜路さん、諏訪さん…実力派中堅スターが多くひしめいてますもんね。これからの雪組も楽しみです!!

  11. ちばらきの男S より:

    個人的には、綾凰華さんが路線から外れていき、縣千がどんどん上がってくると予想しています。