柚香光&礼真琴トップ就任に見る人事の答え合わせ

柚香光さん、礼真琴さん、

改めてトップスター就任決定、本当におめでとうございます。

 

95期生のトップランナーとして走り続けてきた2人が

まさにWトップオブトップ体制として、

これからの宝塚を牽引していくことになるわけですね。

 

…なんて堅苦しい話はこれくらいにして、

言わせていただきましょう。

 

「 で し ょ う ね 」。

 

まぁそう思っていましたよ。

若手時代からずーっと競わされてきたライバル関係であったこの2人が

ほぼ同時にトップに立つだろうなって。

 

落下傘?無い無い、絶対無いって。

今の劇団がそんな非効率なことするわけなんかない。

 

ということで本日はそんなトップ人事の答え合わせをしていきましょう。

 

トップ人事の答え合わせ

 

まず、人事の大前提として

普通は2番手スターがそのままトップスターに繰り上がります。

 

だけどのっぴきならない事態が起きた時のみ、

落下傘が起きたり、飛び級でトップに就任したりするわけですよね。

 

ですから、普通に考えれば

2番手羽根を背負った「正式な2番手」である柚香と礼が上がるのは当然のこと。

 

でも、そう順当にいかないのが

宝塚人事の面白いところでもあるわけで。

 

 

ですが、今回の2人のトップ就任が順当であることが

分かりやすく暗示されていたのは

事前に娘役人事が動いていたことでしょう。

 

華麗なる花娘全面戦争を起こしていた舞空瞳と華優希ですが、

華は従来通り花組の1作前引き継ぎのため先に就任、

舞空は真彩・咲妃・花乃同様、前任退団1作前合流で星組へ組替え。

 

華は『はいからさんが通る』で

既に柚香との芝居と見栄えの相性が良いことは実証済み。

 

舞空が組替えしたということは、

トップは自組から上がる可能性が高いことの示唆。

 

以上を踏まえ、柚香と礼がそのままトップ就任するだろうなぁと

ほとんどの方が予想できていたのではないでしょうか。

 

 

とはいえ、芹香(or美弥or凪七)落下傘説が立ち消えなかったのは、

ひとえに柚香が舞台技術的にトップに立てるか否かを

心配する声が絶えなかったからです。

 

ですが、芹香に関していえば

芹香宙組組替えにより愛月ひかるが専科に異動した

⇒芹香が花or星に落下傘してしまったら桜木みなとが2番手に上がる?

という問題が起きますので、

彼女が再組替えすることは人事上ほぼ間違いなく起きないと言えたと思います。

 

さらに言えば、宙組はこれまで

トップ就任時に他組の御曹司が2番手として組替えしてきて、その後トップ就任

を繰り返してますので、まさにその通りに人事が運んでいたということでしょう。

 

彼女に関して言えば、宙組組替え後の方が

明らかにスターとしての魅力が増し、生き生きとしていますので

このまま順当に上がる方が本人の、そして宝塚全体のためだと言えると思います。

 

そしてご存知の通り、

凪七はまだ正2番手扱いでありませんのでどこにも落下出来ないし、

唯一降れる存在であった美弥るりかは退団を選んだ。

 

彼女が月組以外でトップになれなかったのは

この柚香&礼の同時就任が控えてたからに他ならないとも言えるわけで…。

 

つくづくタイミングが合わなかったんだなぁと思いますし、

やはり彼女が上がるとすれば月組でだったんだろうなぁと思います。

(蒸し返してごめんなさい)

 

同時就任に舵を切った2017年夏

 

ところで、この柚香&礼の同時就任ですが、

一体いつからこの人事に舵を切ったと思いますか?

 

上層部がいつ決定したのかは分かりませんが、

人事上動き始めたのは今から約2年前、2017年の夏だと思います。

 

とりあえず当時を年表でまとめると以下の通りです。

 

【2017年

6月~8月『邪馬台国の風』華優希が新人公演初ヒロイン

7月7日:芹香斗亜、天彩峰里ほか合計7名の組替えが発表

7月~8月:『阿弖流為』礼真琴が東上初主演

9月~12月:『ベルリン、わが愛』星蘭ひとみが新公初ヒロイン

10月:『はいからさんが通る』柚香光が東上初主演、華優希が初ヒロイン

10月:『ハンナのお花屋さん』舞空瞳がハンナ役(タイトルネーム)に抜擢

 

 

全ては芹香の宙組異動に始まります。

彼女が動くということは、次に2番手に上がる候補であった柚香と愛月のうち、

柚香を先に2番手にしたかったという劇団の意思に他なりません。

 

そして柚香をただ2番手にしたければ彼女が宙組に動けば良かったのに

そうでは無く芹香を動かしたということは、

愛月の顔を立てたという意味ももちろんですが、

柚香を花組でトップにしたかったという強い意思の表れだと思います。

(つまりこの時点で芹香を花組に戻すつもりなんて毛頭無いとも読めます。)

 

さらに同時進行で、

95期生2人の相手役を探さなければならない。

 

なので、学年差を考え100期生以下の娘役に場を与え始めます。

(※このあたりは次の娘役主体の記事で詳しく解説いたします)

 

 

面白いのは、この2017年夏に今回の人事に登場する主要スターたちが

全員何かしら動き始めているということです。

 

柚香・礼の初東上はもちろん、

華優希が彗星のごとく現れ、いきなりヒロイン系娘役として主戦場に躍り出たり

(なんせこの数か月後にはメリーベル)

舞空瞳が新公ヒロすらしていないのに、明日海主演の外箱で娘2ポジを演じたり。

 

これは偶然でしょうか?

もちろんそんなわけはありません。

 

この2017年は紅ゆずるのトップ始動年。

任期5作のカウントダウンが始まったわけですよね。

そして芹香が異動した段階で、明日海の任期ももう決まっていたはず。

 

そう、つまりトップ人事に関しては

この頃からだいぶ計画的に進んでいたのだと思います。

 

以前、何かで「舞台の契約等の関係で2年位前から色んな物事が決まる」

という内容のことを聞いたことがあるのですが、

まさにそんな感じだったのかなーと思わなくはなかったり。

 

そしてその通りに事業計画が進んだ、

もとい95期生の2人は結果を出したとも言えるわけですね。

 

宝塚は新時代へ‼

 

柚香光と礼真琴は95期生というブランドのトップランナーとして

2人が先陣を切って走り続けてきました。

 

ですから、ここまできたら同時就任した方が絶対に面白いし

今の劇団のノリからすれば絶対に就任させるだろうなと思っていました。

(という内容の記事を書いたのがコチラ)

宿命のライバル・柚香光 vs 礼真琴

 

これからは聖子と明菜、浜崎と宇多田のように、

光が強くなれば影もまた濃くなるように、

競い合いながら宝塚をさらなる高みへと進化させていって欲しいと思います。

 

しかし持っているのは宝塚歌劇団、ならびに小川理事長でしょう。

2人が2019年に同時にトップにすることは非常に計画的に進めてきたわけですが

元号が変わるタイミングまでは読めなかったはず。

 

しかも新元号が「令(レイ)和」だなんて…

本当に持っているなぁ、怖いくらいに。笑

 

ということで本日は答え合わせをメインに記事を書きましたが、

次はその裏側、娘役視点での人事考察をまとめたいと思います。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. miwa より:

    いつも楽しみに拝読しております。
    今後の95期爆上げに伴う92期・93期の動きや扱いについて、考察やご自身の思いなどございましたらぜひお聞かせ願いたいです。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      端的にまとめると、芹香彩風は順当トップ昇格、彩凪は本人が納得のいくタイミングで退団(望海退団の前後になるかな?)
      鳳月も珠城政権が安定するまでは別格として重宝される…という感じになるでしょうかね。
      93期に関しては別途外箱公演考察でまとめようと思います‼

  2. M.S より:

    いつも、次が待ち遠しい連載小説のように、更新を楽しみにしている50歳台の女性です。
    書いてある内容がいちいち腑に落ちて、特に人事に関しては、スッキリ気持ちが落ち着きます。
    巷では、95期生トップ揃い踏みと言われてますが、トップというよりは、2番手95期生揃い踏みの方が現実味があるように思います。
    もし、水美舞斗くんと瀬央ゆりあくんが、それぞれ花組と星組で2番手になったらの話ですが。
    そうすれば、近い将来、宙組と雪組でも、ほぼ同時に93期生がトップになり、その時に、桜木みなとくんと朝美絢くんが2番手になる。
    もちろん、月組では、既に月城かなとくんが2番手です。
    トップのうち2人と、2番手5人が95期生って凄いなあ、と、思った次第でした。
    星組と花組次第ですね。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼お褒めの言葉をいただき恐縮です…。
      確か71期も2番手だかの時に揃い踏みになったんでしたっけ?そう考えると5組でそれが実現しそうな95期って凄いですよねー。
      果たして水美&瀬央がどういう扱いになるのか、注目ですねー‼

  3. ちょっこー より:

    おもしろいですわー。

    事業計画どおりにコトが運ぶ気持ち良さ!
    非常に見てて気持ちが良いし、非常に美しさを感じる。

    なんとなくいつか、ではなく狙って今のタイミングなのだと思うと非常に興味深い。

    任期5作のカウントダウンが始動した瞬間から始まるとは。。。

    まさに経営者だなと。

    同時に、ここまで分析できるのも経営者目線があるからこそ。
    参りました!

    早く次の娘役の答え合わせが見たい!

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      計画的に事が運ぶのは見ていて本当に面白いですよねー。まぁ何よりもその期待に応えているスターさんたちがいるからこそなのですが…。
      やっとこさ記事を上げましたので、どうぞご覧くださいませ。^^

  4. YS より:

    考察面白く拝読させていただきました。
    娘役編楽しみにしています。
    個人的には当初爆上げしていた音くり嬢が、実力は凄いけどスターの華が全くない、と判明し別の候補を探さざるを得なくなり、華嬢の華(シャレじゃないですw)を見込んで次期娘1に決めたものの、実力が追いつかないうちにトップ娘役に就任する羽目になってしまった、みたいな…華嬢はトップになるべき人だと思いますが、その辺は不運な気もします。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      音さんは実力は凄いですけども、やはり見た目が…(ごめんなさい)。
      ビジュアル系娘役の中でも華さんはだいぶ期待に応えている方だと思いますので、ぜひトップに立った後も頑張っていただきたいですね。

  5. はる より:

    今回もお見事な考察でした!!
    答え合わせっぷりがまた面白くて引き込まれました。

    柚香さん&礼さんの95期トップは宝塚105周年の伝統と深化の中、生まれたトップスターさん達ですね。
    まだ生では見たことがないので是非、拝見したいと思います。

    次期トップスターが決まり退団発表も続いております。
    そろそろ大きな組み替えなどあるのでは?と個人的には思っております。
    蒼汰さん、管理人さん、劇団の関係者が見てるかもしれないので斬新な
    アイディアが浮かんだ際はブログによろしくお願い致します!笑

    最後になりますが
    礼さん、柚香さんトップスター就任おめでとうございます!!

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼まぁ私にそんなパワーは無いのであれですが…笑
      105年の歴史の中で生まれたライバルトップ、非常に面白そうですよね。今後が本当に楽しみです。
      個人的には大規模組替えは起きないような気がするんですよねー。足りないのは星の頭数くらいですから、補填するかなぁくらいの印象ですが…果たして?

  6. あやこ より:

    ソウタさん こんにちは。
    いつも楽しく拝見しております。

    男子高校生の部活帰りよろしく(誉めてます)宙組で、のびのび活躍されている芹香さん。『レイレイトップ』(?)に導く、2年に渡る壮大な伏線ですね。
    技術不足?大丈夫。きっと、なんとかなる(なんとでもする)んです。ハンカチ王子の斎藤と、今やメジャーの田中です(我ながら、絶妙な例え。。。あんまり書いたら怒られそうです。。。ごめんなさい笑)

    個人的には、愛月さんの異動も『これから就任するであろう若いトップ2人を支えてほしい』という意図を感じていました。

    全ては綿密に計画され、リンクしているのですね。なんとまぁ、強靭な組織と人材開発。

    当分は、お忙しくなりそうですね笑。
    これからも楽しみにしています。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      いや本当に芹香さんは宙組でのびのび活躍されていて、彼女&ファンのためにも本当に良かったなと思いますね。
      愛月さんもそのような感じでしょう。そして不測時のためのトップスペアとして待機中…緻密に計算されてますよねぇ。
      記事を書くのが追いついていませんが頑張ります‼笑

  7. おすぎ より:

    こんばんは。

    トップ人事に絡んだ考察シリーズ記事、早く続きが読みたいです。
    個人的には、他ブログで読んだものですが芹香落下フラグ(というよりは柚香否定フラグ)として書かれていた
    ・歌劇の2018正月ポートでの芹香先頭掲載
    ・グラフの2番手ポジション表紙ノルマを柚香が未消化
    について蒼汰さんのお考えが聞きたいと思いました。
    星は言わずもがな、花も順当だろうと思っていたので、逆に出版物での扱われ方がいたずらに落下傘説を後押ししていたような気がして。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      歌劇のはよく分からないのですが、ようは2番手の格としては芹香が一番だけど、それは優先トップにするという意味ではない、という感じでしょうか。
      以前のように枠が空けばポンポン上げるのではなく、きちんと組の流れを重視する風潮になっていますので、2番手の序列はアテにならないのかなぁと。
      グラフは…よく分かりません。笑
      いずれにせよ「フラグ」ってこちらが勝手に思っているだけのものですから、それが人事に影響することは無いということなんでしょうかね。