ついに東京宝塚劇場も再開へ!!

おー、ついに東京でも再開するとの報が届きました。

正直もっと後かなと思っていたのですが

宝塚大劇場との日程調整を鑑みるに、こんなもんかなぁという感じですね。

 

ついに東京宝塚劇場も再開へ!!

 

公式ホームページはこちらから

宝塚歌劇公式ホームページ
星組 東京宝塚劇場公演『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』...
https://kageki.hankyu.co.jp/news/20200626_2.html
星組東京宝塚劇場公演『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』につきましては、政府および自治体等による新型コロナウイルス感染拡大予防のためのガイドラインに基づき、施設内の感染
宝塚歌劇公式ホームページ
星組 東京宝塚劇場公演 出演人数について | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
https://kageki.hankyu.co.jp/news/20200626_3.html
星組東京宝塚劇場公演『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』では、舞台上および舞台裏での密集状況を避けるため、1公演あたりの出演者を減員するとともに、演出を一部変更します。

 

大切だと思う部分を抜粋すると、

 

■公演期間:2020年7月31日(金)~9月20日(日)

 ※8月14日までは、1日1回(13時30分公演)のみ。

■1公演あたりの出演者の減員(AチームとBチーム編成)、演出を一部変更。

■第1抽選方式:7月13日(月)10:00~7月14日(火)23:00

 

こーんな感じ。

 

全日程出演組は、配役に名前がある人たちということでしょうかね?

新公主演学年はそれこそ「路線候補」しかいませんので

別の意味で分かりやすい表だなぁと思わなくもなかったり。

 

今後のスケジュールを勝手に逆算する

 

以上を踏まえ、今後の東京宝塚劇場のスケジューリングを予想すると、

 

花組『はいからさんが通る』:10月上旬~11中旬

月組『ピガール狂騒曲』:11月中旬~12月末

あるいは花組『はいからさんが通る』:10月中旬~12月上旬

月組『ピガール狂騒曲』:1月以降になるのかな?

→公式に東京は月組公演まで上演予定としっかり書いていました。笑

お詫びして訂正致します。

 

こう見ると星組公演より花組・月組公演は日程が短くなるわけですが、

10月以降は新型コロナも落ち着き、通常の1日2公演ペースに戻すから

帳尻は合うという目算なんでしょうかね。

 

コロナは冬になると猛威を振るうという噂も聞きますが…

その頃までに落ち着いてくれるといいですね。

 

素直に再開を祝したい!!

 

とはいえ、とりあえず公演が再開して一安心。

いやー長かったですねー。かれこれ約5ヶ月ですか?

 

もちろん、チケットは激戦でしょう。

果たして1枚くらいはゲット出来るのでしょうか…。

 

ちなみに私は面倒臭がりで某カード先行申し込みをキャンセルしていなくて

『ピガール狂騒曲』も『アナスタシア』もちゃっかり当選。

 

逆にこれからキャンセル手続きをしなくてはならないので

ちと面倒だったり…まぁ嬉しい悲鳴ですけど。

 

そして公演が動くとなると

様子を見ながら人事関係も発表でしょうかね?

 

私が知りたくて知りたくて堪らなくて生殺し状態なのは

暫定2番手組の舞台写真の枚数がどう増えるかなので、

はよそこまでたどり着いて欲しいなと思ってます。笑

 

とにかく良かった!!

このまま無事再開されますように。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. えりえり より:

    蒼汰さま、こんばんは!東京公演再開の報、本当に良かったですね!
    蛇足になるかもしれませんが、スケジュールに関しては、公式さんによると、「…年内は、花組公演『はいからさんが通る』、月組公演『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』の上演を予定しております(下略)」だそうです~
    (これで100期生の新人公演(特にロミジュリと桜嵐記)、更に厳しい状況になるでしょう…)

    • 蒼汰 より:

      コメントとご指摘ありがとうございます‼ほ、本当だ…!!書いてありましたね。笑
      お詫びして訂正させて頂きます。
      100期生の新人公演…どうなるでしょうねぇ。アナスタシアまでなのかな?