夢白あやを推す理由【雑記】

まず最初に書いておきますが、

私たちが今最も注目している(応援している)娘役は、

宙組の103期生、夢白あや。

 

先日、現在の娘役事情についてまとめた記事を執筆中、

現トップ娘役たちの任期を考察する

改めて彼女の魅力について考えさせられましたので

本日はそれをまとめていきたいと思います。

 

夢白あやの武器:美しさと芝居力

 

夢白あやの最大の武器、

それはクラシカルなクールービューティー系美人であることでしょう。

 

現在、トップ娘役だけでなく、娘2ポジに至るまで

下膨れタヌキ顔系の娘役が本当に多いんですよね。

 

美園、真彩、舞空、星風、城妃、朝月、メイクをした状態の華。

みんな頬ぷっくり系というか、お目々ぱっちり系というか、

世俗的な表現をすれば「ロリ系」の顔立ちをしている人たちばかり。

 

その中で、スッキリとした面長な輪郭に切れ長な瞳。

すらりとしたスタイルに色の白さも相まって、

彼女はとても大人っぽい美しさを持つ娘役だと思います。

 

この可愛らしい系ばかりの娘役戦線の中で、

儚い綺麗系のビジュアルを持ち合わせるというのは、

一つの大きな強みだと言えるでしょう。

 

 

そして舞台上のスキルにおいて、

彼女の武器は、その高い芝居力。

 

「芝居力」というのは人の好き嫌いが反映されやすく、

評価が分かれるものだとは思いますが、

彼女は「憑依型」の芝居が出来る、稀有な姫役者だと個人的には思っています。

 

以前も別の記事にも書きましたが、

個人的に一番印象的だったのは、宙組公演『異人たちのルネサンス』より、

少女期のカテリーナが夢の中でレオナルドに呼びかける、冒頭のたったその一言。

 

「レオナルド!!」という、あのセリフ回しが、

本当に少女が夢の世界で呼びかけたかのように感じられて、

客席で鳥肌が立ったのを今でも覚えています。

 

残念ながらスカステ映像でしか拝見していないのですが、

『神々の土地』新人公演でのヒロイン・イリナ役を演じている姿を見るにつけ、

その安定した芝居は、組配属後1作目とは思えません。

 

さらに歌唱力とダンスに関しては、

破綻しない程度の実力を持ち合わせており

以上を踏まえると、非常に平均レベルの高い娘役だと言えると思います。

 

夢白あやの武器:普遍的な娘役力

 

以前の記事で、

「潤花は彩風咲奈用にしか見えないけど、夢白はどこへでも輸出出来そう」

という旨を書いて思ったのですが、

 

劇団が夢白あやを推す理由って

この誰がトップスターであっても相性良く舞台に立てそうという

この普遍的な娘役力だと思うんですよね。

 

例えば、現在のトップ候補生の中で考えてみると…

 

芹香とは同じキレ長キツネ顔同士、スタイリッシュな舞台を見せてくれそう。

彩風とはほんわかトップとしっかり者娘役コンビで、面白い化学反応が起きそう。

月城とは正統派美形同士、麗しく大人っぽい舞台を見せてくれそう。

 

その他、真風涼帆&柚香光の後妻でも、珠城りょうの3人目の嫁でも

何なら瀬戸かずやでも鳳月杏でも彩凪翔でも

誰と組み合わせても「THE・宝塚」的な舞台公演が出来そうだと思いません?

 

彼女と比較するわけではありませんが、

例えば潤花は身長高めで顔の作りが派手目でダンサー特化なことを思うと、

彩風咲奈の相手役がベストなんだろうな、と思いますし、

 

その他最近だと、美園、華、真彩、綺咲、仙名なんかは

あのタイミングで、あのトップスターの相手役として選ばれたからこそ

輝く娘役だなと個人的に思っています。

 

逆に舞空、星風、咲妃あたりは

誰が相手役でも大丈夫な普遍的娘役の系譜であり、

夢白は完全にこのタイプだと言えるでしょう。

 

しかもビジュアルが宝塚的綺麗系、

ここまで揃ったスターはそうはいませんので、

そりゃ劇団も推したくなるよなぁと私は納得しています。

 

当ブログは夢白あやを応援しています!!

 

夢白あやといえば、その真偽は定かではありませんが

過去のことについて色々と言われている模様。

 

確かに「品格」を非常に大切にされる宝塚過激派主義の皆さんにとっては

どーしても許せない存在なのかもしれませんけど、

個人的には「 し ょ ー も な 」と思ってしまいます。笑

 

宝塚の舞台を一回も観劇しないまま音楽学校を受験し、一発合格、

血のにじむような努力の結果、優秀な成績で卒業。

足の引っ張りのようなどうでもいい世間の中傷を物ともせず、

生まれ持った美貌と才覚で、残酷なショービジネスの世界で成功していく…

 

ってまさに宝塚的な世界観のヒロインのようで

個人的には超たまらないんですけど、少数派なんですかね。笑

 

いずれにせよ、彼女は娘役としては稀有な才覚を持ち合わせた存在。

宙組は真風6作以上確定に星風も長期の様相なことから、

急ピッチな育成は必要無いはずなので、

ぜひ焦らず経験を積んでほしいと思うのです、が。

 

ただ何でも出来る娘役は、

タイミングを逃すとトップに立てない流れになってしまうので

そのあたりが非常に難しいところ…。

 

『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』でバウヒロ経験を積み、

果たして次は桜木東上ヒロかな?

 

そんな急ピッチ育成しないでも…と思いますけど

来年のスケジュール的に宙組後半は博多座&バウですから

ここで東上ヒロ取っとかないと1年遅くなってしまうわけで。

果たしてどうなることやら。

 

いずれにせよ、その美しさと才能が宝塚の舞台で大きく花開く日が来るよう

当ブログでは彼女を応援していきたいと思います。

というわけで、「私たちが」夢白あやを推す理由、でした。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. 和世 より:

    早くからの抜擢でいろいろ言われていますが、個人的にはちゃんと
    力のある方だと思います(103期の首席さんでしたよね?)。
    星風さんの代役やお役(新人公演)が多いので、風当たりの強い
    ことがお気の毒です。
    次回作の新人公演では、他の方の役のようなので少し落ち着くと良いですが…。

    お歌は弱い気がしますが、大人っぽい雰囲気とお芝居で一定魅せて下さるので、焦らず騒がず進んで頂ければなと思います。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      主席さんは雪組・花束ゆめさんで、彼女は4番入団ですね。初詣ポスター掲載者ではありますが。
      最初のころの爆上げは凄かったですもんねー。さすがにルネサンスのフィナーレダンス代打はさすがにやり過ぎだと思いましたが…。
      おっしゃる通り、今の風潮の中であの大人っぽさは武器だと思いますので、ぜひゆっくり歩みを進めて欲しいと思いますねー。

  2. しろん子 より:

    続けざまにコメントするつもりはなかったのですが、ひとつだけ。

    >宝塚の舞台を一回も観劇しないまま音楽学校を受験し、一発合格、

    >血のにじむような努力の結果、優秀な成績で卒業。

    これ、北翔海莉さんと同じじゃないでしょうか?
    もしかしたら受験のために1回くらいは観劇されてたかもしれませんが、ほぼほぼ似た経歴なのですね。
    となれば北翔海莉ファンとしてはやはり親近感を覚えますね。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼確かに、経歴的に似ていらっしゃいますね。
      確か北翔さんは入学成績が低かったんですよね?なので個人的に北翔さんは努力型、夢白さんは天性型のイメージですね。もちろん努力もしてるんでしょうけど。
      宙組に縁があるのも似てるかな?今後の活躍に期待したいですね!!

      • 海苔巻き より:

        こちらの投稿を待ってました(^ ^)
        私はダンサータイプの方が元々好きなのですが、彼女のダンスが品があり立ち姿が美しい。
        私も20年ほどバレエをやっていたので、脚だけ見ていたいくらい丁寧に踊られているのがわかります。
        またセリフを発する前から身体全体で表現をすることに長けているので、毎回うっとりしてしまいます。
        アンチの皆さんが文句を言えば言うほど、私の中では好き度が増していきますので、アンチの皆さんには感謝しきりです笑

        彼女に関してはこれから楽しみしかありません!

        • 蒼汰 蒼汰 より:

          コメントありがとうございます‼お約束通り無事上げることができました。笑
          ダンスを嗜まれた方が、だいたい彼女のダンスをお褒めになる印象なのでなるほどなと思いました。
          芝居含め、一挙一動が洗練されているというか、美しいですよね。
          後半も同意です。私も批判されればされるほど彼女が輝かしく見えるんですよね。笑
          ぜひ批判をも輝く糧にして、飛躍して欲しいと思います。

  3. ボコ より:

    芸能人がインタビューで「その気は全くなかったのに友人とオーディションに行ったら、私の方が受かっちゃいました」とか「姉が勝手に応募しちゃいました」とか答えている感覚でSNSにあげてしまったのでしょうが、宝塚は西の東大と言われるように受験までに時間とお金をかけて親子二人三脚で頑張るので、そういう方の気持ちを考えると反感をかっても仕方がないでしょう。
    その軽薄さは自己責任で、一発勝負のオーディションで集まり、単発公演の外部なら、問題ないと思います。

    96期いじめ主犯格の方のお名前を外部公演で見ると、実力はあり、ロミジュリ役変わり公演では後のトップ娘役さんより上手だと思いましたが、未だにアレルギー反応を起こします。
    お二人とも個人的には残念です。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます。
      まぁ人の感情をとやかく言う義理はありませんので、そう思われるならどうぞどうぞという感じなのですが、
      少なくとも私は「受験までに時間とお金をかけて親子二人三脚頑張る」経験はございませんので、
      単発公演の外部はおろか、宝塚で活躍されても、別に妬み嫉みの感情は抱かないかなぁというところでしょうかねぇ。

  4. より:

    夢白さんの記事、楽しみにしておりました!
    破綻のない舞台技術、大人びた容貌、ちょうどよい身長、本当に誰の隣でも似合いそうですよね。特に、白羽ゆりさんに似ているので、水夏希さんに似た真風氏の隣は相性抜群のはずです。
    確かに真風氏は6期以上確定でしょうが、星風さんは通常任期の覚悟をしなくてはならないのか?と思い始めました。そうでないと、ここまで夢白さんを急ピッチで育成する理由がないような…。
    花組トップ娘役選びのあたりで表舞台に出てきていることを考えると、花組でも良いのですが、どちらにせよ現トップ娘役の去就が分からないと何とも言えないですよね。
    純矢ちとせさん、華妃まいあさんが退団した今となっては、夢白さんは宙組では貴重な大人系娘役ですので、その美貌を生かしていただきたいです。

    • 蒼汰 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      私も最近、真風&星風が7作任期で、そのまま芹香&夢白コンビなのかなぁと思い始めました。笑
      まぁ柚香さん中期任期だとすれば後妻もありうると思うのですが…このあたりはなんとも。
      宙組では遥羽&天彩コンビがロリ系ですので、大人系の彼女のキャラがより輝きますよね。今後の去就に期待したいです。