人事考察番外編・凪七瑠海の月組トップ説について

人事考察シリーズは前回で完結させたつもりだったのですが、

コメント欄にて凪七瑠海月組トップ説を提唱される方が多かったので

試しに色々と考えてみました。

 

というわけで本日は、凪七瑠海と月組の今後について、

個人的に思っていることを書いていきます。

凪七瑠海・コンサート開催決定

 

まず、先日の色んな人事発表と合わせて

凪七瑠海主演のコンサートバウ公演が発表されましたね。

 

公演情報

【宝塚バウホール公演】凪七瑠海コンサート

ロマンチック・ステージ『パッション・ダムール-愛の夢-』

■主演:凪七 瑠海

■作・演出:岡田 敬二

 

この発表を見て最初に思ったのは、

最後に出演したのが星組『ロックオペラ モーツァルト』だから

そりゃ公演しないと2020年出演作品がゼロになっちゃうもんなぁ、ということ。

 

そして、もしかして彩風お披露目公演の裏の雪組東上って

彩凪でも朝美でもなく凪七だったりしたのだろうか?ということ。

もちろん、今となっては謎のままですが。

 

ちなみに皆さん「餞別やんけ」と言ってはダメです。

それでは話は進みませんからね。笑

 

愛月ひかるが路線に戻った今、89期としてだけでなく、

宝塚人事のラストカードとなった凪七瑠海。

果たして、彼女がトップに立つ波が来ているのでしょうか?

 

凪七瑠海の月組落下傘説について

 

私が勝手にまとめている「スター序列ランキング」より、

凪七瑠海は現在、東上主演以上3番手未満という立ち位置だと思われます。

 

それは雪組『Music Revolution!』に出演した際、

彩風咲奈の前に降りてきたうえ、

3番手羽根を背負っていなかったから判断したわけなのですが、

ともすれば現時点では月城かなとの上に降れないと考えられます。

 

基本的に宝塚人事におけるセオリーは、

組替えの際に上に行けるのは「元が並んだ立場」である時だけなので、

格下の人が格上の人を飛び越えるのは基本出来ないことになっています。

 

最近の例だと、格上である全ツヒロ済の潤花が外に出たからこそ

東上ヒロ済でしかない朝月希和が雪組にやってこれた、という考え方ですね。

 

よって凪七は理論上は直で月城の上にはやって来れず、

どこかで正2番手になってからでないと降ることが出来ません。ではどこで?

 

専科時代の北翔は、正2番手がいない月組『Fantastic Energy!』にて

上手いことすり抜けて2番手羽根を背負いました。

 

それと同様、次期月組トップのお披露目に間に合い、

現時点で出演者が決まっておらず、

2番手羽根を背負うため基本的には1本物ではなく、かつ正2番手が居ない組。

 

とすれば、花組『アウグストゥス/Cool Beast!!』しかありません。

ここで出演し、瀬戸かずやより立場を上に明確にして月組に落下傘する。

果たしてそんな芸当、劇団が今から計画するでしょうか?

 

月城かなとが月組から動く可能性

 

ところで私は基本的に、様々な人事の可能性を考えるうえで、

月城かなとが月組から「すぐに」動くことをほぼ想定していませんでした。

それは以下の2つの理由からです。

 

①過去の例から、仮に落下傘を受けたとしても、

2番手スターはしばらく自組から動かないから。

例:北翔の紅、壮の早霧、蘭寿の壮、大空の蘭寿、etc…。

 

②2番手スターが全ツ主演した場合、全員そのまま自組で昇格してきたから。

 

これは全国ツアーは宝塚歌劇団が各興行主に興行権を売る「売り公演」であり、

前提はトップスターが主演として全国を回るものなので、

2番手スターが主演する際は「この人が次のトップです」と劇団が売り込み、

全国へ顔見せするという公演の色があると思われるからです。

 

ところが、ですよ。

今回の新型コロナの影響により、『ダル・レークの恋』は開催されていません。

しかも開催される見込みも立っていないし、

雪組全ツのように、お膝元の梅芸だけでお茶を濁すことになるかもしれない。

 

そしたら②の状況じゃなくなるわけで、

劇団が月組から動かすことは可能と判断したとしたら。

 

そしたら話は変わってきます。

月城が『ダル・レークの恋』を最後に他組(雪or宙)に組替えすれば、

凪七は2番手として直で『桜嵐記』から参加出来ることになります。

 

しかも凪七は『蘭陵王』で東上済みですから、

あとは『Dream Chaser』で2番手羽根さえ背負えばトップ有資格者となり、

はい、上がりです。

 

あるいは『ON THE 5th』の成瀬&朝海のように、

凪七が『Dream Chaser』で3番目に2番手羽根を背負って降り、

そのまま繰り上がってトップに就任。

月城は退団ではなく組替え、という選択も出来なくはないですね。

 

朝月を雪組トップ娘役にもってくるくらいですから、

もはや何でも有りな机上の空論ですが、皆さんどう思われます?

 

月組の闇のエナジーが鎮まるとき

 

と、ここまで書いといて何ですが、

私は凪七瑠海の月組トップ説については懐疑的です。

 

まずは、もし珠城の後任だとしたら就任学年が研19になってしまうこと。

これまでの最高学年は大空祐飛の研18ですが、

それを超えてくることが劇団的に許容範囲なのかが気になるところ。

 

そしてもう1つは、もう何べんでも言いますけど

「じゃあ美弥るりかで良かったやんけ」になりそうじゃないですか?

 

珠城退団発表により落ち着きつつある現状の中で、

そんな焼け木杭に火を付けるようなことしてどうするんだろうと

個人的には思ってしまいますけどね。

 

…という話を管理人masaさんとしていたら

「そもそも今の月組のサイコパス人事のはじまりは凪七シシィなのだから、

その咎を凪七がトップになることで鎮めるという宿命人事、

みたいなスーパーサイコパスなことを月組はやりかねない」と。

 

いや、怖えーよ。

でもやりかねないかな、月組なら。(大真面目)

 

一応フォローしとくと、凪七&海乃の並びは、良く似合いそうですよね。

宝塚的で品があってシックな感じ。

大人路線が好きな方の食指は伸びそうな雰囲気です。

 

凪七瑠海への個人的願望

 

もちろん、緊急時の繋ぎをと思えば、

上級生である凪七がここで登板するという意味はあると思うのですが、

個人的には、今の肩の荷が下りた凪七の雰囲気、好きなんですよね。

 

飄々とした部分もありながら上品で達観しているというか、

まさしく「上級生!!」という落ち着きがある様子というか。

だからこそ今更トップ戦線に担ぎ出すのも、ねぇ、というのが正直なところ。

 

専科で残るにしろ、退団するにしろ、悲願のトップになっちゃうにしろ、

ここまで来たら彼女には、

納得のいくまで宝塚男役を楽しんで頂きたいと思うのが個人的感想です。

 

彼女の集大成からもしれない今回のバウ公演、

土日の配信放送なら是非見たいなぁと思う今日のこの頃。

 

月組トップコンビが誰になるのか、

合わせて組替えがどのように起きるのか。

答えが出るのは、まだまだ先になりそうですねー。

 

ということで今度こそ終わり!!

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. AKIRA より:

    凪七さんですよね。
    ご指摘のセオリーから判断すれば月トップはないですよね。でも何となくこの非常時には起こり得る気がするのですよ。もちろん、何でも有りになってしまうと組織としては体をなさなくなりますがね。やはり芹香さんですかね。ちなみに、私は月城さんを全否定しているのではなく、95期神7の流れだけてこの時期にトップにするのは尚早だと思うのてすよ。いずれトップになると思うのて、とりあえずワンクッション置いた方が劇団や本人の為だと思うのですがね。こんな事言ったらファンの方に怒られますけとね(笑)

  2. もんぬ より:

    かなとさんには月組でトップに上がってほしいなぁ…なんせ「月」城ですからね

  3. 月槻 より:

    いつも楽しみに読ませているものの1人ですm(*_ _)m宝塚初心者なものので、よく分からなかった点があったのですが、凪七さんは既に2番羽を背負われている公演を見たことがあるのですが、それでも月城さんの上に降ることは不可能なのでしょうか?初歩的な質問をしてしまいすみませんm(*_ _)m

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼︎
      なんでしょう、『花詩集』ですかね?あれは階段降りメンバーほとんどが背負っていますしサイズ的には3番手羽根カウントなんですが、いかがでしょう。

  4. ちょっこー より:

    凪七瑠海のトップ考察面白かったです!
    ファンタジー感出てて良かった。
    さすがにトップにならないだろうけど、頑張ってほしいですね!

    • skyblue より:

      私もmasaさんのサイコパス人事を凪七瑠海で鎮める案、賛成です!
      月組人事の犠牲者という立ち位置からトップ就任で報われてほしいと思ってしまいます。
      話は逸れますが、ここ最近の混乱の発端、珠城りょうの8作退団は自ら決断なのか劇団からなのか、どちらと予想されますか?
      すみません、深追いしないとあったのですが、蒼汰さんならどう考察されるか気になりました。

  5. YS より:

    私も先日妄想していて、月闇を浄化するには月闇の直接的被害を被った方をトップにしたらどうか、在団しているのは凪七さんと海乃さん…とここまで考えて、もし凪七さんをトップにしたらまたぞろ美弥さんの件が蒸し返されて新たな月闇を生んでしまいかねない、、と思い至りました。
    そもそもサイコパス人事の発端を凪七シシィにまで求めだすと…月組とファンの心の闇は深いと思いました。

    • 静か より:

      [物証]を積み重ねてここまで考察出来るとは本当に大したものです。ナギナ様は「ロックモーツァルト」があんまり良かったのでもう卒業されてしまうのでは、と怖れたのですが、トップにと考えた方の方が多かったかも知れません。しかしここは順当にききちゃんが上に立ちスカピンをするのが良策。今パーシが似合うのはききちゃんだけ。しかも月城氏はショーブランにぴったし。「ダルタニアンと三銃士」のベルナルドはもう半分ショーブランが入ってます。小池先生は用意周到なお方です。今は大作がいいです!ライヴ配信などで宝塚未見の方も引き寄せることが可能です☺️マルグリットは海乃美月希望、わざわざくらっちを移動させて波風たてなくてもと思います。
      雪組「エリザベート」のフランツはディナーショーのナギ様かコンサートのナギナ様かが心配なのですが。

  6. 12がつ より:

    月組のことだけを見ると、月城さんが1番自然なのかなと思います。レビュー本や雑誌などでの取り上げ方も、次は彼女ですよーって言われてる気がしていて。
    心配だったのは怪我での休演の件と、2番手期間の短さでしたが、公演数は増えないまでも中止期間があって珠城りょうさんの退団時期がズレたおかげで、早すぎ感も薄らいだような。
    現在2番手のスターの中で1番すぐにでもトップ就任出来そうなのにまだ席が空かない芹香さんの存在も気になりますけど、鳳月さんもいてくれることだし、月組はやっぱりこのまま月城さんだと思います。
    コンサートが決定した凪七さんは、やっぱりトップ就任ではない方の可能性かなぁ。
    いまの孤高の存在感が好きなんですけど、退団後自由に活躍されている美弥さんや七海ひろきさんを見ていると、トップにならなかったことも、退団も、必ずしも残念なことだとは言い切れないかと感じます。
    それぞれが自分の感じる高みを極めて、次のステージに進むのだとしたら、それを応援したいです。

  7. シトロン より:

    蒼汰様

    はじめてコメントしたします。
    人事考察の視点で宝塚を語っておられるところが大変面白く、毎回更新を楽しみにしております。
    ところで、月城さんの組み替え!考えてもみませんでした。仮に月城さんが雪組に戻った場合、次期月組トップは鳳月杏さんの可能性もありませんか?実力経験とも申し分ありませんし、娘1が海乃美月さんになったらとても宝塚的で美しいと感じます。
    そしてFNS歌謡祭に出演するたび話題になる朝美絢さんも月組に戻り一般の人たちにアピール出来る。
    そうなれば月闇もだいぶ晴れるような。

    話は違いますが、大型テレビに買い替えた記事に触発され、我が家も55型に!先日の真彩さんミューサロが初めての体験でしたがやはり画面が大きいと没入感違いますね。これから配信ライフ楽しもうと思います!

  8. みかん より:

    凪七さんシシィ…また懐かしいですね…
    当時はその発表にかたまりました。
    そのまた昔、彩輝さんが月トップになったのはなぜだったんだろう… 、映美さんも彩乃さんもエリザベート前に退団されるし…と当時の疑問まで思い出してしまいました。当時、まだ子どもだったもので。
    人事に対する深い闇を呼び起こしそうなのでやめます。
    月組に関する人事発表、楽しみですね。

    • おさかな より:

      初めてコメントさせて頂きます!いつもブログ楽しく読ませてもらってます。
      私は今の月組の雰囲気が好きなので、是非珠城→月城の引き継ぎがあって欲しいなと思ってます。トップ→2番手の流れが1番自然で闇ではないと思うんですが、どうなんでしょうね笑
      もし、月城さんじゃないのなら凪七さんがいいなと。芹香さんには宙でトップになって欲しい&間の挟むなら短期でも許される方となると凪七さんしかいないです。でも、蒼汰さんと同じく肩の荷が降りた今の凪七さん好きなんですよね〜笑
      もう後は願うだけな月城ファンです笑

  9. あやこ より:

    ですよね。。。(しょんぼり)
    轟氏の定年・勇退が確定した数年前から、後任ポストは凪七氏or愛月氏、という計画だったでしょうし。
    加えて、同期の明日海・望海が退団した後とあれば、凪七氏の『専科トップ』構造がきれいなピラミッドになり、タカスペや別箱主演がスムーズです。
    おっと、ここでも、以前からソウタ氏が提唱している『スペア理論』が効いてきますね!ピンチはチャンス、凪七氏の活躍を期待しましょう。

  10. Koara より:

    でもそのセオリーって東上ヒロの彩みちるの上にバウヒロの真彩が降ってきた時点で実は崩れてるんですよね、、。凪七バウ主演も退団を匂わせるタイトルとかがないので餞別とはあまり思えないんです。月城のためにも凪七、海乃で短期トップで繋ぎつつ上手く月城が待たされた感を演出できるといいのかなと本気で思ったりします。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      た、確かに。気付かなかった…。ドンジュアンが破線下だからとかなんですかね?それこそ水物だからなんでもありなのでしょうか。
      このコロナのご時世、私も凪七・海乃で2作(年8公演になっているので)とかでも良いような気がしてきました。笑

  11. より:

    凪七トップ説、実は40%くらい可能性があるのでは?と考えています…。
    月城のケガの具合により、珠城→月城のはずが、中継ぎを挟む必要ができた。しかし予定通り珠城10作でいくと忌まわしき1作トップが出来、炎上しかねない…。したがって珠城任期短縮、北翔のような3作トップを挟むことにした…とかかな〜と。そして相手は海乃にすることで報われ論ファンも満足。
    これだとタイミング的に美弥トップは不可能でしょうし、急遽3作トップになれるのは愛月か凪七だと思います。
    ただ、コロナ禍で公演期間が延びたので、中継ぎ挟む必要がなくなりそうですよね…。
    表に出ない事情もあるかもしれませんし、月組では何が起きても不思議じゃないですからね。そんなまさか…!と言う準備だけはしておきたいと思います。

    • いのさん より:

      凪七さんが月組で海乃さんとトップ就任となれば、雪組を立て直した壮さん、愛加さんコンビの再来になるかもしれませんね。
      『Music Revolution!』に出演されていた凪七さんを拝見した時、トップさんがもう1人いるかのようなオーラを感じましたし、先日スカステで観た蘭陵王も堂々たる存在感だったので全然アリだと思います。

      何よりcafeふぉるだ等での後輩たちへの眼差しがとても暖かく、後輩からも慕われている凪七さんなら、月組の闇を払えるかもしれません。
      その結果として月城さんが雪2番手で帰ってきてくれたら、もう願ったり叶ったりです(笑)

      でもそうなると彩凪さんは望海さんと一緒に退団してしまいそう…まさか翔ちゃんのコンサートはその布石なのか?と、今回も記事を読ませていただき妄想が進みました。いつも読み応えある考察をありがとうございます。

  12. さくら より:

    今回の4つに渡る人事考察、とても興味深く拝見させて頂きました。月組は唯一サイコパス人事を行うイメージなので(失礼)、どうなることやら…。
    本日、2021年度のカレンダー掲載者が発表されましたね。私としては、95期生パソブメンバーが月城さんを除いて、ポスターカレンダーに掲載されることが気になります。もはやポスターカレンダーは別格スターさんを意味するものではないのか、はたまたその逆か…。すごく気になりました。蒼汰さんのお考えが聞ければ嬉しいです。

  13. コスモスハート より:

    蒼汰様

    カレンダー発表になり、本来、トップ男役トップ娘役、2番手、のカレンダーに、朝月さんの名前が入っていた‥‥
    撮影の時には構想されていたのかな、わたしにはそのあたりの分析力はありませんが。
    凪七さんは、カレンダー情報では、さっぱり分からず、もはや、ライブ配信のスケジュールを教えて〜って、スケジュール考えなきゃ、写真見て期待感増幅中。

    私個人としては、凪七さんの声質は個性強めの悪役とか、主人公を導く指導者とか、そういう方面で全体の厚みを作ってくれるような方と思っているので、あまりトップでは?という妄想にはならない。

    ところで、だいもんの東京宝塚大劇場のチケットSSが当選して、私は友会ゴールドなのに、、なんで当たった????当たらないと確信してたのに。
    どういう仕組みか、機械的なルールか、めっちゃ気になります。

  14. うらうら より:

    蒼太さん、考察お疲れ様でした!

    みなさまのコメント読んでいると、カチャさんがトップ、なんでもあり状態ならアリかな…とも思いますが…

    やっぱり私は無しかなって思います。それなら2021年スターカレンダーに掲載されるべきだと思うからです。仮にもトップになる方がスターカレンダーに載ってないなんてこと、あるでしょうか?

    私は愛ちゃんファンですが、月組次期はすんなりれいこちゃんかなって思います。そのために一本ものにも関わらず2番手羽根を背負わせたんでしょう。キキちゃんにとって再組替えは酷ですし、そもそも潤花ちゃんもハシゴ外しではなく、より似合うトップさんの元に組替えになっただけだと思います。

    あと95期の残るメンバーたちがポスカレになったのは単に「卓上カレンダー」ではもったいないからポスカレになっただけだと思いますね。愛ちゃんがポスカレになった時からそう思ってました。ポスカレになったら路線外れ、ではなくて、ピンでポスカレを売り上げられると判断されたのだと思います。真風さんもポスカレ時代あったみたいですよね?

  15. ねこまさ より:

    来年のスターカレンダーが発表されました。
    凪七瑠海は載っていないのでさすがに次期トップは無いでしょう。

    では月組次期は芹香斗亜か?
    これもやや難しいかもしれません。
    たしかに、芹香は雪組以外はどこでも緊急登板できる唯一の人材です。

    ただ、月組に落下傘すると、いずれは月城かなとを組替えしなければなりません。
    花と星はほぼありえないでしょう。
    雪に戻ると朝美絢の、宙に行くと桜木みなとの組替えが必要になります。

    朝美の動く先は月の2番手、もしくは花の別格ですが、彩風咲奈がトップになったばかりですので月城は桜木に追い越されます。
    玉つきで朝美が宙なら、桜木を雪に。
    いずれにしても大規模組替えが避けられません。

    2011年の組替え発表みたいなことは近年無いことを考えると、月組は月城なのかと思います。

    なお、トップ娘は海乃美月or有沙瞳でしょうが、ならなかった方は退団が近いからトップにならないのではと思います。
    もしかしたら、星組の音波みのり退団→有沙ステイも無くはないと思います。

  16. みき より:

    凪七さんの月トップはありかと思いますが、そうなると、長年珠城さんを支えてきた美弥さんがトップになれず、組から一旦出た凪七さんがトップになる……皮肉なものです。

  17. coco より:

    いつも拝読しております。
    人事カードの知識がほとんど無いこともありますが、内容が大変興味深く夢中で一気読みしてしまいます。

    さて潤花さんの宙組異動&ひらめちゃんの雪娘1就任で考えると、彩風さんが短期決定となり潤花さんをキキの相手役(キキが望んだ?そのくらいの功績はあると思います)にするため?

    月組についてはもう私には全く分かりませんが、キキも愛ちゃんも就任は無いかなと思います。
    カチャも残念ですが退団、もしかしたら愛ちゃんが宝塚に花を埋める覚悟で古き良き宝塚を継承していく、とか。
    専科については結婚可の選択肢を与えて欲しいです。

    また別箱の羽根について。
    あーさの羽根が話題になっていましたが、別箱の羽根にそこまでの意思表示があるのでしょうか?
    以前どの公演か失念しましたが、ちなつが羽根を背負い感動したものです。
    しかし現状を見ると番手は付いていないですよね?
    また何かの機会にご教授下さい。

  18. 青い杏仁豆腐 より:

    凪七さんのコンサートはコロナ前のスケジュールだと宙組のバウ公演時期ですので、もともと宙組公演にご降臨される予定だったということは考えられませんかね??宙組は今年誰がバウ主演するねん状態でしたし。
    予定通りの時期に開催し、出演できなくなった宙組生の代わりに雪組生が出演したとか、、、
    なので、特に人事的な意味はないのかと思います。