2019年下半期公演ラインナップに思うこと

おやビックリ、2019年花組2作目の大劇場演目が発表されましたね。

(というより前の星組公演の演目発表が遅すぎたのですが。)

 

前回の星組大劇場演目発表時は体調を崩しておりまして

記事にまとめていませんでしたので、

今回の花組公演とあわせて簡単にまとめておこうと思います。

 

明日海りお・またまた薔薇の化身となる

 

花組【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】

Musical『A Fairy Tale —青い薔薇の精—』

作・演出/植田 景子

 

レヴューロマン『シャルム!』

作・演出/稲葉 太地

 

 

というわけで、その進退が最も注目されている

明日海りお2作目の演目が発表されたわけですが…。

タイトルだけで見ると、あまり退団臭がしませんね。

 

まぁ「Sea You Tomorrow」みたいな

一昔前的コテコテなタイトル付けられてたら、それはそれで面白いですが。笑

 

だがしかし、レヴューの方の説明文が

あまりにも短すぎません?

もはやどんな内容をやるのか一つも想像つかないレベルです。

 

そして華優希の文字が一切載っていないうえに

「新トップコンビの大劇場お披露目公演」的説明文も無いのが気になるところ。

(例えば美園さくらお披露目の『夢現無双にはしっかり書いてありますし)

 

ははーん、これはあれだな。

後から副題がついちゃう系かなぁ?

(例:『桜華に舞え』に後から「SAMURAI The FINAL」という副題がついた)

 

横アリでの謎ライブも含めると、

まぁ退団でしょうねぇとは思うのですが

まだまだその進退が読めないあたりが、さすがトップオブトップ。

 

そ ん な こ と よ り

そこはかとない明日海の退団臭よりも

半端なくにおう駄作臭の方のが気になるところです…笑

 

公演概要で、物語の本筋よりも

ずらずらと価値観やらファンタジーな世界観やらを説明してくる公演は

往々にして無駄に壮大&とっ散らかってる印象が多くて…。

 

そして劇団は最後まで明日海に「フェアリー」でいて欲しいわけですね。

「人間離れした美しさ」とか「耽美的」とか

そういう芸風なんべんやんねんって思わなくはなかったり。笑

 

まぁ彼女のスターとしての資質を考えたら妥当だとは思うのですが

果たして、どんな作品になるのでしょう。

 

もし、この作品で明日海が退団だとすれば、

「退団公演は駄作」という悲しいジンクスが当てはまらないことを

一ファンとしては祈るばかりです。

 

まぁ今まで駄作・凡作をそこそこの作品に引き上げてきた

明日海りお率いる花組の皆さんですから、きっと面白い作品になるはず‼

というファン根性丸出しの願掛けをしながら情報を待ちたいと思います。笑

 

紅ゆずる・星の神になって「星を取り戻す」

 

星組【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】

ミュージカル・フルコース『GOD OF STARS-食聖-』

作・演出/小柳 奈穂子

 

スペース・レビュー・ファンタジア『Éclair Brillant』

作・演出/酒井 澄夫

 

そして散々待たされたあげくの星組大劇場公演は

なんだかトンチキ臭丸出しな不思議な作品ですが…

 

これよこれ、

こういうの待ってたんだよ。

紅ゆずるはコメディやらせてナンボでしょー‼

 

前からずーっとずーっと思ってたんですけど

劇団はなぜか紅に古典的な男役像で輝かせようと画策してるっぽいですが

個人的に彼女にはそんなもん一切求めてないんです、私。

 

彼女はその強烈な個性で、

男役の群れから頭一つ飛びぬけたわけですから

こういうトンチキなことをさせてナンボやろ‼と思っておりまして。

 

そういう意味でこの作品は彼女にとても似つかわしく、

これくらい振り切ってくれた方が、楽しみにしがいがあるってもんです。

 

正直な話、体制的に星組よりも花組の方が好きなんですが

どっちが見たいかと言われたら、

断然『GOD OF STARS-食聖-』です。(きっぱり)

紅らしい、華やかで明るい話だといいなー。

 

彼女の任期に関しては、トップスターの任期の一つの目安である5作目、

そしてプレお披露目の『オーム・シャンティ・オーム』

台湾公演『Thunderbolt Fantasy 』を演出された小柳氏の登板ですからねぇ。

 

まぁ、勝手な推測としては

察しってねってことだと思いますけど…どうなんでしょう?

 

2019年後半「一本物の大作」の行方

 

小川理事長が、新春のインタビューにおいて

「105周年ということで一本物の大作がある」とおっしゃっていました。

 

ちまたでは「星組が2本立て続きだからここらで1本物で紅の退団回避だ」とか

「華を相手役に娶ったということは花組でポーの一族の続編ではないか」とか

まぁいろんな憶測が立っていたわけですけども、結局は違いましたね。

 

ということで、次はそんな

「一本物の大作」の行方について考えたいわけですけども、

確か本日が月組『夢現無双』の集合日ですよね?

 

きっと月組に関する発表があると思いますので

それと一緒に書こうと思いますので、お楽しみにー。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. ともじの嫁 より:

    こんばんは!
    とうとう、みりおちゃんの退団公演が発表になったと思っております。
    昨日の発表、A Fairy Tale?しっぽ?薔薇の精??がっつり男役に成長したみりおちゃんに、しっぽ付けた妖精やらせるの??とビックリしましたが、読み進めていくと、華ちゃんが出てこない。。これは、御披露目公演ではなく、退団公演だと確信しました。
    横アリでお誕生日を全国のファンにお祝いされ、次で退団!良いじゃないですか。これ以上頑張る必要ありません!
    退団作品は、真咲さんのNOBUNAGAをDVDを観ましたが。。確かに、う~んな作品でした。そして、ショーの衣装が、ハートのモチーフでヒラヒラで、正直ドン引きしました。
    是非、みりおちゃんは、格好いいスマートな妖精でお願いします!心温かい作品で。でも、きっと幕が開けば、最初から号泣ですけど。笑
    11月24日を目標に!締め切りが無いと仕事が出来ない性格の私。全力投球のスイッチが入りました!涙

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      そうですね、これが本当に退団公演だとすれば素晴らしい&計画的な流れですよねー。
      ノブナガは…まぁあれはヘンテコ作品の極地ですからねぇ。笑
      白夜、黒豹とヘンテコ作品が多いのですが、神々の土地は佳作でしたから、そういう作品だと信じて私も11月まで頑張ります‼