明日海りお宝塚大劇場千秋楽公演・覚え書き

昨日行われた明日海りおの宝塚大劇場千秋楽公演、

ライブビューイングで見てきました!!

 

公演内容に関しては、やはり生で見てから感想を書きたいと思いますので

全体を通して感じたことをまとめていきたいと思います。

 

退団者への厚い餞別

 

以前からうっすら思っていましたけど、

ここ数年の宝塚の方針として、

上級生別格スター功労者への餞別が本当に手厚いですよね。

 

最近だと、七海ひろきの退団公演時の出番の多さに3番手羽根や、

宙組全ツでの新公ヒロ未経験者・華妃まいあの退団エトワール&娘2格での出演。

 

今回の退団者で言えば、ラストエトワールを務めた芽吹幸奈に

常に主要キャストの近くにいる白姫あかり、

そして乙羽映見は芝居もレビューも出ずっぱの歌いまくり。

 

そして城妃美伶に至っては、まさかの階段一人降りですよ。

いやー本当にビックリ!!

 

花組は年功序列が厳しく、

あの水美舞斗ですらこの公演でやっっっっっと一人降りを果たしたという中で

池銀様がバックに付いていた伶美うららと同じ扱いでの退団という、破格の待遇。

 

彼女は「あと一歩トップに届かなかった悲運の娘役」という扱いをされがちで、

まぁ事実そうなのかもしれませんけれど、

『花より男子』牧野つくしを含め、

劇団からの目一杯の餞別を持って見送られた印象です。

 

ファンはもちろん残念な思いでしょうけど

初演『花より男子』で牧野つくしを演じたことは、

きっと大きな財産になったことでしょう。

 

彼女をはじめ、この功労者への手厚い餞別という風潮は

ぜひ今後も続いていって欲しいなぁと一ライトファンとしては思うところですね。

 

瀬戸かずや・圧巻のスター的煌めき

 

今回の舞台を通して思ったのは、良い意味で

「瀬戸かずやってこんなに訴求力のあるスターだったっけ?」ということです。

 

もともと彼女って職人っぽいというか、

より多くの人に好かれたいというよりも

「いかに男役道を突き詰められるか」を追い求めてる印象だったんですよね。

(逆に鳳月杏の方がマイルドで口当たり良くライトファンへの訴求力が強かったイメージ。)

 

ですが、今回は芝居でもレビューでも

最初から最後まで「俺こそが花組のスターだ!!」と言わんばかりの

とてつもないオーラとオラオラぶりで、本当にビックリしました。笑

 

やはり次回からは暫定二番「目」スターとなるわけですから

その責任感というか、重責みたいなものが感じられて

スターとしてのパワーが二重にも三重にも増して、非常に印象的でした。

 

若き後輩トップコンビを支える上級生スターとして

今後のさらなる活躍に期待ですね。

 

明日海りお・役替わりの歴史

 

高翔組長が読み上げていた退団者挨拶を聞いていて思ったのですが

明日海りおって本当に役替わりしまくってたんですね…。

メッセージ内で全部上げられていましたけど、月組だけでも

 

『ME AND MY GIRL』ジャッキー/ソフィア(博多座:ジャッキー/ジェラル)

『エリザベート』ルドルフ/シュテファン

『THE SCARLET PIMPERNEL』ショーヴラン/アルマン

『ロミオとジュリエット』ティボルト/ロミオ

『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』アンドレ/オスカル

 

と、主要キャストでこんだけ役替わりを経験。

いやぁ、本当に大変だっただろうなぁ…。(遠い目)

 

要は客寄せパンダとして、あるいは人気スターとして期待されていたわけですけど

それをあの若さできちんと答えてきたんですから、

改めて本当に凄いなぁと思いますね。

特に今回は退団者メッセージ中に映像が流れるから余計にそう感じました。

 

そして花組トップ時代の『あかねさす紫の花』の役替わりを

退団メッセージ内で「役替わり納め」と称してて、

なんともセンスのある返しだなぁと感心しちゃいました。笑

 

明日海りお&望海風斗の並びに涙する

 

そして明日海へのお花渡しですが、

大方の予想通り、同期にして雪組トップスターの望海風斗でした。

 

彼女が出てきた瞬間の客席のどよめきは

ライビュでもしっかり感じることが出来ましたよ。笑

 

そしてこの2人がステージ上に並んだ時の、なんとも言えないオーラね。

宝塚に限らず、選ばれし者だけが纏うあのオーラって何なんでしょうねぇ。

 

皆さんご存じの通り、この2人は同期であるだけでなく、

研究科時代は寮で同室だったという不思議な縁のある組み合わせ。

 

夢を語り合った2人が、今や宝塚を背負って立つ2人のトップスターとして活躍し、

そして今、1人が1人を送り出すことを思うと、ライトファンでも涙が…。

 

後の会見で、お花渡しの際に望海から

「生まれ変わっても、また一緒にやろうね」という旨を伝えられたと話していましたが、

 

トップスターに立つというのは楽しいことだけではなく、

それ以上に辛く苦しいことだらけなのは想像に難くないわけですが、

それでも「また一緒にやろう」と言える戦友を持てたというのは、

本当に素晴らしいことですよね。

 

そしてそれを分かち合った瞬間を、

私も観客の1人として立ち会えたことを思うと

月並みな表現ですが本当に満たされた思いになりました。

 

東京大劇場で見るのが楽しみ!!

 

そして駄作と噂の『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』ですが、

個人的にはまぁまぁ普通に楽しめました。

退団公演がコレと言われると微妙なんでしょうけど…

 

『シャルム!』に関しては、映像で見るよりも実際に見たほうが

絶対迫力あるだろうなと感じましたので

どちらも生で見るのが本当に楽しみです!!

 

とはいえ、唯一の手持ちチケットが退団間際の11月中旬の公演であり、

それまで1ヶ月ちょっとも待たねばならないのが残念なのですが

まぁこれほどのプレミアチケット、ゲット出来ただけでも幸せですよね。

 

ということで今から楽しみにしたいと思います!!

この退団公演が無事千秋楽を迎えられますように。

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. ポンナチュレ より:

    いつも、楽しく拝読しています。
    青い薔薇 は、私の友人二人も、(ヅカオタだが、明日海ファンではない)
    とても良かった、何処が駄作だかわからん、との感想でした。私は、期待していなかったのですが、観劇が俄然楽しみになりました。
    スカステのライブビュー?は、朝から涙しました。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      普通の一つの作品として見る分には、退廃的で雰囲気的には良い作品でしたよね。
      まぁこれが明日海の集大成と言われると微妙な気持ちになりますが…笑
      私もシャルムの引継ぎ場面は泣けてきました…。

  2. おすぎ より:

    遅ればせながら、1周年おめでとうございます!

    昨日のライブビューイング、行く予定はなかったのですが友人が行けなくなったので代打で観てきました。
    明日海さんは本当に美しかったですね。シンプルな黒燕尾姿のキレイなことと言ったら…特に熱心なファンだったわけではなくても目頭が熱くなりました。
    キレイな娘役退団者に囲まれて、キラキラで清々しい笑顔で、カサノバかよとか思ってました。
    個人的には芝居ショーともに言いたいいことはあったけど、ショーの男役群舞~サヨナラショー~退団挨拶でチャラになった感じです。あと瀬戸ベアトリーチェも笑
    私も東宝で1回だけ行くので大楽のライブビューイングはパスしようと思ってたけど、サヨナラショー見たさに申し込みすることにしました。
    超拡大上映ですぐ近くの映画館が入ったことですし。

    また生観劇後の感想も楽しみにしてます。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      演出的にもいろんな箇所でリアルカサノバ感ありましたよね。笑
      私もラストの引継ぎ的場面からの挨拶までの流れで本当に「見てよかった」と思いましたね。瀬戸リーチェも話には聞いていましたは迫力が凄かったです。笑
      私もラスト申し込み予定はなかったのですが、迷い中です…。

  3. こんちゃん より:

    蒼汰様
    いつも楽しみに拝読しております。ライビュ専科の地方民です。

    日曜日に「ワンスアポン~」を見て~♪晩ごはんがのどを通らないー♪
    月曜日にライビュに出かけ~♪清く正しく美しすぎて泣いたー♪。(笑)

    今回のお話は賛否あるようですが、私は「あり」でした。私の子供のころ、「世界名作劇場」というアニメシリーズがあって、だいたい19世紀のヨーロッパを舞台に親に死に別れたヒロインが継母からのイビリや寄宿学校でのいじめに負けず健気に生きて、最後はいきなりダイヤモンド鉱山の権利の相続人であることがわかってめでたしめでたし、とかいう話だった記憶が(笑)それに比べたら今回のシャーロットの人生は納得できるものでした。

    ちと残念な点

    この話は小池先生のパックとか人魚姫の類型だと思うんですけど、人間と異界の者が禁断の恋に落ちると人間界でしゃべれなくなるとか泡になるとかペナルティを受けるじゃないですか。今回エリュの「青く汚れちまった哀しみ」が何なのか脚本からはいまいちピンとこなかったかな。

    あと、ネタバレになるとあれですが黄門様の印籠というかデウス・エクス・マキナのあのくだりが「あり」か「なし」かは好みが分かれそうですね。

    東宝千秋楽のライビュ当選を祈りつつ では。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼怒涛の週末をお過ごしのようですね。笑
      私も「青くなる」のが一体どういうペナルティなのかさっぱり分からず、「とりあえず大変なんだろう」と勝手に脳内補完していました。
      演出的にも確かに一昔前の「世界名作劇場」的ですよね、昔の子供向け寓話的といいますか、非常に植田氏的というか…。笑

  4. 青いブタの精 より:

    はじめまして。
    いつも楽しく読ませていただいています。
    「青い薔薇」は、ストーリーが少し起伏に乏しく、主演の明日海さんの熱い芝居心をあまりうまくいかせてないような気がしました。
    でも駄作駄作と叩かれるほどの作品でもない。明日海さんアンチの人が、ここぞとばかりに面白がって煽っているのかなあと思いました。
    禁を犯してのペナルティの件ですが。
    元の美しい庭園には戻れないのは悲しいけど、孤独の中〜と歌われても、いや、いつもお仲間といっしょにいるやん?と突っ込みしたくなったり。
    ただ、薔薇の精のはずの自分が触れた薔薇が今では全て枯れてしまうというのは、本人にとってはかなり苦しく辛いペナルティなのかなあとは思いました。
    長々と失礼しました。
    これからも楽しみに読ませていただきます。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      おっしゃる通り、明日海さん得意な「熱い芝居」を生かせなかったことが「退団公演」としてはいかがなものか、というのが駄作認定のキモのようですよね。
      ずっと応援されてきた方もガックシ…な気持ちもわからないでもないです。
      確かに、いつもお仲間いますよね。笑
      ただ雰囲気で「凄く孤独なペナルティっぽい」と感じられるのは、さすが明日海さんの表現力なのかもしれません。

  5. ともじの嫁 より:

    こんばんは!
    A Fairy Taleについて、ちょっと。 私、製作発表の時のみりおちゃんの姿を見て、仮面ライダーの敵だー!と思って、それからどうしても青い妖精さんがしっくりこないのです。
    なので、千秋楽もなんだかピンとこなくて、気持ちが入りませんでした。
    大階段の黒燕尾姿や、だいもんの花束持った姿を見た時は、グッときましたが、一瞬だけで、ほぼ清々しい気持ちで見てしまいました。私の中で、明日海りおの集大成は、CASANOVAと横浜アリーナのコンサートなのかもしれません。退団公演が、もし、もっと格好いい、男っぽい、素晴らしい作品だったら、辞めないで続けて欲しいと、諦められなくなってしまったかも。そう言う意味では、今回の作品は、丁度いい塩梅の作品かなーと。感想でした。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼仮面ライダーの敵…確かに。笑
      実は私の中での集大成は、やはりメサイアとBGですかねー。あ、もちろんCASANOVAも明日海体制花組の集大成っぽいですけど。
      確かにファンとしてはそう踏ん切りがつけられるといいのかもしれませんねー。