『ドクトルジバゴ』から見る星組次期体制

NHKBSにて星組『ESTRELLAS』が放送されましたが

皆さんご覧になりましたか?

 

私ももちろん見ましたよー。

感想は、たぶん皆さんが感じたこととほぼ同内容です。笑

 

詳細をブログに書いて炎上しても嫌なので

東京公演で実際に目で見てから感想を書こうと思います。

 

そ ん な こ と よ り 、

スカステで放送されていた星組『ドクトルジバゴ』を見ました。

私は生舞台を見ておりませんので初見です。

 

公演中の評判が良かったもんで、

どんなもんかなーと思っていたのですが

これが思いのほか良かった。本当に良かった。

 

最初は家事をしていたので「ながら見」だったんですけど

途中でその手を止めてじっくり見てしまうほどです。

 

本当に失礼ながら

あの星組がこんな重厚な作品を作り出すとは…と思ってしまいました。(超失礼)

 

 

最近見られない「重厚感」を味わえる作品

 

宝塚にどっぷり浸かるまで、

宝塚って「男臭い男役」みたいな作品が多いのかと思っていましたが、

以外とそうでもなく「爽やか」な作品が多いですよね。

 

それはたぶんトップスターの資質によるところだと思います。

現在は、例えば真琴、大空、蘭寿的スターが少ないですよね。

 

星組一つとっても、紅ゆずるはもちろん、

柚希も本人の資質からか爽やか&スポーティーな作品が多かったですし

 

北翔も学年的に男臭さが出せそうなのに、

本公演では爽やか系2作と和物で退団しました。(主観)

 

そんな中でこれほどの作品を見られたのは

やはり主演・轟悠のパワーが大きいのでしょう。

これぞまさしく、理事の正しい登板方法なんじゃないでしょうか。笑

 

辛い過去の元凶たる男に復讐を果たそうとしたり、ファムファタル的女性に翻弄されたりと

作風が酷似している『凱旋門』の時と違ってストレス無く見られたのはなぜでしょう…。

やはり映像だからなのかな?(こっそり)

 

そしてその轟悠に引っ張られていた星組生たちですが

もちろん彼女たち全員の自力あってこその公演だったことも事実です。

下級生には歌える子、演じられる子、たくさんいるんですね。良い発見でした。

 

『ドクトルジバゴ』から見る星組次期体制

 

そしてもう1つ興味深かったことは。

そのメインキャストの采配です。

 

主演:轟悠

ヒロイン:有沙瞳

2番手:瀬央ゆりあ

2番娘役:小桜ほのか

美味しい別格(3番手):天寿光希

 

これって主演の轟悠をまんま礼真琴に交換すれば

現在入手している情報から想定される(つまり組替えしないと仮定する)

星組次期体制と考えられると思いません?

 

舞台力に破綻無く華やかな有沙、男役らしい渋さが光る瀬央、

可憐さが初々しい小桜、そしてその色気が半端ない天寿。

 

もちろん、天寿が退団してしまうという想定もありますが

そこは麻央あたりが入ると思いますし

娘役も星蘭、水乃と入れ替わっている可能性が高いでしょう。

 

けど、あれほど「スター不足だ」と嘆いていた星組ですが

今在籍している組子たちだけで、

なんとか回せなくはないと言えるのかもしれません。

(もちろん大劇場と外箱公演は違うんですけどね)

 

瀬央ゆりあの大躍進

 

さらに言えば、瀬央ゆりあの本格抜擢が始まったのは

この作品からだと言えるでしょう。

 

2018年頭にこの『ドクトルジバゴ』で2番手を経験してから

彼女の扱いはどんどん上がっていき、

95期生番付内で繰り上がりを果たそうとしています。

 

けど彼女の抜擢は、

これまでの宝塚的人事で考えれば、あまり例を見ないと思います。

 

紅ゆずるの退団が見えかけている今、

星組は路線スターの整理のため、

現在男役の枠をスカスカにしているのは明らかでしょう。

 

そんな中、現在正2番手であり超路線である礼と同期生、

かつ新公主演1回のスターって、

従来で考えれば別格かつ蓋要因でしかなかったはず。

 

これまでの人事方針であれば、その下の超路線、

現星組で言うと新公主演3回の天華えまを上げるチャンスです。

 

ですが『ESTRELLAS』のパレードでは、天華の格を上げずに

わざわざ瀬央を1人降りさせる選択を取りました。

(95期生男役では6人目、水美はまだ本公演では1人降りしていません。)

⇒追記:ご指摘を頂きましたが水美はミーマイ役替わりで経験済みだそうです。お詫びして訂正いたします。

 

 

しかもこれが布石だと言わんばかりに、

昨年2回(正確には1.5回)バウ主演させて箔がついています。

 

通常であれば、礼トップ時に他組の路線(例えば永久輝や暁)を入れて

路線スターを補填し、瀬央を脇によけ

その組替え生と天華を競わせる、ということもできたわけで

 

それであればこのタイミングで瀬央を抜擢する意図を考えると

「極力星組内でなんとかしよう」という気持ちの表れなのかな、

と思わなくもなかったり。

 

そんな考えを抱いたので、過去の組替えを調べ始めたきっかけで

昨日の記事を書いたのでした。

2019年宝塚における組替えについての仮説

 

もちろんそれでもスター不足は否めず、組替えは起こりうるだろうと思いますし

もしかしたら瀬央は他組に組替えするために

箔をつけているのかもしれませんけどね。(こっちの方が可能性としては高そう)

 

今後の星組情報に超注目‼

 

というわけで、『ドクトルジバゴ』を見て

トップによって組のカラーっていくらでも変わるし

組子の使われ方によって作品の安定感も変わるんだな、と思った私でした。

 

星組は色んな意味でその動向が注目されていますので

早いとこ次回大公演演目を発表して欲しいものです。

 

これで次が本当にベルサイユのばらだったら笑ってやるっ…‼

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

コメント

  1. うみひこ より:

    なるほどなるほど。
    ドクトルジバゴを自分はまだ見てないですが、見てみます。
    瀬央さんって端正なローマ彫刻のようなお顔だなーと思っています。系統的には轟さんのような。そういうカラーの組を作ろうと画策しているのかな。

    しかし次の星組公演が「ベルサイユのバラ」って、、、紅さんはなんとなくふざけた感があるので、ああいう純愛物を演じたらこっちが笑っちゃいそうです。しかしNHK番組でベルばら45周年と強調したり(50周年ならわかるけど何故45?)、真飛聖さんがバラ模様のドレスをお召しだったりと、すごく匂わせてるなと。紅さんは「あの世」のような明るい役で送り出してあげたいな、と思います。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      瀬央さんの轟さんっぽさ、よく分かります。笑
      ああいういぶし銀系が路線に少ないので、そのポジションは結構狙い目ですよね。

      いろいろフラグが立っているのが微妙ですよね…。
      自分も個人的には普通のオリジナル作品で送り出してあげて欲しいと思うのですが、はたして。

  2. 和世 より:

    BSで放送されたものは口上で厳かな気持ちになって、星組さんを
    観始めたのですが、途中で耐えられなくなり断念しました…
    (察して頂ければ幸甚です)。

    『ドクトル・ジバゴ』は唯一、観た星組さんの作品です。
    劇団のロシア愛が深くて…(笑)
    轟悠さんと有沙瞳さん以外、知らずに拝見したのですが
    小桜ほのかさんや天希ほまれさん(お名前が違ったらごめんなさい)が素敵です。

    轟さんは今やお芝居の方なので、今さら言うことはないですが
    小桜さんが大変よく出来た奥方様でした(笑)
    (人間的に出来すぎです)

    組体制や人事は措いて、ジバゴに出演なさった方々には
    注目していたいです。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      小桜さん、私も達者な娘役さんだなーと思って調べたらなんとめちゃめちゃお若いんですよね。その器用さにビックリしました。
      ジバゴはいろんな意味で楽しめた作品だったので、ぜひいろんな組子にスポットが当たって欲しいなと思いました。

  3. ふみふみ より:

    いつもブログ興味深く拝見しています。

    星組の今後について
    多くのブロガーさんが心配と記事にされていますが

    個人的にあまり心配はしてないです。

    紅さん退団後、今の布陣で十分見応えのある舞台が観られるのではないかと感じてます。

    その要因は、瀬尾の成長と中堅や若手に出番が増えてきたことです。

    星組には、天飛を筆頭に実力ある若手や中堅がちらほら埋もれています。

    今回のお正月公演は、今までと違い
    別箱のみ活躍されていた実力ある方が少しずつ使われはじめ

    次期礼真琴体制では、
    もっと活躍出来る場が与えられるのではと期待しています。

    個人的に
    星組よりも次期花組の体制が最も心配と思っています。

    もし、柚香体制になった場合
    別格スター二人が去ってしまったら
    水美では、粗が多く柚香を支えられないと思っています。

    若手男役も小粒に感じており
    (安定感ある飛龍は‥別格かな)

    娘役は、宝庫ですが‥柚香は相手役選びが難しいスター

    何でも出来るスター感ある娘役だと柚香が格好よく見えず
    反対に実力いまいちだと支えられず

    ビジュアル含め
    程よい実力がある娘役という微妙なさじ加減が難しいです。

    2番手も同様ですね

    次期体制では、花組の補強が難しく一番の課題と感じています。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      トップオブトップ後の焼け野原状態への不安という意味で、花も星と同じ運命をたどりそうですよね。
      次期トップが誰かはもちろん分かりませんが、いずれにせよ若手を使っていかなければいけませんから
      そういう意味で別箱でスポットを当てとくのは正しい判断だと思います。
      いずれにせよ星も花も、新陳代謝後も素晴らしい舞台を作りづづけてくれることを祈るばかりです。

  4. 桜井 より:

    初めまして、いつも興味深く拝見させていただいております。
    今年の作品ということかもしれませんが、水美さんは役替わりミーマイで一人降り経験があります。はっきりと経験なしと記載されて少し悲しかったので思わずコメントさせていただきました…。

    • 蒼汰 より:

      コメントとご指摘ありがとうございます。表現が悪くすいません。
      個人的に役替わりって新公主演カウントもそうなんですが、人事的に1と数えて良いのかどうか非常に迷うところでして…。
      訂正させて頂きますね。

  5. みんみん より:

    いつも楽しくブログ拝見しています。
    私もBSのエストレージャスを見てこりゃ微妙だな…と思ったのですが、生で観てみたら意外と悪くなかったです!
    エルベもとても良かったので、東京で実際に蒼汰さんが観られたあとの感想を楽しみにしています。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      そうですよね、実際見たら違うのかも…的な希望的観測があったものですからまずは実物を見てみたいですね。