退団の暗示【小ネタ】

※現在海外旅行中のため予約投稿です。

コメ返等は帰国後順次行いますのでご了承ください。

 

本日は小ネタです。

 

美弥るりか退団の報を受け、改めて考えてみたら

これはもしかしたら退団の暗示?というものがいくつかあったので

簡単にまとめてみました。

 

退団の暗示?カレンダーとICHIGO-ICHIE

 

一つ目は宝塚のカレンダーです。

カレンダーといえば、毎年掲載月で

トップの人事予想に使われることで非常に有名ですね。

 

カレンダー占いのルールを超簡単にざっくり説明しますと

トップスターは退団した場合、その月以降のカレンダーには原則掲載されません。

 

例えば、6月に退団したら7月以降には掲載されないというわけですが、

冷静に考えたら「もういない」のですから当たり前の話ですよね。笑

 

そこからさらに一歩踏み出すと

·トップスターが退団公演を行う場合、その真っ最中の月に掲載されることが多い。

·次のトップスターはお披露目公演が行わる真っ最中の月に掲載されることもある。

というのも言われたりしています。

 

けど、これらは基本的にトップスターにしか当てはまらず

トップ娘役やその他スターは空いてる月に適当に入れていってるだけなので

このジンクスは適応されない場合も多い…という適当さが、

まさにカレンダー「占い」といわれる所以です。笑

 

以上を踏まえ、実は前ブログで私なりの退団予想を一回まとめています。

宝塚スターカレンダーに見る3つの憶測

改めて掲載月をまとめると以下の通りです。

 

宝塚スターカレンダー

[表紙]真彩希帆・美園さくら

[1月]望海風斗

[2月]仙名彩世・星風まどか

[3月]珠城りょう

[4月]真風涼帆

[5月]美弥るりか

[6月]柚香光・綺咲愛里

[7月]芹香斗亜

[8月]彩風咲奈

[9月]紅ゆずる

[10月]明日海りお

[11月]礼真琴

[12月]轟悠

 

宝塚ステージカレンダー

[表紙]朝美絢・暁千星/水美舞斗・美園さくら

[1月]紅ゆずる/真彩希帆・星風まどか

[2月]瀬央ゆりあ・和希そら/七海ひろき

[3月]轟悠/仙名彩世

[4月]柚香光/美弥るりか

[5月]桜木みなと/凪七瑠海

[6月]真風涼帆/瀬戸かずや

[7月]月城かなと/望海風斗

[8月]明日海りお/彩凪翔

[9月]愛月ひかる/綺咲愛里

[10月]彩風咲奈/鳳月杏

[11月]芹香斗亜/華形ひかる

[12月]珠城りょう/礼真琴

 

例えば仙名彩世を見てみましょう。

彼女は『CASANOVA 』千秋楽、つまり4月末で退団することになったわけですが

カレンダーへの掲載は前半に偏っており、ジンクスに符号していました。

 

そして美弥るりかですが、

彼女は『夢現無双』千秋楽、つまり6月上旬で退団することになったわけで

今改めて掲載月を見てみると…しっかり符号してますねぇ。

 

これまで正二番手スターの退団という緊急事態が起こったことが一切ないため、

美弥の掲載月なんて全く意識しませんでしたが、

きちんとルールにのっとってたことを思うに

去年の秋の時点ではもう退団は確定事項だったんでしょうね。

 

いやー怖い。

やっぱり当たりますねーカレンダー占いは。笑

これからもし高齢二番手が現れた場合、掲載月を確認しておかないとですね。

 

 

そしてもう一つは、スカイステージで放送されていた

「ICHIGO-ICHIE」なんですけど…皆さんご覧になりましたか?

あれも色々と意味深でしたね。

 

これは明日海、望海、美弥、七海、凪七の89期生5名による

対談形式の番組でしたが、放送時にもっぱら話題になったのは、

番組中に七海が稽古の都合上途中で抜けてしまったことでしょう。

 

七海が他の4人全員とハグして別れを告げていくのですが、

これを退団と重ね合わせるなという方が無理な話です。

 

4人の「行っちゃうのー?」という言葉に対しての

七海の「お先に」「バイバイ」という優しい返答が、本当に重かった。

 

全員が思い思いに抱きしめあう姿を見るに

15年という時の重さ、路線スターとしての重圧、

競争社会で同志として駆け抜けた者にしか分からない、

目に見えない何かを感じざるを得ませんでした。

 

と、ここまでが放送時に皆さんが感じたであろうことなわけですが、

今振り返ってみてみると、この番組の最後は

「次のスケジュールの都合上、そろそろ美弥も抜けなくてはならない」

と告げられたシーンで終わります。

 

七海の次は美弥が抜ける…なんたる偶然でしょう。

いやいや、もちろんただの偶然なんでしょうけども

なんだか因縁めいたものを感じざるを得ませんね…。

 

 

得てして人間は、ジンクスや予兆を信じがち、かつ勝手に作りかちなわけですが

宝塚に関しては意図してやってるのではないか?というものと

ただの偶然なんだろうけど運命的、というものがあるのが面白いですよね。

 

果たして、明日海と紅の進退はどうなるのでしょう。

今年いっぱいはカレンダー片手にドキドキしながら過ごすことになりそうです。笑

 

☆★☆★☆

ランキング参加始めました!!

ぜひポチっとお願いします↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

コメント

  1. あや より:

    蒼汰さん、こんにちは。こうやって色々すり合わせていくと、退団の暗示はいくつもあるのですね。そしてもう1つ。
    新春鏡開きに登壇するスターさんも、その年に退団されている方が多いと感じます。
    カレンダーの掲載月、鏡開きに登壇するスターさんの発表があると、「◯◯さん、もしかして退団??」と、年末になると、この発表にいつも緊張感が走ります。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      鏡開きもそうなんですか‼なるほど、新しい情報をありがとうございます。これから意識して見ていこうと思います‼
      個人的にカレンダー掲載月っていったいいつ決めているのか、非常に気になるところです。笑

  2. ともじの嫁 より:

    こんばんは!
    ですよねー。みんな退団の1か月前に掲載されてる!劇団は、計画的に動いている。
    この前の蒼汰さんへのコメントをヅカ友に見せたら、爆笑されました。こんなこと、ハッキリ書いてるのは私ぐらいだと!笑。そして蒼汰さんは、困っただろうにお返事してくれて、優しいと。
    イチゴイチエも、ひろき兄さんだけの為でなく、美弥ちゃんやみりおちゃん、そして89期ファンの為。成績1番2番のお二人を残して、男役は居なくなっちゃう現実。
    我家のカレンダーは、美園ちゃんと、真彩ちゃんのまんまです。めくりたくない。。笑
    ということで、気を付けてお帰り下さいませ!

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼無事帰って参りました。^^
      いえいえ、正直ブログの本文に書くと色々と荒れる内容でも、コメント欄だとまっさらに書けたりするので楽しいですよー‼
      カレンダー表紙の2人、素敵ですよねー。めくりたくないお気持ち、非常によく分かります。笑

  3. あきつん より:

    はじめまして。
    すみません、気になったのでコメントさせていただきます。
    本文の中に、「これまで正二番手スターの退団という緊急事態が起こったことが一切ないため」とありますが、今までにも数人いらっしゃいますよ。
    そのなかでも、有名なのが雪組で正2番手だった彩吹真央さんの退団です。
    退団の要因はいろいろあったと思いますが、今回の美弥るりかさんだけが特別ではなく2番手になったからといって必ずトップが約束されたわけじゃないんだなと…と雪組が大好きだったので、ショックを受けたのを今でも覚えてます。

    • 蒼汰 より:

      コメントありがとうございます‼
      もちろん知っていますよ。そして朝香じゅんというスターがいたことも存じております‼